愛媛、今季期限付き加入の浦和DF茂木力也と千葉FW吉田眞紀人&GK岡本昌弘を確保

2019.12.19 11:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
愛媛FCは19日、今シーズンに期限付き移籍で加入していた浦和レッズのDF茂木力也(23)、ジェフユナイテッド千葉のFW吉田眞紀人(27)、GK岡本昌弘(36)の完全移籍での加入が決定したことを発表した。浦和下部組織出身の茂木は、2015年にトップチーム昇格。その後、2016年に愛媛に期限付き移籍すると、今シーズン、夏に3年ぶりに期限付き移籍で愛媛に加入した。同クラブ加入後は、明治安田生命J2リーグで16試合に出場している。

これまで名古屋グランパスや水戸ホーリーホックでプレーしてきた吉田は、2016年に千葉へ完全移籍。2018年から愛媛に期限付き移籍し、今シーズンはJ2リーグで21試合3ゴールを記録した。
千葉下部組織出身の岡本は、2002年にトップチーム昇格した。これまで千葉一筋を貫いていた中、2018年に期限付きで愛媛に移籍。今シーズンはJ2リーグで42試合に出場した。


茂木力也
【愛媛FC】
「この度愛媛FCに完全移籍する事になりました茂木力也です。
僕がプロになって初めてサッカー選手として試合に出させてもらった、思い入れのあるクラブの一員としてプレー出来る事を嬉しく思います。これから少しでも多くのサポーターの皆さんにスタジアムに足を運んで貰えるように、全力で戦いたいとおもいます。応援よろしくお願いします」

【浦和レッズ】
「ユースのときからお世話になったレッズを離れることは寂しく、その中でレッズの力になれなかったことを悔しく思います。それでも愛媛、山形でプレーしているときに温かく見守ってくれたファン・サポーター、クラブ関係者のみなさまには感謝の気持ちしかありません。レッズで学んだことをこれからのサッカー人生で活かしがんばっていきたいと思います。埼玉スタジアムの最高の雰囲気はいつまでも忘れません。8年間本当にありがとうございました」

吉田眞紀人
【愛媛FC】
「この度、愛媛FCに完全移籍することになりました。昨シーズンは終盤に怪我をしてしまい、復帰した姿を皆さんにお見せすることが出来ず申し訳なく思っています。しっかりと怪我を治し、皆さんに沢山喜んで貰えるように頑張りたいと思います。応援宜しくお願いします」

【ジェフユナイテッド千葉】
「この度、愛媛FCに完全移籍することになりました。ジェフでは短い期間しか在籍することが出来なかったのにも関わらず、多くのファン、サポーターの皆さんに温かい声を掛けていただき背中を押してもらったこと本当に感謝しています。これからは千葉を離れることになりますが、僕自身にとってジェフは、かけがえのないクラブには変わりありません。ジェフを離れても応援してもらえると嬉しいです。本当にありがとうございました」

岡本昌弘
【愛媛FC】
「この度愛媛FCに完全移籍することになりました。サポーターの皆様をはじめ愛媛FCに関わるすべての方たちには感謝しかありません。2年前初めての移籍で不安もあるなか、愛媛の方々にはとても暖かく迎えてもらいすぐに馴染むことが出来ました。そのような中チームとしていい結果が出せなかったことは本当に申し訳なかったと思います。サッカーをさせて頂ける喜びを胸に、これからは今まで以上に愛媛FCの一員として、更に覚悟と責任を持ちチームのために日々全力を尽くしてやっていきたいと思いますので応援よろしくお願いします」

【ジェフユナイテッド千葉】
「この度、愛媛FCに完全移籍することになりました。ジェフで過ごした日々の中でいただいたサポーターの皆様のたくさんの温かい応援、チーム関係者のサポートは自分にとってかけがえのない宝物です。この宝物と共に、これからは愛媛FCの選手としてサッカーを頑張って続けていきたいと思います。本当にありがとうございました」

関連ニュース
thumb

愛媛がアカデミー育ちの水戸MF曽根田穣を獲得 「今からとてもワクワク」

愛媛FCは2日、水戸ホーリーホックからMF曽根田穣(28)の完全移籍加入を発表した。 曽根田は愛媛のアカデミー育ちだが、びわこ成蹊スポーツ大学に進学して、2017年にヴァンフォーレ甲府でプロに。その後、京都サンガF.C.から水戸に今季入団し、明治安田生命J2リーグ27試合出場で5ゴールを記録した。 そんな曽根田だが、水戸に1年で別れを告げ、地元で古巣の愛媛に移籍する運びに。愛媛の公式サイトを通じて喜びを語った。 「初めまして、水戸ホーリーホックから来季より加入することになりました。曽根田です。愛媛FCのアカデミーで育ち、当時から目標だった愛媛FCのトップチームでプレーできることに、今からとてもワクワクしています。愛媛FCがJ2に復帰すること、そのために力になれるように、精一杯頑張ります」 「そしてもっとたくさんの愛媛の子ども達が、将来愛媛FCでプレーしたいと言ってくれるように、僕の力は微力かもしれませんが、愛媛のために精進していきたいと思います。愛媛FCに関わる全ての皆様、来シーズンからよろしくお願いします」 一方、水戸の公式ウェブサイトでは「「1シーズンでしたが、水戸でプレーすることができて本当に幸せでした」と別れの挨拶をした。 「いい時も悪い時も、ファン・サポーターの方々の声援や、拍手が僕の力になりました。満足のいく結果を残すことができず、申し訳ないです」 「僕は、水戸ホーリーホックで出会えたすべての人に感謝しかありません。そして水戸ホーリーホックでプレーできたことは僕の人生の大きな財産になりました」 「来シーズン、水戸ホーリーホックがJ1に昇格する姿を見られることを祈っています。短い間でしたが、本当にありがとうございました」 2022.12.02 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

J3愛媛が東京VのDF山口竜弥を完全移籍で獲得「必ずJ2に昇格します」

愛媛FCは1日、東京ヴェルディからDF山口竜弥(22)を完全移籍で獲得することを発表した。 山口は東海大学付属相模高校から0218年にガンバ大阪に入団。2021年から東京Vでプレーしていた。 東京Vでは、1年目にJ2で15試合、天皇杯で1試合に出場。今シーズンはJ2で4試合、天皇杯で2試合の出場に終わっていた。 山口は両クラブを通じてコメントしている ◆愛媛FC 「東京ヴェルディから移籍してきました。山口竜弥です。覚悟と決意を持ってこのクラブに来ました。必ずJ2に昇格します。よろしくお願いします」 ◆東京ヴェルディ 「ヴェルディを退団することになりました。ヴェルディのファン・サポーターの皆様にはいかなる時でも温かい声をかけ続けて頂きました。そういった期待や声援にまったく応えることができず、悔しくて不甲斐ないです。本当に申し訳ありませんでした」 「それでも自分にとっては二年間とても大きな支えになってました。本当にありがとうございました」 「ヴェルディファミリーの一員としてJ1昇格を分かち合いたかったです。チームは変わりますが、東京ヴェルディの昇格を心から願い、信じています。今まで沢山のご声援本当にありがとうございました」 2022.12.01 10:10 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖が板橋洋青と契約満了…修行先の愛媛も退団発表

サガン鳥栖は26日、GK板橋洋青(21)との契約満了を発表した。 板橋は鳥栖のアカデミー育ちで、2種登録も経験して、2020年に正式昇格。今季から愛媛FCに育成型期限付き移籍をしたが、出番なしに終わった。 愛媛からも契約満了が発表され、板橋は両クラブを通じて別れの挨拶をしている。 ◆サガン鳥栖 「この度、サガン鳥栖を離れることになりました。U-15・U-18から約8年間、サガン鳥栖のエンブレムをつけてプレーさせていただきました。アカデミー出身の選手としてチームのチカラになれなかったことがとても悔しいです」 「今シーズンでチームを離れますが、このサガン鳥栖は自分を成長させてくれた地元の大好きなクラブなので、どこにいてもずっと応援しています。 サポーターの皆さんありがとうございました!」 ◆愛媛FC 「まずはチャンスをくれた愛媛FCに、そして後押ししてくれたサポーターの皆さま、応援していただきありがとうございました! ここ愛媛FCでプレーできた事、チームメイトを心から誇りに思います! 1年間ありがとうございました!」 2022.11.26 12:35 Sat
twitterfacebook
thumb

愛媛、DF高木利弥の契約満了を発表「一緒に戦うことができて光栄でした」

愛媛FCは21日、DF高木利弥(29)の契約満了を発表した。 高木は神奈川大学から2014年に加入したモンテディオ山形でプロデビュー。4シーズンを過ごした後にジェフユナイテッド千葉、柏レイソル、松本山雅FCを経て、2021年7月に愛媛へ期限付き移籍で加入した。 今季から完全移籍に切り替わった高木は、明治安田生命J3リーグで26試合に出場。チームは7位フィニッシュで目標としていたJ2復帰を逃したが、シーズンを通して主軸としてプレーした。 1年半を過ごした愛媛から去ることが決まった高木は、クラブを通じてサポーターへの感謝を述べている。 「最終戦の次の日になりますが、今シーズンで愛媛FCを離れることになりました。昨年の夏から1年半という短い期間でしたが、濃い時間を過ごすことができましたし、ファン・サポーターの皆さんと一緒に戦うことができて光栄でした。スタジアムで自分のユニホームや親子Tシャツを掲げていただいた方々がいて、本当に感謝しています。また逢える日を楽しみにしています。ありがとうございました」 2022.11.21 17:43 Mon
twitterfacebook
thumb

群馬、今季愛媛へ期限付き移籍のFW進昂平の契約満了を発表「申し訳ない気持ちでいっぱいです」

ザスパクサツ群馬は16日、今季愛媛FCに期限付き移籍をしていたFW進昂平(27)の契約満了を発表した。 浦和レッズの下部組織出身である進は、東京国際大学を経て加入したY.S.C.C.横浜でプロデビュー。その後、2020年に群馬へ加入した。初年度は主軸としてプレーしたが、昨季は明治安田生命J2リーグで19試合の出場にとどまるなど出場機会が減少。今年1月に愛媛への期限付き移籍が発表された。 今シーズンは、明治安田生命J3リーグで14試合に出場して2ゴールを記録。シーズン中盤にポジションを掴んだが、目標としていたJ2復帰を逃したチームで終盤は出場機会が激減していた。 愛媛からも期限付き移籍期間満了が発表された進は、両クラブを通じてこれまでの感謝を述べている。 ◆ザスパクサツ群馬 「今シーズンで契約満了になり退団することになりました。今シーズンは愛媛FCに期限付き移籍しましたが、群馬のファンの方が現地まで足を運んでくれたりSNSでたくさんメッセージを頂いたりと本当に感謝しています」 「良い報告ができるように毎日全力で取り組みましたが、期待を裏切る形になり悔しさと申し訳ない気持ちでいっぱいです。群馬での2年間は僕を沢山成長させてくれたと思います。また新天地が決まり次第報告します。ありがとうございました」 ◆愛媛FC 「愛媛FCに関わる皆様1年間ありがとうございました。チームが掲げたJ3優勝J2昇格という目標を達成できず申し訳なく思います。僕自身も今年は怪我ばかりでチームに貢献できず悔しい気持ちでいっぱいです。そんな中でも僕のユニフォームを着てグッズやゲーフラを持ってスタジアムに足を運んでくれたファンの方には本当に感謝しています。ありがとうございました!」 2022.11.16 12:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly