【Jリーグ移籍情報/12月9日】FC東京が強力2トップと契約更新 G大阪スサエタ、磐田川又は契約満了

2019.12.10 06:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグ移籍情報まとめ。12月9日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。

【J1】
◆ベガルタ仙台
《退任》
渡邉晋監督(46)

◆FC東京
《契約更新》
FW永井謙佑(30)
FWディエゴ・オリヴェイラ(29)

◆ジュビロ磐田
《契約満了》
DF森下俊(33)
FW川又堅碁(30)

◆ガンバ大阪
《契約満了》
DF青山直晃(33)
MFマルケル・スサエタ(31)

《期限付き満了》
MFダビド・コンチャ(23)→レアル・ソシエダ(スペイン)

◆サガン鳥栖
《完全移籍》
FWビクトル・イバルボ(29)→V・ファーレン長崎

【J2】
◆FC町田ゼルビア
《就任》
ランコ・ポポヴィッチ監督(52)

◆FC岐阜
《契約満了》
FW薮内健人(24)

◆V・ファーレン長崎
《完全移籍》
FWビクトル・イバルボ(29)←サガン鳥栖

《契約更新》
FW畑潤基(25)

《期限付き満了》
イ・サンミン(21)→蔚山現代(韓国)

◆鹿児島ユナイテッドFC
《引退》
DF冨成慎司(32)
MF永畑祐樹(30)

◆FC琉球
《内定》
MF池田廉(22)←拓殖大学

【J3】
◆ヴァンラーレ八戸
《内定》
MF丸岡悟(22)←近畿大学

◆いわてグルージャ盛岡
《期限付き満了》
FW薮内健人(24)→FC岐阜

◆ブラウブリッツ秋田
《引退》
MF古田寛幸(28)

◆藤枝MYFC
《契約満了》
DF阿渡真也(29)
MF北川滉平(24)

◆カターレ富山
《契約満了》
FW瀧谷亮(24)

◆ガイナーレ鳥取
《契約満了》
GK細田歩夢(21)
DF大屋翼(33)

関連ニュース
thumb

スピードが武器の静岡学園MF川谷凪が清水に加入内定「すぐにこのチームにいきたいと決めた」

清水エスパルスは23日、静岡学園高校のMF川谷凪(18)が来シーズンより加入することが内定したと発表した。 大阪府出身の川谷は、178cm、69kgの中盤の選手。50mを5秒台で走るスピード持ち主だ。 同期のMF玄理吾は徳島ヴォルティス、MF古川陽介はジュビロ磐田に加入が内定しており、同校で3人目のJリーグ内定者となった。 2年次からAチームのメンバーに入ると、今年は静岡県高等学校新人大会優勝、全国高等学校総合体育大会静岡県予選優勝、全国高等学校総合体育大会3位という結果を残している。 川谷はクラブを通じてコメントしている。 「エスパルスに声をかけてもらったことをすごく嬉しく思います。夏に練習参加したとき、緊張していた自分に皆さんから話しかけてくれて雰囲気が明るく、馴染みやすかったし、練習もやりやすかったです」 「すぐにこのチームにいきたいと自分の中では決めていました。自分の武器であるスピードと突破力がプロでも通用できるように努力して、1日でも早く試合にからんで貢献したいです」 「サポーターの方々にも、“こいつなら活躍できるな“と思ってもらえるような選手になりたいと思いますので、これからよろしくお願いいたします」 2021.10.23 16:19 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥取が神奈川大学MF馬場琢未の来季加入内定を発表、高校時代は米子北で過ごす

ガイナーレ鳥取は23日、神奈川大学のMF馬場琢未(22)の来季加入内定を発表した。 岐阜県出身の馬場は、高校時代は鳥取県の米子北高校で過ごし、神奈川大学へと進学していた。 高校時代以来の鳥取帰還となる馬場は、クラブを通じてコメントしている。 「この度ガイナーレ鳥取に加入することになりました神奈川大学の馬場琢未です。夢であったプロサッカー選手になれたのは自分のサッカー人生に携わってくださった多くの方々のおかげだと思います」 「自分の武器であるスピードに乗ったドリブル突破やフィジカルを存分に発揮しガイナーレ鳥取の勝利に貢献できるよう尽力いたします。応援よろしくお願いします」 2021.10.23 14:41 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿児島MF酒本憲幸が現役引退…C大阪の右サイドを長らく支える「感謝の気持ちでいっぱい」

鹿児島ユナイテッドFCは22日、MF酒本憲幸(37)の現役引退を発表した。 和歌山県出身の酒本は、初芝橋本高校から2003年にセレッソ大阪へと入団。1年目から出場機会を得ると、キャリアの途中からは右サイドバックとして定着。C大阪を支えた。 アカデミー出身の若手選手も多く台頭したC大阪では、2010年からは最古参の選手としてプレー。J2降格、J1昇格、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場など、キャリアでは浮き沈みのある様々な経験をした。 しかし、DF松田陸の加入後は出場機会が減り、2017年、2018年はリーグ戦での出番はなし。2019年に鹿児島へと完全移籍すると、中盤へポジションを移し、2019シーズンは明治安田生命J2リーグで40試合に出場し2得点。2020シーズンは明治安田生命J3リーグで34試合に出場し7得点を記録。今シーズンもJ3で16試合に出場していた。 なお、11月28日(日)の明治安田J3第29節、AC長野パルセイロ戦後に引退セレモニーが実施される。 酒本はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2021年シーズンをもちまして現役を引退することにしました。19年間の現役生活のなかで、本当に色々な方に支えてもらいました。僕みたいな選手がこの年まで続けてこれたのは、こういった方達のおかげです。本当にありがとうございました、感謝の気持ちでいっぱいです」 「まだ残り7試合あります。最後まで自分のやれる事をやりぬきチームに貢献出来るように頑張ります」 「次はホームでアスルクラロ沼津戦です。是非スタジアム、リモートで応援よろしくお願いします!」 「最後に、引退セレモニーを11月28日のAC長野パルセイロ戦後に行なってくれる事になりました。皆さんとお会いして、ご挨拶出来ることを嬉しく思ってます。11月28日 スタジアムでお待ちしております。急に寒くなったので、体調にはお気をつけ下さい」 2021.10.22 10:59 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮の守備を支えたDF河本裕之が現役引退を発表…神戸でも長らくプレー「残留のために精一杯プレーし続ける」

大宮アルディージャは22日、DF河本裕之(36)の現役引退を発表した。今シーズン限りでの現役引退となる。 兵庫県出身の河本は、滝川第二高校からヴィッセル神戸へと2004年に入団。プロ1年目から結果を残していく。センターバックだけでなくサイドバックでもプレーした河本は、空中戦の強さを武器に攻守に貢献。2012年夏に大宮へと期限付き移籍し、残留争い中のチームを救う活躍を見せる。 2013年は所属先の神戸がJ2へと降格したためにチームに復帰。1年でのJ1復帰に貢献し、2014年も神戸でプレーしたが、2015年にJ2へと降格した大宮へと完全移籍。以後、大宮でプレーを続けた。 大宮ではDF菊地光将(現レノファ山口FC)とともに強力なCBコンビを形成。また得点力を生かし、セットプレーからチームを救うゴールを決めるなど活躍。近年は突発性難聴に苦しんだ他、ケガで離脱する機会が増えたものの、J2を戦う大宮で年間20試合以上に出場していた。 今シーズンは岩瀬健監督体制時は、出場機会を得ることができなかったものの、霜田正浩監督就任後はコンスタントに出場。ここまで13試合に出場し1得点を記録。残留を争うチームをベテランとして支えている。 なお、大宮ではここまでクラブ歴代10位となるリーグ戦通算185試合に出場している。河本はクラブを通じて、引退についてコメントしている。 「大宮アルディージャのファン・サポーター、パートナーの企業の皆様、日頃より大宮アルディージャをご支援ご声援いただきありがとうございます。ヴィッセル神戸、大宮アルディージャで現役生活を過ごしましたが、このたび今シーズン限りで現役を引退することにしました」 「まずは残り8試合、大宮アルディージャのJ2残留のために持てる力を出し切って精一杯プレーし続けますので、最後まで熱い後押しをよろしくお願いいたします」 また、代表取締役社長の佐野秀彦氏も河本の引退にコメントしている。 「ファン・サポーターや地域の皆さまをはじめ、パートナー企業や後援会の皆さま、日頃より多大なるご支援、ご声援を賜り誠にありがとうございます。皆さまにご報告です。このたび、河本選手から『今シーズン限りで現役を引退したい』との申し出を受けました」 「正直、私自身としては、まだまだ出来る、引き続きピッチでの躍動を期待したいという気持ちでおりますが、河本選手から直接、『本当に熟考して決断しました』という言葉を聞き、申し出を受けることとしました」 「今シーズン序盤は出場機会がない中でも気持ちを落とさずにチームを鼓舞し続け、霜田監督体制ではチームの中心として活躍を続け、第32節栃木SC戦ではコーナーキックから得意のヘディングで今季初得点を挙げる活躍もありました」 「河本選手がピッチ上でみせる熱い闘志を前面に出して戦う姿勢、寡黙で果敢なプレースタイルは、チームにとって必要不可欠であり、ファン・サポーターからも支持され最も愛されている選手の一人でもあります」 「河本選手の今シーズン限りでの現役引退という決断をクラブにかかわるスタッフ全員がしっかりと受け止め、みんなが『コウモのため』にという気持ちを持って、残り8試合全力で臨む覚悟です。引き続きの熱いご支援、ご声援を何卒よろしくお願い申し上げます」 2021.10.22 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

岐阜のブラジル人MFレレウが契約解除…ブラジルへ帰国「家族の問題を優先」

FC岐阜は21日、ブラジル人MFレレウ(28)の契約解除を発表した。双方合意の下での解除となる。 レレウは、2019年にアトレチコ・ミネイロから湘南ベルマーレへと加入。同年7月からは水戸ホーリーホックへと期限付き移籍を経験。そのまま退団すると、2020年10月に岐阜へと加入していた。 岐阜では2020年に明治安田生命J3リーグで11試合に出場し1得点。今シーズンはここまでJ3で8試合、天皇杯で1試合に出場していたが契約解除。ブラジルに帰国するという。 レレウはクラブを通じてコメントしている。 「岐阜に来てからファン・サポーターの皆さんに温かく迎えていただき、今日まで岐阜のために常に全力で戦ってきました」 「今回、家族の問題を優先すべくチームを離れ、帰国することになりとても残念です。素晴らしいクラブで過ごせたこと、ファン・サポーター、スタッフ、選手にとても感謝しています」 2021.10.21 18:13 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly