10試合未勝利のモナコ、ジャルディム監督解任でアンリ氏招へいか?

2018.10.10 05:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モナコがレオナルド・ジャルディム監督(44)の後任としてティエリ・アンリ氏(41)の招へいを考え始めているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。

▽2014年夏からモナコで指揮を執るジャルディム監督は、フランス代表FWキリアン・ムバッペやポルトガル代表MFベルナルド・シウバら多くの将来有望な若手を発掘。加えて、攻撃的なサッカーを展開して2016-17シーズンにモナコを17年ぶりとなるリーグ優勝に導き、チャンピオンズリーグ(CL)では13年ぶりとなる準決勝進出を果たしていた。

▽昨シーズンを2位で終え、王者奪還を目標に臨んだ今シーズンだったが、リーグ・アン開幕節のナント戦こを勝利したが、以降の公式戦10試合では格下相手に金星を献上するなど、7敗3分けと泥沼の不振に陥っている。この成績不振を受けて、クラブ首脳は早くもジャルディム監督の解任に動き始めているようだ。

▽『レキップ』が伝えるところによれば、ジャルディム監督の解任はほぼ確実で、すでに後任候補のリストアップに動いている模様。その中でアンリ氏が第一候補に挙がっているという。

▽現在ベルギー代表のアシスタントコーチを務めるアンリ氏には、今夏にボルドーの指揮官就任の噂が流れたが金銭面で合意に至らず破談。しかし、イギリス『デイリー・メール』によれば、同氏は3日にスティーブ・ブルース前監督の解任を発表したアストン・ビラの後任候補にも挙げられており、すでにオーナーのナセフ・サウィリス氏と会談を行ったと伝えられていた。

関連ニュース
thumb

ベン・イェデルがプーマと契約!『ドラゴンボール』のオマージュで加入を発表

プーマは3日、モナコに所属するフランス代表FWウィサム・ベン・イェデルとスポンサー契約を結んだことを発表した。 ベン・イェデルはアディダスと契約を結んでいたが、2日に行われたウェールズ代表との親善試合でプーマの「ULTRA」を着用し、驚かせていた。 プーマはヨーロッパでも人気を博する漫画『ドラゴンボール』をオマージュし、オレンジ色の戦闘服に身を包んだベン・イェデルのイラストを用いて加入を発表している。 ベン・イェデルはユーロ2020に向けたフランス代表メンバーにも招集されているが、フランス代表ではGKスティーブ・マンダンダ(マルセイユ)、DFリュカ・ディーニュ(エバートン)、DFジュール・クンデ(セビージャ)、FWキングスレー・コマン(バイエルン)、FWオリヴィエ・ジルー(チェルシー)、FWアントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)もプーマと契約を結んでいる。 <span class="paragraph-title">【写真】ベン・イェデルが孫悟空に!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Kamehameha ☄️☄️☄️<br><br>Welcome to the FAM <a href="https://twitter.com/WissBenYedder?ref_src=twsrc%5Etfw">@WissBenYedder</a> <a href="https://t.co/pE36Roj7vo">pic.twitter.com/pE36Roj7vo</a></p>&mdash; PUMA Football (@pumafootball) <a href="https://twitter.com/pumafootball/status/1400446991923138566?ref_src=twsrc%5Etfw">June 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.05 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ケガに悩まされ続けたヨベティッチ、今夏のモナコ退団が決定

モナコは24日、モンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチ(31)が今季限りで退団することを発表した。 これまでフィオレンティーナやマンチェスター・シティ、インテル、セビージャなどのクラブを渡り歩いてきたヨベティッチは、2017年夏にモナコに加入。しかし、度重なるケガに見舞われ全く活躍できないでいると、2019年4月には十字じん帯損傷の大ケガを負い、およそ8カ月もの長期離脱を強いられた。 初めてフル稼動した今シーズンは、リーグ・アン29試合で6ゴール1アシストを記録。3シーズンぶりのチャンピオンズリーグ出場となる3位フィニッシュに貢献した。 それでも、6月30日の契約満了に伴い退団が決定。スポーツ・ディレクターのポール・ミッチェル氏は「今朝、チームミーティングを開いた。ステファン・ヨベティッチに別れの挨拶をするためだ。我々は彼の残りのキャリアの幸運を祈っているよ」とコメントを残した。 2021.05.24 20:19 Mon
twitterfacebook
thumb

リールが10季ぶり4度目の優勝! PSGは1pt差及ばず4連覇ならず…《リーグ・アン》

2020-21シーズンのリーグ・アン最終節が行われ、アンジェに2-1で勝利したリールが2010-11シーズン以来、4度目の優勝を果たした。 熾烈を極める今シーズンのリーグ・アンの覇権争いは前節終了時点で首位のリール(勝ち点80)、2位のパリ・サンジェルマン(勝ち点79)、3位のモナコ(勝ち点77)の3チームに絞られた。 前節、サンテチェンヌ相手に0-0のドローに終わり、自力優勝に向けて勝ち点3が必須となったリールは、12位のアンジェ(勝ち点44)とのアウェイゲームに臨んだ。 サンテチェンヌ戦では重圧を感じさせる硬さが目立ったものの、今回の大一番では力強い入りを見せる。10分、レナト・サンチェスの中央突破から巧みな動き出しでオフサイドラインを掻い潜ったジョナタン・デイビッドが冷静にGKとの一対一を制した。その後も危なげなく試合を進めるアウェイチームは前半終了間際にヤズジュのスルーパスに抜け出したデイビッドがGKに倒されてPKを獲得。これを主砲ブラク・ユルマズが冷静に決め切って2点リードで前半を終えた。 後半はゲームコントロール優先の試合運びで逃げ切りを図った中、試合終了間際にはセンターバックの連携ミスからフルジーニに1点を返されるが、前半のリードを守り切って2-1の勝利。この結果、パリの巨人を抑えて10シーズンぶりのリーグ制覇を成し遂げた。 一方、逆転での4連覇を目指したパリ・サンジェルマン(PSG)は前節のスタッド・ランス戦を4-0の大勝で飾り、直近のクープ・ドゥ・フランス決勝でもモナコを2-0で下してポチェッティーノ体制での初タイトルを獲得。その勢いに乗って16位のブレスト(勝ち点41)とのアウェイゲームに臨んだ。 立ち上がりから押し込む入りとなったPSGは18分にディ・マリアがボックス内で倒されてPKを獲得。しかし、キッカーのネイマールが右隅を狙って蹴ったシュートは枠の右に外れて絶好の先制機を逸した。エースのPK失敗によってリズムを掴み切れなくなったが、37分には右CKの場面でディ・マリアのクロスがDFに当たって大きくコースが変わると、これがゴールネットに吸い込まれてオウンゴールで先制点を手にした。 後半はプレーオフ回避に向けて気迫を見せる相手に苦戦を強いられたが、71分にカウンターからムバッペが今季リーグ27点目を奪い、試合を決定づける追加点を奪った。このまま2-0のスコアで試合を締めくくったPSGだったが、1ポイント差に泣きリーグ・アン4連覇の夢が潰えた。なお、ムバッペは個人として3シーズン連続の得点王を獲得している。 また、逆転優勝にわずかながら可能性を残しつつ、4位のリヨン(勝ち点76)と1ポイント差の熾烈なチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに身を置くモナコは、6位のRCランス(勝ち点56)との上位対決に臨んだ。試合はアウェイのモナコが圧倒的にボールを握って優勢に試合を運ぶも、最後までゴールをこじ開けることはできず、0-0のドローに終わった。 それでも、リヨンがニースに2-3の逆転負けを喫したことで、モナコのCL出場権獲得およびリヨンのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得が確定した。 DF酒井宏樹とDF長友佑都の今シーズン限りでの退団が決定的な5位のマルセイユ(勝ち点59)は、10位のメス(勝ち点46)とのアウェイゲームに臨み、1-1のドローに終わった。この結果、来シーズンのヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)への出場を決めた。 最下位のディジョン、19位のニームの自動降格がすでに決定している残留争いでは、6チームに昇格・降格プレーオフ行きの可能性があった中、ナントが18位フィニッシュ。リーグ・ドゥ昇格プレーオフ勝者との大一番で1部残留を目指すことになった。 ◆リーグ・アン最終節 結果 ▽5/23(日) アンジェ 1-2 リール ブレスト 0-2 パリ・サンジェルマン RCランス 0-0 モナコ リヨン 2-3 ニース メス 1-1 マルセイユ ナント 1-2 モンペリエ スタッド・ランス 1-2 ボルドー レンヌ 2-0 ニーム サンテチェンヌ 0-1 ディジョン ストラスブール 1-1 ロリアン 2021.05.24 06:16 Mon
twitterfacebook
thumb

監督として初タイトルのポチェッティーノ、PSGのリーグ制覇を諦めず「可能であると信じなければ」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、タイトル獲得を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 PSGは19日、クープ・ドゥ・フランス決勝でモナコと対戦。19分にマウロ・イカルディが先制ゴールを決めると、81分にキリアン・ムバッペが追加点。結局0-2で勝利し、2年連続14度目の優勝を果たしていた。 シーズン途中に監督に就任したポチェッティーノ監督だが、今回の優勝が監督として初のタイトルとなった。 ポチェッティーノ監督は試合後にトロフィー獲得を喜び、ファンに捧げた。 「常に、パリ・サンジェルマンのようなクラブでは、決勝に勝つことが最も重要だ。それは本当に重要なことだ」 「サポーター、選手、そしてクラブスタッフ全員にとって本当に嬉しいことだ。トロフィーを加えることは、常に重要だ」 また、リーグ・アンは今週末に最終節を迎える。PSGは現在2位に位置し、首位のリールとは勝ち点差「1」。自力優勝ないが、勝利を収めて待つしかない。 ポチェッティーノ監督もチームとしてしっかりと勝利し、リールがポイントを落とすことを待つしかないと語った。 「日曜日の試合の準備をするにも最良の結果だ。もちろん、我々はプロであり、ブレストとの試合に勝ち、リールがアンジェに負けるかどうかを待つ必要がある」 「ただ、我々は可能であると信じなければならない。もちろん、リールはとても良いチームなので難しいことだろう。自信を持って仕事をし、タイトルが与えられる結果を待つ必要がある」 2021.05.20 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ムバッペ1G1AのPSGが2年連続14度目の優勝! リーグ戦でダブル喫したモナコにリベンジ!《クープ・ドゥ・フランス》

クープ・ドゥ・フランス決勝、モナコvsパリ・サンジェルマン(PSG)が19日にスタッド・ド・フランスで行われ、2-0で勝利したPSGが2年連続14度目の優勝を果たした。 1990-91シーズン以来、通算6度目の優勝を目指すモナコは、準決勝で4部のリュミリー・ヴァリエールを5-1で退けて決勝進出。一方、2年連続通算14度目のタイトルを目指すPSGは、モンペリエとのPK戦を制してファイナルの舞台に駒を進めた。 PSGはこの一戦に向けて出場停止のキンペンベ、ネイマール、負傷のヴェッラッティの3選手の代役にケーラー、ダニーロ、イカルディを起用した。 リーグ戦でシーズンダブルを決めているモナコはこの試合で変則的な[4-5-1]の布陣を採用。これに対してPSGは普段通りの[4-3-3]でスタートした。 序盤からPSGがボールを握る展開となったが、守備時には最終ラインが5枚や6枚となるモナコの堅守を前になかなか攻め切れない。ネイマール不在の中で局面打開が期待されるムバッペもシディベ、アギラールとスピードのあるサイドバックが縦に並ぶ相手の守備に手を焼く。 それでも、17分に相手CKのロングカウンターからムバッペが圧巻のドリブル突破で敵陣深くまで運ぶプレーを見せて流れを引き寄せると、相手のミスを突いて先制に成功した。 19分、モナコのリスタートの場面でGKマイェッキからショートパスを受けたDFディザジが足元を確認しなかったことでコントロールが流れると、これにプレッシャーをかけたムバッペがボール奪取。そして、ボックス中央でドフリーのイカルディにプレゼントパスを送ると、アルゼンチン人FWが難なく無人のゴールへ流し込んだ。 前半半ばから終盤にかけてはビハインドを追うモナコが攻勢に転じると、積極的に背後を狙うフォラントがGKケイロル・ナバスに難しい対応を強いるなど、幾度かチャンスを作りかける。一方、前半のうちに追加点を奪いたいPSGは33分、ボックス右でディ・マリアの落としを受けたフロレンツィが右足の強烈なシュートを枠に飛ばすが、これはGKの好守に阻まれた。 結局、PSGの1点リードで折り返した試合は、後半も中盤での潰し合いが目立ち、互いになかなかフィニッシュの数を増やせないクローズな展開が続く。 ただ、アギラールを下げてアタッカータイプのディアタをハーフタイム明けに投入したモナコが、より押し込む形を作り出す。51分にはカイオ・エンリケの斜めのスルーパスに反応したベン・イェデルがゴール左でGKナバスと一対一の絶好機を迎えるが、シュートを防がれた上に抜け出しの時点でオフサイドの判定に。 早い時間帯に追いつきたいコバチ監督は60分、フォファナ、ベン・イェデルを下げてヨベティッチ、ジェウソン・マルティンスを同時投入。攻撃的な[3-4-3]の布陣でゴールをこじ開けにかかる。70分にはジェウソン・マルティンスがクロスバー直撃のシュート、ディアタが枠内シュートを放つなど良い形の攻めを見せた。 一方、後半に入って守勢が続くPSGはフロレンツィ、パレデス、イカルディと疲れの見えた選手を下げてダグバ、エレーラ、ケアンとフレッシュな選手の投入で試合を締めにかかる。 すると、81分には直前にシュートをバーに当てて決定機を逸していたムバッペがチームを勝利に導くエースの仕事を果たした。カウンターから持ち上がってペナルティアーク付近に持ち込んだディ・マリアのスルーパスに完璧な斜めのランニングで抜け出したフランス代表FWが冷静にGKとの一対一を制した。 この2点目で完全に逃げ切り態勢に入ったPSGはマルキーニョス、守護神ナバスを中心に最後まで集中した守備でクリーンシートを達成。リーグ戦でシーズンダブルを喫した相手にリベンジを果たしたPSGが2年連続14度目の優勝を果たすと共に、リーグ・アン最終節での逆転優勝に向けて弾みを付けた。 2021.05.20 06:28 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly