ドルトムントが五輪フランス代表シェルキに強い関心! 選手本人も熱望か

2024.07.05 14:15 Fri
リヨンFWシェルキ
Getty Images
リヨンFWシェルキ
リヨンのU-23フランス代表FWラヤン・シェルキ(20)を巡り、ドルトムントが強い関心を抱いているようだ。ドイツ国内の移籍に精通するフロリアン・プレッテンベルフ記者が報じた。

10代の頃から逸材として注目され、自国開催となるパリ・オリンピックのメンバーにも無事選出のシェルキ。昨季も公式戦39試合で3得点9アシストと主力として走り続けたが、リヨンとの契約が残り1年を切り、移籍が取り沙汰される。
そのなかで、関心が噂されるのがパリ・サンジェルマン(PSG)だが、最近になってドルトムントも名乗り。ドルトムントとの交渉では現時点で選手側でも、クラブ間でも合意に至っていないものの、選手本人はドイツ行きに熱心という。

そのため、シェルキはPSG行きをプッシュしておらず、ドルトムントとの次のステップを待っているとも。カリム・ベンゼマハテム・ベン・アルファフセム・アワールの先輩たちと同じく北アフリカにルーツを持つリヨンの注目株だが、去就やいかに。

ラヤン・シェルキの関連記事

ドルトムントは獲得を狙うリヨンのU-23フランス代表FWラヤン・シェルキ(20)について、口頭合意に至ったようだ。 早くから逸材としての注目を集め、今月から自国で開催されるパリ・オリンピックのメンバーにも選ばれているシェルキ。20歳ながらリヨンの主力選手として活躍しており、昨シーズンも公式戦39試合3得点9アシストの成績を残した。 そんなシェルキとリヨンの契約は2025年夏まで。契約が残り1年を切ったこともあり、パリ・サンジェルマン(PSG)からの関心も囁かれていたが、新たにヌリ・シャヒン監督が就任したドルトムントが交渉に乗り出していた。 そんな中で、ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、ドルトムントとシェルキは加入について口頭で合意に至ったとのことだ。選手もブンデスリーガでのチャレンジを望んでおり、ドルトムント関係者は獲得を確信しているという。 ただし、ドルトムントはシェルキ獲得の前に、既存戦力の売却が必要になる模様。リヨンとの交渉は継続中だが、クラブ間合意については時間がかかる可能性も報じられている。 すでにシュツットガルトのドイツ代表DFヴァルデマール・アントンを獲得しているドルトムントだが、今後もスカッド強化は続けられる見込みだ。 2024.07.10 12:10 Wed
パリ・オリンピックを開催するフランス。自国開催となるU-23フランス代表メンバーをティエリ・アンリ監督が発表した。 フランスサッカー連盟(FFF)は6月3日にパリ・オリンピックに向けた候補メンバ-25名を発表。キャンプを行っていく中で、多くの選手の入れ替えが起こり、期限の前に22名にまで絞られていた。 当初の候補からは、移籍の可能性があるDFレニー・ヨロ(リール)やMFウォーレン・ザイール=エメリ(パリ・サンジェルマン)、FWブラッドリー・バルコラ(パリ・サンジェルマン)、FWマティス・テル(バイエルン)、ユベントスへと移籍予定のMFケフラン・テュラム(ニース)などが外れていた中、パラグアイ戦を前にアンリ監督は予備登録メンバーとなる4名を決定した。 予備登録に回るのは、GKテオ・ド・ペルサン(オセール)、DFクリスラン・マツィマ(モナコ)、MFレスリー・ウゴチュク(チェルシー)、MFアンディ・ディウフ(RCランス)の4名となった。 なお、オーバーエイジはFWアレクサンドル・ラカゼット(リヨン)とFWジャン=フィリップ・マテタ(クリスタル・パレス)の2人。ベテランながら、2023-24シーズンは両者共にゴールを量産していた。ラカゼットはチームキャプテンにもなる。 フランスはパラグアイ、ドミニカ、日本とパリ五輪前に親善試合を開催。その後、本大会に臨むこととなる。 <span class="paragraph-subtitle">◆U-23フランス代表 パリ五輪メンバー18名</span> GK ギヨーム・レスト(トゥールーズ) オベド・エンカンバディオ(パリFC) DF ロイク・バデ(セビージャ/スペイン) ブラッドリー・ロコ(ブレスト) スングトゥ・マガサ(モナコ) カステロ・ルケバ(RBライプツィヒ/ドイツ) キリアン・シディリア(フライブルク/ドイツ) アドリエン・トリュフォー(スタッド・レンヌ) MF マグネス・アクリウシェ(モナコ) ジョリス・ショタール(モンペリエ) デジレ・ドゥエ(スタッド・レンヌ) クアディオ・マヌ・コネ(ボルシアMG) エンツォ・ミロ(シュツットガルト/ドイツ) FW ラヤン・シェルキ(リヨン) アルノー・カリムエンド(スタッド・レンヌ) アレクサンドル・ラカゼット(リヨン)※ ジャン=フィリップ・マテタ(クリスタル・パレス)※ マイケル・オリーズ(クリスタル・パレス) ◆予備登録メンバー GK テオ・ド・ペルサン(オセール) DF クリスラン・マツィマ(モナコ) MF レスリー・ウゴチュク(チェルシー/イングランド) アンディ・ディウフ(RCランス) 2024.07.04 23:58 Thu
パリ・サンジェルマン(PSG)がリヨンのU-23フランス代表FWラヤン・シェルキ(20)獲得へ本腰を入れ始めたようだ。フランス『レキップ』が報じている。 フランス代表FWキリアン・ムバッペのレアル・マドリー移籍に伴い、今夏前線の刷新に動くPSG。 国外のビッグネームに加え、国内の若手逸材を注視する中、モナコのU-23フランス代表MFマグネス・アクリウシェと共に獲得候補に挙がっているのが、今シーズンの公式戦で39試合3ゴール9アシストの数字を残したシェルキだ。 昨夏にも獲得に動いた万能型アタッカーへの再アプローチに向けてクラブは、ルイス・エンリケ監督からのゴーサインをすでに受け取っており、ここから動きを本格化させるという。 昨夏はシェルキ残留へ徹底抗戦の構えを見せていたリヨンも、2025年夏のフリートランスファーを回避すべく今夏は交渉のテーブルにつく可能性が高いとみられる。 アルジェリア人両親の元、リヨンで生まれ育ったシェルキは2010年にヨーロッパ屈指と言われる育成の名門へ加入。FWカリム・ベンゼマやFWハテム・ベン・アルファ、MFフセム・アワールと北アフリカにルーツを持つ偉大な先達と同様に、卓越したボールスキル、創造性、パスセンスを武器に10代前半から注目を集めた逸材だ。 2024.06.04 20:30 Tue
日本サッカー協会(JFA)は16日、パリ・オリンピックに出場するU-23日本代表が、本大会直前にU-23フランス代表と対戦することを発表した。 AFC U23アジアカップで見事に優勝を果たした日本。8大会連続12回目のオリンピック出場を決めていた。 厳しい最終予選を突破した日本だが、パリ・オリンピック直前にフランスのトゥーロンで開催国であるフランスとの対戦が決定した。 試合は7月17日(水)の28時5分にキックオフ。テレビ放送に関しては現在調整中とのことだ。 U-23フランス代表には、パリ・サンジェルマン(PSG)のFWブラッドリー・バルコラやニースのMFケフラン・テュラム、ボルシアMGのMFクアディオ・マヌ・コネ、リヨンのFWラヤン・シェルキ、レアル・マドリーが獲得に動いているとされるリールのDFレニー・ヨロなど豊富なタレントが揃っており、優勝候補の一角でもある。 大岩剛監督は今回の対戦決定に対してJFAを通じてコメントしている。 「パリ・オリンピック2024開催国のU-23フランス代表との対戦は、我々がオリンピック本大会を勝ち上がるための試金石として非常に重要な機会になると考えています」 「また、本大会前最後の試合になるので、我々のグループがこれまで積み上げてきたものを最終確認しながら、本大会第1戦を良い形で迎えられるよう、目の前の一戦の勝敗にもこだわって臨みたいと思います。6月に予定しているU-23アメリカ代表戦を含めて、限られた時間の中で最大限の準備を進めていきます」 2024.05.16 18:58 Thu
今夏は選手の放出が目立っているチェルシーだが、リヨンの逸材に手を出すようだ。『ESPN』が伝えた。 チェルシーが獲得を目指しているのはリヨンのU-21フランス代表FWラヤン・シェルキ(19)とのこと。オープニングオファーを出す準備をしているようだ。 チェルシーはアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチのミラン移籍が迫っている状況。その中で、代役獲得を考えており、シェルキがターゲットの1人となっているという。 シェルキはリヨンの生え抜きで、2020年1月にファーストチーム昇格。既に公式戦102試合に出場し14ゴール16アシストを記録している。 パリ・サンジェルマン(PSG)も関心を寄せているとされた中、リヨンは自動的に2025年夏まで契約を延長する条項が発動。ただ、チェルシーが強い関心を寄せているようだ。 アルジェリア人両親の元、リヨンで生まれ育ったシェルキは2010年にヨーロッパ屈指と言われる育成の名門へ加入。卓越したボールスキル、創造性、パスセンスを武器に10代前半から注目を集めた逸材として知られている。 移籍金は4000万ユーロ(約61億6000万円)と見られており、週給も7万5000ユーロ(約1億1500万円)とのことだ。 リヨンは1月にPSGからのオファーを拒否も、売却には前向き。条件を満たすかどうかが重要となる。 2023.07.12 12:52 Wed

ドルトムントの関連記事

ドルトムントが、昨シーズンのジローナの大躍進を支えた両サイドバックの獲得に動いている。ドイツ『スカイ』が報じている。 昨シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝チームのドルトムントだが、シーズンを通してはサイドバックの問題が顕著だった。ノルウェー代表DFユリアン・リエルソンは両サイドで安定したパフォーマンスを披露したが、それ以外は負傷などもあり期待外れのパフォーマンスに。また、今年1月にチェルシーからレンタル移籍で加入したオランダ代表DFイアン・マートセンは今夏の買い取りを目指したが、アストン・ビラに引き抜かれた。 ヌリ・シャヒン新監督を迎え、各ポジションのテコ入れを図る中、サイドバックではブラジル代表DFヤン・コウト(22)、スペイン代表DFミゲル・グティエレス(23)の2選手を補強候補に挙げている。 ウイングもこなす攻撃的な右サイドバックのコウトに関しては選手サイドとすでに交渉を行っており、選手本人はジグナル・イドゥナ・パルク行きに前向きな姿勢を示しているという。ただ、保有元のマンチェスター・シティとの交渉が必要となり、クラブは2000万~2500万ユーロ(約34億4000万~43億円)程度の金額での獲得を目指しているようだ。 一方、左サイドバックのターゲットとなるグティエレスは豊富な運動量とアスリート能力に加え、ウイングやインテリオールの役割もこなせる多才なプレースタイルの持ち主だ。コウト以上の人気株は買い戻し条項を有するレアル・マドリーが主導権を握っており、現時点ではより困難なオペレーションとなる。 報道によると、同選手に関しては個人間、クラブ間の双方で具体的な動きには発展しておらず、他の候補と並行しながらチャンスを窺う形となる。 2024.07.15 14:10 Mon
今夏の移籍市場でドルトムントへの移籍が噂されているシュツットガルトのギニア代表FWセール・ギラシー(28)。メディカルチェックの問題で破談になる可能性が報じられていた。 2023年7月にスタッド・レンヌからシュツットガルトに完全移籍で加入したギラシーは、2023-24シーズンのブンデスリーガで28試合に出場し28ゴールを記録した。 その活躍もあり、ドルトムントが獲得を目指したが、ヒザに問題が発覚。移籍間近と見られた中で、外側じん帯損傷という問題が発生していた。しかし、ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、問題は解消される可能性があるようだ。 『スカイ・スポーツ』によると、ギラシーはフランスにてヒザの専門医の診察を受けたとのこと。結果は良好であり、深刻な状態ではないという。 ドクターによると、ギラシーは手術の必要はないとのこと。2週間以内にトレーニングに戻れるという。4週間もあれば、ピッチでプレーも可能なようだ。 ただ、ギラシーはこの診察を非公開で行ったとのこと。ドルトムントへの移籍に関しては、メディカルチェックは再度行われるとのことだ。 専門医の診察結果もありながら、クラブが問題ないと判断すればギラシーの移籍は成立する状況。4年契約を結び、移籍金は1800万ユーロ(約31億円)程度が支払われることになるという。 2024.07.14 23:30 Sun
ユベントスがドルトムントのU-21ドイツ代表FWカリム・アデイェミ(22)を狙っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 チアゴ・モッタ新監督の望む陣容を揃えるべく、積極的に選手を入れ替えているユベントス。イタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(26)にも移籍の可能性があるウイングは注目箇所の1つとなっている。 マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(24)への関心が報じられたが、こちらは対立していたエリク・テン・ハグ監督と歩み寄り、ユナイテッドで練習に復帰。ユベントスのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるクリスティアーノ・ジュントリ氏は、レンタル実現に忍耐が必要と考え、移籍市場閉幕が近づく8月中旬に狙いを定めているという。 そんななかでポールポジションに立ったのがアデイェミ。レスター・シティやローマ、ウェストハムから関心のU-23アルゼンチン代表FWマティアス・スーレ(21)を売却することで得られる資金を用いるという。 すでに選手からは承認をもらい、ドルトムントとの交渉へ。チェルシーも関心を示すが、ドルトムントは3000万〜4000万ユーロ(約51億7000万〜69億円)+ボーナス以下のオファーには耳を傾けない模様だ。 また、ポルトのブラジル代表MFガレーノ(26)やポルトガル代表FWフランシスコ・コンセイソン(21)も候補に。しかし、この2人は金額の問題から代替案と考えられている。 アデイェミはナイジェリアにルーツを持つ左利き快速アタッカーで、2022年夏にレッドブル・ザルツブルクからドルトムントへ移籍。初年度から主力の1人として活躍するも、2023-24シーズンは負傷もあり、ブンデスリーガで10試合の先発にとどまった。 なお、ユベントスはポーランド代表FWアルカディシュ・ミリク(30)も売却する可能性もあるが、モッタ監督はウイングを偽9番起用する準備を進めているとのこと。そのため、純粋なセンターフォワードの獲得には向かわず、セリエBに降格したサッスオーロのイタリア代表FWドメニコ・ベラルディ(29)もリストに残しているようだ。 2024.07.14 19:01 Sun
ミランがドルトムントのドイツ代表FWニクラス・フュルクルク(31)の獲得に動き出したようだ。 フランス代表FWオリヴィエ・ジルー(37)の退団により、センターフォワード補強を進めるミラン。アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)との交渉を進め、迎え入れられるかどうかは本人の決断次第となっている。 しかし、ミランはもう1人ストライカーを確保したい意向とのこと。イタリアの移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、フュルクルクを確保すべく最初の接触を図ったという。 メディカルチェックで問題が見つかったものの、ドルトムントはシュツットガルトのギニア代表FWセール・ギラシー(28)との契約に着手。これを快く思っていないフュルクルクは退団を検討しているという。 一方、ドイツ『スカイ・スポーツ』のパトリック・ベルガー氏はディ・マルツィオ氏の報道を引用しつつ、具体的なことはまだ何も起きていないと主張。ドルトムントのヌリ・シャヒン新監督はユーロ2024に参戦していたフュルクルクと電話で良好なやり取りを交わし、ギラシーとの両立も頭にあるようだ。 フュルクルクは2023年夏にブレーメンからドルトムントへ移籍。加入1年目から公式戦46試合16ゴール10アシストの成績を残し、今回のユーロを含め、ドイツ代表でも存在感を放っている。 フュルクルクとドルトムントの契約は2026年6月まで。なお、ミランはローマの元イングランド代表FWタミー・エイブラハム(26)への関心も取り沙汰されている。 2024.07.14 14:23 Sun
ドルトムントの新たな10番にドイツ代表MFユリアン・ブラントが決定した。 ドルトムントでは今年1月にマンチェスター・ユナイテッドから出番を求め、シーズン終了まで復帰したイングランド代表FWジェイドン・サンチョが背負った番号だが、クラブ間での再レンタルを巡る交渉が進まず、現状は空き番だった。 そのなか、ヌリ・シャヒン新監督のもとでプレシーズンがスタートしたドルトムントは11日にクラブ公式サイトでブラントの新10番継承を発表。昨季まで5シーズンにわたって19番をつけ、今や中心選手と化す28歳MFは決意を新たにした。 「ジェイドンのローン契約が終わったのがきっかけだ。僕は数年前にこの数字を巡って(スポーツディレクターの)セバスチャン・ケールと話をしていたんだ」 「当時は事情があって実現しなかったけど、今はこうしてその機会が巡った。このクラブに来て数年にもなるけど、楽しみだ。僕にとって、神秘的な数字なんだ」 ブラントは2019年夏にレバークーゼンから加わり、ここまで通算216試合で40得点50アシスト。代表でも47キャップを刻むなか、昨季のドルトムントでも公式戦47試合で10得点16アシストと不動の地位を築き、攻撃陣の舵取り役を担う。 そんなドルトムントはこの夏に来日。新10番が日本でどんなパフォーマンスを披露してくれるのか楽しみだ。 2024.07.13 10:40 Sat

ブンデスリーガの関連記事

シュツットガルトからバイエルンに完全移籍した日本代表DF伊藤洋輝(25)が16日、入団会見に臨んだ。 2021年7月にジュビロ磐田からシュツットガルトへと加入した伊藤は、当初はU-23チームに入る予定も、その能力を買われて予定を前倒しし、ファーストチームでシーズンスタート。そのままレギュラーに定着した。 3シーズンを過ごし、ブンデスリーガ通算85試合に出場し2ゴール4アシスト。しかし、シュツットガルトは残留争いを繰り返していたなか、2023-24シーズンは上位を争い続け、バイエルンよりも上の2位でフィニッシュ。そして、今夏電撃的にバイエルンへと加入した。 ビッグクラブへの移籍を果たした伊藤。スポーツ・ディレクター(SD)のクリストフ・フロイント氏と共に入団会見に臨んだ。 伊藤はバイエルンの第一印象について「チームメイト全員が初日から温かく迎えてくれました。昨日は最初のテストを行いました。上手くやっています」とコメント。また、バイエルンのプレースタイルについては「バイエルンは常にボールを保持しており、プレッシャーの掛かる状況に上手く対処する必要があると思います」と、ポゼッションサッカーに慣れていく必要があるとした。 センターバック、そして左サイドバックでもプレーする伊藤。「僕たちには優秀な選手がたくさんいます。ボールをコントロールしたいです。僕はいくつかのポジションでプレーができるので、ここではうまくお互いが補えると思います」と、複数ポジションでプレーすること、そしてチームメイトと補完し合っていくとした。 すでにヴァンサン・コンパニ監督とも話したという伊藤。「良いプレーができるように、自分が何ができるかということを監督と少し話しました」と明かした。また、チームメイトについては「トーマス・ミュラーとはまだ話はしていないですが、対戦した経験はあります。彼に対しては良い印象があり、初めて会うのが楽しみです。セルジュ・ニャブリは、ミュンヘンで美味しい日本食のレストランを勧めてくれました」と、すでにチームメイトと交流を持っているとした。 ビッグクラブへの移籍となった伊藤は「僕はシュツットガルトで3年間過ごし、今バイエルンに来ました。クラブは僕に大きなチャンスを与えてくれました。今はバイエルンで集中しています」とコメント。感謝を述べつつ、チームのために集中するという。また、「僕は典型的な日本人ではないと思いますが、一生懸命努力し、自分の役割を果たそうとします。それが、典型的な日本人のメンタリティです」と、チームのために貢献していくと誓った。 シュツットガルトや日本代表でも背負う「21」をつける伊藤。ビッグクラブでの初の戦いでどんなパフォーマンスを見せるのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】バイエルンで体力テストを行う伊藤洋輝</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="de" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Ito?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ito</a><a href="https://twitter.com/hashtag/MiaSanMia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiaSanMia</a> <a href="https://t.co/9iaQbQo9nP">pic.twitter.com/9iaQbQo9nP</a></p>&mdash; FC Bayern München (@FCBayern) <a href="https://twitter.com/FCBayern/status/1812903596109013155?ref_src=twsrc%5Etfw">July 15, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.16 19:05 Tue
バイエルンは今夏の移籍市場でU-21フランス代表FWマティス・テル(19)を売却する予定はないようだ。 テルは2022年夏にスタッド・レンヌからバイエルンへ加入。2年目となった昨シーズンは公式戦41試合に出場して10ゴール6アシストを記録した。 上々の成績を残す一方で、チームには絶対的な存在であるFWハリー・ケインがいる影響で、先発の機会は限られたものに。ブンデスリーガでは終盤こそ先発数が増加したものの、シーズントータルでのスタメンは6試合にとどまった。 今年3月には2029年6月までの契約延長が発表されたが、こうした扱いもあり今夏の移籍市場で新天地に移る可能性が浮上。特にプレミアリーグ方面からの関心が噂されていた。 しかし、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、バイエルンにテルを放出する意思はまったくないとのこと。ヴァンサン・コンパニ監督が新たに就任したクラブは、テルを重要な戦力とみなしているようだ。 テルもまた、新監督の下でのチャレンジに意欲を燃やしている模様。選手に移籍の意思がない以上、新シーズンもバイエルンでプレーする姿が見られるのは間違いないだろう。 2024.07.16 18:30 Tue
シュツットガルトは16日、アウグスブルクのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエルメディン・デミロビッチ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2028年6月30日までの4年間となる。 デミロビッチは、ハンブルガーSV、RBライプツィヒ、アラベスの下部組織で育つと、2018年7月にファーストチームに昇格。ソショー、アルメリア、ザンクト・ガレンへの武者修行を経験。2020年8月にフライブルクに完全移籍。2022年7月にアウグスブルクへと完全移籍した。 アウグスブルクでは公式戦66試合で23ゴール16アシストを記録。ブンデスリーガでは通算124試合で30ゴール29アシストを記録していた。 「ここに来られてとても嬉しい。始まるのが待ちきれない」 「シュツットガルトでの試合後、僕はこのチームのファンになりました。僕はプレースタイルとチームが好きだ」 「何人かの選手を知っているし、ここに馴染むのにはそれほど時間はかからないと思う」 2024.07.16 18:27 Tue
日本代表DF伊藤洋輝がバイエルンでのキャリアをスタートさせた。 シュツットガルトでの欧州初挑戦から3年を経て、この夏からバイエルンに移籍した伊藤。ヴァンサン・コンパニ監督のもとでも、左サイドバックだけでなく、センターバックもこなせる万能性を生かしながらのプレー姿が期待されるなか、ついにドイツが誇るビッグクラブで初日を迎えた。 クラブではSNSを介してその模様が公開され、25歳DFはカメラマンからバイエルンで迎えた初日の感想を問われると、「初日? パーフェクトだ!」と充実した様子。動画内では室内で身体を動かし、プレシーズンが本格的に始まる前のテストを受けた模様だ。 ファンからは「頑張れ洋輝!」、「活躍期待してます!」、「ようこそミュンヘンへ」などとのコメントが寄せられる。バイエルンは昨季、12年ぶりの無冠に終わり、挽回を期すシーズンに。ドイツ屈指のビッグクラブで伊藤がどんな立ち位置を確立していくか注目だ。 ちなみに、バイエルンの選手たちは17日にピッチに揃って初のトレーニングを予定。22日からテガーンゼー湖でのトレーニングキャンプに入り、31日から韓国ツアーに向かう。 <span class="paragraph-title">【動画】伊藤洋輝のバイエルン初日にクラブが密着</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr"> Hiroki <a href="https://twitter.com/hashtag/Ito?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ito</a> beim <a href="https://twitter.com/hashtag/FCBayern?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCBayern</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/MiaSanMia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiaSanMia</a> <a href="https://t.co/9iaQbQo9nP">pic.twitter.com/9iaQbQo9nP</a></p>&mdash; FC Bayern München (@FCBayern) <a href="https://twitter.com/FCBayern/status/1812903596109013155?ref_src=twsrc%5Etfw">July 15, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.16 15:55 Tue
バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホ(25)を取り巻く状況がケガで変化している。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 先日までコパ・アメリカ2024に参加していたアラウホ。7日に行われた準々決勝のブラジル代表戦で右足を負傷すると、ハムストリングの腱の損傷が確認され、手術の運びとなった。 最低4カ月の離脱が見込まれるDFは今夏の移籍の可能性が消滅。1月にバイエルンからオファーが届いていたほか、ここ数カ月はブラジル代表DFチアゴ・シウバが退団したチェルシーからの打診も報じられていた。 バルセロナはアラウホをプロジェクトの中心選手の1人と考えているものの、ビッグオファーを受け入れれば財政難を解決する一手に。結局、消去法で残留へ傾くこととなった。 しかし、契約延長が進んでいないことから、残留を手放しには喜べない状況。バルセロナは2026年6月までの契約を更新すべく、交渉に着手しているが、アラウホ陣営がオファーを保留している。 仮に延長を拒否された場合、2025年夏はバルセロナが移籍市場で不利な立場に。1年後のフリー移籍が視野に入るため、高額での売却が困難となり、移籍金はバイエルンが1月に提示した総額9000万ユーロ(約155億6000万円)を確実に下回る見通しだ。 2024.07.16 15:14 Tue

記事をさがす

ラヤン・シェルキの人気記事ランキング

1

新体制ドルトムントがリヨンFWシェルキと口頭合意、クラブ間交渉は継続中

ドルトムントは獲得を狙うリヨンのU-23フランス代表FWラヤン・シェルキ(20)について、口頭合意に至ったようだ。 早くから逸材としての注目を集め、今月から自国で開催されるパリ・オリンピックのメンバーにも選ばれているシェルキ。20歳ながらリヨンの主力選手として活躍しており、昨シーズンも公式戦39試合3得点9アシストの成績を残した。 そんなシェルキとリヨンの契約は2025年夏まで。契約が残り1年を切ったこともあり、パリ・サンジェルマン(PSG)からの関心も囁かれていたが、新たにヌリ・シャヒン監督が就任したドルトムントが交渉に乗り出していた。 そんな中で、ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、ドルトムントとシェルキは加入について口頭で合意に至ったとのことだ。選手もブンデスリーガでのチャレンジを望んでおり、ドルトムント関係者は獲得を確信しているという。 ただし、ドルトムントはシェルキ獲得の前に、既存戦力の売却が必要になる模様。リヨンとの交渉は継続中だが、クラブ間合意については時間がかかる可能性も報じられている。 すでにシュツットガルトのドイツ代表DFヴァルデマール・アントンを獲得しているドルトムントだが、今後もスカッド強化は続けられる見込みだ。 2024.07.10 12:10 Wed
2

ドルトムントが五輪フランス代表シェルキに強い関心! 選手本人も熱望か

リヨンのU-23フランス代表FWラヤン・シェルキ(20)を巡り、ドルトムントが強い関心を抱いているようだ。ドイツ国内の移籍に精通するフロリアン・プレッテンベルフ記者が報じた。 10代の頃から逸材として注目され、自国開催となるパリ・オリンピックのメンバーにも無事選出のシェルキ。昨季も公式戦39試合で3得点9アシストと主力として走り続けたが、リヨンとの契約が残り1年を切り、移籍が取り沙汰される。 そのなかで、関心が噂されるのがパリ・サンジェルマン(PSG)だが、最近になってドルトムントも名乗り。ドルトムントとの交渉では現時点で選手側でも、クラブ間でも合意に至っていないものの、選手本人はドイツ行きに熱心という。 そのため、シェルキはPSG行きをプッシュしておらず、ドルトムントとの次のステップを待っているとも。カリム・ベンゼマやハテム・ベン・アルファ、フセム・アワールの先輩たちと同じく北アフリカにルーツを持つリヨンの注目株だが、去就やいかに。 2024.07.05 14:15 Fri
3

U-23日本代表、パリ五輪直前に開催国フランスとの対戦決定! タレント軍団との戦いに大岩剛監督「非常に重要な機会になる」

日本サッカー協会(JFA)は16日、パリ・オリンピックに出場するU-23日本代表が、本大会直前にU-23フランス代表と対戦することを発表した。 AFC U23アジアカップで見事に優勝を果たした日本。8大会連続12回目のオリンピック出場を決めていた。 厳しい最終予選を突破した日本だが、パリ・オリンピック直前にフランスのトゥーロンで開催国であるフランスとの対戦が決定した。 試合は7月17日(水)の28時5分にキックオフ。テレビ放送に関しては現在調整中とのことだ。 U-23フランス代表には、パリ・サンジェルマン(PSG)のFWブラッドリー・バルコラやニースのMFケフラン・テュラム、ボルシアMGのMFクアディオ・マヌ・コネ、リヨンのFWラヤン・シェルキ、レアル・マドリーが獲得に動いているとされるリールのDFレニー・ヨロなど豊富なタレントが揃っており、優勝候補の一角でもある。 大岩剛監督は今回の対戦決定に対してJFAを通じてコメントしている。 「パリ・オリンピック2024開催国のU-23フランス代表との対戦は、我々がオリンピック本大会を勝ち上がるための試金石として非常に重要な機会になると考えています」 「また、本大会前最後の試合になるので、我々のグループがこれまで積み上げてきたものを最終確認しながら、本大会第1戦を良い形で迎えられるよう、目の前の一戦の勝敗にもこだわって臨みたいと思います。6月に予定しているU-23アメリカ代表戦を含めて、限られた時間の中で最大限の準備を進めていきます」 2024.05.16 18:58 Thu
4

PSGがシェルキ獲得の動きを本格化…L・エンリケ監督もゴーサイン

パリ・サンジェルマン(PSG)がリヨンのU-23フランス代表FWラヤン・シェルキ(20)獲得へ本腰を入れ始めたようだ。フランス『レキップ』が報じている。 フランス代表FWキリアン・ムバッペのレアル・マドリー移籍に伴い、今夏前線の刷新に動くPSG。 国外のビッグネームに加え、国内の若手逸材を注視する中、モナコのU-23フランス代表MFマグネス・アクリウシェと共に獲得候補に挙がっているのが、今シーズンの公式戦で39試合3ゴール9アシストの数字を残したシェルキだ。 昨夏にも獲得に動いた万能型アタッカーへの再アプローチに向けてクラブは、ルイス・エンリケ監督からのゴーサインをすでに受け取っており、ここから動きを本格化させるという。 昨夏はシェルキ残留へ徹底抗戦の構えを見せていたリヨンも、2025年夏のフリートランスファーを回避すべく今夏は交渉のテーブルにつく可能性が高いとみられる。 アルジェリア人両親の元、リヨンで生まれ育ったシェルキは2010年にヨーロッパ屈指と言われる育成の名門へ加入。FWカリム・ベンゼマやFWハテム・ベン・アルファ、MFフセム・アワールと北アフリカにルーツを持つ偉大な先達と同様に、卓越したボールスキル、創造性、パスセンスを武器に10代前半から注目を集めた逸材だ。 2024.06.04 20:30 Tue
5

イタリア代表がリヨン逸材FWシェルキ招集を検討か?

イタリア代表がリヨンのU-21フランス代表FWラヤン・シェルキ(19)の招集を検討しているようだ。 アルジェリア人両親の元、リヨンで生まれ育ったシェルキは2010年にヨーロッパ屈指と言われる育成の名門へ加入。FWカリム・ベンゼマやFWハテム・ベン・アルファ、MFフセム・アワールと北アフリカにルーツを持つ偉大な先達と同様に、卓越したボールスキル、創造性、パスセンスを武器に10代前半から注目を集めた逸材アタッカーだ。 今シーズンここまでリーグ戦27試合3ゴール5アシストの数字を残す万能型アタッカーに対しては、パリ・サンジェルマンなど国内外のビッグクラブが熱視線を注ぐ。 イタリア『La Repubblica』やフランス『レキップ』が報じるところによれば、イタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督は、将来的にフランス、アルジェリアの両A代表入りが見込まれる19歳の動向を注視しているという。 シェルキの祖父はイタリア南部のプーリア州出身でイタリア代表でプレーする資格を有しており、先日にA代表デビューさせたアルゼンチン出身のFWマテオ・レテギら、以前からイタリア国外にルーツを持つ選手を積極的に招集してきた同監督は、逸材の招集を目指している模様だ。 現時点でシェルキが3カ国のいずれのA代表でプレーするかは不明だが、アッズーリ入りを選択した場合は貴重な戦力となることは間違いないはずだ。 2023.04.11 23:51 Tue

ドルトムントの人気記事ランキング

1

1カ月前は110kg…“太り過ぎ”指摘のジューレが減量成功でお腹も凹む

ドルトムントのドイツ代表DFニクラス・ジューレが減量に成功した。 身長195cmの巨漢DF、ニクラス・ジューレ。 ドイツを代表するセンターバックの1人だが、パフォーマンスにはムラがあり、スピードはなく、アジリティに長けたアタッカーとの対峙は不得手とする。23-24シーズンの体重管理、フィットネスは見るからに万全ではなかった。 結果的に終盤戦はスタメン落ちが増え、チャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリー戦、そして自国開催のユーロ2024に出られず。 そんなジューレだが、ドイツ『ビルト』によると、7月10日、新シーズンに向けてドルトムントの練習場へ帰ってきた姿は、約1カ月前のそれとは別人だったとのこと。 1カ月ほど前まで体重は110kg前後あったとされるなか、クラブから厳命を受け、休暇中にフィットネスコーチを伴ってのダイエットに精進。少なくとも8kg落としたのだという。 ドルトムントは今季より、アシスタントコーチのヌリ・シャヒン氏が新監督に内部昇格。ジューレはまず、新しいボスに好印象を与えることに成功したようだ。 <span class="paragraph-title">【比較写真】減量前のポッコリお腹のジューレと凹んだジューレ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="et" dir="ltr"> <a href="https://t.co/O5yY3hUuOu">pic.twitter.com/O5yY3hUuOu</a></p>&mdash; Extra Time Indonesia (@idextratime) <a href="https://twitter.com/idextratime/status/1791453097631551587?ref_src=twsrc%5Etfw">May 17, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">An die Arbeit! <a href="https://t.co/iKisD2HZNa">pic.twitter.com/iKisD2HZNa</a></p>&mdash; Borussia Dortmund (@BVB) <a href="https://twitter.com/BVB/status/1810962736681017624?ref_src=twsrc%5Etfw">July 10, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.11 15:12 Thu
2

ベリンガムの靴下が穴だらけ…決して削られたわけではなく…

ドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガムの足に注目が集まっているようだ。 2日のブンデスリーガ第5節でホッフェンハイムを1-0で下したドルトムント。6日にはチャンピオンズリーグ(CL)グループG開幕節でデンマークチャンピオンのコペンハーゲンをホームに迎え、マルコ・ロイスのゴールなどで3-0と快勝を収めた。 いずれの2試合を含めて今季フル出場を続けているのがベリンガムだ。コペンハーゲン戦では終盤に追加点も挙げている。 そのベリンガムだが、靴下に穴が空いているとの指摘が上がっている。 ホッフェンハイム戦後にドルトムントのツイッターが投稿したロイスとの抱擁シーンでは、確かにソックスのふくらはぎ部分に多数の穴が空いていることが確認できる。いったい何故なのか。 イギリス『スポーツバイブル』によると、これは決して削られたわけではなく、意図的に切り込みを入れているとのことだ。 サッカー用のソックスは締め付けが強い。そのため、切れ目や穴を空けることでそれを緩和し、筋肉の緊張をほぐして痛みを防ぐことができるという。ケガの防止にも役立つとしている。 同メディアは、これまでにもネイマール(パリ・サンジェルマン)やブカヨ・サカ(アーセナル)、ガレス・ベイル(ロサンゼルスFC)、カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)らも同様に靴下へ細工を施していると、紹介している。 疲労がたまるはずの終盤でもクオリティを保つベリンガム。小さな工夫の一つ一つがプレーの質につながっているのだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】穴の開いたベリンガムの靴下</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Hug me brotha <a href="https://t.co/yYVtDMtYUB">pic.twitter.com/yYVtDMtYUB</a></p>&mdash; Borussia Dortmund (@BlackYellow) <a href="https://twitter.com/BlackYellow/status/1565781621890072579?ref_src=twsrc%5Etfw">September 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.07 20:45 Wed
3

今季はCLを制したシーズンをオマージュ!? 来日するドイツの名門ドルトムントのユニフォーム変遷を振り返る

今夏来日するドルトムント。2023-24シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)で2012-13シーズン以来となる決勝に進出したが、レアル・マドリーの前に敗れて惜しくも準優勝に終わった。 CLファイナリストとして来日するドルトムントは、2017年の明治安田生命Jリーグワールドチャレンジに続き、7年ぶり4回目の来日に。「EUROJAPAN CUP 2024」として来日する今回はかつてドルトムントでタイトルも獲得した元日本代表MF香川真司が所属するセレッソ大阪と対戦する。 言わずと知れたドイツの名門クラブだが、サポーターの熱狂度はドイツの中でも群を抜いていることでも知られている。 2024-25シーズンに向けたプレシーズンマッチとしてC大阪と戦うドルトムントだが、新ユニフォームもしっかりと着用予定。今回は、最新ユニフォームから、過去5シーズンのユニフォームまで歴史を振り返ってみる。 <span class="paragraph-subtitle">◆2024-25シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw1.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> まず、2024-25シーズンのユニフォームは、2012年から継続してプーマがサプライヤーを務めている。 すでに2023-24シーズンの最終戦でお披露目されているが、非常にシンプルなデザインに。オーソドックスなドルトムントらしい袖が黒、ボディが黄色というデザインとなっており、「真のクラシック」がデザインのテーマとなっている。 <a href="https://www.livedoor-shopping.jp/view/page/eurojapancup2024?utm_source=ls&utm_medium=display&utm_campaign=eurojapancup2024" target="_blank"><div style="text-align:center;"><br/>↓ 最新ユニフォームも販売中 ↓<br/><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/700/img/2024/bvb20240712_tw6.jpg" style="max-width:70%; min-height:200px;"></div></a> ボディには太さの違うストライプが4本並べられているが、1996-97シーズンのCL用ユニフォームとどこか似ている。 当時はナイキがサプライヤーだったが、袖は黒、ボディは黄色で今回よりもより太いストライプが4本並んでいる。このシーズンは、ドルトムントが唯一CLを優勝したシーズン。伝統を重んじつつ、あと一歩で逃したCLへの想いを馳せているのかもしれない。 <span class="paragraph-subtitle">◆2023-24シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw2.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> ドルトムントはサポーターによるデザインコンテストを実施。集まったデザインの中でファン投票を行い、ティモ・R・マール氏がデザインした本拠地シグナル・イドゥナ・パルクを描いたデザインに決まった。 ドルトムントの本拠地が描かれた斬新なデザインとなっており、ファン投票で選出されたにも関わらず、否定的な声も多く見られていた。 <span class="paragraph-subtitle">◆2022-23シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw3.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> クラブの伝統的なカラーである黒と黄色で彩られ、太めのストライプがデザインされている。 ドルトムントは1909年12月19日に設立されたが、当時クラブが設立されたレストラン『Zum Wildschütz』の窓がデザインされている。 <span class="paragraph-subtitle">◆2021-22シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw4.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> クラブカラーの黄色を前面に出し、ボディ部分にはデザインがないシンプルなもの。ただ、袖に黒と黄色の縞模様を備えたデザイン <span class="paragraph-subtitle">◆2020-21シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw8.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> クラブカラーの黄色基調に稲妻の様な柄を施した斬新なデザイン。エネルギーを感じる珍しいデザインとなっている。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】ドルトムントの最新ユニフォームから過去のユニフォームを辿る</span> <span data-other-div="movie"></span> <span class="paragraph-subtitle">◆2024-25シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw1.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <a href="https://www.livedoor-shopping.jp/view/page/eurojapancup2024?utm_source=ls&utm_medium=display&utm_campaign=eurojapancup2024" target="_blank"><div style="text-align:center;"><br/>↓ 最新ユニフォームも販売中 ↓<br/><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/700/img/2024/bvb20240712_tw6.jpg" style="max-width:70%; min-height:200px;"></div></a> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/BVB/status/1791363023573045479?ref_src=twsrc%5Etfw">May 17, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-subtitle">◆2023-24シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw2.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <span class="paragraph-subtitle">◆2022-23シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw3.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="de" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/BVB/status/1525030589157588993?ref_src=twsrc%5Etfw">May 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-subtitle">◆2021-22シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw4.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="de" dir="ltr">Unser neues Heimtrikot: Alles in Schwarzgelb!<br><br><a href="https://twitter.com/BVB/status/1395638220717690881?ref_src=twsrc%5Etfw">May 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-subtitle">◆2020-21シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw8.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <span class="paragraph-subtitle">◆2019-20シーズン</span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="de" dir="ltr">ENDLICH! Das neue BVB-Heimtrikot 2019/20 ist da! <a href="https://t.co/VM24iftouK">https://t.co/VM24iftouK</a> <a href="https://t.co/8mRk1t0vBx">pic.twitter.com/8mRk1t0vBx</a></p>&mdash; Borussia Dortmund (@BVB) <a href="https://twitter.com/BVB/status/1126396385870221312?ref_src=twsrc%5Etfw">May 9, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.12 21:00 Fri
4

ミランがさらなるストライカー補強へ…ドルトムントのドイツ代表FWフュルクルクに接触か

ミランがドルトムントのドイツ代表FWニクラス・フュルクルク(31)の獲得に動き出したようだ。 フランス代表FWオリヴィエ・ジルー(37)の退団により、センターフォワード補強を進めるミラン。アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)との交渉を進め、迎え入れられるかどうかは本人の決断次第となっている。 しかし、ミランはもう1人ストライカーを確保したい意向とのこと。イタリアの移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、フュルクルクを確保すべく最初の接触を図ったという。 メディカルチェックで問題が見つかったものの、ドルトムントはシュツットガルトのギニア代表FWセール・ギラシー(28)との契約に着手。これを快く思っていないフュルクルクは退団を検討しているという。 一方、ドイツ『スカイ・スポーツ』のパトリック・ベルガー氏はディ・マルツィオ氏の報道を引用しつつ、具体的なことはまだ何も起きていないと主張。ドルトムントのヌリ・シャヒン新監督はユーロ2024に参戦していたフュルクルクと電話で良好なやり取りを交わし、ギラシーとの両立も頭にあるようだ。 フュルクルクは2023年夏にブレーメンからドルトムントへ移籍。加入1年目から公式戦46試合16ゴール10アシストの成績を残し、今回のユーロを含め、ドイツ代表でも存在感を放っている。 フュルクルクとドルトムントの契約は2026年6月まで。なお、ミランはローマの元イングランド代表FWタミー・エイブラハム(26)への関心も取り沙汰されている。 2024.07.14 14:23 Sun
5

ユベントスがアデイェミ獲得に向けてドルトムントとの交渉へ…スーレの売却資金を活用か

ユベントスがドルトムントのU-21ドイツ代表FWカリム・アデイェミ(22)を狙っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 チアゴ・モッタ新監督の望む陣容を揃えるべく、積極的に選手を入れ替えているユベントス。イタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(26)にも移籍の可能性があるウイングは注目箇所の1つとなっている。 マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(24)への関心が報じられたが、こちらは対立していたエリク・テン・ハグ監督と歩み寄り、ユナイテッドで練習に復帰。ユベントスのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるクリスティアーノ・ジュントリ氏は、レンタル実現に忍耐が必要と考え、移籍市場閉幕が近づく8月中旬に狙いを定めているという。 そんななかでポールポジションに立ったのがアデイェミ。レスター・シティやローマ、ウェストハムから関心のU-23アルゼンチン代表FWマティアス・スーレ(21)を売却することで得られる資金を用いるという。 すでに選手からは承認をもらい、ドルトムントとの交渉へ。チェルシーも関心を示すが、ドルトムントは3000万〜4000万ユーロ(約51億7000万〜69億円)+ボーナス以下のオファーには耳を傾けない模様だ。 また、ポルトのブラジル代表MFガレーノ(26)やポルトガル代表FWフランシスコ・コンセイソン(21)も候補に。しかし、この2人は金額の問題から代替案と考えられている。 アデイェミはナイジェリアにルーツを持つ左利き快速アタッカーで、2022年夏にレッドブル・ザルツブルクからドルトムントへ移籍。初年度から主力の1人として活躍するも、2023-24シーズンは負傷もあり、ブンデスリーガで10試合の先発にとどまった。 なお、ユベントスはポーランド代表FWアルカディシュ・ミリク(30)も売却する可能性もあるが、モッタ監督はウイングを偽9番起用する準備を進めているとのこと。そのため、純粋なセンターフォワードの獲得には向かわず、セリエBに降格したサッスオーロのイタリア代表FWドメニコ・ベラルディ(29)もリストに残しているようだ。 2024.07.14 19:01 Sun

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly