ナポリ、サッリ就任噂されるユーベ戦に向けて早くも気合い 「ナポリへの裏切り」2019.06.06 13:53 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督のユベントス行きの可能性が高まる中、古巣ナポリ陣営はかつての指揮官との対峙に向けて早くも闘志を燃やしているようだ。マッシミリアーノ・アッレグリ監督の後任を探すユベントスは、就任1年目でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位フィニッシュとヨーロッパリーグのタイトルをもたらしながらもチェルシーから信頼を得られていないサッリ監督を新指揮官候補にリストアップ。

ここ最近の報道ではチェルシー側が違約金の支払いをユベントス側に求めているとの報道もあり、正式決定までには時間が必要なものの、サッリ監督のトリノ行きは濃厚とみられている。

その中で古巣ナポリの選手たちは、かつての恩師が宿敵ユベントス行きを選んだ場合、それは“裏切り”だと捉えているようだ。

サッリ監督のユベントス行き報道後、同監督がナポリから引き抜きを目指していると伝えられたイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェは、その報道に憤りを見せると共にこの一件に関する持論を伝えている。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。

「僕に不快感を与えているのは憶測だ」

「サッリは僕を含むプレーヤーたちと共にナポリの人たちのために素晴らしい働きをしてくれた。彼は同時にプロフェッショナルだけど、仮に彼がユベントス行きを選んだ場合、それは僕たちナポリの人たちへの裏切りになると思っている」

また、ポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキもポーランド『sportowefakty』のインタビューの中で打倒サッリ・ユーベに気合いを入れている。

「もし、サッリがユーベに行ったら、僕は喜んで彼のことを打ち負かすよ」

「仮定の話だけど、彼がユーベに行って僕に来るように求めてきたとしても、僕にその気はない」

「それに僕はナポリ時代に彼から指導を受けていた時期も、怒りのテキストメッセージを受け取った時に返信しなかった。とにかく、彼がユーベに行ったら、喜んで打ち負かすつもりだ」

現時点でサッリ監督のユベントス行きはあくまで可能性の話だが、それが実現した場合、来シーズンのナポリvsユベントスはこれまで以上の盛り上がりが期待できそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ナポリ、オスピナ買い取り3年契約へ

ナポリが、コロンビア代表GKダビド・オスピナ(30)の買取でアーセナルと合意したと『GOAL』がイタリア方面の情報をもとに伝えている。 記事によると、両クラブは移籍金300万ユーロ(約3億6500万円)でオスピナの完全移籍に合意。現在同選手はコロンビア代表としてコパ・アメリカに出場中のため、大会終了後に公式発表があると見られている。3年契約を結ぶようだ。 オスピナは2014年夏にニースからアーセナルに加入するも正GKの座を掴めず4年が経過。今季はドイツ代表GKベルント・レノの加入もあり、ナポリにレンタル移籍した。 ナポリではGKアレックス・メレトととレギュラー争いしながら公式戦24試合に出場した。 2019.06.16 19:18 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ロサーノ獲得が決定的に

PSVのメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(23)のナポリ移籍が決定的となっているようだ。イタリア『calciomercato.com』が伝えている。 以前からナポリ移籍が噂されていたロサーノに関しては、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の情報によると、イングランドのビッグクラブやユベントスも関心を示す中で、ナポリが獲得レースで一歩リードしていると伝えられていた。しかし、その時点ではPSVとナポリの間に移籍金の隔たりがあった。 だが今回の報道によると、同選手の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏と、ナポリのクリスティアーノ・ジュントーリSD(スポーツ・ディレクター)はすでに合意に至っており、クラブ間でもおよそ5000万ユーロ(約61億円)で取引がまとまると見られている。 また個人間に関しては、年俸400万ユーロ(約4億8800万円)の5年契約を結ぶ見込みで、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長政権下では最も高価な移籍になるようだ。 一方、ここ最近でロサーノに強い関心を寄せていたとされるパリ・サンジェルマンは、先日のレオナルド氏のSD就任によって争奪戦から撤退した模様。 早ければ来週にも移籍が決まるとのことだ。 2019.06.16 13:59 Sun
twitterfacebook
thumb

マノラス、ナポリ移籍か…個人合意報道

ローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラス(28)がナポリ移籍に迫っているという。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 2014年夏にオリンピアコスから加わり、今夏移籍の憶測が浮上するマノラス。プレミアリーグ勢のほか、ミランやユベントスの関心が取り沙汰されてきたが、退団濃厚な元スペイン代表DFラウール・アルビオルの後釜を探すナポリとすでに個人合意に達した模様だ。 そうなれば、あとはローマとのクラブ間合意を残すのみだが、ナポリとの間に溝が…。獲得希望クラブに契約解除金3600万ユーロ(約43億7000万円)を要求しているローマに対して、ナポリは選手譲渡を含めたオファーで費用削減を狙っているとのことだ。 だが、ナポリが譲渡する選手に関しても、両者の主張が異なっている様子。ギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ(21)の譲渡案を提示しているナポリだが、ローマはベルギー代表FWドリエス・メルテンス(32)を求めているようだ。 2019.06.16 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ハメス獲得に迫る! 問題は買取OP額か

コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)のナポリ行きが近づいているという。イタリア『Radio CRC』が報じた。 2年間のレンタルでバイエルンに加入したハメスは、買取オプションの不行使が決定。レアル・マドリー復帰が既定路線だが、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外となっており、今夏のさらなる移籍が有力だ。 その移籍先筆頭して挙がっているのがナポリだ。レアル・マドリーやバイエルンで指導したカルロ・アンチェロッティ監督がラブコールを送っているとされており、“再々タッグ”に注目が集まっているところだ。 ナポリとレアル・マドリーは現在、交渉が進行中で、1年間のレンタルで合意。ナポリがレンタル料1000万ユーロ(約12億1000万円)を支払う模様だ だが、買取オプション額を巡り、まだ両者に隔たりが…。3000万ユーロ(約36億4000万円)を望むナポリだが、レアル・マドリーは4000万ユーロ(約48億6000万円)を求めているという。 2019.06.16 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「安心してくれ…」マドリー打診のファビアン・ルイスがナポリ残留の意向を表明

ナポリに所属するスペイン代表MFファビアン・ルイス(23)が、クラブへの満足感を示している。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ベティス下部組織出身で2014-15シーズンにプロデビューを飾ったファビアン・ルイスは、2018年7月にナポリに完全移籍。優れたパスセンスと球際の強さ、運動量を武器に、今シーズンは公式戦40試合に出場し7ゴール3アシストを記録した。今月7日に行われたユーロ2020予選のフェロー諸島代表戦でもスペイン代表デビューを飾っている。 先日、ファビアン・ルイスに対して、ベティス時代から注目していたマドリーが獲得に向けてクラブに打診したとの報が。しかし、ナポリ側は「売却不可能である」と返答している。 ファビアン・ルイス本人もナポリに留まることを望んでいるようだ。ファンやクラブが作る環境に感謝し、「安心してほしい」と残留を主張している。 「僕には契約がある。そして、ここで幸せだよ。だからファンの皆には安心してほしい」 「彼らのサポートに感謝している。みんなからの愛に感謝しているし、僕を受けて入れてくれるクラブには、とてもポジティブなものを感じているんだ」 2019.06.15 13:20 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース