ビジャレアルもモナコ形式採用! 昨年12月解任のカジェハ前監督の再登板を発表

2019.01.30 03:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルは29日、ハビエル・カジェハ氏(40)の指揮官としての復帰を発表した。

今季開幕から低迷が続くビジャレアルは昨年12月初めにハビエル・カジェハ前監督を成績不振により解任。そして、過去にビジャレアルBを率いた経験を持つルイス・ガルシア・プラサ監督(46)の下で立て直しを図った。

しかし、ルイス・ガルシア監督体制のリーグ戦では2敗4分けと一度も勝利することができず、さらに直近のバレンシアとの自治州ダービーでは0-3の完敗。これを受けて、クラブは29日にルイス・ガルシア監督の解任を発表していた。

そして、後任人事に注目が集まった中、ビジャレアルは先日にティエリ・アンリ監督の解任及び、レオナルド・ジャルディム氏の監督再登板を発表したモナコに倣う形でカジェハ氏の復帰を決断した。

現役時代オンダやビジャレアル、マラガ、オサスナでプレーしたカジェハ氏は2012年に現役を引退。指導者としてビジャレアルの育成組織で監督を務めると、2017年9月にはトップチームの監督に就任。昨季はチームをリーグ5位に導く手腕を発揮した。

しかし、今シーズンは開幕から3試合未勝利が続くと、その後も結果を残せず、昨年12月に解任された際には3勝5分け7敗の17位と低迷していた。

関連ニュース
thumb

黄色で覆われたスタジアムへ、CL躍進のビジャレアルが創立100周年へ向けスタジアムを改修

ビジャレアルは11日に、本拠地エスタディオ・デ・ラ・セラミカの改修を行うと発表した。 3月までJリーグの常勤理事を務めていた佐伯夕利子氏は過去に同クラブの育成部に所属するなど、日本とのゆかりもある「イエロー・サブマリン」。2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)を制し、今季のチャンピオンズリーグ(CL)での雄姿も記憶に新しい。 クラブは創立100周年を迎える2023年に向け、スタジアムの改修を行うと発表。15日に行われるホーム最終戦のラ・リーガ第37節レアル・ソシエダ戦以降に着工し、今年いっぱいでの完成を目指すとしている。 国際的な建築会社IDOMと地元の建設会社であるAlvibenのもと、スタジアムの全席を屋根で覆い、外壁や屋根などをクラブカラーである黄色に統一。 ピッチと外の広場の景色を望めるファンクションルームも設置する。また、再生可能エネルギーへの取り組みとして、電力の自給自足に向けて屋根には太陽光発電パネルを設置する。 推定予算は3500万ユーロ(約47億円)。収容人数は2万2000人と、変更はないとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ビジャレアル、スタジアムの歴史と改修計画</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="-I7IZZXCj9M";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.12 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

クンデのラストプレー弾でドローに持ち込んだセビージャが3位を死守!《ラ・リーガ》

セビージャは8日、ラ・リーガ第35節でビジャレアルと対戦し1-1の引き分けに終わった。 この試合勝利すれば、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位以内が確定する3位セビージャ(勝ち点64)が、ミッドウィークにCL準決勝2ndレグのリバプール戦を戦った8位ビジャレアル(勝ち点52)のホームに乗り込んだ一戦。 試合は開始早々にビジャレアルが決定機を創出する。4分、ショートコーナーを受けたパレホが右クロスを供給すると、ニアでコクランがフリックしたボールを中央のフォイスが頭で合わせたが、シュートはGKブヌが好反応を見せブロックした。 さらにビジャレアルは、11分にもボックス右から切り込んだチュクウェゼがコントロールショットでゴールを狙ったが、シュートはクロスバーを直撃した。 その後は一進一退の攻防が繰り広げられる中、セビージャは37分にもピンチを迎える。ビジャレアルは敵陣右サイドで獲得したFKからロ・チェルソがクロスを供給すると、パウ・トーレスがドンピシャヘッドで合わせたが、これはGKブヌの右手一本で弾く好セーブを見せた。 0-0で迎えた後半も先に決定機を作ったのはビジャレアル。54分、左クロスのクリアボールをボックス右で拾ったチュクウェゼがクロスを供給すると、ディアと競り合ったクンデのオウンゴールを誘ったが、VARの介入によってディアのオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ビジャレアルが試合終盤にスコアを動かす。86分、ペドラサの左クロスがゴール前でDFに撥ね返されるが、ゴールエリア左手前で反応したロ・チェルソがジャンピングボレーシュートをゴールに叩き込んだ。 このまま試合終了かと思われたが、終了間際にドラマが生まれる。96分、パプ・ゴメスの左CKをラファ・ミルが頭に当てるとゴール前にこぼれたボールを最後はクンデがゴールに流し込んだ。 直後に試合終了のホイッスル。劇的弾でドロー弾で勝ち点1を積み上げたセビージャが3位をキープしている。 2022.05.09 01:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「観客とのハーモニーは、突破できると思わせてくれた」準決勝でCL敗退のジェラール・モレノが回想

ビジャレアルのスペイン代表FWジェラール・モレノがリバプール戦を振り返った。スペイン『アス』が報じた。 3日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのビジャレアルvsリバプールがエスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われた。 1stレグはリバプールが2-0で勝利しており、ビジャレアルとしては3点差をつけての勝利が必要となった試合。すると3分にブライエ・ディア、41分にフランシス・コクランが追加点。2戦合計2-2に追いつく。 しかし、追いつかれた後半にリバプールが奮起。一気に3ゴールを奪い、2-3で逆転勝利。2戦合計2-5で敗れたビジャレアルは、初の決勝進出を逃していた。 試合後、ジェラール・モレノは悔しさを露わに。それでもホームに集まったファンの後押しは素晴らしかったと振り返った。 「チームが最後まで信じていたからこそ、誇りに思える。前半はデュエルで負けることはなく、素晴らしいプレーができたと思う」 「あの観客とのハーモニーは、自分たちが突破できると思わせてくれた。でも、彼らの方が優れていた」 「前半頑張っていた分、チームが落ち込んだのも目立った。みんなは、このチーム、このクラブ、このファンを誇りに思わなければいけない」 ただ、やはり決勝に勝ち進みたかったとコメント。それでも、ここまで勝ち上がってきたことを誇りに思うとした。 「現実にはもっと多くのことを望んでいた。決勝に進みたいと思っていた。みんなは僕たちがこの地点に到達できないと考えていたけど、偉大なライバルを退けてきた」 「全てを定義できる言葉は、何年にもわたって最高レベルであり続けるチームと戦えるという誇りだよ」 <span class="paragraph-title">【動画】白熱の準決勝! ビジャレアルvsリバプール ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="s7ECvUA4Raw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.04 13:07 Wed
twitterfacebook
thumb

「ジャッジは非常に悪かった」、「水準に達していない」ビジャレアルCEOがリバプール戦の判定に不満爆発「とんでもないPK」

ビジャレアルの最高経営責任者(CEO)であるロイグ・ネゲロレス氏が、ジャッジに不満をぶちまけた。スペイン『アス』が伝えた。 3日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのビジャレアルvsリバプールがエスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われた。 1stレグはリバプールが2-0で勝利しており、ビジャレアルとしては3点差をつけての勝利が必要となった試合。すると3分にブライエ・ディア、41分にフランシス・コクランが追加点。2戦合計2-2に追いつく。 しかし、追いつかれた後半にリバプールが奮起。一気に3ゴールを奪い、2-3で逆転勝利。2戦合計2-5で敗れたビジャレアルは、初の決勝進出を逃していた。 ネゲロレス氏が問題視しているのは1-0で迎えた37分の場面。ジェラール・モレノのスルーパスに反応したジオバニ・ロ・チェルソが完全に抜け出す。 ボックス内に侵入するも、飛び出したGKアリソン・ベッカーに阻まれシュートは打てず。しかし、このシーンでアリソンはボールにプレーせずにロ・チェルソに正面からぶつかっていた。 結局ビジャレアルにPKは与えられなかったが、このシーンを含め、ネゲロレス氏はジャッジに不満をあらわにした。 「多くの小さな行動において、レフェリーは彼らに有利に働いた。ジャッジは非常に悪かった」 「GKがロ・チェルソに正面から触っているので、私にはとんでもないPKに思えた。レフェリングは常に彼らに有利であり、シビアなものだった」 「言い訳にはしたくない。ただ、今日のレフェリングは、この種の試合のレフェリングに必要な水準に達していない」 「エリアの端では笛を吹かないファウルが3つあり、2つ目も同じだった。レフェリーが自分たちに有利になるような小さなアクション。とても悪いジャッジだった」 <span class="paragraph-title">【動画】PK? PKじゃない?大一番でのジャッジに不満爆発</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">tá ai o vídeo princesa, o Alisson vai na bola e o Lo Celso buscou o contato <a href="https://t.co/TvOZwLX5ZC">pic.twitter.com/TvOZwLX5ZC</a></p>(@athayde_ffc) <a href="https://twitter.com/athayde_ffc/status/1521597890669563907?ref_src=twsrc%5Etfw">May 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Intervalo!<br>Villareal 2-0 Liverpool<br><br>Mas poderia ser mais.... Acharam pênalti neste lance do Alisson com o Lo Celso ? <br><br> <a href="https://t.co/diNkyZMf6Z">pic.twitter.com/diNkyZMf6Z</a></p>&mdash; Sala12(Reserva) (@Sala12BR) <a href="https://twitter.com/Sala12BR/status/1521578133991870468?ref_src=twsrc%5Etfw">May 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】大量5ゴールの点の取り合い、ビジャレアルvsリバプール ハイライト</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="s7ECvUA4Raw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.04 11:01 Wed
twitterfacebook
thumb

自身4度目CLファイナルのクロップ、ビジャレアルの巻き返しに舌巻くも「我々は決勝進出にふさわしかった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が喜びのコメントを残した。欧州サッカー連盟の公式サイト『UEFA.com』が報じている。 プレミアリーグでマンチェスター・シティと白熱の優勝争いを演じるなか、チャンピオンズリーグ(CL)でも準決勝に勝ち進むリバプール。準決勝では躍進のビジャレアルと激突した。 先のホームで行われた1stレグでは2-0と先勝。内容的にも相手に1本のシュートしか許さずと良いイメージをもって、3日に敵地でのリターンレグを迎えたが、前半だけで2失点を喫した。 だが、後半にMFファビーニョ、FWルイス・ディアス、FWサディオ・マネがネットを揺らして逆転。前半に2失点の守備陣も立ち直り、2戦合計スコア5-2で3季ぶりの決勝進出を決めた。 後半の巻き返しぶりは見ていても爽快だったが、ここ5季で3度目の決勝進出に導き、4冠達成の可能性を繋いだクロップ監督も高く評価しているようだ。 「ハーフタイムに『前半よりも良いプレーをしないと』と言った。アシスタントたちにも前半にうまくいったプレーのなかから例を探してくるように話をしたが、選手たちに『いらない』と言われたんだ。だから、私はもっとスペースを見つけ、もっと柔軟に相手のマンマーク戦術に翻弄されないようにと伝えただけだった」 「素晴らしいスタジアムで、ウナイ(・エメリ)はここで素晴らしい仕事をしている。彼らは実際に良いプレーをしたが、我々は決勝進出にふさわしかった。選手たちに対しては明日、“メンタルの怪物が町にやってきた”という見出しのニュースがなるだろうと話した。後半の逆転劇は本当に印象的だったよ」 「今季は500試合もの試合をこなしている感覚があるし、(この結果は)計り知れないものだ」 また、「前半は先発陣に問題があった」と2失点の前半を振り返り、「自分たちでかなりトリッキーにさせてしまったが、こういうのは起こり得るのは覚悟の上だ。人生では思いどおりにいかないときにどういうリアクションを取るかが常に大事」だと続けた。 なお、クロップ監督にとって、ドルトムント時代から数え、これで4度目のCL決勝進出に。この数字はミゲル・ムニョス氏、サー・アレックス・ファーガソン氏、マルチェロ・リッピ氏、レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督と並んで史上最多となる。 2022.05.04 10:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly