ベティスの伝説ホアキンが“ウリオ”の愛称で親しまれる理由は?真顔で「趣味はテニスだね」と嘘をつき…

2018.09.09 02:07 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
現在37歳のベティスの生ける伝説MFホアキン・サンチェスだが、スペインでは“ウリオ”との愛称で親しまれている。その愛称は、自身の嘘に端を発して生まれたものだった。

ベティスの下部組織出身で、2000年から2006年まで同クラブの看板選手としてプレーした後、バレンシア、マラガ、フィオレンティーナを渡り歩き、2015年にベティス復帰を果たしたホアキン。現在37歳ながらキケ・セティエン監督に重用され、ベティスファン、ひいてはスペインの全スタジアムから喝采を浴びるベティスの生ける伝説である。

そんなホアキンは、スペインで“ウリオ”の愛称によって知られている。その愛称はアンダルシア人らしく、ひたすら陽気な彼の性格があってこそ生まれたものだった。

ホアキンはマラガ時代、スペインのテレビ局『セクスタ』とのインタビューに応じ、趣味を聞かれて真顔で「テニスだね」と答えた。すると、そのインタビューを端から見ていた当時のチームメート、ジュリオバチスタが撮影を中断させるような勢いで爆笑した。ホアキンは「何なんだよ、こいつ」とぼやいていたが、バチスタは「こいつは一回もテニスをプレーしたことがない。なのにテニスって言ってるぞ!」と、テニスという趣味が真っ赤な嘘であることをばらしている。

ホアキンは結局、嘘をついていたことを認めて「ラケットの握り方すら知らねえよ」と爆笑しながら白状。そして「ジュリオ(Julio)」とバチスタを呼びかけようとしたところ、間違えて「ウリオ(Hulio)」と呼んでしまった。このインタビューはスペインで一気に有名となり、それとともにホアキンは“ウリオ”と呼ばれるようになったのだった。

なおホアキンは後に、「責任は僕にあるわけじゃない。そのジュリオ、いや、“ウリオ”って奴のせいだ。もちろん僕は嘘をついたけど、あいつが横槍を入れなければ、僕の趣味はテニスということでインタビューは無事終わっていたはずなんだ」と振り返っている。

いずれにしてもホアキンは、この愛称をいたく気に入っている様子。今季には「道でもホアキンじゃなくて“ウリオ”って呼ばれるんだよ。“ウリオ”ってユニに記していいか、リーガに聞いてみるよ」と、“ウリオ”の名で選手登録することを真剣に検討していた。結局、登録名をホアキンのままにしたベティスの生ける伝説は、先のセビージャダービーでは決勝点を記録。スペインメディアは「ウリアッソ(衝撃の“ウリオ”)!」「それだ“ウリオ”」「“ウリオ”が試合を決める」など、愛すべきキャラクターのホアキンをその愛称でもって称賛した。


提供:goal.com

関連ニュース
thumb

29歳でラ・ロハ入りのボルハ・イグレシアス「監督に自分が選択肢の1つになれるのを示すだけ」

レアル・ベティスのスペイン代表FWボルハ・イグレシアスが代表入りの胸中を明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。 イグレシアスは2017年夏のレアル・サラゴサ加入から点取屋としての才能を光らせ、エスパニョールでのプレーを挟み、2019年8月にベティス入り。代表からは縁遠い存在だったが、この代表ウィークでフル代表から初めて声がかかった。 だが、チームは今年11月にカタール・ワールドカップ(W杯)が迫り、選手間の競争もよりシビアに。そのなかでの代表入りとなったイグレシアスだが、あまり気負うことなく、活動に参加できているようだ。 「テストされる感覚というよりも、自分の力を近くで発揮するチャンスだと思っている。代表チームでは楽しめているよ。W杯までは長い道のりだし、この先がどうなるかなんてわからない。可能性がある限り、頑張るよ」 また、「監督に自分が選択肢の1つになれるのを示すだけ」と続けると、ベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督とスペイン代表のルイス・エンリケ監督についても述べている。 「どっちもすごく良いものがあって、違うものもある。マヌエルは穏やかだね。ルイス・エンリケはより激しくて、もっと神経質だけど、メッセージは同じように伝わってくる。それぞれの人となりは特別なものがある」 そんな29歳だが、24日のUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ2第5節のスイス代表戦は自身にとっても馴染み深いサラゴサが舞台に。古巣のファンに対する思いを語っている。 「あの場に戻って、一緒にこの時間を楽しめるのは光栄なこと。感動的な瞬間を味わえそうだね。僕のことをすごく大切に思って、色々な形でそれを示してくれた。僕がどう変わったか? 試合や成熟度だったりで進歩したよ」 2022.09.23 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

“きつねダンス”を超える規模? スタンドも警備員もノリノリ! ベティスがスタンド全体を巻き込むダンスで大盛り上がり

スポーツとダンスというものは親和性があるのだろうか。日本のプロ野球で一成を風靡しているのは、北海道日本ハムファイターズのファイターズガールが試合中に披露する“きつねダンス”が話題を呼んでいる。 19日には原曲『The Fox』を歌うノルウェーの兄弟コメディアン「Ylvis」が来日し、札幌ドームに登場。ついに本物が登場し生歌を披露。ファイターズガールやダンスアカデミーの生徒ら約300人で踊ったというから驚きだ。 日本では野球界を盛り上げている“きつねダンス”だが、ラ・リーガの舞台でもスタジアムでのダンスが流行っているようだ。 それはレアル・ベティスのスタジアム、ベニート・ビジャマリン。ここではスペインのシンガーソングライターであるロザリアの『Despecha』に合わせて、スタジアム中が踊り出すという事態が起きていた。 これが行われたのは18日に行われたラ・リーガ第6節のジローナ戦だった。 実はベティスがこの試合に向けてTikTok上で呼びかけ。投稿した人の中から25名がスタジアムのピッチで踊れるとしたもので、スタンドでも踊りましょうというもの。クラブのレジェンドであるホアキン・サンチェスやマルク・バルトラなども踊って見せていた。 実際の試合ではスタンドの観客はもちろん、選ばれた25名はピッチ上で。また、ピッチレポーターや解説陣、クラブマスコット、そして警備員もノリノリで踊り、スタンドを煽るという状況に。大きな盛り上がりを見せていた。 なお、試合も2-1でしっかりと勝利。勝利を呼び込むダンス?として定着する可能性もあるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】ファンやピッチレポーター、警備員がノリノリで踊る!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@realbetisbalompie/video/7144775303863225605" data-video-id="7144775303863225605" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@realbetisbalompie" href="https://www.tiktok.com/@realbetisbalompie?refer=embed">@realbetisbalompie</a> ¡Conseguido el @TikTok más grande en un estadio al son de @rosalia en el Benito Villamarín! <a title="betis" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/betis?refer=embed">#betis</a> <a title="motomami" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/motomami?refer=embed">#motomami</a> <a title="motomamichallenge" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/motomamichallenge?refer=embed">#motomamichallenge</a> <a title="motobetis" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/motobetis?refer=embed">#motobetis</a> <a title="tiktokfootballacademy" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/tiktokfootballacademy?refer=embed">#tiktokfootballacademy</a> <a target="_blank" title=" sonido original - Real Betis Balompié" href="https://www.tiktok.com/music/sonido-original-7144775430761876230?refer=embed">sonido original - Real Betis Balompié</a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/RealBetis?ref_src=twsrc%5Etfw">@RealBetis</a> <a href="https://t.co/Twfw4MGiHj">pic.twitter.com/Twfw4MGiHj</a></p>&mdash; Tiempo de Juego (@tjcope) <a href="https://twitter.com/tjcope/status/1571546336184659968?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】どうしても警備員の踊りをフルで見たい方はこちらから</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> El vigilante de seguridad con más flow de <a href="https://twitter.com/LaLiga?ref_src=twsrc%5Etfw">@LaLiga</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Golazo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Golazo</a> <a href="https://t.co/hX5ewHROoB">pic.twitter.com/hX5ewHROoB</a></p>&mdash; El Golazo de Gol (@ElGolazoDeGol) <a href="https://twitter.com/ElGolazoDeGol/status/1571842794133471232?ref_src=twsrc%5Etfw">September 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】レジェンドのホアキンもノリノリで華麗にダンスを踊る!</span> <span data-other-div="movie3"></span> <script>var video_id ="guoj_LAs2V0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay_shorts.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】本物を呼んで“きつねダンス”で盛り上がる北海道日本ハムファイターズ</span> <span data-other-div="movie4"></span> <script>var video_id ="S2VItFo4ENI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.19 23:10 Mon
twitterfacebook
thumb

【EL第2節まとめ】伝説ホアキンが最年長ゴール記録樹立! ローマ快勝もラツィオが屈辱の惨敗…

ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節が15日に欧州各地で行われた。 この第2節ではベティスの生ける伝説、ホアキンが偉業を達成した。 前節、ローマを撃破したブルガリア王者相手に連勝を狙うベティスのスタメンでピッチに立った大ベテランは、チームが1-0でリードした前半の39分に魅せる。 ボックス手前左でミランダから足元にパスを受けた元スペイン代表MFは右足の絶妙なコントロールシュートをゴール右上隅に突き刺した。そして、41歳56日で決めたこのゴラッソは、2015年11月にモルデのMFダニエル・ヘスタッドが、40歳98日で決めたEL最年長ゴール記録を更新する一撃に。 チームはその後に2失点を喫したものの、カナーレスが後半序盤に挙げた3点目が決勝点となり、グループ2連勝を達成した。 前節、明暗分かれたローマとラツィオのセリエA勢は今節全く逆の立場に。 初戦で敗れる失態を演じたローマは、ホームでヘルシンキ相手にディバラ、ベロッティの元パレルモコンビのゴールなどで3-0の圧勝を飾った。 一方、ホームで快勝スタートのラツィオは、ミッティランとのアウェイゲームで守備が崩壊。前半半ばに連続失点し、2点ビハインドで試合を折り返すと、後半は2つのPKを与えるなど失点を重ね、ミリンコビッチ=サビッチのゴールで一矢報いたものの、1-5という衝撃的なスコアでの惨敗となった。 7選手が参戦している日本人選手では、MF堂安律が唯一スタメンでプレー。また、MF久保建英、MF原口元気が途中出場でプレー。久保はチームの決勝点を演出する見事な働きを見せた。 また、第2節終了時点では久保と堂安在籍のレアル・ソシエダ、フライブルク、前述のベティスに加え、DF町田浩樹在籍のユニオン・サン=ジロワーズ、ブラガ、フェレンツヴァーロシュの6チームが2連勝を記録している。 ◆グループA ボデ/グリムト(ノルウェー) 2-1 チューリヒ(スイス) 《開催延期》 アーセナル(イングランド) vs PSV(オランダ) ◆グループB ディナモ・キーウ(ウクライナ) 0-1 AEKラルナカ(キプロス) スタッド・レンヌ(フランス) 2-2 フェネルバフチェ(トルコ) ◆グループC レアル・ベティス(スペイン) 3-2 ルドゴレツ(ブルガリア) ローマ(イタリア) 3-0 ヘルシンキ(フィンランド) ◆グループD ユニオン・サン=ジロワーズ(ベルギー) 3-2 マルメ(スウェーデン) ブラガ(ポルトガル) 1-0 ウニオン・ベルリン(ドイツ) ◆グループE レアル・ソシエダ(スペイン) 2-1 オモニア(キプロス) シェリフ(モルドバ) 0-2 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) ◆グループF ミッティラン(デンマーク) 1-5 ラツィオ(イタリア) フェイエノールト(オランダ) 6-0 シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) ◆グループG カラバフ(アゼルバイジャン) 3-0 ナント(フランス) オリンピアコス(ギリシャ) 0-3 フライブルク(ドイツ) ◆グループH モナコ(フランス) 0-1 フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー) トラブゾンスポル(トルコ) 2-1 ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) 2022.09.16 06:11 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティスが白熱上位対決を制す! 今季リーグ初失点のビジャレアルは初黒星に…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第5節、ベティスvsビジャレアルが11日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、ホームのベティスが1-0で勝利した。 ミッドウィークに行われた欧州カップ戦で共に白星スタートとなった4位のベティスと、3位のビジャレアルによる注目の上位対決。 試合は立ち上がりからチャンスが多く生まれるオープンな展開に。立ち上がりはホームのベティスが優勢に試合を進め、7分にはカナーレスの左CKをニアに入り込んだルイス・エンヒキがワンタッチで合わすが、これはGKルジの好守に遭う。さらに10分には相手陣内でパスを引っかけたショートカウンターからカナーレスにビッグチャンスも、ここはシュートを枠に飛ばせない。 一方、立ち上がりの守勢を凌いだビジャレアルは、カウンターを軸にチャンスを窺う。とりわけ、2トップの一角に入るジャクソンが強靭なフィジカルで相手守備陣相手に優位性をもたらし、再三の決定機に絡む。 13分にはジャクソンがボックス内でうまく潰れた流れからジェラール・モレノ、ジャクソンの連続シュート。さらに、22分にはジャクソンが快足を飛ばしてロングカウンターからロ・チェルソにGKと一対一のチャンスも、ここはGKルイ・シウバのビッグセーブに遭う。 前半半ばから終盤にかけても一進一退の攻防が続く中、アウェイチームがより決定的な場面を作り出す。だが、ジェラール・モレノやジャクソンの決定機はベティス守護神がことごとく好守で阻止し、ゴールレスでの折り返しとなった。 迎えた後半、修正力に優れる両指揮官の采配に注目が集まった中、ホームチームを率いるペジェグリーニが流れを引き寄せる。前半に比べて全体の戦いが整理されたベティスは、完全にボールを握って相手を深くに押し込む形を作り出す。 そして、61分には右サイドでのパス交換で相手守備を寄せると、ルイス・エンヒキが左足に持ち替えて入れた鋭いクロスに対して、大外でドフリーとなったロドリがゴール至近距離から左足ダイレクトで合わせた。 数分前に負傷したジェラール・モレノ、ピノを下げてバエナ、チュクウェゼを同時投入した中、今季5戦目にしてリーグ戦初失点を喫したビジャレアルは、守り一辺倒の状態から一気に攻めに出ていく。だが、エースら不在の中でボールを持たされる形が続き、なかなか効果的に攻めることができず。72分にはロ・チェルソのお膳立てからボックス内のコクランに決定機も、シュートを枠に飛ばせない。 その後、互いに交代カードを切った中、試合終盤はボールを握って押し込むビジャレアルと、堅守速攻で応戦するベティスという構図の下で白熱の攻防が繰り広げられる。 ベティスには何度かロングカウンターでトドメを刺すチャンスがあったが、DFアルビオルや守護神ルジの好守でビジャレアルが最後まで勝ち点の可能性を残す。だが、この試合ではその守備陣に攻撃陣が応えることができず、試合はこのままタイムアップ。 ホームで勝ち切ったベティスが、前節のレアル・マドリー戦での今季初黒星をきっちり払しょく。一方、敗れたビジャレアルは今季公式戦初黒星となった。 2022.09.12 06:04 Mon
twitterfacebook
thumb

ベティスとの全勝対決を制してアンチェロッティも喜び 「シーズンをうまくスタート」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が首位攻防戦を制しての喜びを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 今季のラ・リーガも開幕3連勝発進と昨季の王者らしく貫禄ある戦いを披露するマドリー。3日の第4節では今季初のホームゲームに同じく開幕3連勝スタートを切ったレアル・ベティスを迎え撃った。 来週からそれぞれヨーロッパの戦いも始まるなかでの全勝チーム同士の対決。ベティスが17分に追いつき、1-1で後半を迎えたが、65分にFWロドリゴ・ゴエスのゴールでマドリーが勝ち越した。 全勝対決を制したアンチェロッティ監督は「一筋縄ではいかなかった」とベティスの力を認めつつ、開幕から唯一の4連勝スタートを喜んだ。 「我々はシーズンをうまくスタートできたが、タフなゲームだった。ボールを奪い返すのに苦労したよ。ベティスは後ろからのプレーがうまく、それが我々を難しくしたんだ」 「それでも、ポゼッションはうまくいったし、ダイレクトで、良い連係プレーもあった。ラストのパスとシュートの精度を欠いたが、多くのチャンスを作り出せたし、勝利に値したよ」 「ベティスは良いフットボールをしてくるから、一筋縄ではいかなかった」 今季のリーグ戦でも強さを発揮するマドリーは来週からチャンピオンズリーグ(CL)連覇を目指す戦いもスタート。6日のグループF第1節では敵地でスコットランド王者のセルティックと対戦する。 イタリア人指揮官はリーガでの連勝によって自チームに対する手応えを口にした上で、しっかりとした準備をもって立ち向かっていきたいと続けた。 「我々の目的は良いフットボールをする、そして勝ち点を積み重ねること。自分たちはクオリティのあるプレーがやれ、コンビネーションも良く、トランジションもうまくできる」 「チームに活力もあって、我々の能力に自信がある。火曜日(6日)にはこの前半戦で最も難しい試合が待っている。素晴らしいフットボールをするチームとの対戦だし、しっかりと準備しないとね」 2022.09.04 15:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly