「我々の手中にある」リバプール相手に劇的ドロー、CL出場権確保目指すアストン・ビラのエメリ監督が最終節へ「強い気持ちで向かいたい」

2024.05.14 09:35 Tue
リバプールと引き分けたウナイ・エメリ監督
Getty Images
リバプールと引き分けたウナイ・エメリ監督
アストン・ビラのウナイ・エメリ監督が、リバプール戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。
PR
13日、プレミアリーグ第37節でアストン・ビラはリバプールをホームに迎えた。
トップ4フィニッシュを目指すアストン・ビラ。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場を目指す中で4位につけており、3位のリバプールとの上位対決となった。

試合は開始早々にオウンゴールで失点して始まったが、12分にユーリ・ティーレマンスのゴールで追いつく。しかし、前半のうちに勝ち越しを許すと、後半早々にも失点。1-3とリードを広げられてしまった。

負ければ4位確保に暗雲が立ち込める可能性もある中、シーズンのホームラストマッチということもありサポーターが後押し。すると85分にジョン・デュランが1点を返すと、88分にもデュランがネットを揺らし土壇場で追いつくことに成功。その後も短い時間で逆転を目指したが、3-3の引き分けに終わった。
試合後、エメリ監督はドローを振り返り、残り1節への想いを語ると共に、サポーターの後押しが大きかったとした。

「日曜日にはクリスタル・パレスとの試合が1試合残っている。今日は勝ち点3を獲得するチャンスがあったのに、それを達成できなかった。だから、モチベーションは高い」

「我々はリバプールと対戦した。彼らは非常に誠実にプレーし、非常に良い競争をした。彼らを祝いたい」

「サポーターの感情を利用し、全力でプッシュする必要があった時、いつもより混乱したプレーをしたにも関わらず、我々は非常に良く戦った」

「我々は2ゴールを決めて引き分けた。終盤でもムサ・ディアビにチャンスを与え、勝ち点3を獲得するチャンスがあった」

「私はサポーターをとても誇りに思う。我々がここにいる様子、みんながどう感じているのか、そして我々がどのようにエネルギーと情熱をサポーターに伝えられたのかを誇りに思う」

また、残り1節で勝ち点68の4位。5位のトッテナムは1試合消化が少ない状況で、勝ち点差は「5」。14日にはトッテナムは優勝を争うマンチェスター・シティとの戦いが控えている。

仮にトッテナムが勝利しても、最終節で自力で4位になれるアストン・ビラ。しっかりと週末のクリスタル・パレス戦へ準備をするとした、

「それは我々の手中にあるし、明日は自分たちの仕事に集中しなければならない。我々は朝トレーニングし、リカバリーし、日曜日の試合に向けて備えるつもりだ」

「今日の試合と対戦相手のクリスタル・パレスを徹底的に分析していく」

「我々が持っているオプションを手にするため、強い気持ちでそこに向かいたいと思う」




PR
1 2
関連ニュース

ユベントス、イタリア代表DFカンビアーゾとの契約を2029年まで延長

ユベントスは24日、イタリア代表DFアンドレア・カンビアーゾ(24)との契約延長を発表した。新契約は2029年6月30日までとなる。 2022年夏にユベントス加入。初年度はボローニャへレンタル移籍で出されるも、今シーズンからチームに復帰すると完全に主力へと定着して、ここまでセリエAで34試合2ゴール3アシスト、コッパ・イタリアで5試合1ゴール3アシストの成績を残している。 また、今年3月にイタリア代表へ初選出されると、同月21日のベネズエラ代表との国際親善試合で代表デビュー。ここまで2試合に出場しており、先日発表されたユーロ2024に向けたイタリア代表候補メンバーにも選出されていた。 なお、カンビアーゾには戦力増強を目指すアストン・ビラが、今夏の獲得に向けて4000万ユーロ(約67億8000万円)のオファーを提示していたが、ユベントスはこれを拒否。選手本人もユベントスでのキャリア継続を希望しており、今回の契約延長によって来季以降も残留することが濃厚となった。 2024.05.25 06:30 Sat

ユーロ欠場のザニオーロ、中足骨骨折の手術敢行で全治6~8週間

アストン・ビラのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロがミラノで手術し、全治には6~8週間を要するとのことだ。イタリア『スカイ』が報じている。 ザニオーロは14日に行われたプレミアリーグ第37節のリバプール戦で65分から途中出場するも、接触プレーで足を痛め79分にピッチを退いていた。診断の結果は左足第5中足骨の骨折で、既に自身のインスタグラムでユーロ欠場を明言していた。 レンタル先のアストン・ビラでは思うような活躍ができなかったザニオーロ。最後には負傷にも泣かされ、ユーロ欠場と失意のシーズンとなってしまった。 なお、新シーズンは所属元のガラタサライに復帰する形となるが、ユース時代を過ごしたフィオレンティーナが獲得に乗り出すとの報道が出ている。 2024.05.23 07:00 Thu

6月中に主力売却が必要も…アストン・ビラはJ・ラムジー売却に消極的

アストン・ビラはビッグクラブからの関心受けるU-21イングランド代表MFジェイコブ・ラムジー(22)について、売却を拒否する方針のようだ。 今シーズン、ウナイ・エメリ監督の下で快進撃を見せ、プレミアリーグ4位フィニッシュを飾ったビラ。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を手にし、クラブやファンは歓喜に包まれた。 一方、ピッチ外では巨額の損失を抱えていることもあり、このままだとプレミアリーグの利益と持続可能性に関する規則(PSR)に抵触する可能性も。勝ち点はく奪など最悪なケースを回避するためにも、今年6月までに主力売却で資金を作る必要性が報じられている。 こうした中で、他クラブから高い人気を誇っているのがJ・ラムジーだ。今シーズンは度重なる負傷に苦しめられプレミアリーグ16試合1ゴール1アシストの成績にとどまっているが、巨大なポテンシャルへの評価は変わらず。トッテナム、ニューカッスル、リバプールなどのクラブが関心を示している。 しかし、イギリス『テレグラフ』によると、ビラはJ・ラムジーの売却を検討していない模様。クラブはまずDFジエゴ・カルロス(31)らの売却を進める方針であり、J・ラムジーへのオファーに耳を傾けるとすれば、他選手の売却がうまくいかなかった場合に限るようだ。 J・ラムジー自身は、下部組織時代から所属したビラに留まり、来シーズンCLの舞台に立つことを熱望。そのため、現時点では来シーズンもビラでプレーする可能性が高いと考えられる。 2024.05.22 12:50 Wed

CL参戦決定のアストン・ビラが余剰戦力を整理中…デンドンケルはエバートンへ?

アストン・ビラがベルギー代表MFレアンデル・デンドンケル(29)の売却を水面下で進行中だ。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)参戦を掴んだアストン・ビラ。ウナイ・エメリ体制下で野心あふれる補強に動き、一瞬たりとも後退せずにチーム力を上げてきての大きな成果だ。 そして、莫大なCL収益も手に入れたことで、今夏のさらなる補強が濃厚か。ただ、買いには売りが必須。イギリス『フットボール・インサイダー』いわく、レンタル放出中のデンドンケルをたとえ格安でも売却する見込みだという。 デンドンケルはベルギー代表歴も豊富なセントラルハーフ。22年のカタールW杯も2試合にスタメン出場したが、ビラでは同時期にエメリ監督が就任…これを境に少しずつ序列を落とし、とうとう今年1月にナポリへ貸し出された。 ナポリは買い取りオプションを保有も、ここまでリーグ戦3試合計21分間のプレーにとどまるデンドンケルを買い取るアイデアなどなく、ビラへの返却を決定済み。同選手を構想外とするビラは今夏で完全移籍させる方針を立てた。 そこへエバートン。 深刻な経営難により、人気銘柄のベルギー代表MFアマドゥ・オナナ(22)を今夏で売却するとみられる彼らは、後釜としてオナナにA代表でポジションを奪われたデンドンケルに照準…給与のすり合わせで課題があるようだが、ビラからはゴーサインを貰っているようだ。 ビラは、同じく構想外でアル・ドゥハイルへレンタル放出中の元ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(31)についても、今夏の売却を進行中とみられている。 2024.05.21 14:15 Tue

来季CLのアストン・ビラ、ルートンで挽回のバークリー再獲得に接近か

ルートン・タウンの元イングランド代表MFロス・バークリー(30)に対して、アストン・ビラ復帰の可能性が浮上している。 若き頃にエバートンで期待され、チェルシーにステップアップ移籍を遂げたバークリーだが、鳴かず飛ばずに。その後、ビラのほか、リーグ・アンのニースにまで出番を求め、昨夏にたどり着いたのがプレミアリーグ昇格のルートンだった。 そのルートンは結果的に1年でのチャンピオンシップ降格となってしまったが、バークリーは公式戦37試合の出場で5得点6アシストをマーク。存在感を大きくする活躍ぶりから、今夏に他クラブが獲得に乗り出すのではとされるところだ。 イギリス『ガーディアン』によると、マンチェスター・ユナイテッドの関心も噂されるが、古巣ビラがバークリーとの再契約に接近。バークリーとルートンの契約期間はクラブによって伏せられた状況だが、来季までと目されるという。 チャンピオンズリーグ(CL)出場の来季に向け、2枚の中盤にサイドバック、そして前線を探すビラだが、収益性と持続可能性に関する規則(PSR)を意識した補強が必要とのことで、低予算でのバークリー獲りは願ったり叶ったりといえる。 ビラはアル・ドゥハイルに貸し出す元ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの売却も模索しながら、チェルシーのイングランド代表MFコナー・ギャラガーにも興味を示すというなか、バークリーは4年ぶりの復帰となるのだろうか。 2024.05.21 12:50 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly