【Jリーグ移籍情報/12月6日】 神戸のウェリントンが契約満了 大宮と藤枝が監督続投を発表!

2019.12.07 06:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグ移籍情報まとめ。12月6日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。

【J1】
◆ヴィッセル神戸
《契約満了》
FWウェリントン(31)

【J2】
◆大宮アルディージャ
《続投》
高木琢也監督(52)

《復帰》
MF山田陸(21)←AC長野パルセイロ

◆柏レイソル
《契約満了》
DF橋口拓哉(25)←テゲバジャーロ宮崎(JFL)

◆東京ヴェルディ
《契約満了》
GK鈴木智幸(33)

◆ヴァンフォーレ甲府
《復帰》
DF入間川景太(20)←AC長野パルセイロ

◆アルビレックス新潟
《契約更新》
MFシルビーニョ(29)

◆FC岐阜
《契約満了》
MFフレデリック(29)
FWミシャエル(23)

◆ファジアーノ岡山
《契約更新》
FW武田拓真(24)
FW松木駿之介(23)

《復帰》
DF下口稚葉(21)←AC長野パルセイロ

◆FC琉球
《内定》
FW人見拓哉(21)←立正大学

【J3】
◆いわてグルージャ盛岡
《完全移籍》
FW佐々木祐太(23)←キャビンティーリーFC(アイルランド)

◆ブラウブリッツ秋田
《契約満了》
MF垣根拓也(28)

◆AC長野パルセイロ
《期限付き満了》
DF入間川景太(20)→ヴァンフォーレ甲府
MF山田陸(21)→大宮アルディージャ
DF下口稚葉(21)→ファジアーノ岡山

◆藤枝MYFC
《続投》
石﨑信弘監督(61)

◆ガイナーレ鳥取
《契約満了》
GK北野貴之(37)
MF池ヶ谷颯斗(27)
MF星野有亮(27)
DF内山裕貴(24)

◆ロアッソ熊本
《契約満了》
FW原一樹(34)

《引退》
DF植田龍仁朗(31)


関連ニュース
thumb

いわきFC退団のFW滝沢昂司がJFLの東京武蔵野ユナイテッドFCに加入

2022シーズンから明治安田生命J3リーグを戦ういわきFCは23日、FW滝沢昂司(24)がJFLの東京武蔵野ユナイテッドFCに移籍することを発表した。 滝沢は桐生第一高校から桐蔭横浜大学を経て、いわきFCへと入団。2021シーズンはJFLで2試合に出場。JFL通算で13試合に出場していた 滝沢はクラブを通じてコメントしている。 「この度、いわきFCから移籍することになりました、滝沢昂司です。東京武蔵野ユナイテッドFCの勝利のために、全力でプレーします。応援よろしくお願いします」 2022.01.23 20:54 Sun
twitterfacebook
thumb

磐田退団の大武峻、福島入りが決定 「強い覚悟を持ってきました」

福島ユナイテッドFCは23日、ジュビロ磐田からDF大武峻(29)の完全移籍加入を発表した。 大武は福岡大学在学中の2014年に特別指定選手として名古屋グランパスでプロデビューすると、翌年に正式入団。2017年途中からアルビレックス新潟に移り、2020年から磐田に加入した。 昨季も磐田でスタートしたが、シーズン途中の7月から出場機会を求めて、ザスパクサツ群馬に期限付き移籍。だが、保有元の磐田と群馬からそれぞれ契約満了が発表されていた。 福島の公式サイトを通じて、「まず、このクラブでプレーする機会をいただけたことに感謝しています」と感謝の言葉を述べ、意気込みを語っている。 「今年30歳になる年ということもあり本当に強い覚悟を持ってきました。チームの目標達成のために自分の持てる全てを捧げたいと思っています! 応援よろしくお願いします!」 2022.01.23 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

39歳DF秋本倫孝が現役引退…甲府、京都、富山、藤枝でプレー「今後は指導者を」

藤枝MYFCは23日、DF秋本倫孝(39)の現役引退を発表した。 秋本は静岡県出身で、清水商業高(現:清水桜が丘高校)から法政大学へと進学。2005年にヴァンフォーレ甲府に入団し、プロキャリアをスタートさせた。 セレクションを経ての入団となった秋本は、昇格を争うクラブでシーズン終盤にレギュラーとなると、見事にチームはJ1へ昇格。しかし、2006年にオーバーワーク症候群と診断され戦線を離脱も復帰する。 甲府では2010年まで在籍し、レギュラーとしてプレー。2011年に京都サンガF.C.へと完全移籍した。 京都でもコンスタントに出場機会を得ると、2014年にカターレ富山へと移籍。すると2015年にタイのタイ・ホンダFCへと完全移籍。4年間をタイで過ごすと、2019年に藤枝へと加入した。 藤枝でもレギュラーとしてプレーしていたが、2021年は明治安田生命J3リーグで1試合の出場に終わり、そのまま現役引退となった。 J1通算45試合4得点、J2通算216試合24得点、J3通算54試合3得点、リーグカップ通算11試合1得点を記録。天皇杯では18試合に出場していた。 秋本はクラブを通じてコメントしている。 「2021シーズンをもちまして、現役を引退することを決めました。プロサッカー選手として39歳までプレーできたのは、これまで指導していただいた指導者の方々、チームメイト、ファン・サポーターの皆様の支えがあったからです。改めて感謝申し上げます」 「プロ1年目、ヴァンフォーレ甲府で初めて試合に出た時は、視野が半径1メートルくらいしかなくてすごく緊張していました笑」 「でも大木さん、安間さんにプロとしての基礎を教わり、1年目の最後にはJ1を勝ち取る試合に出ることができました!」 「京都サンガでは元日の天皇杯決勝で出場停止と脳震盪のダブルパンチで試合に出られず準優勝でしたが、中山博貴が先制点取ってくれてとても嬉しかったのを覚えています!」 「カターレ富山ではチームをJ3に落としてしまったにも関わらず、何度もあたたかく迎えて応援してくれたサポーターの姿は今でも忘れられません」 「藤枝MYFCでは、生まれ故郷の静岡でプレーさせていただき、親族や友人にも試合を観てもらえたことは、自分の中でかけがえのないものとなりました」 「ここに全てのことは書ききれませんが、大学卒業からこれまでの17年間をこうして振り返ってみると、出会いに恵まれ、自分らしいサッカー人生を送ることができたと改めて感じています」 「最後にここまで大きな怪我もなく、丈夫に産んでくれ栄養を考えたご飯を食べさせてくれた両親に感謝いたします。ほんとありがと!!」 「今後は指導者を目指していきたいと思っています。これまでお世話になった偉大な指導者から比べればまだまだ未熟者ですが、少しでもサッカー界に貢献できるように頑張ります!今までありがとうございました!」 2022.01.23 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

YS横浜が昨年復帰の宮内寛斗と契約更新 「必ずJ2昇格します」

Y.S.C.C.横浜は23日、MF宮内寛斗(24)との契約更新を発表した。 宮内は2016年年に下部組織から過ごすYS横浜でプロデビュー。松江シティFCやヴェルスパ大分といった下部リーグを経験後、昨年からYS横浜に復帰して、明治安田生命J3リーグ19試合に出場した。 「明けましておめでとうございます。2021年度のご支援、サポートありがとうございました」 「去年はJ2昇格をシーズン途中で目指し始めて後2歩3歩届かない所で終わってしまいました。チームの色々な記録を塗り替える事で自信に繋がりました」 「今年は最初からJ2昇格を目指すことができるので、開幕から良いスタートを切って必ずJ2昇格します。2022年度もご支援、サポートよろしくお願いします」 2022.01.23 10:55 Sun
twitterfacebook
thumb

YS横浜がオニエ・オゴチュクウと契約更新! 長澤卓己とは非更新もクラブで治療とリハビリに専念

Y.S.C.C.横浜は22日、FWオニエ・オゴチュクウ(19)との契約更新を発表した。 ナイジェリア出身のオニエ・オゴチュクウは高知中央高校に留学して、2020年にYS横浜でプロキャリアをスタート。昨季は明治安田生命J3リーグ7試合出場、天皇杯2試合出場で1得点だった。 YS横浜在籍3年目の今季に向け、「今年もY.S.C.C.でサッカーできる事になりました! 沢山のゴールを決めるので、ニッパツで力強い応援をよろしくお願いします!」とコメントしている。 一方で、昨季のJ3リーグで1試合の出場にとどまったDF長澤卓己(29)とは契約非更新が決定。ただ、長期のリハビリが必要な状態にあるため、今後もクラブで回復を目指すことになるという。 クラブを通じて「長期リハビリの為、今シーズンのスタート時はトップチームでの登録をせずに復帰を目指していく事となりました」と述べ、チームの躍進とともに自身の復活を期した。 「120%の回復を目指し、再びピッチで熱く闘えるように全身全霊でサッカーに向き合っていきます。復帰までのプロセスはY.S.C.C.クラブ内で進めて頂ける事に感謝して、必ず結果で返さなくてはならないと自覚しています」 「昨シーズンは記録更新も多く達成し、Y.S.C.C.史上ベストシーズンだったと思いますが、今年もそんな1年に出来るように、積極的にチームに関わっていければと思います。みんなで最高の1年にしましょう! 今年もどうぞよろしくお願い致します!」 2022.01.22 18:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly