クラブから契約見送りもデ・ロッシがローマ愛を語る 「僕らの愛はこれからも別な形で続いていく」2019.05.15 19:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
14日に今シーズン限りでの退団が発表された元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)が、ローマへの溢れる愛を語った。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。ローマのプリマヴェーラを率いるアルベルト・デ・ロッシを父親に持つデ・ロッシは、幼少期からローマ一筋のキャリアを歩み、2000年のトップチーム昇格以降、在籍18年間で公式戦615試合に出場し63ゴールを記録。“ローマの象徴”である元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティに次ぐ、クラブ歴代最多出場記録を持つ生けるレジェンドだ。

しかし、13日にクラブ側から今季終了までとなっていた契約を更新する意思がないことを伝えられ、18年間を過ごしたクラブに別れを告げることになった。

そして、退団の経緯を話した際には、「もし自分が監督だったなら、自分のようなプレーヤーと契約を延長しただろう」と恨み節とも取れるコメントを残していたが、その後ローマへの溢れる愛を語った。

「このチームに対して忠実であり続けるという自分の考えに全く変更はないよ」

「もし、僕が魔法の杖を持っていたならば、きっともう少しだけ多くのトロフィーをキャビネットに飾ることができたかもしれない。しかし、誰もそんな魔法は使えないよ。長年に渡るここでのキャリアの中で幾つか間違いを犯したと思う。だけど、それはどうにもならないものでもあったんだ」

「僕とローマの間にはとてつもなく大きな愛があり、それはこれからも別な形で続いていくと思う。もしかしたら、こっそりとスタジアムに侵入したり、サンドウィッチとビールを片手にピッチの中の友人たちを応援することもあると思うよ」

また、“ローマの象徴”に次ぐクラブ歴代最多出場記録者となった事実を心から誇りに思っているという。

「これまでの自分のキャリアに関して神さまに感謝を捧げたい。14、15歳の頃に自分がこのようなレベルに達することができるとは思っていなかったよ」

「僕は父のキャリアを心から誇りに思っていたんだ。彼は15年間、セリエCでプレーを続けていた。そして、父は紛れもなく僕のアイドルであったし、彼を誇りに思っているんだ。僕自身、愛するチームで素晴らしい仲間と、素晴らしい対戦相手たちと愛する仕事を続けることができた」

「今は多くの美しい感情に溢れているよ。デルビーやナポリ、ベルガモ、レッジオ・カラブリアでの激しい戦いは僕に生きている実感を与えてくれた」

「個人的な意見だけど、フットボールはライバル意識、サポート、それに対する誠実さを表すものなんだ。スポーツを通じた友人、ライバルを持つことができたことは本当に嬉しいことだし、自分が相手にとってそう認識されたなら嬉しいよ」

また、2年前に現役を引退したトッティに続きロマニスタは愛するバンディエラを失うことになるが、デ・ロッシは自身と同じ生え抜きのローマっ子である、新キャプテンのMFアレッサンドロ・フロレンツィ、MFロレンツォ・ペッレグリーニらが新たな“ローマの象徴”となることを期待している。

「ロマニスモは僕たちにとって重要なものであるけど、アレッサンドロとロレンツォの安全な手の中にあるよ」

「彼らは僕やフランチェスコをコピーする必要なんてないんだ。だけど、彼ら自身のパーソナリティやクラブとの絆を示すべきだと思っているよ」

「それに彼らだけじゃない。ブライアン・クリスタンテはベルガモ、あるいはイタリア北部の出身だ。彼はローマ出身ではないけど、トレーニングや試合を通じてすべてを捧げてくれる。僕は彼のようなプレーヤーが他に100人ほしいと思っている。ローマが必要としているのは必ずしもローマ人ではないんだ。ローマが必要としているのは真のプロフェッショナルだよ。もちろん、それがアレッサンドロやロレンツォのようなローマっ子であれば、さらにいいことだけどね」

「成功を掴むためには強い側面を構築する必要があるんだ。他の成功しているクラブはそれを豊富な資金力で作り上げている。それが市場の原理ともいえるけど、僕はこのクラブがその状況を変えることに集中していると思っている。そして、彼らの成功を心から願っている」
コメント
関連ニュース
thumb

エル・シャーラウィに中国からの誘い

ローマのイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(26)に上海申花からオファーが届いているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えている。 2016年1月からの半年間のレンタル移籍を経て、同年7月にローマへ完全移籍したエル・シャーラウィ。レンタル期間中だった2015-16シーズン後半は、セリエA16試合で8ゴール2アシストとロマニスタに好印象を与えたが、現在に至るまでローマの攻撃を牽引するまでには及んでいない。 契約が残り1年となっている同選手は、ローマに対し年俸アップの新契約を求めていると伝えられているがローマは売却候補と考えている模様。一説ではフィオレンティーナのフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥ獲得のために譲渡するのではないかという話もある。 そんなエル・シャーラウィに中国の上海申花がオファーを出している模様。年俸1200万ユーロ(約14億6000万円)という好条件だが、ローマは移籍金に2000万ユーロ(約24億4000万円)を要求している模様だ。 2019.06.25 14:37 Tue
twitterfacebook
thumb

ボカもロサンゼルスもなし!? デ・ロッシ、セリエAでの現役続行を決断か

今シーズン限りでローマを退団した元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)が、セリエAでプレーし続けることを望んでいるようだ。イタリア『Gianluca Di Marzio』が伝えている。 ローマとの契約が満了し、現役続行の意向からスタッフ入りを断り、愛するクラブからの退団を決断したデ・ロッシ。新天地に関しては、ボカ・ジュニアーズ、ロサンゼルスFCなど海外からの関心報道が浮上していた。 両クラブに関しては、加入合意の報道も伝えられていた。ボカはローマの元同僚DFニコラ・ブルディッソ氏がスポーツ・ディレクター(SD)を務めるクラブ。先日にはボカの本拠地であるブエノスアイレス市内で、デ・ロッシが子供の通う学校を探しているとも報じられた。 一方、ロサンゼルスFCに関しては、イギリス生まれの同選手の妻が、英語圏での生活を望んでおり、MLSでのプレーに関心を示していた夫に対して、アメリカ行きを勧めているとのことだった。 しかし、伝えられるところによれば、デ・ロッシはこの休暇中にセリエAでの現役続行を決断。今週の木曜日から代理人と共に新天地探しに動くようだ。その際、同選手が経済面よりも、クラブのプロジェクトや環境面を重視するだろうと見解を示している。 果たしてデ・ロッシは来シーズン、どこのユニフォームを身にまとい、セリエAのピッチに立っているのだろうか。 2019.06.24 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

来季限りで契約満了のエル・シャーラウィ、クラブに年俸アップを要求か

ローマに所属するイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(26)が、クラブに対して昇給を要求しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 来シーズン終了後にローマとの契約が満了を迎えるエル・シャーラウィは、契約延長に近づいているものの、昇給を望んでいるようだ。伝えられるところによれば、エル・シャーラウィは年俸300万ユーロ(3億6700万円)+ボーナスの4年契約を求めているとのことだ。 しかし、同メディアはローマが今夏に獲得を目指すしているフィオレンティーナのフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥ(26)の交渉の一部にエル・シャーラウィを加えるのではないかと伝えており、パウロ・フォンセカ新監督の構想から外れている可能性を示唆している。 2016年の冬にレンタル移籍でローマに加入したエル・シャーラウィは、セリエA16試合に出場し8ゴールを挙げる活躍をみせ、同年6月に完全移籍。これまでローマでは、在籍3年半で公式戦139試合に出場し40ゴール26アシストをマーク。今季はセリエA28試合に出場しチーム最多の11ゴールを記録していた。 2019.06.24 00:32 Mon
twitterfacebook
thumb

ハムシクが中国に飽き飽き? ローマが獲得に動くか

大連一方に所属するスロバキア代表MFマレク・ハムシクが早くも中国の生活に飽きてきているようだ。イタリア『sportmediaset』が伝えている。 ナポリでは出場試合及び得点数・アシスト数でクラブ最多記録を保持する象徴的な選手であったが、今年2月に中国へ活躍の場を移した。それからわずか4カ月余り、ハムシクはすでに中国の暮らしに退屈し始めているようで、イタリアへの帰還を考慮しているという。 さらに記事によればローマがハムシクの獲得を狙っていると言われており、MFハビエル・パストーレの譲渡を条件に交渉を持ち掛ける算段を立てている模様。また、年俸900万ユーロ(約11億円)という高額なサラリーの一部を大連一方が肩代わりするのではないかとも伝えられている。 前指揮官のマウリツィオ・サッリ監督がライバルのユベントスに就任してしまったナポリファンにとって、さらにクラブのアイコンであったハムシクがローマに加わるとなるとかなり大きなショックを受けるに違いない。だがそんな憶測も杞憂に過ぎなかったようだ。 同選手の代理人が「彼は中国で満足している。今のところヨーロッパに戻るつもりはない。3年契約を尊重しているからね」と大連一方残留を強調。また「ナポリは彼のホームで家族だ。イタリアの他のクラブのユニフォームを着るなんてことは絶対にない」とし、パルテノペイをひとまず安堵させた。 2019.06.23 13:53 Sun
twitterfacebook
thumb

U-21イタリア代表に激震… ミーティング遅刻のケアンとザニオーロが運命のベルギー戦欠場へ《U-21欧州選手権》

U-21イタリア代表に激震が走った。22日に行われるU-21欧州選手権2019グループA最終節のU-21ベルギー代表戦にFWモイゼ・ケアン(ユベントス)とMFニコロ・ザニオーロ(ローマ)の両主軸が欠場することになったようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 ホテルで同部屋のケアンとザニオーロは今大会中、度々インスタグラムに歌や踊っている姿を投稿。そしてベルギー戦に向けたミーティングに遅刻していた。これがルイジ・ディ・ビアージョ監督の逆鱗に触れ、ベルギー戦で起用しないことを決めたようだ。 仮にイタリアがベスト4進出を果たせば、両選手が復帰する可能性があるようだが、グループステージ最終節を前に2連勝のU-21ポーランド代表を追うイタリアは、1勝1敗でU-21スペイン代表に並んでいる中、両主軸を欠いてベルギーに勝利し、東京五輪出場権の得られるベスト4進出を果たせるか。 2019.06.23 01:16 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース