【Jリーグ移籍情報/12月9日】FC東京が強力2トップと契約更新 G大阪スサエタ、磐田川又は契約満了

2019.12.10 06:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグ移籍情報まとめ。12月9日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。

【J1】
◆ベガルタ仙台
《退任》
渡邉晋監督(46)

◆FC東京
《契約更新》
FW永井謙佑(30)
FWディエゴ・オリヴェイラ(29)

◆ジュビロ磐田
《契約満了》
DF森下俊(33)
FW川又堅碁(30)

◆ガンバ大阪
《契約満了》
DF青山直晃(33)
MFマルケル・スサエタ(31)

《期限付き満了》
MFダビド・コンチャ(23)→レアル・ソシエダ(スペイン)

◆サガン鳥栖
《完全移籍》
FWビクトル・イバルボ(29)→V・ファーレン長崎

【J2】
◆FC町田ゼルビア
《就任》
ランコ・ポポヴィッチ監督(52)

◆FC岐阜
《契約満了》
FW薮内健人(24)

◆V・ファーレン長崎
《完全移籍》
FWビクトル・イバルボ(29)←サガン鳥栖

《契約更新》
FW畑潤基(25)

《期限付き満了》
イ・サンミン(21)→蔚山現代(韓国)

◆鹿児島ユナイテッドFC
《引退》
DF冨成慎司(32)
MF永畑祐樹(30)

◆FC琉球
《内定》
MF池田廉(22)←拓殖大学

【J3】
◆ヴァンラーレ八戸
《内定》
MF丸岡悟(22)←近畿大学

◆いわてグルージャ盛岡
《期限付き満了》
FW薮内健人(24)→FC岐阜

◆ブラウブリッツ秋田
《引退》
MF古田寛幸(28)

◆藤枝MYFC
《契約満了》
DF阿渡真也(29)
MF北川滉平(24)

◆カターレ富山
《契約満了》
FW瀧谷亮(24)

◆ガイナーレ鳥取
《契約満了》
GK細田歩夢(21)
DF大屋翼(33)
コメント
関連ニュース
thumb

水戸が順天堂大学のDF三國スティビアエブスの来季加入内定を発表、弟は福岡でプレー

水戸ホーリーホックは10日、順天堂大学のDF三國スティビアエブス(22)の来季加入内定を発表した。なお、三國スティビアエブスは特別指定選手としても認定されている。 三國スティビアエブスは、東京都出身で、青森山田高校から順天堂大学へと進学していた。 青森山田高校時代には、2016年度の全国高校サッカー選手権で優勝を達成。弟の三國ケネディエブスは同じ青森山田高校から、2019シーズンにアビスパ福岡入りし、一足先にプロとして活躍していた。 なお、特別指定選手としての背番号は33に決定した。三國スティビアエブスはクラブを通じてコメントしている。 「この度、来シーズンより水戸ホーリーホックに加入することになりました順天堂大学の三國スティビアエブスです。小学1年生の頃からの目標である、プロサッカー選手のキャリアを水戸ホーリーホックでスタート出来ることを大変嬉しく思います。家族、チームメイト、スタッフ、今まで関わってきてくれた全ての方のおかげでここまで来れたと強く感じております」 「今後、新たな目標を持ち、高みを目指してより一層尽力して参ります。プロサッカー選手としての自覚と責任を持ち、感謝の気持ちを忘れず1日でも早くチームに貢献し、水戸をもっと盛り上げていけるように精一杯努力していきますので、応援よろしくお願いします」 また、ゼネラルマネジャー(GM)を務める西村卓朗氏もコメントしている。 「まずは、これまで三國スティビアエブス選手の育成に携わって頂いた多く関係者の皆様、ご家族の皆様に感謝申し上げます。ポテンシャルが高く、才能豊かな三國スティビアエブス選手の加入内定を非常に嬉しく思っております。 ファン、サポーターの皆様にはこれからの三國スティビアエブス選手の活躍を温かく見守って頂けたら幸いです」 2020.07.10 12:12 Fri
twitterfacebook
thumb

名古屋がG大阪から元韓国代表DFオ・ジェソクを獲得! 選手登録不可で、8月1日まで起用できず

名古屋グランパスは9日、ガンバ大阪の元韓国代表DFオ・ジェソク(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は34となる。 オ・ジェソクは、2012年のロンドン・オリンピックに韓国代表として出場。銅メダルを獲得していた。 Kリーグの水原三星ブルーウィングスでキャリアをスタートさせると、江原FCを経て、2013年にG大阪へ完全移籍。2019シーズンは7月からFC東京へと期限付き移籍し、今シーズンはG大阪に復帰していた。 これまでJ1通算126試合、J2通算5試合、J3通算2試合に出場。リーグカップで26試合、天皇杯で8試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で15試合に出場していた。 Jリーグで3クラブ目の挑戦となるオ・ジェソクは、名古屋を通じてコメントしている。 「このたび、名古屋グランパスに移籍することになって非常に嬉しく思いますし、感謝の気持ちを持っています。特に新型コロナウイルス感染症の影響もあり、この時期にこのタイミングで移籍するのは難しい状況の中で僕の手を掴んでくれたことだけでも、言葉にできないほどの感謝の気持ちでいっぱいです」 「グランパスに移籍して、良いプレーで恩返しをしたいです。名古屋グランパスファミリーの皆さま、よろしくお願いします」 また、来日から7年半在籍したG大阪を通じてもコメントしている。 「リーグ戦が再開されたこのタイミングで、チームを離れることになりました。いろいろキャンプから大変な時間もありましたが、ここにいるみんなと開幕戦も一緒にできて幸せだったし、今年だけではなく7年半近くチームにお世話になったし、感謝の気持ちしかないです」 「この時期に離れるのは寂しくて悲しいですが、また日本でみんなに会えて、それだけでも十分幸せだし、良いことだけ記憶してチームを離れたいと思います。今まで有難うございました」 なお、オ・ジェソクは登録ウインドーの関係で2020年7月31日(金)まで選手登録が不可能に。最短でも8月1日(土)からの試合出場となる。 2020.07.09 17:37 Thu
twitterfacebook
thumb

大宮、柏からGK松本健太が育成型期限付き移籍で加入

大宮アルディージャは8日、柏レイソルからGK松本健太(23)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。背番号は「46」に決定。なお、移籍期間中に行われる柏との公式戦には出場できない。 千葉県出身の松本はU-15のカテゴリーから柏の下部組織でプレーし、東洋大学(在学中はJFA・Jリーグ特別指定選手)を経て、今シーズンから古巣のトップチーム入り。だが、ここまで公式戦の出場はなかった。 今回、大宮への初の武者修行が決定した松本は両クラブの公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 ◆大宮アルディージャ 「大宮アルディージャに関わる全ての皆さま、はじめまして、松本健太です。シーズン途中からの加入になりますが、アルディージャの勝利、J1昇格のために全力で戦います。応援よろしくお願いします!」 ◆柏レイソル 「リーグ戦が再開したばかりですが、移籍を決断しました。ここまでチームの力になることができずに悔しい気持ちでいっぱいですが、レイソルの選手として日立台で活躍するという目標は今も変わっていません。力を付けて必ずレイソルに戻ってきます。半年間、本当にありがとうございました」 なお、育成型期限付き移籍は、18~23歳の選手が所属チームより下部カテゴリーへ移籍する場合に限り、移籍期間外での期限付き移籍を可能とする制度。 2020.07.08 11:56 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京、明治大DF蓮川壮大の来季加入内定を発表「タイトル獲得のために全力で戦いたい」

FC東京は6日、明治大学に在学するDF蓮川壮大(22)の来シーズン加入内定を発表した。 中学時代からFC東京の下部組織に在籍した蓮川は、FC東京U-18から明治大学に進学。今シーズンは全日本大学選抜へ選出された蓮川に関して、クラブは「絶対的な対人の強さをもち、攻守ともに1対1が優れているDF。戦う気持ちと強いメンタリティを持ってチームを鼓舞する」とプレースタイルを紹介している。 FC東京への帰還が内定した蓮川は、クラブ公式で以下のようにコメントしている。 「来シーズンから東京に加入することになりました、明治大学の蓮川壮大です。アカデミー時代から育てていただいたこのクラブで、青赤のユニフォームを着て、再びプレーできることを大変嬉しく思います。家族をはじめ、今まで支えてくださった方々への感謝を忘れず、結果という形で恩返ししていきたいです。東京のタイトル獲得のために、自覚と責任を持ち、全力で戦いたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」 2020.07.06 12:06 Mon
twitterfacebook
thumb

新潟、マウロのレンタル延長を発表! 「皆さんに恩返ししたい」

アルビレックス新潟は3日、アルゼンチン人DFマウロ(30)の期限付き移籍期間延長決定を発表した。加入当時の期間は7月31日までだったが、今回の契約延長により、2021年1月1日までとなっている。 CAバンフィエルドでプロキャリアをスタートさせ、レアル・ムルシアやアルメリア、エイバル、レガネス、テネリフェといったスペインクラブを渡り歩き、今季から新潟にレンタル加入したマウロ。ここまで明治安田生命J2リーグ開幕から全2試合に先発している。今季いっぱいを新潟の一員としてプレーすることが決まり、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「契約を延長できてとても嬉しいです。1月に新潟に来たときと同じように、この契約延長でクラブが再び自分への扉を開いてくれました。新潟のチームメイトと今シーズン最後まで戦えることを、とても嬉しく思っています」 「サポーターの皆さんにはSNSを通じて、また最近では街の中でも、いつも温かい言葉をかけてもらい感謝しています。この感謝の気持ちをピッチで、プレーで表現して皆さんに恩返ししたいですし、ピッチでは自分の全てをサポーターの皆さんに捧げたいと思っています。Muchas gracias!!(どうもありがとう!!)」 2020.07.03 12:20 Fri
twitterfacebook