EL初制覇を目指すローマが登録メンバー発表!《EL》

2019.09.05 02:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマは4日、今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)グループステージに臨む選手リストを発表した。

昨シーズン6位のローマは、今回のリストにFWエディン・ゼコやFWジェンギズ・ウンデル、MFアレッサンドロ・フロレンツィ、DFアレクサンダル・コラロフら主力がメンバー入り。

また、今夏獲得した新守護神GKパウ・ロペスやDFクリス・スモーリング、DFレオナルド・スピナッツォーラ、MFヘンリク・ムヒタリアン、MFアマドゥ・ディアワラ、FWニコラ・カリニッチらもメンバーに入った。

ローマは、先日行われた組み合わせ抽選会でグループJに入り、ボルシアMG(ドイツ)、イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)、ヴォルフスベルガー(オーストリア)と対戦する。

◆ローマEL登録メンバー
GK
13.パウ・ロペス
83.アントニオ・ミランテ

DF
2.ダビデ・ザッパコスタ
5.ファン・ジェズス
6.クリス・スモーリング
11.アレクサンダル・コラロフ
18.ダビデ・サントン
20.フェデリコ・ファシオ
23.ジャンルカ・マンチーニ
24.アレッサンドロ・フロレンツィ
37.レオナルド・スピナッツォーラ

MF
4.ブライアン・クリスタンテ
7.ロレンツォ・ペッレグリーニ
8.ディエゴ・ペロッティ
21.ジョルダン・ヴェレトゥ
22.ニコロ・ザニオーロ
27.ハビエル・パストーレ
42.アマドゥ・ディアワラ
77.ヘンリク・ムヒタリアン

FW
9.エディン・ジェコ
17.ジェンギズ・ウンデル
19.ニコラ・カリニッチ
99.ユスティン・クライファート

関連ニュース
thumb

【セリエA注目プレビュー】新指揮官の下で復権目指すローマ勢による今季最初の首都デルビー!

セリエA第6節、ラツィオとローマによるデルビー・デッラ・カピターレが、日本時間26日25:00にスタディオ・オリンピコでキックオフされる。共に新指揮官の下、ミラノ勢に続く復権を目指すローマ勢による今季最初のデルビーだ。 昨シーズンのセリエAを6位でフィニッシュしたラツィオは、シモーネ・インザーギ監督のインテル行きを受け、5年間続いた前体制に終止符を打ち、前ナポリ、ユベントス指揮官の智将サッリを新指揮官に招へい。ダイナミズムを重視する前指揮官の[3-5-2]から、“サッリボール”と評される、[4-3-3(4-3-1-2)]の攻撃的なポゼッションスタイルへ大きく舵を切った。 エンポリ、スペツィアとの開幕2試合では9得点2失点という圧倒的な内容で力強いスタートを切ったが、第3節のミラン戦で完敗を喫すると、そこから公式戦4戦未勝利と急失速。直近のカリアリ、トリノ戦では2試合のベンチ入り禁止処分を科された指揮官不在の影響もあったか、振るわないパフォーマンスでドローに持ち込むことが精いっぱいだった。ホーム開催のデルビーに向けプラス材料は少ないが、上位戦線に踏み留める上で勝ち点3が求められるところだ。 対するローマは2017-18シーズンの3位を最後に、3シーズン連続でトップ4フィニッシュを逃しており、オーナーのフリードキンファミリーは今夏、世界屈指の名将モウリーニョを新指揮官に招へい。 近年は失敗続きも勝者のメンタリティを持つポルトガル人指揮官は、就任以降公式戦6連勝と現チームに欠けていた勝負強さを早くも植え付けている。前々節は監督交代のエラス・ヴェローナ相手に新体制初黒星を喫したが、直近のウディネーゼ戦ではパフォーマンス自体は低調だったが、今季初のウノゼロ勝利でバウンスバックに成功している。 メンバー固定の弊害か、直近2試合では中盤やサイドバックを中心に消耗が色濃く、ガス欠傾向が顕著となっているが、ウディネーゼ戦の勝利と、有観客でのデルビーという最高の環境が、90分間戦い抜くエネルギーを与えてくれるはずだ。 2015-16シーズンのローマのシーズンダブル以降、非常に拮抗した両者の対戦は、昨季も1勝1敗のイーブンだ。また、共にデルビー初采配のサッリ監督とモウリーニョ監督は、2018-19シーズンのプレミアリーグで前者がチェルシー、後者がマンチェスター・ユナイテッドを率いて1度だけ対戦しているが、2-2のドローに終わっている。 ◆ラツィオ◆ 【4-3-3】 ▽ラツィオ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210925_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:レイナ DF:ラッツァーリ、ルイス・フェリペ、アチェルビ、ヒサイ MF:ミリンコビッチ=サビッチ、ルーカス・レイバ、ルイス・アルベルト FW:フェリペ・アンデルソン、インモービレ、ペドロ 負傷者:MFザッカーニ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関しては太ももを痛めているザッカーニが唯一の欠場となる。 スタメンに関しては前述の11人の起用が濃厚だが、唯一定まらない右サイドバックに関してはラッツァーリではなくマルシッチ起用の可能性も十分にある。 ◆ローマ◆ 【4-2-3-1】 ▽ローマ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210925_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ルイ・パトリシオ DF:カルスドルプ、マンチーニ、イバニェス、カラフィオーリ MF:クリスタンテ、ヴェレトゥ MF:ザニオーロ、ムヒタリアン、エル・シャーラウィ FW:エイブラハム 負傷者:DFスピナッツォーラ、ビーニャ 出場停止者:MFペッレグリーニ(1/1) 前節のウディネーゼ戦で退場したカピターノのペッレグリーニが欠場となる。負傷者に関しては長期離脱中のスピナッツォーラに加え、ヒザに問題を抱えるビーニャに欠場の可能性がある。 スタメンに関しては左サイドバックとペッレグリーニの代役が注目ポイント。スピナッツォーラ、ビーニャの不在によって本職のカラフィオーリの起用が濃厚だが、経験と守備能力を考慮して本職センターバックのイバニェスを左に置き、スモーリングをマンチーニの相棒に据える可能性もありそうだ。 ペッレグリーニの代役に関してはムヒタリアン、ザニオーロのいずれかをトップ下に移し、エル・シャーラウィ、カルレス・ペレスを配置する形が想定される。ショムロドフをセカンドトップに置くオプションもあるが、3番手のマジョラルが信頼を得られていないため、エイブラハムのバックアップを担うウズベキスタン代表FWはベンチスタートが濃厚だ。 ★注目選手 ◆ラツィオ:FWペドロ・ロドリゲス <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210925_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ラツィオの注目プレーヤーは今夏に“禁断の移籍”を果たしたペドロ。バルセロナ、チェルシー、スペイン代表での経験を買われて、昨夏2年契約でローマに加入したペドロは、公式戦40試合6ゴール7アシストと上々の数字を残した。しかし、世代交代を図る新指揮官モウリーニョにプレシーズン前に構想外を言い渡された結果、わずか1年で退団の運びに。 新天地に関しては母国帰還の可能性も含め、幾つかの選択肢があったものの、チェルシー時代の恩師サッリの誘いを受け、宿敵ラツィオへの移籍を決断。ローマも高額年俸の負担を考慮し、フリーでの放出を容認し、36年ぶりとなる“禁断の移籍”が実現することになった。 その新天地では同じくサッリ監督の教え子でナポリから加入したDFヒサイと共に、指揮官とチームの橋渡し役として早くも存在感を放つ。ここまでの公式戦全試合に出場している中、初ゴールはお預けとなっているが、前線と中盤を繋ぐ潤滑油としてベテランらしい機転を利かせたプレーが光っている。 前回のデルビーでは途中出場からラツィオに引導を渡すゴールを奪っていたが、今回の試合ではローマ相手に恩返し弾を決めて、恐らく史上初となる異なるチームでのデルビー2試合連続ゴールを達成したい。 ◆ローマ:FWタミー・エイブラハム <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210925_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ローマの注目プレーヤーはジャッロロッシの新エースストライカー候補。クラブ歴代3位の得点数を挙げたFWジェコのインテル移籍に伴い、新エース候補としてチェルシーから4000万ユーロの移籍金で加入したエイブラハム。トゥヘル監督の下では複雑な戦術に適応できなかったものの、2018-19シーズンのプレミアリーグで15ゴールを挙げた得点力は本物。そして、過去に多くのストライカーを育て上げたモウリーニョ監督は“新たなドログバ”として大きな期待をかけている。 ここまでは公式戦7試合に出場し、2ゴール2アシストと数字の面では圧倒的なモノを残せていないが、高い身体能力と足元のテクニックを生かしたポストワークや背後への質の高い動き出しで攻撃の起点としての存在感は抜群だ。また、初の国外移籍による環境面への適応の問題も、同胞スモーリングやモウリーニョ監督、ムヒタリアンらプレミアリーグ経験者の存在もあり、スムーズにいっている印象だ。 先日のウディネーゼ戦ではキックオフ前に“ローマ、ローマ、ローマ”を口ずさむなど、早くもジャッロロッシへの忠誠心の強さを垣間見せたが、自身初のデルビーでゴールを奪い、ロマニスタのハートを鷲掴みにしたい。 2021.09.26 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマMFエンゾンジのカタール行き迫る、実現すればハメスと同僚に

ローマの元フランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(32)は、カタールのアル・ラーヤンへの移籍が近づいているようだ。 アミアンやブラックバーン、ストーク、セビージャを経て、2018年夏にローマへと加入したエンゾンジ。初年度は公式戦39試合に出場したが、翌年にはガラタサライ、2020年1月からの1年半はレンヌへレンタルされていた。 昨季はレンヌで主力として公式戦39試合に出場し、ローマへと帰還したエンゾンジだったが、新指揮官であるジョゼ・モウリーニョ監督のもとで行われた今夏のプレシーズンでは招集外に。事実上の構想外を突き付けられ、移籍先を探している状況だった。 そんな中、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によれば、エンゾンジは25日にも自身の代理人を務める父親とともにカタールへと出向き、アル・ラーヤンとの話し合いに臨む模様。9月末に迫るカタールの市場閉幕を前に、移籍が近づいているようだ。 なお、エンゾンジはクラブとの契約を1年残している状況。しかし、ローマ側は総額約600万ユーロ(約7億7000万円)とも伝えられる給与の削減を目指し、契約解除を受け入れる姿勢とのこと。 カタール1部のスターズリーグで8回の優勝を誇るアル・ラーヤンでは、かつてフェルナンド・イエロやフランクとロナルドのデ・ブール兄弟といったスター選手もプレー。22日には、エバートンからコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(30)を完全移籍で獲得したことを発表し、注目を集めていた。 2021.09.25 14:58 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第6節プレビュー】ローマ・ダービー、インテルvsアタランタ開催

ミッドウィークに行われた第5節、ユベントスが今季初勝利を挙げるなど強豪勢はラツィオを除いて順当に勝利を収めた。ナポリが唯一の開幕5連勝、インテル、ミラン、ローマがそれぞれ4勝目を挙げた中、迎える第5節はラツィオvsローマ、インテルvsアタランタの好カードが組まれている。 まずは日曜開催のローマ・ダービー。ラツィオは前節、トリノ相手に辛くもドロー。FWインモービレの後半追加タイム弾で1-1の引き分けに持ち込んだ。2勝2分け1敗スタートとなり、公式戦ここ4試合勝ちがない中、ダービーでの勝利でサッリ監督は悪い流れを断ち切れるか。 一方、ローマは前節ウディネーゼ戦をウノゼロ勝利として白星を取り戻している。ただ、試合終盤にMFペッレグリーニが退場し、ダービーは欠場となる。主将不在は痛いが、ウディネーゼ戦で加入後早くも2ゴール目を決めたFWエイブラハムのダービーでの活躍に期待が懸かる。 続いて土曜開催のインテルvsアタランタ。インテルは前節、フィオレンティーナ相手に後半の3発で3-1と逆転勝利。前々節のボローニャ戦に続く快勝劇で勢いを得てアタランタ戦に臨める状況だ。ベストメンバーでアタランタを迎え撃つ。 一方のアタランタは前節、サッスオーロに2-1で勝利。連勝としてインテル戦に臨む。サッスオーロ戦では両ウイングバックのMFゴセンズとMFザッパコスタのゴールで勝利としたアタランタ。持ち味のサイド攻撃が機能している中、インテル撃破となるか。 土曜にスペツィアとのアウェイ戦に臨むミランは前節、ヴェネツィア戦 を戦って2-0で勝利。途中出場のDFテオ・エルナンデスの1ゴール1アシストの活躍で勝ち切って見せた。FWイブラヒモビッチ、FWジルーを欠く中での勝利を続けているが、ユベントス相手に善戦したスペツィアを下してチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦に臨めるか。 そしてようやく今季のリーグ初勝利を挙げたユベントスはDF吉田のサンプドリアをホームに迎える。スペツィア戦では課題の守備の脆さを突かれ、2失点を喫したユベントス。何とかシーソーゲームを制しての勝利となったが、まだまだ心許ない戦いぶり。水曜にはCLチェルシー戦を控える中、連勝となるか。 対するサンプドリアは前節、ナポリに0-4と完敗。チーム力の差を見せ付けられ、守備が崩壊した。吉田としては好調FWモラタとのマッチアップが予想されるが、力強さとスピードを兼ね備えた相手を封じ込めることができるかに注目だ。 最後に唯一の開幕5連勝としたナポリはカリアリとのホーム戦に臨む。スパレッティ監督の下、最高のスタートを切っているナポリ。マッツァーリ監督を迎えたものの、前節エンポリに敗れたカリアリを下して6連勝となるか。 ◆セリエA第6節 ▽9/25(土) 《22:00》 スペツィアvsミラン 《25:00》 インテルvsアタランタ 《27:45》 ジェノアvsヴェローナ ▽9/26(日) 《19:30》 ユベントスvsサンプドリア 《22:00》 サッスオーロvsサレルニターナ ウディネーゼvsフィオレンティーナ エンポリvsボローニャ 《25:00》 ラツィオvsローマ 《27:45》 ナポリvsカリアリ ▽9/27(月) 《27:45》 ヴェネツィアvsトリノ 2021.09.25 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、 セリエAでホーム41戦無敗を記録! アッレグリに並ぶ

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が偉大な記録を残した。 23日にセリエA第5節でホームでウディネーゼと対戦したローマ。36分にFWタミー・エイブラハムのゴールで先制すると、その虎の子の1点を守り切り、黒星を挟んで4勝目を挙げた。 これでローマは4位と好位置につけたが、かつてインテルを率いていたモウリーニョ監督にとっては、個人的にセリエAのホーム戦で41試合無敗となった。 『Opta』によると、これはマッシミリアーノ・アッレグリ監督がユベントス前政権時代の2015年9月から2017年9月の間に打ち立てた記録に並ぶもの。モウリーニョ監督がインテル時代にホームで敗れたのは、2008年3月のユベントス戦まで遡る。 そして、ローマの次のホーム戦は10月3日に行われる第7節のエンポリ戦。ポルトガル人指揮官は果たして記録を塗り替えることができるだろうか。 2021.09.24 19:34 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマとのダービーに向けて気合を入れるインモービレ「歯にナイフを挟んだようにプレーする」

ラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレが、26日のローマ戦に向けて意気込みを語った。 マウリツィオ・サッリ新監督の下、今季のセリエAでここまで5試合を消化し、2勝2分け1敗と調子が上がり切らないラツィオ。23日の第5節トリノ戦では終始劣勢を強いられ、91分のインモービレのPKでドローに持ち込むのがやっとだった。 これで公式戦4試合未勝利となったチームに対して、イタリア『スカイ』のインタビューに応じたインモービレは落胆のコメント。同時に、恐れずにプレーすることの必要性を語っている。 「幸せとは言えない。もっと努力して、恐れることなくプレーしなければならない。最近の試合では、守備の局面が改善されているにも関わらず、恐る恐るピッチに出ているように感じるんだ」 「多くの変化があり、接戦が続いていることも助けにはならない。今日は沢山のエネルギーが必要だった。引き分けに持ち込んだけど、満足はしていないよ」 また、26日に行われるローマとのデルビーについても言及。セリエA第3節のミラン戦に敗れて一時熱意がそがれてしまったことを認めつつも、その敗北を糧にして勝利を目指すとコメントした。 「ミランに負けた後、チームは熱意を失ってしまった。たとえそのような強豪チームに敗れたとしても、絶対にあってはならないことだよ。それに、僕たちのように新たな道を歩み始めたのであればなおさらだ」 「敗戦を教訓にして、チームが分裂しないようにしなければならない。日曜日のダービーで勝つことができれば、良い前進になるだろうね。ナイフを歯に挟んだよう(一生懸命)にプレーするよ」 「勝利を確信しているけれど、それは自分たちでつかみ取るものだ。監督とスタッフはベストを尽くしているから、彼らの指示に従うよ」 2021.09.24 15:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly