乾先発のエイバルが敵地でバレンシアに惜敗…新年初戦を飾れず《ラ・リーガ》

2020.01.04 23:02 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第19節のバレンシアvsエイバルが4日にメスタージャで行われ、ホームのバレンシアが1-0で勝利した。なお、エイバルのMF乾貴士は先発出場し71分までプレーした。

16位のエイバルは年内最終戦となった前節、グラナダ相手に3-0で快勝。そして、新年初戦では8位のバレンシアと敵地で対戦し連勝を狙った。そのグラナダ戦で待望の今季初ゴールを挙げた乾は引き続き左サイドハーフで先発起用となった。

共に中盤フラットの[4-4-2]を採用しトランジションスタイルを志向する両者の対戦は、立ち上がりからタレントの質で勝るホームチームが主導権を握る。エイバルのハイラインの背後を狙うバレンシアはマキシ・ゴメス、フェラン・トーレスと立て続けにフィニッシュに持ち込む。

一方、序盤の劣勢を凌いだエイバルは10分、ボックス手前左でボールを受けた乾がカットインから右足で内巻きのシュートを放つが、ファーポストを狙ったボールはわずかに枠の右に外れた。

その後は再びバレンシアペースが続く中、28分には右サイドでフリーとなったヴァスが絶妙なクロスをゴール前に入れると、DFに競り勝ったマキシ・ゴメスが打点の高いヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。

ここからよりバレンシアのカウンターが嵌る展開となるが、エイバルも要所で効果的な攻めで応戦。38分にはペドロ・レオンが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、ここは相手GKの好守に遭い同点ゴールには至らず。

バレンシアの1点リードで折り返した試合は、後半立ち上がりにエイバルに決定機。51分、左CKの場面でキッカーのペドロ・レオンが右足アウトスウィングのクロスを入れると、GKジャウメの弾き損ねたボールがビガスの頭に当たってゴールに向かうが、ここは惜しくもクロスバーを叩いた。

後半は完全にイーブンの展開が続きエイバルはリスクを冒して相手ゴールに迫っていく。63分には乾がボックス手前でシュートを放つが、これは相手のブロックに阻まれる。

その後、71分に乾を下げてデ・ブラシスを投入したエイバルはここから攻勢を強めていく。77分には右サイドのテヘロからのクロスをゴール前のシャルレスが頭で合わすが、ここはGKジャウメのワンハンドセーブに遭う。直後の79分にはペドロ・レオンが再び枠内にシュートを飛ばすが、これもジャウメのビッグセーブに阻止された。

その後もエイバルが押し込む形を作り続けるが、後半アディショナルタイムにはパウロ・オリベイラが2枚目の警告を受けて退場となるアクシデントもあり、最後までバレンシアのゴールをこじ開けるまでには至らず。この結果、エイバルは2020年初戦を0-1の惜敗で終えることになった。
コメント