批判を払しょく! クルトワがマドリー加入後最長の4試合連続クリーンシート達成

2019.11.07 23:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワが自身への批判をそのパフォーマンスで黙らせている。スペイン『マルカ』が報じた。

10月1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のクラブ・ブルージュ戦に先発したクルトワは、2失点を許し前半終了後に交代。この交代理由に関して一部メディアは、クルトワがマドリディスタの厳しい批判に対処できず、不安発作を起こしているのではないかとの憶測を報道。後にクラブが医師の診断結果を明かす異例の声明を出すなど、思わぬ騒動に発展していた。

多くのマドリディスタはこの一件に関してはさすがに同情的な目を向けた一方、普段からの歯に衣着せぬ発言や自信家のイメージが強い同選手のパフォーマンスに満足していないのは事実。

とりわけ、マドリーは今夏、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスをパリ・サンジェルマン(PSG)に放出し、クルトワと控えGKのクオリティに不安を募らせている。

しかし、周囲からの批判を受けて、元来反骨心の強いクルトワはここにきて奮起。6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループA第4節のガラタサライ戦(6-0で勝利)を無失点で終え、直近の公式戦4試合連続クリーンシートを達成した。

そして、この記録はクルトワがマドリーに加入して以来、最高の数字となっている。1カ月前には批判に晒されていた同選手だが、そこからチームと共に這い上がり、自身の価値を改めて証明している。

クリーンシートの記録に関してはクルトワ個人のパフォーマンス以外にチーム全体の守備意識や対戦相手の実力も影響するところだが、チーム、サポーターから信頼を取り戻していることは確かだ。

なお、9日に行われるラ・リーガ第13節ではMF乾貴士も在籍するエイバル戦と対戦する。同試合で再びクリーンシートを伸ばし、チームの勝利に貢献することはできるか。
コメント
関連ニュース
thumb

セルタがレアルのU-19スペイン代表MFバエサを完全移籍で獲得

セルタは15日、レアル・マドリーからU-19スペイン代表MFミゲル・バエサ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。 なお、契約期間は5年間。メディカルチェック後に正式契約を結ぶとのことだ。 バエサは、マドリーの下部組織で育ち、トップ下を主戦場としながら中盤のあらゆるポジションでもプレーが可能な選手だ。 2019-20シーズンはマドリー・カスティージャの一員としてセグンダB(スペイン3部)で26試合に出場し9ゴール4アシストを記録していた。 また、U-19スペイン代表としても1試合でプレーしている。 2020.08.15 20:35 Sat
twitterfacebook
thumb

人気博すファン・デ・ベーク、去就は依然流動的 コロナ禍で「はっきりしたものがない」

アヤックスのオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(23)が残留の可能性を示唆した。 昨季のチャンピオンズリーグ(CL)でアヤックスのベスト4強に大きく貢献した主力の1人として注目を高め、今夏の人気銘柄として人気を博すファン・デ・ベーク。以前からレアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドの関心が取り沙汰されている。 そのなかで、アヤックスのエリク・テン・ハグ監督は“移籍止むなし”の姿勢を示しており、最高経営責任者(CEO)のエドウィン・ファン・デル・サール氏も安売りしない方針を強調しつつ、適切なオファーが届けば手放す意思を明らかにしている。 しかし、ファン・デ・ベーク本人は新型コロナウイルスの感染拡大による各クラブの財政不安で、残留も覚悟しているようだ。『Fox Sports』で「移籍の面で言うと、すごく厄介な時期だ」と語り、流動的な去就状況を明かした。 「まだ何も決まっていない。今もアヤックスの選手。そうであるのを誇らしく思っている。新型コロナウイルスが流行していなければ、今頃は違った状況だったかもしれない。今のところ、はっきりしたものもなく、どうなるかを待つしかない。僕はまだここの選手で、何年経とうが、まだ楽しいことが山ほどある。来季もアヤックスの選手であるなら、それも楽しみだ。僕から不満なんて聞こえてこないはずさ」 2020.08.15 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴィニシウスが明かすスペイン挑戦秘話 「マドリーか、バルサを選ぶのに2日しかなかった」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールはバルセロナ加入の選択肢もあったようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ヴィニシウス・ジュニオールはフラメンゴ在籍の2017年夏にレアル・マドリー入りが内定して、2018年夏に正式入団。レアル・マドリーの将来を背負って立つ存在として大きな期待を寄せられている。 しかし、まだフラメンゴの選手だった当時、レアル・マドリーの宿敵であるバルセロナとの二択を迫られていたようだ。クラブのテレビ番組『Campo de Estrellas』に出演時、移籍前の秘話をこう明かした。 「バルセロナとマドリーからアプローチを受け、選ぶのに2日しかなかった。長くマドリーにいて、すべてを勝ち獲り、大成功を収める自分の姿を見据えている」 なお、今季のヴィニシウス・ジュニオールは途中出場が多かったものの、今季も公式戦38試合に出場。5得点4アシストをマークした。 2020.08.15 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

“怪物”ロナウドがアシスト!ベッカムが銀河系軍団の一員として決めたレアル初ゴール!【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏がレアル・マドリーで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ベッカムの初ゴールをロナウドがアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6M05WcTkzeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ち、若くしてその才能を開花させたベッカム。ユナイテッドで数々のタイトルを勝ち取った後、2003年夏にレアル・マドリーへ移籍。当時世界中からスーパースターを獲得し、“銀河系軍団”と呼ばれたチームに加わった。 マドリーでは、公式戦159試合に出場し、20ゴールを記録したベッカムだが、その記念すべき初ゴールは、2003年8月27日に行われた、スーペルコパ・デ・エスパーニャ決勝2ndレグのマジョルカ戦でのゴールだった。 1stレグでは、1-2で敗れていたマドリー。ホームで行われた2ndレグでは、攻勢に出ると終始試合を優位に進めた。そして2-0とリードして迎えた73分、マドリーに決定機が訪れる。 カウンターを発動し、ゴール前で数的有利な状況を作ったマドリーは、サイドに流れて攻め上がったFWロナウドが、中央へクロスを上げる。中央に上がっていたベッカムは、飛び出してきたGKの奥で、しっかりとヘディングを決めると、ボールは無人のゴールへ。これがベッカムのマドリー初ゴールとなった。 このゴールで勝利を確実なものにしたマドリーは、このまま3-0で勝利。1stレグの点差をひっくり返し、見事スーペルコパを優勝した。 2020.08.15 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG会長がネイマール&ムバッペを信頼 「彼らは絶対に出て行かない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケラフィ会長がブラジル代表FWネイマール(28)とフランス代表FWキリアン・ムバッペ(21)に対する信頼を強調した。フランス『レキップ』が報じている。 PSGが誇る2大エースとしてチームを引っ張る存在である傍らで、長らく移籍の憶測が取り沙汰されるネイマールとムバッペ。ネイマールは以前から古巣バルセロナの接触が囁かれ、ムバッペもレアル・マドリーの関心が指摘され続けている。 しかし、PSG会長は12日に中立地ポルトガルで行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のアタランタ戦を2-1の逆転勝利で飾り、ベスト4入りを決めた後、フランス『RMC Sport』で両エースの残留に自信をのぞかせている。 「我々にとって、非常にスペシャルな日だ」と述べ、チームとして25年ぶりのCL4強進出に喜びの心境を語ると、両選手にしつこくつきまとう移籍話を一蹴した。 「ネイはキリアンに並ぶベストプレーヤーの1人だ。トップ3にも入る。この試合のMOMで、素晴らしいプレーを披露してくれた。彼とキリアンは絶対に出て行かない。ここに残る」 2020.08.14 13:45 Fri
twitterfacebook