電撃加入の昌子源も…意外と知らない?ガンバ大阪下部組織出身者

2020.02.04 12:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トゥールーズでプレーしていた日本代表DF昌子源(27)が3日、ガンバ大阪に電撃移籍を果たした。

鹿島アントラーズからフランスへ渡ってから1年。昨シーズンの後半戦はレギュラーポジションを掴みかけたが、今シーズンはケガの影響もありリーグ・アンで1試合、わずか45分の出場にとどまっていた。

日本への復帰を目指していた昌子は様々なクラブに売り込みをかけていたと現地でも報じられていた中、移籍先に決定したのはガンバ大阪。ジュニアユース時代に過ごした“古巣”への復帰となった。

昌子は米子北高校に進学した後、鹿島へと入団しているため、ガンバ大阪の下部組織出身だったことを知らない方も多かったのではないだろうか。下部組織から数多くの選手を輩出しトップチームでもプレーした選手が多い中、今回はガンバ大阪でプレーしていない選手を一部紹介したい。

◆DF荒木隼人(23)
ガンバ大阪門真ジュニア→ガンバ大阪門真ジュニアユース→サンフレッチェ広島ユース→関西大学→サンフレッチェ広島

小中とガンバ大阪で過ごし、ユースはサンフレッチェ広島を選択した荒木。2019年に関西大学から広島に加入した荒木。プロ1年目からレギュラーポジションを獲得すると、J1リーグで24試合に出場し2得点。持ち前の体格を生かした空中戦の強さもあり、日本代表にも招集された。

◆MF鎌田大地(23)
ガンバ大阪ジュニアユース→東山高校→サガン鳥栖→フランクフルト→シント=トロイデン→フランクフルト

中学生からジュニアユースに加入した鎌田は、当時から才能あふれる期待の選手だったものの、ケガの影響もありユース昇格を果たせず。その後、東山高校へ進学し、2015年にサガン鳥栖へ入団。現在はドイツのフランクフルトでプレー。日本代表にも招集されている。

◆MF仙頭啓矢(25)
ガンバ大阪門真ジュニア→FCグリーンウェーブU-15→京都橘高校→東洋大学→京都サンガF.C.→横浜F・マリノス

小学生年代でガンバ大阪のジュニアに所属。仙頭の名が知れたのは、京都橘高校時代の高校サッカー選手権。3年生の時に準優勝の成績を収め、1つ下の小屋松知哉と共に大会得点王に輝いた。今シーズンから横浜FMでプレー。

◆FW藤本憲明(30)
ガンバ大阪堺ジュニア→ガンバ大阪堺ジュニアユース→青森山田高校→近畿大学→佐川印刷SC(佐川印刷京都SC/SP京都FC)→鹿児島ユナイテッドFC→大分トリニータ→ヴィッセル神戸

“持っている”男としても知られている藤本は、ジュニア、ジュニアユースをガンバ大阪で過ごした。青森山田高校に進学し、近畿大学からJFLの佐川印刷へ。その後、鹿児島ユナイテッドFC、大分トリニータ、ヴィッセル神戸とステップアップを果たした。3つのリーグで3年連続開幕ゴール、新国立競技場初ゴールと“持っている”。

◆DF奥井諒(29)
ガンバ大阪ジュニア→ガンバ大阪ジュニアユース→履正社高校→早稲田大学→ヴィッセル神戸→大宮アルディージャ→清水エスパルス

小中とガンバの下部組織で育ち、履正社高校へ進学。ヴィッセル神戸でプロになると、大宮アルディージャを経て、今シーズンから清水エスパルスでプレー。プロ入り後は右サイドバックとしてアグレッシブな攻撃参加を見せている。

◆MF本田圭佑(33)
ガンバ大阪ジュニアユース→星稜高校→名古屋グランパス→VVVフェンロ→CSKAモスクワ→ミラン→パチューカ→メルボルン・ビクトリー→フィテッセ→ボタフォゴ

日本代表としても3度のワールドカップに出場した本田もガンバの下部組織出身。家長昭博(川崎フロンターレ)と同期で、ポジション、左利きに加え、誕生日まで一緒というエピソードは有名。プロ入りは名古屋グランパスとなり、その後は海外でプレーを続け、ブラジルのボタフォゴ入りが先日決まった。

◆DF昌子源(27)
ガンバ大阪ジュニアユース→米子北高校→鹿島アントラーズ→トゥールーズ→ガンバ大阪

ジュニアユース時代の同期には宇佐美貴史、大森晃太郎(FC東京)らがいる。ケガの影響もあり中学3年時に退団。その後、米子北高校でセターバックとしての能力が開花。柴崎岳(デポルティボ)や土居聖真と共に2014年に鹿島へと入団した。13年ぶりの古巣復帰。

【番外編】
◆GK東口順昭(33)
ガンバ大阪ジュニアユース→洛南高校→福井工業大学→新潟経営大学→アルビレックス新潟→ガンバ大阪

日本代表にも選出されているGK東口順昭もガンバの下部組織出身。本田、家長と同期ながら、ユースに昇格せず。高校、大学を経て2009年にアルビレックス新潟でプロ入りした。2014年に満を持して古巣に復帰。以後は正守護神としてゴールを守っている。

関連ニュース
thumb

「イタリアの詐欺師?」『テレビ千鳥』登場の元日本代表GK本並健治、PK対決のテロップへツッコミ「爆笑しながらみてました」

ガンバ大阪などで活躍した元日本代表GK本並健治氏が見事な反応を見せた。 本並氏は20日、テレビ朝日で放送されたお笑いコンビ千鳥の冠番組『テレビ千鳥』2時間スペシャルの「元サッカー部芸人PKダービー」のコーナーにゲストGKとして登場。湘南ベルマーレや愛媛FCなどでプレーし、昨シーズン限りで現役を引退したGK秋元陽太氏とともにゴールを守った。 キッカーを務めたのはノブ氏(千鳥)に加え、インターハイ出場経験を持つ又吉直樹氏(ピース)、仙台育英高校で10番を背負った尾形貴弘氏(パンサー)、そしてDAZNでも日本サッカー応援宣言の冠番組を持つ矢部浩之氏(ナインティナイン)の4人だ。 10本中一番多くゴールを決めた人が勝ちという対戦で、本並氏は矢部氏と心理戦を繰り広げるなど、トップカテゴリーで200試合以上ゴールマウスを守ってきた実力を見せつけた。 本並氏は番組放送後に自身のインスタグラムを更新。出演時の感想に加え、「イタリアの詐欺師?」と紹介されたテロップに華麗なツッコミを入れながらさりげなくボケるというリアクションを見せた。 「まいど!頑張りましたが…。誰がイタリアの詐欺師や!!次頑張りましょう!!」 「#テレビ千鳥 #pk対決 #浪速のイタリアーノ」 番組でも見せ場を作った本並氏。視聴したファンにも大好評だったようで「ゴールに立つ姿とても素敵でした。でもなぜか爆笑しながらみてました」、「誰が言ったんですか?笑」、「自分でゆうとるがな!浪速のイタリアて」などの返しが寄せられることとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】ツッコミ待ち?「イタリアの詐欺師?」と紹介された代表ユニの本並氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Civ25OZvLiW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Civ25OZvLiW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Civ25OZvLiW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">本並健治(@kenjihonnami)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.21 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸がG大阪との大一番制して降格圏脱出、大迫勇也の復帰即2発でひっくり返す【明治安田J1第30節】

明治安田生命J1リーグ第30節の1試合が18日にノエビアスタジアム神戸で催され、ホームのヴィッセル神戸がガンバ大阪を2-1で下した。 17位の神戸と16位のG大阪による関西勢対決。今節もアンドレス・イニエスタを欠く神戸はベンチ入りの大迫が1カ月ぶりの公式戦メンバーに含まれ、G大阪は前節に脳しんとうの疑いで交代した三浦がこの大一番も最終ラインに入りしたほか、前節を欠場した小野瀬もサブからスタートした。 両軍の勝ち点差は神戸が1試合未消化ながら、わずか「1」。勝敗がどちらに転がるかで両チームの命運を大きく揺るがす一戦は戦前の予想通り、ボールを動かして崩そうとする神戸に対して、G大阪が守備からリズムを作ろうする入りになる。 立ち上がりから攻撃のイニシアチブを握った神戸はGK東口に対するファウルで認められなかったものの、10分に武藤がネットを揺らすシーン。中3日のゲームながら、ボールとともに人も動きをつけ、G大阪の守備ブロックを左右に揺さぶっていく。 そんな神戸だが、12分過ぎに今節もセンターバックの一角を務めるマテウス・トゥーレルが右足太もも裏を痛め、担架でピッチを後に。早くも小林の投入で1回目の交代を余儀なくされてしまったが、そのアクシデントにも動じず、優勢を続ける。 すると、25分にGK飯倉のロングキックを起点にして、武藤の落としから佐々木が右足フィニッシュ。さらに、26分にも酒井の敵陣左サイド深くからのクロスに武藤が左足ダイレクトで合わせていったが、いずれもGK東口の牙城を崩すに至らない。 守備がハマらず、自陣深くでの対応が続くG大阪だが、最後のところで踏ん張り、幾度か狙い通りのカウンターで反抗。そのなかで、ボールを奪い返して敵陣に攻め入る時間も作るが、崩しのところで息が合わないシーンが散見され、攻めあぐねる。 流れ的にゴールだけが足りない神戸は後半から小田とともに、切り札の大迫を送り込み、武藤との2トップでスタート。50分には昌子の身体を張ったカバーに阻まれるものの、さっそく小田のお膳立てから武藤に決定機が巡り、交代の効果を成す。 後半も我慢のG大阪だが、バイタルエリア左でFKを獲得した52分にオフサイドながらパトリックがネットを揺らすと、その3分後に先制点を奪取。齊藤の浮き球パスをボックス左の背後で受けた黒川の折り返しにレアンドロ・ペレイラが詰めた。 流れに反して先に失点して嫌なムードが漂う神戸だが、G大阪に惜しい攻撃を続けると、78分に敵陣右サイドでのFKからボックス右でイーブンボールを巡って武藤と途中出場の福田が交錯。VARからのOFRにより、神戸のPKチャンスが宣告される。 この同点機をキッカーの大迫がゴール左に決め切り、神戸が振り出しに。G大阪は86分にダワンと小野瀬を入れて巻き返しを図るが、90+3分に前がかったところで神戸がカウンターに持ち込み、小田、武藤の繋ぎからボックス中央の大迫が再び右足でネットを揺らした。 復帰戦の大迫が2発の神戸はG大阪との大一番を制して2連勝。1試合未消化分を残して17位から13位にジャンプアップして、降格圏を脱出した。一方、痛すぎる逆転負けのG大阪は3試合勝ちなしとなり、自動降格圏の17位に順位を落としている。 ヴィッセル神戸 2-1 ガンバ大阪 【神戸】 大迫勇也(後38、後45+3) 【G大阪】 レアンドロ・ペレイラ(後10) 2022.09.18 21:08 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:神戸vsG大阪】残留争いを占う大一番! 関西決戦の“シックスポインター”

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2022年9月18日(日) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(17位/28pt) vs ガンバ大阪(16位/29pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆勝って残留争いで一歩前に【ヴィッセル神戸】 前節はホームにFC東京を迎えた中で、2-1で勝利。3試合ぶりの勝利を収めた。 名古屋グランパス戦は0-0のドロー、FC東京戦での勝利と、徐々に復調の可能性を見せているが、現在地は降格圏だ。 残りは6試合。1つ勝てば大きな勝ち点3となる一方で、負ければ突き放されてしまうのがこの試合。負けることだけは絶対に許されない。 ただ、大迫勇也、アンドレス・イニエスタらコンディションに問題がある選手はまだいる状況。前節も3名が負傷して交代しているだけに、誰がピッチに立てるかは不透明。ただ、気持ちの面が大事だ。 相手も復調気味の中、ここで勝って1つ前に出ることができるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-1-1] GK:飯倉大樹 DF:飯野七聖、菊池流帆、マテウス・トゥーレル、酒井高徳 MF:郷家友太、山口蛍、大﨑玲央、汰木康也 MF:小林祐希 FW:武藤嘉紀 監督:吉田孝行 ◆絶対に負けられない一戦【ガンバ大阪】 前節はFC東京を相手に0-0のドロー。連勝後にサガン鳥栖に完敗を喫したが、ひとまず踏ん張った。 そして迎える今節は、神戸との決戦。勝ち点差は「1」であり、絶対に負けられない状況。相手よりも試合数が1試合多いだけに、ここで負けたら命取りとなる。 混戦となっている残留争いを勝ち抜くためには勝利が必要だが、負けることは一番避けなければいけない。松田浩監督の下で復調気味なだけに、安定し戦いで勝利を目指したい。 そして今節の出場はなさそうだが、シーズン序盤で重傷を負い長らく離脱していたFW宇佐美貴史が復帰。大事な最終盤に大きな戦力が戻ってきた。チームの雰囲気にも影響するだけに、良い流れで神戸に勝ちたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:髙尾瑠、三浦弦太、クォン・ギョンウォン、黒川圭介 MF:フアン・アラーノ、齊藤未月、山本悠樹、食野亮太郎 FW:鈴木武蔵、パトリック 監督:松田浩 2022.09.18 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

G大阪がFW南野遥海のトップチーム昇格を発表 今季すでにデビュー

ガンバ大阪は16日、ユースに所属するFW南野遥海(18)と2023シーズン新加入選手としての仮契約締結を発表した。 南野は世代別の日本代表に名を連ねる左利きのストライカー。まだ現役の高校3年生だが、5月中旬にトップチームで新型コロナウイルスの感染者が相次いだのをきっかけに片野坂知宏前監督から抜擢され、今季にデビューを果たすなど、公式戦8試合に出場している。 来季からの正式なトップチーム入りが決まり、クラブを通じて喜びの思いとともに意気込みを語っている。 「ガンバ大阪ユースからトップチーム昇格が決まりました南野遥海です。小さい頃からの目標であったガンバ大阪の選手になることができ、とてもうれしく思います。プロサッカー選手になることが出来たのはいつも応援してくれていた家族、友人、これまで指導していただいた方々のおかげです。感謝の気持ちを忘れずに、一日でも早く試合に出場してチームに貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2022.09.16 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪のトップチーム関係者1名が新型コロナ陽性…発熱や咽頭痛の症状

ガンバ大阪は13日、トップチーム関係者1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該者は11日に抗原検査を実施したところ陽性判定を受け、その後医師の診断で陽性診断を受けたという。 なお、発熱や咽頭痛があるとのこと。現在は隔離され、療養中とのことだ。 なお、トップチーム内に濃厚接触者はいないとのことだ。 2022.09.13 17:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly