ローマ、ファラオーネ後釜に2選手をリストアップか?

2019.07.14 16:19 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマは上海申花に移籍したイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(26)の後釜に2選手をリストアップしているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。

ローマは2020年夏に契約が終了するエル・シャーラウィの慰留を目指していたもののサラリー面の問題で交渉が難航した結果、最終的に総額1800万ユーロ(約21億9000万円)の移籍金で上海申花に放出することになった。

そのため、昨季セリエAでチーム最多の11ゴールを記録したファラオーネの後釜探しが今夏の補強ポイントの1つとなっている。

その中で現在、最有力候補の1人に挙がっているのが、昨夏にも獲得に動いた経緯があるレバークーゼンのジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(21)だ。

爆発的な加速力とドリブルテクニックに加え、ここ最近はアタッキングサードでの判断力、決定力向上が著しい左利きのウイングに関して、ローマは今夏も獲得交渉を行っているという。

しかし、『スカイ・スポルト』が伝えるところによれば、レバークーゼンはチェコ代表FWパトリック・シック(23)の譲渡+移籍金1000万ユーロ(約12億2000万円)を要求しているという。

ローマとしては加入以降、思うようにフィットしていないシックの放出自体に異論はないものの、サンプドリアからの獲得時の契約条項が問題になっているという。

2017年に総額4200万ユーロ(約51億1000万円)でローマに加入したシックに関しては、複雑な契約が結ばれており、現時点でローマは1年間の有償レンタルの金額として500万ユーロ、昨夏に完全移籍への切り替えの一時金として900万ユーロをすでに支払っている。その一方、最大800万ユーロと言われるボーナスに関しては同選手のパフォーマンスが微妙なこともあり、大きな問題とはなっていないようだ。

ただ、ベイリーの交渉に関して問題になっているのは、2020年2月1日までにローマがシックを売却した場合、移籍金の50パーセントをサンプドリアに支払わなければならないという条項だ。今回レバークーゼンはシック+移籍金でのベイリー放出を望んでいるためにシックの移籍金の取り扱いに関して複雑な手続きが必要になる可能性がある。

仮に、この形での交渉が難しい場合、ローマは2020年2月に予定されている2000万ユーロの移籍金をサンプドリアに先払いし、保有権をハッキリとさせた状態でシックをトレードでレバークーゼンに放出する形を取ることになるかもしれない。

その一方でローマはベイリー以外の候補としてクラブ・ブルージュに所属するオランダ代表FWアルノー・ダンジュマ(22)にも関心を示しているという。

PSVの下部組織出身でNECナイメヘンを経て2018年夏にクラブ・ブルージュに加入したダンジュマは、左ウイングを主戦場に2列目の複数ポジションでプレー可能な右利きのドリブラー。

優れたスプリント能力と卓越したボールスキルを生かしたドリブル突破を最大の特長とする22歳は、昨シーズンに足首のケガで長期離脱を強いられながらも公式戦24試合で6ゴール4アシストを記録。さらに、昨年10月にはオランダ代表デビューも飾り、2キャップ目となったベルギー代表戦では初ゴールも記録している。

なお、ベイリーに比べて実績で劣るダンジュマの移籍金に関しては1200万~1400万ユーロ(約14億6000万~17億円)程度とみられている。


関連ニュース
thumb

筋肉系トラブルのローマ主将ペッレグリーニ、1カ月以上の離脱か

ローマのイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニは、1カ月以上の戦線離脱を強いられる可能性があるとのことだ。 ペッレグリーニは28日、セリエA第14節のトリノ戦に先発。しかし、10分過ぎに筋肉系のトラブルによってプレー続行不可能となると、FWカルレス・ペレスと代わってピッチを後にした。 ジョゼ・モウリーニョ監督は試合後、ペッレグリーニの容態について「数週間の離脱になる」とコメント。右足の大腿四頭筋を痛めており、数時間以内に検査を行うようだ。 イタリア『スカイ』によれば、以前から問題を抱える右ヒザと別の箇所を痛めてしまったペッレグリーニは初期診断で少なくとも全治30〜40日が見込まれ、1カ月以上の離脱になる可能性が高い模様だ。 ペッレグリーニはローマの主将に就任した今シーズン、ここまで公式戦18試合に出場し、8ゴールを記録。長期離脱となれば、チームに与えるダメージは大きいが、果たして。 2021.11.29 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

公式戦3連勝のローマ、モウリーニョ監督は“ウノゼロ”勝利に喜び 「選手には5-0で勝つより好きだと言った」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督がチームのパフォーマンスを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは28日に行われたセリエA第14節でトリノと対戦した。公式戦連勝中のチームはこの日も32分にFWタミー・エイブラハムのゴールで先制に成功。後半には攻勢に出た相手にボールを握られるも、身体を張った守備でピンチを凌ぎ切り、1-0で勝利した。 この結果、公式戦3連勝と好調のローマはリーグ5位につけており、トップ4をうかがう状況となっている。 試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督はクリーンシートを達成したチームに対して満足感を露わに。大量得点で勝利するよりも、こうした勝利を好むと語った。 「我々はいつもよりラインを少し深めに設定した。相手の2人のセンターバックもとても深い位置にいて、2人のフォワードを持つ我々が相手にプレッシャーをかけるのは簡単ではない」 「彼らは守備力の高いチームだが、2点目を取ることはできたと思う。そうすれば、終盤にもう少し違ったプレーができただろう。とはいえ、私はこのような形での勝利をとても気に入っている。試合終了後には選手たちに対して、『5-0で勝つよりも好きだ』と言ったよ」 「(ブライアン・)クリスタンテや(ジョルダン・)ヴェレトゥはいなかったが、(アマドゥ・)ディアワラは良い試合をしたし、(ヘンリク・)ムヒタリアンも素晴らしかった。本来のポジションでプレーしていなかった(カルレス・)ペレスも良くやったね。選手たちには本当に満足しており、これはチームの勝利だ」 「我々が上手く守ったことは重要だった。もう1点は欲しかったが、全員がピッチ全体でしっかり守っており、試合が終わったとき私はこういう勝利がとても好きだと思ったよ。ジェノア戦やゾリャ戦では、今日と違うタイプの勝利だった」 また、モウリーニョ監督はチームがこれからも向上していくと強調。ミッドウィークに行われるセリエA第15節のボローニャ戦に向け、早くも気を引き締めている。 「我々の順位表の上にも下にも素晴らしいチームがいるが、チームは前に進み続ける。水曜日には友人のシニシャ・ミハイロビッチに会うのが楽しみだが、ボローニャ戦は厳しい試合になるだろう」 2021.11.29 16:04 Mon
twitterfacebook
thumb

エイブラハム弾を守り抜いたローマが開幕以来の連勝!《セリエA》

セリエA第14節、ローマvsトリノが28日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。   5位のローマ(勝ち点22)は前節、ジェノア相手に苦戦を強いられながらも、18歳の新星フェリックス・アフェナ=ギャンの圧巻のドッピエッタの活躍で2-0の勝利。リーグ戦の連敗をストップした。さらに、直近のヨーロッパ・カンファレンスリーグではザニオーロとエイブラハムの活躍でゾリャに4-0の快勝を収め、最終節を前にグループステージ突破を決めた。   公式戦3連勝を目指す今回のホームゲームでは11位のトリノ(勝ち点17)と対戦。モウリーニョ監督はこの一戦に向けて前節から先発3人を変更。累積警告のヴェレトゥに代えてディアワラ、クンブラとショムロドフに代えてスモーリング、ザニオーロを起用した。   立ち上がりから優勢に試合を進めるローマは、好調のザニオーロの積極的な縦への仕掛けを軸にチャンスを窺う。だが、10分過ぎには筋肉系のトラブルによってペッレグリーニがプレー続行不可能となり、15分にカルレス・ペレスのスクランブル投入を余儀なくされた。   以降はトリノの圧力に晒されて守勢に回ったローマだが、守護神パトリシオを中心に何とかピンチを凌ぐと、復調気配を見せる背番号9が決定的な仕事を果たす。32分、カウンターから左サイドでイバニェス、ムヒタリアンと繋ぎムヒタリアンから斜めのグラウンダーパスがボックス中央のエイブラハムの足元に入る。ここでエイブラハムは絶妙なファーストタッチと身体をうまく倒してシュートコースを作り出し、右足のシュートをゴール右隅へ流し込んだ。   さらに、勢いづいて攻めるローマは直後の37分にもボックス内で仕掛けたエル・シャーラウィがDFボンジョルノに倒されてPKを獲得。だが、長いVARのレビューの結果、崩しの起点となった場面で微妙ながらもエイブラハムの戻りオフサイドを取られる。続く45分にはカルレス・ペレスからの左クロスをゴール前のエイブラハムがドンピシャのヘッドで合わすが、今度はGKミリンコビッチ=サビッチの驚異的な反応に阻まれた。   1点リードで迎えた後半、ローマはコンディションで勝るアウェイチームの攻勢に晒されて序盤から耐える時間帯が続く。自陣の深い位置で再三のセットプレーを与えて幾度もフィニッシュまで持ち込まれるが、身体を張った守備で何とか耐え抜く。   以降は前がかりな相手に対してザニオーロやエル・シャーラウィの長い持ち上がりを生かしたカウンターを繰り出していくが、周囲のサポートや最後のプレー精度を欠きなかなかフィニッシュで攻撃を終われない。   後半半ばを過ぎてトリノは後ろを削ってザザやバゼッリ、ピアツァら攻撃的なカードを切っていくが、その中で足を痛めたベロッティがプレー続行不可能となり、サナブリアのスクランブル投入を余儀なくされるアクシデントも発生。   その後、最少得点差で試合終盤を迎えたローマは88分になってようやく最初の交代カードを切る。エル・シャーラウィを下げて負傷明けのビーニャをピッチに送り出した。さらに、後半アディショナルタイムにはクンブラの投入で相手のパワープレーを何とか凌いだローマは、リーグ2試合連続のクリーンシートで3連勝を達成した開幕以来の連勝を飾った。 2021.11.29 04:10 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ監督が確執噂されるザニオーロとの関係に言及 「嘘をついたほうが新聞は売れるのだろうが…」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督がチームの勝利を喜びつつ、確執が噂されるイタリア代表MFニコロ・ザニオーロとの関係について語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは25日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL) グループC第5節でウクライナのゾリャと対戦した。セリエAでは不安定な戦いが続き、ECLでも2試合勝ちから遠ざかっている状況だったが、この日は攻撃陣が躍動。前半のうちにFWカルレス・ペレスとザニオーロのゴールで2点を先取すると、後半にもFWタミー・エイブラハムの2ゴールで突き放し、4-0で勝利した。 この結果、ECL3試合ぶりの勝利を挙げたローマは1試合を残しての決勝トーナメント進出を決めている。 試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督はグループステージを突破したチームを称賛。課題はあるとしつつも、選手たちのプレーを称えた。 「第一に、最も勇気づけられたのはグループステージを突破できたことだ。勝つべきグループではあったが突破は重要であり、そのためにもこの試合で勝利する必要があった。この結果は十分に納得できるものではあるが、もっと得点できたとも思う」 「相手はベストではなかったが、我々にいくつかの問題を引き起こす可能性があった。彼らは攻撃的であり、対戦相手を押し込もうとしてくる。しかし、我々はそれに対する適切な解決策を見つけることができた。選手たちの素晴らしい個人プレーのおかげだ」 また、モウリーニョ監督はこの試合で得点を記録したザニオーロに言及。一部メディアから練習中に口論があったと報じられるなど確執が懸念されているが、指揮官はそうした噂をはっきりと否定した。 「彼は大きな可能性を秘めているが、戦術理解や態度の一貫性という点で学ぶ必要がある。才能があるのだから、自信の面で浮き沈みする必要はないのだ。今は多少苦労しているが、本当に良い選手だよ。だからこそ、自分の才能と可能性を理解する必要がある。そしてその一環として、フィットネスの問題を忘れてはならない」 「彼はときにネガティブな感情に悩まされることがあるようだ。ユベントス戦では今日のようにとても良いプレーをしていたが、ヒザを強打した後は大ケガをした選手にありがちではあるが、少し怯えてしまった」 「もし私がローマの記者たちに嘘をつかない、話を作らない、ありもしない問題を起こさないようお願いできるならば、彼については放っておく必要があると思うね。私は彼を助けるためここにいるのであって、裁くためいるのではない」 「嘘をついた方が新聞は売れるのだろうね。だが、特にローマで、もしあなたもローマファンなのであれば、そっとしておくべきだろう。おそらくロベルト・マンチーニだって、代表チームに貢献できるようなザニオーロを作り上げられれば喜ぶはずだ」 2021.11.26 13:06 Fri
twitterfacebook
thumb

ザニオーロ躍動にエイブラハム豪快弾のローマが快勝で決勝T進出決定!《ECL》

ローマは25日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループC第5節でウクライナのゾリャとホームで対戦し、4-0で快勝した。 ここまで2勝1分け1敗の勝ち点7でグループ2位に位置するローマは、1ポイント差で3位に位置するゾリャとの直接対決で決勝トーナメント進出を目指した。 先週末のジェノア戦を新星アフェナ=ギャンの2ゴールで勝ち切り、公式戦4試合ぶりの白星を手にしたジャッロロッシは、その試合から先発3人を変更。イバニェス、ペッレグリーニ、ショムロドフに代えてスモーリング、ザニオーロ、カルレス・ペレスを起用し、[3-5-2]を継続した。 試合は開始早々にザニオーロの右クロスからゴール前のエイブラハムに絶好機が訪れるなど、互いに攻め合うオープンな展開が続く。幾度か与えた相手の決定機をGKパトリシオの好守などで凌いだローマは、圧巻の崩しから先制点を奪う。 15分、最後尾のスモーリングが左サイドからハーフウェイライン付近に下りてきたエル・シャーラウィへ斜めのミドルパスを差し込むと、これをエル・シャーラウィがワンタッチで中へ折り返す。これに反応したエイブラハムがDFからアフターチャージを受けるも、主審がアドバンテージを採用。サポートに入ったザニオーロから背後を狙うエル・シャーラウィへ完璧なスルーパスが通ると、エル・シャーラウィはボックス手前まで運んで右足アウトにかけた絶妙なラストパスを供給。最後はボックス右へ走り込んだカルレス・ペレスが右足で流し込んだ。 幸先よく先制に成功したホームチームは以降も強度の高い守備からザニオーロらの持ち運びを生かしたカウンターが機能。その中でザニオーロは最後の局面で判断、プレー精度を欠いたが、その積極性がゴールを生む。33分、自陣中央でのマンチーニの潰しからヴェレトゥが長い距離を持ち上がり、右を並走していたザニオーロにラストパス。ザニオーロはややファーストタッチが詰まるも、冷静に右足でゴール左隅へ蹴り込んだ。 その後、41分にはボックス内で仕掛けたヴェレトゥが相手DFに倒されてPKを得たローマだが、ヴェレトゥは先日のユベントス戦に続き今季2度目のPK失敗。 それでも、後半に入っても主導権を握るローマは立ち上がりの46分、ザニオーロが見事なドリブル突破でボックス右まで持ち込み、ゴール前でフリーのエイブラハムへプレゼントパス。これを悩めるイングランド代表FWが冷静にワンタッチで流し込んだ。 この3点目で勝利を決定づけたローマは以降も攻撃の手を緩めることなく。再三相手ゴールへ迫っていくが、エイブラハムやエル・シャーラウィがビッグチャンスをモノにできない。 その後、70分にはエル・シャーラウィ、スモーリング、ザニオーロと殊勲の選手たちをベンチに下げてイバニェス、ザレフスキ、ショムロドフを一気に投入。すると、75分にはボックス内でムヒタリアンが放ったシュートがブロックされてゴール前に浮いたボールをエイブラハムが豪快なオーバーヘッドシュートで決め切り、この試合で最も難しいフィニッシュを自身の2点目とした。 その後、エイブラハムとムヒタリアンを下げてマジョラル、トップチームデビューとなる17歳DFミッショーリを送り込んだローマは、このまま4-0のスコアで試合をクローズ。4-0の快勝で最終節を残して決勝トーナメント進出を決めた。 ローマ 4-0 ゾリャ 【ローマ】 カルレス・ペレス(15分) ザニオーロ(33分) エイブラハム(46分) エイブラハム(75分) 2021.11.26 06:53 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly