乾貴士が語る中村俊輔と中田英寿…「海外で日本人は必要とされていなかったが、彼らが壁を壊してくれた」

2018.11.19 23:37 Mon
リーガ・エスパニョーラのベティスに所属する日本代表MF乾貴士が、自分より先に海外挑戦を果たしたMF中村俊輔、中田英寿氏に対する畏敬の念を語った。

スペイン『ABC』とのインタビューに応じた乾は、1998年にワールドカップ初出場を果たした世代の重要さを説いている。

「とても重要な世代です。あの代表チームがなければ、今の日本のフットボールは同じではないでしょう。あの代表チームがその後の世代に対して扉を開いたんです」

また自身が中村、中田氏と同じレベルに達しているかとの質問には、こう返した。

「いいえ。僕はそのレベルに達していません。僕はワールドカップに出場して、とてもうまくいきましたが、その勢いを持続できていません。あの世代にとって、海外挑戦は簡単ではありませんでした。日本人は必要とされていませんでしたから。彼らが壁を壊してくれたんです」

現在、ベティスでは出場機会に恵まれていない乾だが、これから状況を逆転させる意欲を示す。スペインで新たな成功を収めない限り、日本には帰らない心構えだ。

「ベティスにおける自分の計画が達成されるならば、日本に戻ることができます。今のような状態が続き、ベティスでの計画が達成できないならば、スペインに残ります」

「もちろん(現状を)打破したいです。ワールドカップは良いものとなりました。良いときも悪いときもあるものです。今は悪いときですが、しかし監督は僕に愛情を与えてくれています。現在は自分のフットボールを再び示すため、状況が変わるのを待っているところです」


提供:goal.com

PR
関連ニュース

ベティスが3名の負傷を発表…フェキルは鼻骨骨折で手術を実施

レアル・ベティスは27日、元フランス代表FWナビル・フェキルが手術を受けたことを明かした。 フェキルは25日に行われたラ・リーガ第26節のアスレティック・ビルバオ戦に先発出場したが、85分に鼻を負傷し途中交代。検査の結果、鼻骨骨折と診断されていた。 クラブの発表によれば、フェキルは26日の午後に鼻骨の手術を実施。今後は数日間安静に過ごし、その後は保護マスクを着用しながらトレーニングや試合に参加することになるという。 また、ベティスは同日にDFアイトール・ルイバルとMFセルジ・アルティミラが負傷したことを併せて発表している。 2024.02.28 08:30 Wed

ラ・リーガで副審がカメラと激突し大量出血の大事故…審判委員会はリーグに怒り「すでに何度も警告していた」

ラ・リーガでとんでもない事故が発生していた。 事故が起きたのは25日に行われたラ・リーガ第26節のレアル・ベティスvsアスレティック・ビルバオの一戦。副審を務めたグアダルーペ・ポラス・アユソさんがピッチサイドのカメラと激突するアクシデントが起きていた。 試合開始13分に事故が発生。ポラスさんは、ベティスのチミ・アビラのゴールを確認後、タッチライン際を走っていた中、カメラマンと激突した。 そのままピッチに倒れ込んだポラスさん。頭部からは大量の出血があり、即座に治療を受けていた。 状態に問題はなかったが、当然審判を務めることなどできずにそのまま担架で運び出され、病院に搬送されていた。 カメラはゴールが決まったために動き出したが、その動きとポラスさんの動きが重なり衝突したとのこと。ベティスとアスレティックのメディカルスタッフがすぐに異変に気が付き、大量出血を発見。その場で治療を行いながら救急車で運び出されるのを待ったという。 なお、今回の事故を受けて審判委員会は苦情を申し立て。予てからゴール後にピッチに入るというラ・リーガの運用に対して警告していた中、今回の事故が起こったという。スペイン『アス』が伝えた。 「副審は仕事中に殴打を受け、その顔が血まみれになって担架で去っていく映像となった。審判技術委員会はこの状況について非常に怒り、憤慨している。なぜなら、すでにラ・リーガに何度も警告していたからだ」 <span class="paragraph-title">【閲覧注意】ピッチサイドのカメラと激突した副審は頭部から大量出血で血まみれの痛々しい姿…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AIfsCi8tiXE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> <a href="https://t.co/VlgvZymt30">pic.twitter.com/VlgvZymt30</a></p>&mdash; Carrusel Deportivo (@carrusel) <a href="https://twitter.com/carrusel/status/1761866274865353034?ref_src=twsrc%5Etfw">February 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Imagens fortes<br><br>Guadalupe Porras Ayuso, árbitra assistente do Betis vs Athletic Bilbao, chocou com uma câmera à beira do relvado e teve mesmo que ser substituída devido aos ferimentos. <a href="https://t.co/YtW8znxxcq">pic.twitter.com/YtW8znxxcq</a></p>&mdash; Cabine Desportiva (@CabineSport) <a href="https://twitter.com/CabineSport/status/1761883443263111426?ref_src=twsrc%5Etfw">February 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.26 22:50 Mon

「優勝を目指している」値千金の同点ゴールを決めた金子拓郎、ラウンド16進出弾も「プレーには満足していない」

ディナモ・ザグレブのMF金子拓郎が、レアル・ベティス戦を振り返った。クロアチア『HRT』が伝えた。 22日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)プレーオフ2ndレグで、ディナモ・キエフはホームにベティスを迎えた。 金子が先発出場したこの試合。39分にセドリック・バカンブのゴールでベティスが先制するも、59分に金子が左サイドからのグラウンダーのクロスに走り込んで値千金の同点ゴール。1-1のドローに終わり、2戦合計2-1でラウンド16進出を決めた。 大仕事をやってのけた金子は、試合後にフラッシュインタビューに応じ、ベティス戦を振り返った。 チームをラウンド16に導いたゴールについては「今日は点が取れたことは非常に良かったですが、個人的には自分のプレーには満足していません。もっと自分のプレーの質を上げなければいけないと思っています」とコメント。ゴールに満足しながらも、プレー全体には不満があるという。 特に満足いかない部分については「個人的にミスが多かったところです。点は取りましたが、ミスは反省しなければいけない部分なので、自分のプレーには満足していません」と、まだまだクオリティを上げたいとした。 アウェイゲームでは0-1で勝利していたディナモ・ザグレブだが、ベティスとの2試合について金子は「両試合ともに非常にタフなゲームだったので、守備の時間も凄く長かったです。その中で、自分たちは非常に耐えて良い試合ができたと思います」と、我慢できたことが大事だと語った。 試合の重要性については「毎試合毎試合、常に自分にとっては重要ですし、これからも重要な試合がどんどんやってくるので、しっかり準備していきたいです」とコメント。この先はさらに強豪との戦いが待っている中、ECLの戦いについて言及した。 「もちろん、カンファレンスリーグは優勝を目指していますし、次で負けてしまっては何も意味がないので、もちろん優勝を目指しています」とコメント。やるからには頂点を目指していると意気込んだ。 2024.02.23 13:10 Fri

ベティス、カタールW杯優勝メンバーの主将DFペッセージャと2026年まで契約延長

レアル・ベティスは12日、アルゼンチン代表DFヘルマン・ペッセージャ(32)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2026年6月30日までとなる。 リーベル・プレートの下部組織で育ったペッセージャは、2011年12月にトップチームデビュー。2015年夏にベティスへ完全移籍を果たすと、2年間のプレーを経て、2017年夏にフィオレンティーナへレンタル移籍。その後完全移籍に移行する形でフィオレンティーナに残留し、在籍4年間で公式戦138試合に出場していた。 その後、2021年の夏にベティスへ4年契約で復帰を果たすと、初年度からレギュラーとして活躍。キャプテンに就任した今季も守備の要として、ここまで公式戦30試合に出場し1ゴールを記録している。 また、各年代のアルゼンチン代表に選出されてきたペッセージャは、2017年11月にフル代表デビュー。これまで39キャップを誇り、昨年のカタール・ワールドカップやコパ・アメリカ2021の優勝に貢献していた。 2024.02.13 07:30 Tue

ベティスに痛手…絶好調イスコが左ハムストリング負傷で戦線離脱

レアル・ベティスは、元スペイン代表MFイスコの負傷を報告した。 イスコは4日に行われたラ・リーガ第23節のヘタフェ戦で同点ゴールを決めたが、後半途中にハムストリングを痛めて負傷交代していた。 そのイスコの状態についてクラブは、左ハムストリング筋近位筋腱損傷と診断されたことを明かした。 現時点で正確な離脱期間は不明だが、少なくとも数週間単位の離脱が見込まれる。 昨夏、恩師マヌエル・ペジェグリーニ監督のラブコールを受けてベティスに加入したイスコは、ここまでの公式戦29試合に出場し、7ゴール5アシストを記録。ラ・リーガの前半戦においては異論なしのチームベストプレーヤーだった。 2024.02.07 06:30 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly