ローマ、ファラオーネ後釜に2選手をリストアップか?

2019.07.14 16:19 Sun
Getty Images
ローマは上海申花に移籍したイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(26)の後釜に2選手をリストアップしているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。

ローマは2020年夏に契約が終了するエル・シャーラウィの慰留を目指していたもののサラリー面の問題で交渉が難航した結果、最終的に総額1800万ユーロ(約21億9000万円)の移籍金で上海申花に放出することになった。
そのため、昨季セリエAでチーム最多の11ゴールを記録したファラオーネの後釜探しが今夏の補強ポイントの1つとなっている。

その中で現在、最有力候補の1人に挙がっているのが、昨夏にも獲得に動いた経緯があるレバークーゼンのジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(21)だ。

爆発的な加速力とドリブルテクニックに加え、ここ最近はアタッキングサードでの判断力、決定力向上が著しい左利きのウイングに関して、ローマは今夏も獲得交渉を行っているという。
しかし、『スカイ・スポルト』が伝えるところによれば、レバークーゼンはチェコ代表FWパトリック・シック(23)の譲渡+移籍金1000万ユーロ(約12億2000万円)を要求しているという。

ローマとしては加入以降、思うようにフィットしていないシックの放出自体に異論はないものの、サンプドリアからの獲得時の契約条項が問題になっているという。

2017年に総額4200万ユーロ(約51億1000万円)でローマに加入したシックに関しては、複雑な契約が結ばれており、現時点でローマは1年間の有償レンタルの金額として500万ユーロ、昨夏に完全移籍への切り替えの一時金として900万ユーロをすでに支払っている。その一方、最大800万ユーロと言われるボーナスに関しては同選手のパフォーマンスが微妙なこともあり、大きな問題とはなっていないようだ。

ただ、ベイリーの交渉に関して問題になっているのは、2020年2月1日までにローマがシックを売却した場合、移籍金の50パーセントをサンプドリアに支払わなければならないという条項だ。今回レバークーゼンはシック+移籍金でのベイリー放出を望んでいるためにシックの移籍金の取り扱いに関して複雑な手続きが必要になる可能性がある。

仮に、この形での交渉が難しい場合、ローマは2020年2月に予定されている2000万ユーロの移籍金をサンプドリアに先払いし、保有権をハッキリとさせた状態でシックをトレードでレバークーゼンに放出する形を取ることになるかもしれない。

その一方でローマはベイリー以外の候補としてクラブ・ブルージュに所属するオランダ代表FWアルノー・ダンジュマ(22)にも関心を示しているという。

PSVの下部組織出身でNECナイメヘンを経て2018年夏にクラブ・ブルージュに加入したダンジュマは、左ウイングを主戦場に2列目の複数ポジションでプレー可能な右利きのドリブラー。

優れたスプリント能力と卓越したボールスキルを生かしたドリブル突破を最大の特長とする22歳は、昨シーズンに足首のケガで長期離脱を強いられながらも公式戦24試合で6ゴール4アシストを記録。さらに、昨年10月にはオランダ代表デビューも飾り、2キャップ目となったベルギー代表戦では初ゴールも記録している。

なお、ベイリーに比べて実績で劣るダンジュマの移籍金に関しては1200万~1400万ユーロ(約14億6000万~17億円)程度とみられている。

レオン・ベイリーの関連記事

4ゴールで名門アヤックス撃破のアストン・ビラ、エメリ監督「とても満足」

アストン・ビラのウナイ・エメリ監督が、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)での勝利を喜んだ。『UEFA.com』が伝えている。 14日、アヤックスとのECLラウンド16・2ndレグに挑んだビラ。ゴールレスドローに終わった1stレグを経て迎えた一戦は、25分にFWオリー・ワトキンスのゴールで先制してハーフタイムへ。後半は攻撃陣が爆発し、FWレオン・ベイリー、FWジョン・デュラン、FWムサ・ディアビが得点を記録。退場者を出した相手に最後までゴールを許さず、4-0で勝利した。 名門アヤックスを破りECLベスト8進出を決めたエメリ監督は内容への満足感を示しつつ、さらなる高みを目指すと意気込んでいる。 「とても満足している。非常に良いプレーができたし、目標を達成できた。自分たちのフットボールを主張して、相手を抑え込んだと思う。ポジティブなエネルギーでプレーできた。レッドカードが出て試合が楽になったのは確かだが、前半も同じようなプレーができていたと思う」 「それでも私は満足していない。より多くを求めている。すべての対戦相手をリスペクトしているし、常に学んでいきたい。私はヨーロッパで素晴らしい経験を積んできた。もちろんトロフィーは夢だが、次の対戦相手が誰かだけに注目したい」 2024.03.15 11:50 Fri

好調アストン・ビラが今季2桁ゴールのベイリーと新契約を締結

アストン・ビラは12日、ジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(26)との契約延長を発表した。契約期間については長期契約とだけ明かしている。 ベイリーは2021年夏にレバークーゼンからビラに加入。初年度こそ負傷もあって思うような出場機会を得られていなかったが、昨シーズンはプレミアリーグで33試合出場4ゴール4アシストの成績を残した。 昨夏には同ポジションにフランス代表FWムサ・ディアビがやってきたこともあり、退団の噂がありながらもビラに残留。迎えた今シーズンは先発機会こそプレミアリーグで10試合と多くはないが、途中出場で重要な働きを見せることが多くここまで公式戦31試合10ゴール9アシストの好成績をマークしている。 ウナイ・エメリ監督に率いられたビラは、今シーズンのプレミアリーグで24試合を消化して5位の好位置に。クラブは主力との契約延長が相次いでおり、ベイリーの契約延長も上位争いをするチームに大きな追い風となりそうだ。 2024.02.13 00:40 Tue

好調ビラは選手との交渉も順調? 今季2桁ゴールのベイリーが新契約で合意か

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(26)が契約延長に向かっているようだ。 ベイリーは2021年夏にレバークーゼンからビラに加入。初年度こそ負傷もあって思うような出場機会を得られていなかったが、昨シーズンはプレミアリーグで33試合出場4ゴール4アシストの成績を残した。 昨夏には同ポジションにフランス代表FWムサ・ディアビがやってきたこともあり、退団の噂がありながらもビラに残留。迎えた今シーズンは先発機会こそプレミアリーグで10試合と多くはないが、途中出場で重要な働きを見せることが多くここまで公式戦31試合10ゴール9アシストの好成績をマークしている。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、クラブもベイリーのこうした働きを高く評価。現行契約は2025年6月まで残っているが、新契約の締結を望んでいるとのことだ。 新契約では、大幅な昇給が見込まれている模様。すでに大筋で合意に至っているとも報じられており、近日中に正式発表がされる予定だという。 ウナイ・エメリ監督に率いられたビラは、今シーズンのプレミアリーグで23試合を消化して4位の好位置に。主力との契約延長も相次いでおり、ベイリーもこの流れに乗ればクラブとして大きな追い風になりそうだ。 2024.02.07 16:50 Wed

ホーム14連勝でシティ撃破に「素晴らしい雰囲気」と語るエメリ監督、3日後に迎えるアーセナル戦に「それを楽しみ、プロとして準備を」

アストン・ビラのウナイ・エメリ監督が、マンチェスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 6日、プレミアリーグ第15節でアストン・ビラはシティをホームに迎えた。 勝てば3位に浮上できるアストン・ビラ。シティ、アーセナルとホームに昨シーズンのトップ2を続けて迎えることになり、上位を守るためにはしっかりと戦いたい一戦だ。 ホームで13連勝という圧倒的な強さを誇るヴィラ・パークでの一戦。シティにやらせずに均衡を保ったまま迎えた74分、ドリブルで仕掛けたレオン・ベイリーが鋭い切り返しからボックス手前中央で右足一閃。DFに当たってディフレクトしたボールがネットを揺らし先制すると、この1点を守りシティに勝利を収めた。 今季の好調ぶりがブラフではないことを示したアストン・ビラはホームでクラブタイ記録の14連勝を達成。エメリ監督は勝利を称えた。 「今夜のような試合がもっと多くなり、プレミアリーグやヨーロッパリーグで成功するために、より多くのチャレンジに立ち向かえるようになることを願っている」 「今夜は素晴らしく、どの試合も我々が直面している目標でもある。今夜、ここヴィラ・パークで我々のサポータとともに過ごすことは、素晴らしい雰囲気だった」 「我々はとても楽しみ、エネルギーを彼らに伝え、彼らもエネルギーを我々に伝えてくれた。雰囲気は素晴らしかった」 これでシティを追い抜き3位に浮上したアストン・ビラ。土曜日には首位でありエメリ監督にとっての古巣でもあるアーセナルを迎える。 エメリ監督は優勝を争う直接のライバルではないと自分たちを語りながらも、シーズンを通して一貫したパフォーマンスを出したいと意気込み。アーセナル相手にも勝利を目指すことを誓った。 「我々は順位表に注目しており、そこにいられることを嬉しく思っている」 「我々は直接のライバルではない。38試合で、我々は今のように一貫性を保つためにチャレンジしなければいけない」 「我々はそこにいると感じられるし、そこにいると信じなければならないが、バランスも保たなければいけない。土曜日、サポータとともに、ヴィラ・パークでアーセナルと対戦するとき、また素晴らしいチャレンジをすることになる」 「我々はそれを楽しみ、プロとして自分たちの仕事に責任を持って試合を準備し、これから直面するであろう要求に集中しなければならない」 <span class="paragraph-title">【動画】シティ撃破の一撃!アストン・ビラのベイリーがねじ込む</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0sRnkixeNCM";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.12.07 10:40 Thu

プレミア5位と好調アストン・ビラはECLでも連勝、エメリ監督「非常に重要な結果」

アストン・ビラのウナイ・エメリ監督が、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で連勝のチームに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 26日、日本代表DF菅原由勢の所属するAZとのECLグループE第3節に臨んだビラは、FWレオン・ベイリーのゴールで先制すると、23分にはMFユーリ・ティーレマンスのゴールでリードを広げる理想的な展開に。後半に入っても攻撃の手を緩めずFWオリー・ワトキンス、MFジョン・マッギンが得点を奪い、4-1の完勝を飾った。 プレミアリーグ5試合無敗、ECL2連勝と絶好調のエメリ監督は、重要な勝利が得られたことを喜びつつも気を引き締めている。 「この試合は我々にとって本当に重要だった。敵地に来てくれた1000人のファンが、我々を助けてくれたと思う。チームは90分間、優れたチームを相手に競争力を持ってプレーした」 「相手は順調なリーグ戦を過ごし、昨シーズンはこの大会で準決勝に進出している経験あるチームだ。だからこそ、我々は90分間集中しなければならなかった。トランジションが必要なときは、それを実行した」 「そして、選手たちの最高のクオリティを引き出す必要があった。最近の試合では、レオン・ベイリーもユーリ・ティーレマンスも先発ではなかったんだ。だからこそ、すべての選手がパフォーマンスを発揮できるよう努めるのが重要だった」 「今節まで(グループ内の)すべてのチームが1勝1敗の状態だったが、我々は今日1勝を加えられた。非常に重要な結果になったが、もちろんこれからも我々は一貫性を保ち、仕事を続け、厳しい要求をしていく必要がある」 2023.10.27 13:15 Fri

ローマの関連記事

アッズーリの10番託された攻撃的MFの躍動が連覇のカギに/ロレンツォ・ペッレグリーニ(イタリア代表)【ユーロ2024】

14日、ユーロ2024がいよいよ開幕。ドイツで行われる今大会は24カ国が出場し、7月14日までの1カ月間開催される。 今大会には最後の国際大会になる選手や、所属クラブで躍動した若手選手まで、622名の選手にプレーの可能性がある状況。出場24カ国を注目選手と共に紹介していく。 <span class="paragraph-subtitle">■イタリア代表</span> 出場回数:8大会連続11回目 最高成績:優勝(1968、2021) ユーロ2020結果:優勝 予選結果:グループC・2位 監督:ルチアーノ・スパレッティ <span style="font-weight:800">◆注目選手</span> MFロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ) 1996年6月19日(27歳) アッズーリの10番託され、躍動期待されるジャッロロッシのカピターノ。ディフェンディングチャンピオンとして今大会に挑むイタリアだが、ユーロ2020以降の戦績は芳しくなく下馬評は著しく低い。 前大会もスカッドの質は充実しているとは言い難かったが、ロベルト・マンチーニ前監督のマネジメント、ジョルジョ・キエッリーニ、レオナルド・ボヌッチらを中心に守護神ドンナルンマが圧巻の輝きを放った守備陣の奮闘によってしぶとく勝ち切り、優勝を成し遂げた。ただ、今大会に向けては代表50キャップ以上の選手がドンナルンマ、ジョルジーニョ、バレッラの3選手のみと、より小粒なスカッドに加え、経験値の部分でも難しい戦いを強いられるはずだ。 その下馬評を覆す上ではスカマッカ、レテギの両ストライカー、フラッテージ、ボンジョルノら新顔の台頭が重要な要素となるが、代表通算30キャップを刻みながら、これが初のメジャートーナメント参戦となるローマのカピターノの躍動が重要となるはずだ。 今季ダニエレ・デ・ロッシ監督の途中就任以降、持ち味のダイナミズムと攻撃センスを遺憾なく発揮し、ユーロメンバー入りを果たしたペッレグリーニ。さらに、スパレッティ監督は「彼こそが10番を着るプレーヤーだ」と今大会でアッズーリ伝統の背番号10を託すなど、大きな期待を寄せる。 [3-4-2-1]をメインシステムに採用する中、2シャドーの一角での起用が見込まれるペッレグリーニは、キエーザとスカマッカのアタッカー2人、中盤のジョルジーニョ、バレッラらと連携しながら中盤と前線のリンクマン、崩しの起点として攻撃を牽引する仕事が求められる。加えて、得意のプレースキックでも違いを生み、アッズーリの10番としての責務を果たせるか。 <span style="font-weight:800">◆試合日程</span> ▽6月15日(土) 《28:00》 【B】イタリア代表 vs アルバニア代表 ▽6月20日(木) 《28:00》 【B】スペイン代表 vs イタリア代表 ▽6月24日(月) 《25:00》 【B】クロアチア代表 vs イタリア代表 <span style="font-weight:800">◆招集メンバー</span> GK 1.ジャンルイジ・ドンナルンマ(パリ・サンジェルマン/フランス) 12.グリエルモ・ヴィカーリオ(トッテナム/イングランド) 26.アレックス・メレト(ナポリ) DF 2.ジョバンニ・ディ・ロレンツォ(ナポリ) 4.アレッサンドロ・ボンジョルノ(トリノ) 3.フェデリコ・ディマルコ(インテル) 5.リッカルド・カラフィオーリ(ボローニャ) 6.フェデリコ・ガッティ(ユベントス) 13.マッテオ・ダルミアン(インテル) 15.ラウル・ベッラノーバ(トリノ) 17.ジャンルカ・マンチーニ(ローマ) 23.アレッサンドロ・バストーニ(インテル) 24.アンドレア・カンビアーゾ(ユベントス) MF 7.ダビデ・フラッテージ(インテル) 8.ジョルジーニョ(アーセナル/イングランド) 10.ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ) 16.ブライアン・クリスタンテ(ローマ) 18.ニコロ・バレッラ(インテル) 21.ニコロ・ファジョーリ(ユベントス) 25.マイケル・フォロルンショ(エラス・ヴェローナ) FW 9.ジャンルカ・スカマッカ(アタランタ) 11.ジャコモ・ラスパドーリ(ナポリ) 14.フェデリコ・キエーザ(ユベントス) 19.マテオ・レテギ(ジェノア) 20.マッティア・ザッカーニ(ラツィオ) 22.ステファン・エル・シャーラウィ(ローマ) 2024.06.15 20:30 Sat

ルカクに救世主、手を差し伸べるのは恩師? ナポリを率いるコンテ監督が獲得を希望も72億円は払う気なし

2年連続でチェルシーからレンタル移籍に出されているベルギー代表FWロメル・ルカク(31)だが、恩師がやはり関心を示しているようだ。 2023-24シーズンはチェルシーからローマへとレンタル移籍。セリエAでは32試合でチームトップタイの13ゴールを記録した。 しかし、ローマは買い取ることはせずにチェルシーへと復帰。しかし、チェルシーもルカクは不要としており、売却したい意向が強い。 そんな中、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ナポリが獲得に関心を寄せているとのこと。インテル時代にルカクを重宝したアントニオ・コンテ監督が獲得を望んでいるという。 2シーズンを共に戦ったコンテ監督とルカクだが、離れても連絡を取り合っているとのこと。今夏はナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンの移籍も取り沙汰されており、新たなストライカーを確保しなければいけない状況だ。 コンテ監督の下でルカクは、公式戦95試合で64ゴールと驚異的な活躍を見せている。ただ、移籍金が高すぎるため、ナポリは交渉をしているという。 チェルシーとルカクの間には4300万ユーロ(約72億1000万円)の契約解除金が設定されているとのことだが、ナポリはこの金額を払う気はない。一方で、レンタル移籍であればもちろん獲得に動くが、チェルシー側は売却を求めている。 ルカク自身、チェルシーに戻る気はさらさらなく、よく知るコンテ監督の下でのプレーは願ってもないことだろう。両者が金額で折り合いがつけば良いところだが、動向が注目される。 2024.06.14 23:10 Fri

セリエA復帰希望が明白なモラタ、アトレティコを突き放す「明らかに僕は優先されていない」

スペイン代表のキャプテン、FWアルバロ・モラタ(31)が所属するアトレティコ・マドリーを牽制した。 ユーロ2024を控えるスペイン代表の大黒柱であるモラタだが、同時にクラブキャリアの今後が注目されており、大会後のイタリア・セリエA復帰が取り沙汰されている状況だ。 以前はユベントスで活躍したモラタ。 本人がセリエA復帰を望んでいるのは、もはや公然の事実となっており、古巣ユベントスやミラン、ローマと紐付けされるなか、スペイン『El Larguero』で、現所属のアトレティコを突き放すように意見を述べている。 「アトレティコの誰とも話していないけど、クラブが8人ものストライカーを獲得したがっていることは僕も把握している。明らかに僕は今後のアトレティコにおいて優先されていない」 「僕はいま31歳で、10月には32歳だ。プレーできないならアトレティコを去る。僕に関する報道もよく知っているし、クラブの考えもわかっている。だから僕もハッキリものを言う」 アトレティコとの契約にはリリース条項1500万ユーロ(約25.4億円)があるとされ、セリエA復帰なら現在の半分である年俸400万〜500万ユーロを受け入れる必要があるとのこと。 それでも、イタリア人の妻がいるモラタ。今回の発言からも、セリエA復帰を望んでいるとみて間違いなさそうだ。 2024.06.13 17:40 Thu

今夏移籍の可能性もあるディバラ…本人はローマ残留望みサウジからのオファー拒否か

ローマのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラは、中東行きに関心を示していないようだ。 2022年7月、ユベントスから加入したディバラ。2023-24シーズンはケガがありながらもセリエAで28試合に出場し13ゴール9アシストを記録しており、指揮官がジョゼ・モウリーニョ監督からダニエレ・デ・ロッシ監督に交代しても主力であり続けた。 そんなディバラだが、契約が2025年夏までとなる中でクラブは高額なサラリーを問題視。長期契約によるサラリーの分割払いを提案しているとされるが、交渉は進んでいない。 このままなら移籍の可能性も排除できないディバラだが、イタリア『トゥットメルカート』によると現時点でサウジアラビア行きは考えていないとのこと。選手の代理人にはアル・ナスルから接触があったものの、丁重に断りを入れたと報じられている。 ディバラ自身は、ローマでのキャリア継続を希望。新契約に向けた交渉再開にも乗り気と伝えられており、今後の進展が注目されている。 2024.06.13 12:45 Thu

WG補強目指すローマ、今季ブンデスで8G13Aのアタッカーに関心

ローマが、ハイデンハイムに所属するドイツ代表FWヤン=ニクラス・ベステ(25)の獲得に動いているようだ。 新シーズンに向けてウイングポジションの補強を狙うジャッロロッシ。これまではトップターゲットと目されるユベントスFWフェデリコ・キエーザ、ナポリFWマッテオ・ポリターノ、サッスオーロFWアルマン・ロリエンテのセリエA勢、リールFWエドン・シェグロヴァ、ニースFWジェレミー・ボガらリーグ・アンでプレーする選手が獲得候補として名を連ねる。 そのリストに新たに加わったのが、ブンデスリーガで活躍する左サイドのスペシャリストだ。 ドルトムントの下部組織出身でブレーメンにも在籍したベステは、ドイツの年代別代表の常連ではあったものの、なかなかトップカテゴリーでは芽が出ず。オランダのFCエメン、ドイツ3部のヤーン・レーゲンスブルクへの武者修行を経て2022年夏に当時2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のハイデンハイムに完全移籍した。 すると、加入1年目で主力としてブンデスリーガ昇格に貢献すると、1部デビューを果たした今シーズンは31試合8ゴール13アシストと圧巻の活躍。下馬評では残留争いが見込まれたチームの8位躍進の立役者となった。この活躍によって今年3月にはドイツ代表に初招集されていた。 キャリア初期のサイドバックからサイドハーフを経て、現在は左ウイングを主戦場としており、順足のウイングとして鋭い縦への仕掛けや高精度の左足のキックを武器にチャンスメーク、フィニッシャーとして存在感を示している。 なお、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、ローマはベステに確かな興味を示しており、今夏のサプライズ補強となる可能性があると報じている。 移籍金に関しては約1000万ユーロ(約16億8000万円)程度が見込まれており、ローマにとって十分に支払える金額だとしている。 2024.06.11 20:37 Tue

記事をさがす

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly