「この選手たちを指導出来て誇り」3大会ぶりユーロ決勝進出のスペイン、指揮官はゴラッソの16歳ヤマル絶賛「偉大な選手になる予感がある」

2024.07.10 08:35 Wed
ルイス・デ・ラ・フエンテ監督がチームを絶賛
Getty Images
ルイス・デ・ラ・フエンテ監督がチームを絶賛
スペイン代表ルイス・デ・ラ・フエンテ監督が、ユーロ2024決勝進出に歓喜した。『UEFA.com』が伝えている。

9日、開催国ドイツ代表との激戦を制したスペインは、ユーロ2024準決勝でフランス代表と対戦。序盤に先制点を許す苦しい立ち上がりとなる中で、21分にラミン・ヤマルが目の覚めるようなゴラッソを決めて同点に追いつくと、その4分後にはダニ・オルモの得点で逆転に成功してハーフタイムへ。後半は前がかりになったフランスの攻撃を最後まで防ぎ切り、2-1で勝利を収めた。
この結果、スペインが2012年大会以来となるユーロ決勝進出が決定。デ・ラ・フエンテ監督は16歳でチームをファイナルの舞台まで導いたヤマルを絶賛しつつ、才能にあふれたチームを率いる幸運を喜んでいる。

「ラミンは偉大な選手になる予感を与えてくれている。とはいえ、我々は彼に対して慎重さは保つ必要がある」

「我々は彼の足を地につけさせ、最善の方法で成長させることで助けなければならない。それは落ち着きと静寂が大きく関連するだろう。古代ローマではカエサルについて話すとき、『彼が死すべき運命にあると忘れるな!』と言っていたものだ」
「それでも、彼ははるかに経験豊富な選手のように見える。チームにいてくれて嬉しい。これから何年も彼のプレーを楽しめることを願っているよ」

「(オルモについて)彼が何をできるかはわかっている。ケガを克服し、チームに溶け込み、必要なペースとリズムを取り戻すのには時間が必要だっただけだ。ダニがピッチで我々にもたらしたものには感謝している」

「26人の天才をピッチで率いられて嬉しい。我々は存在感と将来性にあふれた非常に若いスペインのチームを持つことができて幸運だ。そしてダニは、今や我々の旗手となっている」

「私は選手たちを信頼し続けなければならない。彼らは常に共通の利益のため働いている。仕事量に対して、誰もがとても寛大だ。これは、このチームが飽くことを知らない証だろう。私はこれらの選手たちを指導できて誇りに思う」

「選手たちはもっともっと力を発揮して、もっと良くなれるとわかっており、そうなると確信しているだろう。我々のフットボール観はこれまでの自信に基づいていて、自分たちの強みを生かしてプレーしたいと思っている」

「決勝戦は、最高のパフォーマンスを要求する相手と対戦することになる。これまでとは、まったく違うものになるだろう。難しく聞こえるかもしれないが、改善の余地はある」

ルイス・デ・ラ・フエンテの関連記事

スペイン代表のルイス・デ・ラ・フエンテ監督が、ユーロ2024の優勝を喜んだ。『UEFA.com』が伝えた。 14日、ユーロ2024の決勝が行われ、スペイン代表とイングランド代表が対戦した。スペインは前回大会ベスト4、2012年に優勝しており、歴代最多の通算4度目の優勝を目指す中、相手は前回大会準優勝のイングランドだった。 互いに優勝を目指す中、前半はゴールレス。しかし、後半開始早々にカウンターからラミン・ヤマルがカットインするとニコ・ウィリアムズが蹴り込みスペインが先制。それでもイングランドは73分にブカヨ・サカの仕掛けから、最後はコール・パーマーが決めて追いつくことに。ハイレベルの戦いだったが、86分にロングワンツーでミケル・オヤルサバルが押し込みスペインが勝ち越し。2-1で勝利を収め、4度目の優勝を果たした。 試合後、見事に優勝を果たしたデ・ラ・フエンテ監督は、試合後に選手たちを称え、優勝を祝うとコメント。ただ、すぐに先を見ることになると、次なる目標に向かうとした。 「我々はこの素晴らしい選手たちのグループに満足し、誇りに思っている。今はそれを楽しむ時だ」 「我々は達成するのが非常に難しかったことを成し遂げたと思う。だから、我々にとって、今日は純粋に幸せな日であり、我々が望むのはそれだけだ。楽しみたい」 「すぐに将来について考え始めるだろう。なぜならばこのグループは非常に野心的で、さらに多くの大会で優勝したいと考えているからだ」 また、チームを支えた全ての選手たちを称えることに。選手層の厚さを誇るとともに、ここから更なる成長を期待した。 「私はいつも、我々には26人の素晴らしい選手がいると言ってきた。彼らは誰でもいつでもプレーできる。我々が変更を加えても、彼らはそれを実証した。彼らは常に期待されるレベルを維持してきた」 「我々が優勝候補だったとは思わない。ただ、チームが競争できる位置にいてほしいと思っていたし、それができた。選手たちには成長し続けてほしい」 「彼らは素晴らしいチームであり、全員が誇りを感じるべきだ。彼らがいるからこそ、私の仕事はずっと楽になる」 <span class="paragraph-title">【動画】スペインが通算4度目の優勝! イングランドとの激闘を制する</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YYCzdMxYnNc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.15 08:50 Mon
スペイン代表を率いるルイス・デ・ラ・フエンテ監督が決勝へ向けた意気込みを語った。『UEFA.com』が伝えている。 準決勝でフランス代表を下し、3大会ぶりの決勝へ駒を進めたスペイン。決勝に向けた前日会見に出席したデ・ラ・フエンテ監督は、選手に決勝の舞台を楽しんでもらいたいと思っているようだ。 「(決勝に臨むことができることに)大きな誇りを感じている。我々のチームの多くの選手が決勝戦を経験しているが、ユーロの決勝戦を経験した選手はほんの数人しかいない。全く違う経験だと彼らは言う。このユーロで優勝するチャンスがあるのだから、それを経験する喜びを味わうべきだ。一生の思い出になるはずだ。歴史的なチャンスなのだから、この瞬間を楽しんでほしい」 決勝戦に向けて選手たちに何か要求することがあるかと問われると、「彼らに多くを求めすぎて、たまに恥ずかしがることがある。明日の夜、彼らに特別なことを要求するつもりはない。彼らの顔を見て、気迫を感じている。私は彼らに、自分たちが勝ち得た結果を楽しむよう求めるつもりだ。明日の試合を楽しんでもらいたい」とコメントした。 また、ケガ人については「2人の選手の素晴らしい働きに感謝したい。不運にも負傷してしまったペドリと、初戦で問題を抱えながらも懸命に頑張ってくれたアジョセ・ペレスの2人だ。残念ながら、彼らは明日はプレーできない。明日はガビがサポートに来てくれる予定だ。彼は27番目の選手だ」と語った。 2024.07.14 07:15 Sun
ユーロ2024で決勝進出を決めたスペイン代表だが、準決勝においてDFマルク・ククレジャに浴びせられたブーイングが物議を醸しているようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ククレジャは左サイドバックのファーストチョイスとして、ここまでユーロ4試合に先発。快進撃を続けるスペインを支える一人となっている。 そんなククレジャは、ユーロ2024準々決勝のドイツ代表戦でも先発。試合の中で、自陣ボックス内でのハンドがあったかに思えた場面があった。しかし、PKの判定とはならず、開催国ドイツはそのまま敗退となった。 これを恨みに思ったか、開催国のファンの一部は9日に行われた準決勝のフランス代表戦で、ククレジャに向けて大ブーイング。これに対抗するかのように、スペインのファンがククレジャのチャントを送る一幕もあった。 フランスに勝利した試合後、ククレジャはブーイングについて「気にしていない。人々はそれについて話すが、それもゲームの一部だ」とコメント。大人の対応を見せている。 一方で、スペイン代表監督のルイス・デ・ラ・フエンテ監督は「なぜブーイングがあったかわからない。それをした人々は、スポーツやドイツを代表するものではなかった」と批判。チームメイトのDFダニ・ビビアンも「恥ずべきこと。仕事をしている人への敬意がない」と苦言を呈した。 物議を醸すことになった現地ファンによる行い。スペインは14日に行われるユーロ2024決勝に向けた準備を進めているが、こうした批判を受けたうえで当日ククレジャに対してどのような反応があるかが注目されている。 2024.07.10 17:15 Wed
ユーロ2024で決勝に見事駒を進めたスペイン代表。しかし、FWアルバロ・モラタに悲劇が待っていた。 9日、準決勝でスペイン代表はフランス代表と対戦。フランスがランダル・コロ・ムアニのゴールで先制するも、スペインは16歳のラミン・ヤマルの圧巻のゴールで同点に追いつくと、ダニ・オルモが3試合連続ゴールを記録して2-1で勝利を収め、決勝に進出した。 見事に決勝に駒を進めた中、試合後にはスタンドのファンたちと選手たちが喜びを分かち合うことに。この試合に先発出場し、76分に交代していたアルバロ・モラタもその輪に加わっていたが、思わぬアクシデントが発生した。 選手たちがファンと喜んでいる中、スタンドからピッチにファンが乱入。選手とのセルフィーを撮影しようと近寄ってきた。 今大会は多くのファンがピッチに乱入する姿が目撃されている中、警備員たちは近づくファンを止めようと必死に動く。すると、そのうちの1人が足を滑らせて転倒。近くにいたモラタに衝突してしまったという。 試合後、ルイス・デ・ラ・フエンテ監督はモラタについて「アルバロ…明日は様子を見なければいけない」と負傷したことを明かし、「我々は大したことではないと思っている。痛いことではあるが、大事ではないと思う」と、決勝でのプレーに影響を与えるものではないと見ているようだ。 ユーロ2024の決勝は14日に開催。10日に行われるイングランド代表vsオランダ代表の勝者と対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】決定的瞬間!滑ってしまった警備員がモラタにタックルしてしまう…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Euro2024?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Euro2024</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Morata?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Morata</a> <a href="https://t.co/Dp5KgEvq5h">pic.twitter.com/Dp5KgEvq5h</a></p>&mdash; Ned Ozkasim (@nedoz9) <a href="https://twitter.com/nedoz9/status/1810782139786653715?ref_src=twsrc%5Etfw">July 9, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Esto de Morata es una vergüenza y ya pasó con Gonçalo Ramos. Un steward descontrolado cazándole el tobillo al tratar de reducir a un espontáneo. Inadmisible es poco. <a href="https://twitter.com/hashtag/Euro2024?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Euro2024</a> <a href="https://t.co/ZMmJ6iXD5z">pic.twitter.com/ZMmJ6iXD5z</a></p>&mdash; AS_AGabilondo (@AS_AGabilondo) <a href="https://twitter.com/AS_AGabilondo/status/1810806141989048474?ref_src=twsrc%5Etfw">July 9, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br><br>[via <a href="https://twitter.com/OneFootball?ref_src=twsrc%5Etfw">@OneFootball</a>] <a href="https://t.co/bdzHTatMNe">pic.twitter.com/bdzHTatMNe</a></p>&mdash; CentreGoals. (@centregoals) <a href="https://twitter.com/centregoals/status/1810791109095989554?ref_src=twsrc%5Etfw">July 9, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.10 12:20 Wed
スペイン代表のルイス・デ・ラ・フエンテ監督が、フランス代表との一戦を展望した。『UEFA.com』が伝えた。 ユーロ2024の準々決勝では開催国のドイツ代表と対戦したスペイン。土壇場の同点弾で延長に持ち込まれるも、MFミケル・メリーノがヘディングで勝ち越し、120分の死闘を制した。 9日に行われる準決勝の相手はフランス代表。ドイツ戦で負傷したMFペドリに加え、出場停止のDFダニエル・カルバハルとDFロビン・ル・ノルマンを欠くが、デ・ラ・フエンテ監督は勝ち筋を見出している。 「これはファンタスティックな機会だ。我々は(ここまで来るのに)とてもよくやってきた。この試合はユーロの決勝戦にもなりうる。素晴らしい両チームだ。全てはディティールで決まるはずだ。我々をここまで導いた全ての強みを発揮し、自分たちらしくあるよう努力する」 「難しい状況でボールを失うことにとても注意を払っている。それが鍵となる要素の1つになるかもしれない。非常にオープンで互角の試合になるだろう」 「我々は見ていて楽しいチームだが、結局は勝つことが大事だ。今の段階ではなおさらだ。良いサッカーをしたいが、実践的なサッカーもしたい。最終的に重要なのは結果だからだ。重要なのはいつもと同じで、勝つことだ」 「決勝に進みたい。だが、何が起ころうとも私はとても幸せだ。チームの成長と献身を見てきた。このまま続けていけば、何かを成し遂げるチャンスはあるだろう」 また、ポルトガル代表とのPK戦を制して勝ち上がってきたフランスも分析。自らのチームと同様にスター選手を揃える相手だが、やはり最大限に警戒するのはFWキリアン・ムバッペだ。 「素晴らしい相手と対戦する。我々が重視しているのはチームのポテンシャルだが、彼らのポテンシャルは素晴らしい。ワールドクラスの選手たちがいる。私はいつもサッカー観戦を楽しんでいて、特にフランスのような素晴らしいチームを見るのは楽しい」 「彼(ムバッペ)のようなサッカー選手は予測不可能だ。キリアン・ムバッペは50%でも、他の選手の100%と変わらない。(彼のような選手は)いつでも試合の勝敗を決めることができる。彼は天才で、超ワールドクラスの選手だ」 一方、デ・ラ・フエンテ監督はドイツ戦からの回復ぶりにも言及。さらに、16歳ながら攻撃のキーマンとなっているFWラミン・ヤマルについても語り、対策されても状況を打破することに期待している。 「選手たちは順調に回復している。もちろん緊張やストレスはある。肉体的にいくつかの局面を乗り越える必要もある。フランスは今大会で最もフィジカルの強いチームの1つだが、我々は彼らとの戦い方を知っている。自分たちの強みを発揮できるよう努力する」 「彼(ヤマル)は若いが、何でもすぐに覚える。ライバルの選手が彼のことを知れば、物事を進めるのがもっと難しくなると彼はわかっているはずだ」 2024.07.09 17:23 Tue

記事をさがす

ルイス・デ・ラ・フエンテの人気記事ランキング

1

新生スペイン代表から落選したパウ・トーレス、ショック受けるも切り替え「監督は僕をよく知ってる」

ビジャレアルのDFパウ・トーレスが、スペイン代表メンバーからの落選にショックを受けたことを明かした。 パウ・トーレスは昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出という快進撃を見せたビジャレアルの主軸センターバック。ビッグクラブ行きの噂もある26歳で、スペイン代表としてはカタール・ワールドカップ(W杯)の本大会メンバーに選出されている。 しかし、そのカタールW杯での出場はグループステージ第3節で日本代表に敗れた1試合のみ。自身を継続的に招集してきたルイス・エンリケ監督は大会後に退任し、ルイス・デ・ラ・フエンテ新監督の初陣となった先月末のユーロ2024予選2試合ではまさかのメンバー外となった。 スペイン『Cadena Ser』のインタビューでこのことを問われたパウ・トーレスは、招集リストに自らの名前がないと知ったときの率直な心境を明かしている。 「監督の決定をコントロールすることはできない。僕は初めてスペイン代表に入った年からAチームだったし、これからもそうあり続けるために戦うつもりでいたから、難しい瞬間になったよ」 一方、U-24スペイン代表時代に選手と指揮官として東京五輪をともに戦ったデ・ラ・フエンテ監督から声をかけられるべく、努力を惜しまないとも語っている。 「ルイス・エンリケの下ではハッピーだったよ。デ・ラ・フエンテのサッカーでも試合を楽しむことができた。彼は僕をよく知ってくれているよ。もし、彼が自分のチームのパフォーマンスに納得できない場合、そのときは僕がそれを与えることができるよう頑張りたい」 2023.04.07 20:42 Fri
2

ファンの愚行が大問題に発展? ユーロ優勝まであと1つのスペイン代表に暗雲、試合後に警備員のタックル受けたモラタがまさかの負傷…指揮官「様子を見なければいけない」

ユーロ2024で決勝に見事駒を進めたスペイン代表。しかし、FWアルバロ・モラタに悲劇が待っていた。 9日、準決勝でスペイン代表はフランス代表と対戦。フランスがランダル・コロ・ムアニのゴールで先制するも、スペインは16歳のラミン・ヤマルの圧巻のゴールで同点に追いつくと、ダニ・オルモが3試合連続ゴールを記録して2-1で勝利を収め、決勝に進出した。 見事に決勝に駒を進めた中、試合後にはスタンドのファンたちと選手たちが喜びを分かち合うことに。この試合に先発出場し、76分に交代していたアルバロ・モラタもその輪に加わっていたが、思わぬアクシデントが発生した。 選手たちがファンと喜んでいる中、スタンドからピッチにファンが乱入。選手とのセルフィーを撮影しようと近寄ってきた。 今大会は多くのファンがピッチに乱入する姿が目撃されている中、警備員たちは近づくファンを止めようと必死に動く。すると、そのうちの1人が足を滑らせて転倒。近くにいたモラタに衝突してしまったという。 試合後、ルイス・デ・ラ・フエンテ監督はモラタについて「アルバロ…明日は様子を見なければいけない」と負傷したことを明かし、「我々は大したことではないと思っている。痛いことではあるが、大事ではないと思う」と、決勝でのプレーに影響を与えるものではないと見ているようだ。 ユーロ2024の決勝は14日に開催。10日に行われるイングランド代表vsオランダ代表の勝者と対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】決定的瞬間!滑ってしまった警備員がモラタにタックルしてしまう…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Euro2024?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Euro2024</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Morata?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Morata</a> <a href="https://t.co/Dp5KgEvq5h">pic.twitter.com/Dp5KgEvq5h</a></p>&mdash; Ned Ozkasim (@nedoz9) <a href="https://twitter.com/nedoz9/status/1810782139786653715?ref_src=twsrc%5Etfw">July 9, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Esto de Morata es una vergüenza y ya pasó con Gonçalo Ramos. Un steward descontrolado cazándole el tobillo al tratar de reducir a un espontáneo. Inadmisible es poco. <a href="https://twitter.com/hashtag/Euro2024?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Euro2024</a> <a href="https://t.co/ZMmJ6iXD5z">pic.twitter.com/ZMmJ6iXD5z</a></p>&mdash; AS_AGabilondo (@AS_AGabilondo) <a href="https://twitter.com/AS_AGabilondo/status/1810806141989048474?ref_src=twsrc%5Etfw">July 9, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br><br>[via <a href="https://twitter.com/OneFootball?ref_src=twsrc%5Etfw">@OneFootball</a>] <a href="https://t.co/bdzHTatMNe">pic.twitter.com/bdzHTatMNe</a></p>&mdash; CentreGoals. (@centregoals) <a href="https://twitter.com/centregoals/status/1810791109095989554?ref_src=twsrc%5Etfw">July 9, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.10 12:20 Wed
3

仲良しの先輩はバルデ、ファティ、ガビ… バルセロナの16歳ヤマル、史上最年少のスペイン代表選手へ

バルセロナのU-17スペイン代表FWラミン・ヤマル(16)がA代表に初招集される見通しだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 20日、ラ・リーガ第2節のバルセロナvsカディスにおいて、2007年生まれの16歳がスターティングイレブンに名を連ねた。今シーズンからバルセロナのファーストチームの一員となったヤマルだ。 ヤマルは赤道ギニアとモロッコにルーツを持つ左利きアタッカーで、バルセロナのカンテラで7歳から育ち、U-19チームに所属していた今年4月に15歳の若さでラ・リーガ初出場を果たしたばかり。チャビ・エルナンデス監督はひとまわり以上年齢の離れた後輩を今季のホーム初戦で試合の頭からピッチに送り込んだ。 ファーストチーム初スタメンのカディス戦でゴールに絡むことはなかったが、21世紀におけるラ・リーガ最年少先発出場記録を塗り替えたなか、右ウイングの位置から切れ味抜群のドリブルでDFを翻弄し、良質なクロスも披露。味方との連携にも一定の評価を与えてよいだろう。 スペイン代表を率いるルイス・デ・ラ・フエンテ監督はそんなヤマルを9月の代表ウィークで初招集する見通し。バルセロナではヤマルと同じくカンテラ出身のMFガビが史上最年少となる17歳62日でスペイン代表デビューを果たしているが、ヤマルは先月16歳を迎えたばかりだ。 16歳にA代表の重荷を背負わせて良いのか?という意見が出てもおかしくないが、『ムンド・デポルティボ』によると、ヤマルは非常におとなしい性格で、すでに初招集の件も把握しているようだが、舞い上がることも動揺する様子もないという。 また、普段はカンテラの先輩であるDFアレハンドロ・バルデとFWアンス・ファティ、そしてガビと仲が良いとのこと。先輩3人はそれぞれ19歳、17歳、17歳でスペイン代表デビュー。末っ子ヤマルは頼れる兄たちのサポートを受ける形で史上最年少のスペイン代表選手となる見通しだ。 2023.08.25 19:03 Fri
4

ラ・ロハ浮沈のカギを握る世界最高峰のピボーテ/ロドリ(スペイン代表)【ユーロ2024】

14日、ユーロ2024がいよいよ開幕。ドイツで行われる今大会は24カ国が出場し、7月14日までの1カ月間開催される。 今大会には最後の国際大会になる選手や、所属クラブで躍動した若手選手まで、622名の選手にプレーの可能性がある状況。出場24カ国を注目選手と共に紹介していく。 <span class="paragraph-subtitle">■スペイン代表</span> 出場回数:8大会連続12回目 最高成績:優勝(1964、2008、2012) ユーロ2020結果:ベスト4 予選結果:グループA・1位 監督:ルイス・デ・ラ・フエンテ <span style="font-weight:800">◆注目選手</span> MFロドリ(マンチェスター・シティ) 1996年6月22日(27歳) ラ・ロハ浮沈のカギを握る世界最高峰のピボーテ。“ティキ・タカ”隆盛の2008年大会、2012年大会の連覇から10年以上が経過し、すっかりフットボールのトレンドが変化した中、近年はユーロ、ワールドカップの舞台で苦戦が続くスペイン代表。 FWラミン・ヤマルと楽しみなティーンエイジャーに大きな期待が集まる一方、黄金期に比べて各ポジションのタレントは小粒となり、真のワールドクラスと呼べるタレントはマンチェスター・シティの中盤に君臨する27歳MFのみと言っても過言はなく、今大会のキーマンとなるはずだ。 ビジャレアルで台頭し、アトレティコ・マドリーを経て2019年に加入したシティで稀代の名将グアルディオラの薫陶を受け、世界最高峰のピボーテに進化を遂げたロドリは、巧さ、強さ、戦術眼をハイレベルで完備する完全無欠のMF。的確なポジショニング、視野の広さ、複雑な状況を瞬時に処理する判断能力の高さによって攻守両面で難度の高いプレーを事もなげにやってのける安定感が最大の特長だ。 シティの前人未踏のリーグ4連覇に貢献し、直近のFAカップで敗れるまで出場した公式戦74試合連続無敗という快記録を残した“負けない男”は、前大会王者イタリアとクロアチアと同居した最激戦区突破を目指す無敵艦隊にとって最も重要な存在となるはずだ。 <span style="font-weight:800">◆試合日程</span> ▽6月15日(土) 《25:00》 【B】スペイン代表 vs クロアチア代表 ▽6月20日(木) 《28:00》 【B】スペイン代表 vs イタリア代表 ▽6月24日(月) 《25:00》 【B】アルバニア代表 vs スペイン代表 <span style="font-weight:800">◆招集メンバー</span> GK 1.ダビド・ラヤ(アーセナル/イングランド) 13.アレックス・レミロ(レアル・ソシエダ) 23.ウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ) DF 2.ダニエル・カルバハル(レアル・マドリー) 3.ロビン・ル・ノルマン(レアル・ソシエダ) 4.ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリー) 5.ダニ・ビビアン(アスレティック・ビルバオ) 12.アレハンドロ・グリマルド(レバークーゼン/ドイツ) 14.アイメリク・ラポルテ(マンチェスター・シティ/イングランド) 22.ヘスス・ナバス(セビージャ) 24.マルク・ククレジャ(チェルシー/イングランド) MF 6.ミケル・メリーノ(レアル・ソシエダ) 8.ファビアン・ルイス(パリ・サンジェルマン/フランス) 15.アレックス・バエナ(ビジャレアル) 16.ロドリ(マンチェスター・シティ/イングランド) 18.マルティン・スビメンディ(レアル・ソシエダ) 20.ペドリ(バルセロナ) 25.フェルミン・ロペス(バルセロナ) FW 7.アルバロ・モラタ(アトレティコ・マドリー) 9.ホセル(レアル・マドリー) 10.ダニ・オルモ(RBライプツィヒ/ドイツ) 11.フェラン・トーレス(バルセロナ) 17.ニコ・ウィリアムズ(アスレティック・ビルバオ) 19.ラミン・ヤマル(バルセロナ) 21.ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ) 26.アジョセ・ペレス(レアル・ベティス) <span class="paragraph-title">【動画】シティの中盤を支えるロドリ、2023-24プレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UVwOKmIFD0g";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.06.15 18:30 Sat
5

「クヴァラはスペインのどの選手よりも優れている」、ママルダシュヴィリが波紋呼んだ発言を説明

ジョージア代表の守護神ギオルギ・ママルダシュヴィリが、スペイン代表との大一番を前に波紋を呼んだ自身の発言について説明した。 ポルトガル代表、トルコ代表、チェコ代表と強豪揃いのグループFでポルトガルを撃破し、本大会初出場ながらグループ3位通過で決勝トーナメント進出の快挙を果たしたジョージア。 30日に行われるラウンド16では今グループステージ唯一全勝突破のスペイン相手にさらなる躍進を目指す。 FWクヴィチャ・クワラツヘリア、FWジョルジュ・ミカウタゼの両エースと共に、その原動力となっている守護神は、2021年からバレンシアでプレーしていることもあり、この一戦を前にスペイン『マルカ』の取材を受けた。 その際、「クワラツヘリアはスペインのどのプレーヤーよりも優れている」とコメントした結果、スペイン国内で波紋を呼ぶ結果となった。 ウィリー・サニョル監督と共にスペイン戦に向けた公式会見に出席したママルダシュヴィリには当然のことながら、そのコメントに関する質問が飛ぶも、バレンシア守護神は「スペインのプレーヤーをリスペクトしていないわけではない」としながらもジョージア人としてクワラツヘリアこそ世界最高のプレーヤーの1人であると自らの考えを示した。 「僕はただのジョージア人で、彼のファンだ。彼は世界最高のプレーヤーの一人であり、バロンドールを受賞できるプレーヤーだと思う」 「スペインのプレーヤーをリスペクトしていないわけではないよ。もちろん彼らをリスペクトしている。彼らは本当に素晴らしいプレーヤーだけど、ジョージアの一般人として、僕はクヴィチャが世界最高のプレーヤーの一人だと思っているよ」 また、スペイン代表のルイス・デ・ラ・フエンテ監督も、「ママルは世界最高のゴールキーパーの一人だ。彼の発言は見ていないが、彼がそう思うなら構わない。彼はチームメイトを守らなければならない」、「クヴァラはトップクラスのプレーヤーだし、私もそう思う。ただ、個人的には我々のプレーヤーが最高だと思うよ」と、相手守護神の見解や心情を受け入れている。 2024.06.30 15:30 Sun

スペイン代表の人気記事ランキング

1

「ジブラルタルはスペインのものだ」、ユーロ優勝祝賀会でのロドリ&モラタの発言が政治的問題に発展…

スペイン代表のユーロ2024優勝祝賀会での発言が政治的問題に発展してしまった。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 ユーロ2024決勝でイングランド代表を2-1で破り、通算4度目の欧州制覇を成し遂げたスペイン。 その後、決戦の地ドイツから帰国したチームは15日、マドリードのシベーレス広場で多くのスペイン国民を前に優勝祝賀会を行った。 ただ、この祝賀会でマンチェスター・シティMFロドリ、アトレティコ・マドリーFWアルバロ・モラタがステージ上で「ジブラルタルはスペインのものだ」と叫んだことで、大きな波紋を起こす結果となった。 イベリア半島の南東端に突き出した小半島のジブラルタルは、16世紀よりスペイン、18世紀よりイギリスの占領下にあるが、その領有権を巡り今もイギリスとスペインの間に争いがある。 今回のユーロ決勝ではその当事者同士の対戦ということもあり、ロドリとモラタによる前述の発言があった。また、その流れでモラタがロドリに対してイングランドでプレーしているというツッコミがあったが、ユーロMVPは「問題ない」と返していた。 この発言を受け、2013年から欧州サッカー連盟(UEFA)に属するジブラルタルサッカー協会は一連の発言を非難する以下の声明を発表。UEFAに公式な抗議を行う旨を通知した。 「ジブラルタルサッカー協会は、スペイン男子代表チームのユーロ2024優勝祝賀会を受けて、UEFAに公式苦情を申し立てる」 「ジブラルタルサッカー協会は、スペイン男子代表チームのユーロ2024優勝祝賀会が極めて挑発的で侮辱的であると指摘した」 「協会は今朝、ユーロ2024優勝後にスペイン男子代表選手がジブラルタルに関する容認できないチャントや歌を歌ったことに関して、欧州サッカー統括団体であるUEFAに苦情を申し立てることについて助言を求めている」 「サッカーにはこのような行為は許されない」 さらに、ジブラルタル政府は「スポーツは政治的に物議を醸すイデオロギーを推進するために利用されるべきではない」と同じく厳しく非難した。 「陛下のジブラルタル政府は、スペイン男子代表サッカーチームの選手数名がヨーロッパカップ優勝を祝ってジブラルタルに対する悪意ある発言をチャントしたことに失望している」 「これは、スポーツ界の偉大な成功と、ジブラルタル人にとって非常に不快な差別的な政治的発言をまったく不必要に混ぜ合わせたものだ。ユーロカップ優勝を祝う場をジブラルタルの領土を奪うという考えを推進するために利用することは嘆かわしいことだ。これは、スポーツは政治的に物議を醸すイデオロギーを推進するために利用されるべきではないという原則に反している」 一方、スペイン国内の一部の保守派および極右派の政治家は今回のラ・ロハの選手たちの行動を支持。 「選手たちはスペイン人のほとんどが信じていないようなことは何も言っていない」とマドリードの保守派市長ホセ・ルイス・マルティネス=アルメイダ氏は、『Telecinco』で言及。極右政党「Vox」の幹部ハビエル・オルテガ=スミス氏は、チャントの動画をリポストし、「そうだ」と付け加えている。 2024.07.17 13:50 Wed
2

日本は試合がなく18位にランクダウンもアジアトップ、コパ・アメリカ制覇のアルゼンチンが首位キープ、ユーロ王者のスペインは3位浮上【FIFAランキング】

国際サッカー連盟(FIFA)は18日、最新のFIFAランキングを発表した。 6月から7月にかけては、ユーロ2024、コパ・アメリカ2024が開催されるなど、世界中で125試合以上が開催された。 前回のランキング発表から試合がなかった日本代表は、1つ順位を下げて18位に。それでもアジアトップは変わらず、20位にイラン代表、23位に韓国代表、24位にオーストラリア代表がつけている。 コパ・アメリカで連覇を果たした首位のアルゼンチン代表は、そのまま首位をキープ。一方で、ユーロ2024で優勝を果たしたスペイン代表は、8位から3位まで順位を上げた。 なお、2位はユーロベスト4のフランス代表がキープ。4位にはユーロで2大会連続で決勝で涙を飲んだイングランド代表が、1つ順位をあげた。 5位にはコパ・アメリカで早々に敗退してしまったブラジル代表、6位にはユーロでベスト16に終わったベルギー代表に。コパ・アメリカで準優勝を果たしたコロンビア代表は12位から9位に浮上。3位のウルグアイ代表は、14位から11位に浮上している。 なお、トップ30外では、コパ・アメリカで4位のカナダ代表が8つ上げて40位。ベスト8に残ったパナマ代表も8つ順位を上げて35位に浮した。また、OFCネーションズカップで優勝したニュージーランド代表は、13も順位を上げて94位に。7年ぶりにトップ100に入ることとなった。 <span class="paragraph-subtitle">◆全体ランキング トップ30</span> ()内=前回順位 1.アルゼンチン(1) 2.フランス(2) 3.スペイン(8)↑ 4.イングランド(5)↑ 5.ブラジル(4)↓ 6.ベルギー(3)↓ 7.オランダ(7) 8.ポルトガル(6)↓ 9.コロンビア(12)↑ 10.イタリア(10) 11.ウルグアイ(14)↑ 12.クロアチア(9)↓ 13.ドイツ(16)↑ 14.モロッコ(12)↓ 15.スイス(19)↑ 16.アメリカ(11)↓ 17.メキシコ(15)↓ 18.日本(17)↓ 19.セネガル(18)↓ 20.イラン(20) 21.デンマーク(21) 22.オーストリア(25)↑ 23.韓国(22)↓ 24.オーストラリア(23)↓ 25.ウクライナ(24)↓ 26.トルコ(42)↑ 27.エクアドル(30)↑ 28.ポーランド(26)↓ 29.スウェーデン(28)↓ 30.ウェールズ(29)↓ <span class="paragraph-subtitle">◆アジア ランキング</span> ※北中米W杯アジア最終予選出場国 18.日本(17)↓※ 20.イラン(20)※ 23.韓国(22)↓※ 24.オーストラリア(23)↓※ 34.カタール(35)↑※ 55.イラク(55)※ 56.サウジアラビア(56)※ 61.ウズベキスタン(62)↑※ 68.ヨルダン(68)※ 69.UAE(69)※ 76.オマーン(76)※ 80.バーレーン(81)↑※ 87.中国(88)↑※ 93.シリア(93) 96.パレスチナ(95)↓※ 101.タイ(100)↓ 102.キルギス(101)↓※ 103.タジキスタン(102)↓ 110.北朝鮮(110)※ 115.ベトナム(116)↑ 116.レバノン(117)↑ 124.インド(121)↓ 133.インドネシア(134)↑※ 134.マレーシア(135)↑ 136.クウェート(137)↑※ 2024.07.18 18:25 Thu
3

有終の美飾ったヘスス・ナバス、スペイン代表史上最多タイトル保持者に

ユーロ2024で有終の美を飾ったDFヘスス・ナバスが、スペイン代表史上最多のタイトル保持者となった。 スペインは14日、ユーロ2024決勝でイングランド代表と対戦し2-1で勝利。ユーロ2012以来、通算4度目の欧州制覇を成し遂げた。 この決勝に向けた前日会見で「38歳になっても、代表チームや母国を助けることなど、すべてのことにまだワクワクしているが、決断は下された」とイングランド戦での代表引退を明言していたベテランDFは、「チーム全体にとって(トロフィーで終わることは)素晴らしいことだ。僕らはそれに値する」と語っていたなか、見事に自身の有終の美を飾った。 また、今回のラ・ロハのメンバーで唯一前回の優勝を知るセビージャのレジェンドは、2010年南アフリカ・ワールドカップ、ユーロ2012、UEFAネーションズリーグ2023、ユーロ2024とこれがスペイン代表通算4つ目のメジャータイトルとなり、多くの名手を抑えて同国史上最多のタイトル保持者となった。 なお、それ以前では“ティキ・タカ”全盛のユーロ2008、2010年南アフリカW杯、ユーロ2012の3つのタイトルを獲得しているイケル・カシージャス、シャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタ、シャビ・アロンソ、セルジオ・ラモス、セスク・ファブレガス、フェルナンド・トーレス、アルバロ・アルベロア、ダビド・シルバがヘスス・ナバスと共に最多タイトル保持者だった。 2009年11月に行われたアルゼンチン代表戦でラ・ロハデビューを飾ったヘスス・ナバスは、これまで代表通算56試合に出場。2010年W杯、ユーロ2012では順足の右ウイングとして活躍し、2019年に約5年ぶりに復帰を果たしてからは右サイドバックとしてUNL2023、ユーロ2024優勝に貢献。今大会では準決勝のフランス代表戦を含め3試合に出場した。 なお、今大会で代表を退く右サイドバックだが、再契約したセビージャでは今年の年末までプレーを継続する。 2024.07.15 15:30 Mon
4

ユーロ優勝祝賀会でのモラタ&ロドリの政治的発言を受けUEFAが懲戒手続きを開始

欧州サッカー連盟(UEFA)は23日、スペイン代表のFWアルバロ・モラタとMFロドリに対し、懲戒手続きを開始したことを発表した。 ユーロ2024で通算4度目の欧州制覇を成し遂げたスペイン。その後、決戦の地ドイツから帰国したチームは15日、マドリードのシベーレス広場で多くのスペイン国民を前に優勝祝賀会を行った。 この祝賀会のステージ上でスペイン代表主将のモラタとユーロ2024MVPのロドリが「ジブラルタルはスペインのものだ」と叫んだことが大きな波紋を起こしていた。 この政治的発言を受け、UEFAは『スポーツとは関係ない目的のためにスポーツイベントを利用し、サッカー競技の評判を落とした』、『サッカーというスポーツ、特にUEFAの信用を傷つける』など、4つの規則に違反していたとして懲戒手続きを開始。 イベリア半島の南東端に突き出した小半島のジブラルタルは、16世紀よりスペイン、18世紀よりイギリスの占領下にあるが、その領有権を巡り今もイギリスとスペインの間に争いがある。 なお、ユーロ2024ではトルコ代表DFメリフ・デミラルがオーストリア戦でのゴールパフォーマンスに政治的な意図があったとし、UEFAは2試合の出場停止処分を科していた。 2024.07.24 06:00 Wed
5

スペインのRFEF会長ペドロ・ロシャ、重大な違反行為で2年間の停職処分…

スポーツ仲裁裁判所(TAD)は重大な違反行為により、スペインサッカー連盟(RFEF)のペドロ・ロシャ会長に2年間の停職処分を科した。 RFEFは、前任のルイス・ルビアレス元会長が、2023年のオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)にて、悲願の初優勝後のセレモニーでジェニファー・エルモソにキス。しかし、これが合意の下ではないとして騒動に発展。当初ルビアレス氏は合意の下だと主張するも、エルモソの訴え、そして映像でも強引なキスであるとして世界的に批判を受け、会長を辞任した。 その後、RFEF管理委員会会長を経て4月末に新会長に選ばれたロシャ会長だったが、ルビアレス前会長とともに汚職事件の一環で捜査対象となっていた。 そういった事情もあったなか、ロシャ会長は在任中、事務総長アンドリュー・カンプスを含むRFEF幹部の解任など権限外の決定を下した。 この権限外の人事介入が「重大な不正行為」と判断され、2年の職務停止処分が科される結果となった。また、これ以外にも2つの違反行為によって3万3000ユーロ(約570万円)の罰金を科されている。 ユーロ2024優勝からわずか2日後に現職会長の停職処分が決定したスペインは、2030年にポルトガルとモロッコと共催する男子ワールドカップを控えるなかで再び不穏な空気に…。 2024.07.17 15:20 Wed

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly