ベティスの伝説ホアキンが“ウリオ”の愛称で親しまれる理由は?真顔で「趣味はテニスだね」と嘘をつき…

2018.09.09 02:07 Sun
現在37歳のベティスの生ける伝説MFホアキン・サンチェスだが、スペインでは“ウリオ”との愛称で親しまれている。その愛称は、自身の嘘に端を発して生まれたものだった。

ベティスの下部組織出身で、2000年から2006年まで同クラブの看板選手としてプレーした後、バレンシア、マラガ、フィオレンティーナを渡り歩き、2015年にベティス復帰を果たしたホアキン。現在37歳ながらキケ・セティエン監督に重用され、ベティスファン、ひいてはスペインの全スタジアムから喝采を浴びるベティスの生ける伝説である。

そんなホアキンは、スペインで“ウリオ”の愛称によって知られている。その愛称はアンダルシア人らしく、ひたすら陽気な彼の性格があってこそ生まれたものだった。

ホアキンはマラガ時代、スペインのテレビ局『セクスタ』とのインタビューに応じ、趣味を聞かれて真顔で「テニスだね」と答えた。すると、そのインタビューを端から見ていた当時のチームメート、ジュリオバチスタが撮影を中断させるような勢いで爆笑した。ホアキンは「何なんだよ、こいつ」とぼやいていたが、バチスタは「こいつは一回もテニスをプレーしたことがない。なのにテニスって言ってるぞ!」と、テニスという趣味が真っ赤な嘘であることをばらしている。

ホアキンは結局、嘘をついていたことを認めて「ラケットの握り方すら知らねえよ」と爆笑しながら白状。そして「ジュリオ(Julio)」とバチスタを呼びかけようとしたところ、間違えて「ウリオ(Hulio)」と呼んでしまった。このインタビューはスペインで一気に有名となり、それとともにホアキンは“ウリオ”と呼ばれるようになったのだった。

なおホアキンは後に、「責任は僕にあるわけじゃない。そのジュリオ、いや、“ウリオ”って奴のせいだ。もちろん僕は嘘をついたけど、あいつが横槍を入れなければ、僕の趣味はテニスということでインタビューは無事終わっていたはずなんだ」と振り返っている。

いずれにしてもホアキンは、この愛称をいたく気に入っている様子。今季には「道でもホアキンじゃなくて“ウリオ”って呼ばれるんだよ。“ウリオ”ってユニに記していいか、リーガに聞いてみるよ」と、“ウリオ”の名で選手登録することを真剣に検討していた。結局、登録名をホアキンのままにしたベティスの生ける伝説は、先のセビージャダービーでは決勝点を記録。スペインメディアは「ウリアッソ(衝撃の“ウリオ”)!」「それだ“ウリオ”」「“ウリオ”が試合を決める」など、愛すべきキャラクターのホアキンをその愛称でもって称賛した。


提供:goal.com

PR
関連ニュース

「優勝を目指している」値千金の同点ゴールを決めた金子拓郎、ラウンド16進出弾も「プレーには満足していない」

ディナモ・ザグレブのMF金子拓郎が、レアル・ベティス戦を振り返った。クロアチア『HRT』が伝えた。 22日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)プレーオフ2ndレグで、ディナモ・キエフはホームにベティスを迎えた。 金子が先発出場したこの試合。39分にセドリック・バカンブのゴールでベティスが先制するも、59分に金子が左サイドからのグラウンダーのクロスに走り込んで値千金の同点ゴール。1-1のドローに終わり、2戦合計2-1でラウンド16進出を決めた。 大仕事をやってのけた金子は、試合後にフラッシュインタビューに応じ、ベティス戦を振り返った。 チームをラウンド16に導いたゴールについては「今日は点が取れたことは非常に良かったですが、個人的には自分のプレーには満足していません。もっと自分のプレーの質を上げなければいけないと思っています」とコメント。ゴールに満足しながらも、プレー全体には不満があるという。 特に満足いかない部分については「個人的にミスが多かったところです。点は取りましたが、ミスは反省しなければいけない部分なので、自分のプレーには満足していません」と、まだまだクオリティを上げたいとした。 アウェイゲームでは0-1で勝利していたディナモ・ザグレブだが、ベティスとの2試合について金子は「両試合ともに非常にタフなゲームだったので、守備の時間も凄く長かったです。その中で、自分たちは非常に耐えて良い試合ができたと思います」と、我慢できたことが大事だと語った。 試合の重要性については「毎試合毎試合、常に自分にとっては重要ですし、これからも重要な試合がどんどんやってくるので、しっかり準備していきたいです」とコメント。この先はさらに強豪との戦いが待っている中、ECLの戦いについて言及した。 「もちろん、カンファレンスリーグは優勝を目指していますし、次で負けてしまっては何も意味がないので、もちろん優勝を目指しています」とコメント。やるからには頂点を目指していると意気込んだ。 2024.02.23 13:10 Fri

ベティス、カタールW杯優勝メンバーの主将DFペッセージャと2026年まで契約延長

レアル・ベティスは12日、アルゼンチン代表DFヘルマン・ペッセージャ(32)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2026年6月30日までとなる。 リーベル・プレートの下部組織で育ったペッセージャは、2011年12月にトップチームデビュー。2015年夏にベティスへ完全移籍を果たすと、2年間のプレーを経て、2017年夏にフィオレンティーナへレンタル移籍。その後完全移籍に移行する形でフィオレンティーナに残留し、在籍4年間で公式戦138試合に出場していた。 その後、2021年の夏にベティスへ4年契約で復帰を果たすと、初年度からレギュラーとして活躍。キャプテンに就任した今季も守備の要として、ここまで公式戦30試合に出場し1ゴールを記録している。 また、各年代のアルゼンチン代表に選出されてきたペッセージャは、2017年11月にフル代表デビュー。これまで39キャップを誇り、昨年のカタール・ワールドカップやコパ・アメリカ2021の優勝に貢献していた。 2024.02.13 07:30 Tue

ベティスに痛手…絶好調イスコが左ハムストリング負傷で戦線離脱

レアル・ベティスは、元スペイン代表MFイスコの負傷を報告した。 イスコは4日に行われたラ・リーガ第23節のヘタフェ戦で同点ゴールを決めたが、後半途中にハムストリングを痛めて負傷交代していた。 そのイスコの状態についてクラブは、左ハムストリング筋近位筋腱損傷と診断されたことを明かした。 現時点で正確な離脱期間は不明だが、少なくとも数週間単位の離脱が見込まれる。 昨夏、恩師マヌエル・ペジェグリーニ監督のラブコールを受けてベティスに加入したイスコは、ここまでの公式戦29試合に出場し、7ゴール5アシストを記録。ラ・リーガの前半戦においては異論なしのチームベストプレーヤーだった。 2024.02.07 06:30 Wed

ベティスに痛手…今季中心として活躍するイスコがハムストリング負傷か

レアル・ベティスの元スペイン代表MFイスコが負傷。チームにとっては大きな痛手となりそうだ。 ベティスは4日、ラ・リーガ第23節でヘタフェをホームに迎えた。早々に先制を許したが、前半のうちにイスコがPKを決めて追いつく。 しかし後半に悲劇。後半途中にイスコが負傷。明らかに足を引きずり、ハムストリングをアイシングしている姿が見られ、しばらく離脱になる可能性が高いと見られている。 ヨーロッパリーグ(EL)で3位敗退のベティスはカンファレンスリーグ(ECL)・プレーオフのディナモ・ザグレブ戦を控えている状況。ただ、イスコは間に合わない可能性が高いと見られている。 今シーズンは大きなケガがなく、リーグ戦では1試合を欠場したのみだった。 2024.02.05 21:20 Mon

“献身的な技巧派”フォルナルスが4年半ぶりの母国復帰!ベティスが完全移籍での獲得を発表

レアル・ベティスは2日、ウェストハムから元スペイン代表MFパブロ・フォルナルス(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は2029年6月30日までとなる。 マラガでプロデビューしたフォルナルスは、ビジャレアルでのプレーを経て、2019年夏にウェストハムへ加入。セントラルMFやトップ下を主戦場に中盤の複数ポジションをこなせるボックス・トゥ・ボックスタイプの万能型MFで、5年目を迎えたウェストハムではこれまで公式戦203試合に出場し23ゴール19アシストを記録。 昨シーズンには、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)を制して自身初となる欧州タイトルを獲得した。 しかし、迎えた今シーズンは序列が急降下。ここまで公式戦23試合に出場しているが、プレミアリーグでのスタメン出場は4試合にとどまっており、スタメン機会はカップ戦に限定されていた。 2024.02.03 07:00 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly