ユナイテッド移籍が決着つかずのニューカッスルSD、第三者機関に決定を仰ぐ

2024.04.26 15:55 Fri
Getty Images
ニューカッスル・ユナイテッドのスポーツディレクター(SD)を務めるダン・アシュワース氏(53)がマンチェスター・ユナイテッド行きの滞りを解消すべく、第三者に決定を仰ぐようだ。イギリス『The Athletic』が報じた。
PR
今夏を迎えるにあたり、共同オーナーに就任したジム・ラトクリフ氏のもとで組織改革が続くユナイテッド。オマル・ベラダ氏に続いて、ジェイソン・ウィルコックス氏の引き抜きに成功し、アシュワース氏とも長らく紐づく。
アシュワース氏に関しては今年2月の時点でユナイテッド行きため、退団を申し出たが、ニューカッスル側は2025年まで残る契約も盾に強気な姿勢。補償金として2000万ポンド(約39億円)の要求を譲らずといわれる。

ユナイテッドは応じるつもりがなく、アシュワース氏はニューカッスルからガーデニングリーブ(即座の競合会社行きを阻むために与える有給の長期休暇)を命じられ、休職状態に。そこで同氏が仲裁に持ち込むという。

開始は5月からで、数週間ほど続くと予想。第三者機関の介入によって新たな展開を迎えそうだが、果たして。

PR
関連ニュース

「離れたくなんかない」 渦中のブルーノがユナイテッド愛を語る…一方でクラブとの野心一致も求む

ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスがマンチェスター・ユナイテッド愛を口にした。イギリス『BBC』が報じている。 2020年1月にスポルティングCPから加わってからというもの、今季から主将の大役も託され、すっかりとチームの中心と化すブルーノ。今季も公式戦47試合で15得点12アシストでチームを引っ張る。 ただ、今季のユナイテッドはプレミアリーグでクラブワーストの8位に終わったりと失意のシーズンとなり、新たに就任したジム・ラトクリフ共同オーナーのもと、この夏に大きく動くと推察される。 その流れでブルーノの将来にもオファー次第で移籍の可能性が取り沙汰され、いくつかの発言でも不透明感が漂うが、『the Players' Tribune』でユナイテッドに対する愛着を語った。 「僕は世界中のどこよりもオールド・トラッフォードに足を踏み入れるのを愛している。離れたくなんかない。これ(ユナイテッドでのプレー)は僕にとって、常に究極の夢なんだ」 そのなかで、「とにかく自分とクラブが求めるものを一致させたいだけだ」と今のユナイテッドが目指すものと自身が抱く野心をすり合わせる必要性も説いた。 「どんなファンと話をしても、口を揃えて言うだろうけど、リーグ戦で争ったり、チャンピオンズリーグでプレーしたり、カップ戦のファイナルに辿り着きたい。それこそが僕らのスタンダードだ」 また、FAカップこそ決勝に進出したが、上述したプレミアリーグの結果も含めた今季にも「もどかしいよ。誰もがそう感じているんじゃないかな? それが今季を表す唯一の言葉だ」と述べた。 「僕に聞こうが、ファンに聞こうが、同じことを言うだろうね。大一番に勝った瞬間は何度もあったし、これをベースにしていくぞって感じだったけど、そうならなかった」 2024.05.25 11:55 Sat

解任予想のテン・ハグ監督だが…「ユナイテッドでの将来が確約済み? そんなの不要」

解任の未来が取り沙汰されるマンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督(54)だが、続投を示唆した。 今季で率いて2年目になるテン・ハグ監督だが、ケガ人の多さにも狂わされ、失意のシーズンに。FAカップ決勝こそ勝ち進むが、連覇がかかったカラバオカップ、チャンピオンズリーグで早々に敗退し、主戦のプレミアリーグではクラブワーストの8位で終戦した。 今季を少しでも良い形で締めるという意味でも、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権もかかるFAカップが挽回のラストチャンスとして残るが、イギリス『ガーディアン』で25日に行われる決勝の結果に関係なく、解任されるのではないかとの見方が強まる。 そんなオランダ人指揮官だが、イギリス『BBC』によると、23日の試合前会見で「来週に自身の将来を巡ってクラブと話し合いか?」を問われると、こう話した。 「いや、もうしたし、日曜日から休暇に入るつもりだ。私はそれに値すると思う」 また、「契約が来季まで残るクラブでの将来が確約済みか?」との問いにも「そんなの不要だ。我々は来季に向けて頑張るよ」と返した。 2024.05.25 10:05 Sat

ユナイテッドがテン・ハグ監督解任を決断と現地報道…FAカップの結果は関係なく終了後に解任へ

マンチェスター・ユナイテッドが、エリク・テン・ハグ監督(54)の解任を決断したようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えた。 今シーズンはプレミアリーグで不安定な戦いに終始し、プレミアリーグになってから過去最低の8位でフィニッシュしたユナイテッド。FAカップは決勝まで残っており、今週末にプレミアリーグを4連覇したマンチェスター・シティと対戦する。 ユナイテッドは、FAカップで優勝しなければ来シーズンのヨーロッパの大会に出場できない状況。新オーナーを迎え、心機一転図りたい中で、つまづいた出出しになる可能性がある。 そんな中、『ガーディアン』によれば、ユナイテッドはFAカップの結果など関係なく、テン・ハグ監督を今シーズン限りで見切ることを決定したという。 2022年7月1日からユナイテッドで指揮を執るテン・ハグ監督。この2シーズンは困難に巻き込まれ続けていたが、昨年はプレミアリーグで3位、EFLカップ(カラバオカップ)で優勝を果たしたが、今シーズンはリーグで苦しい戦いが続いた。 今回の解任は新たなオーナーになるジム・ラトクリフ氏らの決断だとみられている。 なお、後任候補には、バイエルンの監督を退任するトーマス・トゥヘル監督や、チェルシーの監督を退任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督、イプスウィッチ・タウンをプレミアリーグ昇格に導き、過去にはユナイテッドでアシスタントコーチも務めていたキーラン・マッケンナ監督、ブレントフォードのトーマス・フランク監督、昨シーズン途中までチェルシーを指揮したグレアム・ポッター氏らが浮上している。 2024.05.24 23:05 Fri

EL出場権獲得もかかるFA杯決勝へ…テン・ハグ監督「簡単ではないがチャンスある」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がFAカップ制覇に向け、意気込んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 チャンピオンズリーグ(CL)はグループステージ最下位で敗退、プレミアリーグは8位フィニッシュと失意のシーズンを送ったユナイテッド。25日には挽回のラストチャンスとなるFAカップ決勝のマンチェスター・シティ戦が控える。 2年連続でファイナルでのマンチェスター・ダービーに臨むテン・ハグ監督は試合に向けた記者会見でタイトル獲得の重要性を強調。来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権もかかるなか、昨シーズンのEFLカップ(カラバオカップ)に続くタイトルへのラストチャンスを掴むつもりだ。 「トロフィーを獲得することが全てであり、我々にはその大きなチャンスがある。過去10年間、このクラブはあまりトロフィーを獲得していないが、この2年で2つのトロフィーを獲得するチャンスがある」 「うまくいかなかったシーズンだが、我々はこのような状況にあり、チャンスはある。決して簡単ではないが、我々はそこを目指して戦わなければならないし、目指すつもりだ」 「昨シーズンもやったように信じなければならない。そして知っての通り、我々は強い相手に対して度々ベストなサッカーをしている。土曜日もそれができると期待している」 また、今シーズンは不調のまま終わろうとしているFWマーカス・ラッシュフォードについてもコメント。ユーロ2024に臨むイングランド代表の候補メンバーからも外れたが、この悔しさをバネにしていると語った。 「彼は調子が良さそうだ。キャリアには浮き沈みがあるが、落ち込みもエネルギーになる。トレーニングでそれを目にした」 「彼は非常にやる気に満ちているだろうし、自らの足でそれを語るはずだ。彼には大きな才能があるし、すでに素晴らしいキャリアを築いている。これを乗り越え、さらに多くのゴールを決めていくと確信している」 2024.05.24 18:59 Fri

「ただの雑音」…ホイルンド、ユナイテッド同僚が自身に「パス出さない」報道に言及

デンマーク代表FWラスムス・ホイルンドが、一部メディアで報じられるマンチェスター・ユナイテッドのチームメイトが「パスを出さない」との記事に対してリアクションを示した。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 昨夏、アタランタから新エースストライカー候補として鳴り物入りでの加入となったホイルンド。加入1年目は公式戦42試合に出場し、プレミアリーグでの10ゴールを含む16ゴールを挙げた。 ただ、ケガの影響などもあってプレミアリーグ初ゴールを挙げるまで4カ月以上を要し、出場6試合連続ゴール後は次のゴールを挙げるまでに8試合を要するなど好不調の波が目立った。 そういったネガティブな面もあり、先日にイギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』は「ユナイテッドのあるメンバーは、ホイルンドのゴール前でのもたつきのせいで、数人のプレーヤーがファイナルサードで別の解決策を模索している、と内通者に語っている」と、同選手の能力を疑うユナイテッドのチームメイトがアタッキングサードでパスを出すことに消極的であると報じた。 また、マンチェスターのお膝元メディアは昨年12月にもプレミアリーグで無得点が続いてたホイルンドに対して、一部のチームメイトが疑問を抱いているとも報じていた。 一連の報道に対して、沈黙を貫いてきたホイルンドだったが、デンマーク『Tipsbladet』の直近のインタビューで、この一件に初めて言及。同メディアの主張が事実無根であると真っ向から否定してみせた。 「そんな記事は理解できない。自分が正しい位置にいれば、ボールをもらえると感じているよ」 「もう少しボールを受けたいと思った時もあるけど、いつもそれができるわけではないんだ。これはただの雑音だし、僕がシャットアウトしなければならないことのひとつの例だと思うよ」 さらに、アタランタ時代に比べて注目度の高さが別格であり、ゴシップ大国という側面もあるイングランドでの1年間のプレーを通じて、「ストーリーの90~95%はナンセンスなもので、ストーリーをフィルタリングする必要がある。それらを分類することを学ばなければならなかったよ」と、現在はそういった憶測や悪意のある記事に対して、必要以上にメンタル面を揺さぶられることはなくなったと語っている。 2024.05.24 18:15 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly