ユナイテッドSD就任噂のアシュワース氏、ブライトン時代に共闘のマコーレー氏をチェルシーから呼び寄せる方針か

2024.02.18 19:30 Sun
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッド行き噂のダン・アシュワース氏(52)には、信頼する“右腕”がいる。イギリス『サン』が伝えている。
PR
ユナイテッドのジム・ラトクリフ氏が新たなスポーツ・ディレクター(SD)としてニューカッスルからの引き抜きを目指しているアシュワース氏。ブライトン&ホーヴ・アルビオン時代に日本代表MF三笘薫の獲得を先導した人物だ。
そんなアシュワース氏、一部ではすでにユナイテッド行きに同意しているとの報道もあるなか、ブライトン時代に共闘したスコットランド人スカウト、カイル・マコーレー氏(37)を右腕として呼び寄せる考えだという。

マコーレー氏は現役時代にアバディーンなどでプレーも、2010年に24歳でプロキャリアを切り上げ、学業に専念。北欧スウェーデンで分析官としてキャリアを拓き、スウォンジーを経由してブライトンへ。当時のグレアム・ポッター監督がチェルシーへ引き抜かれたのを機に、現在もチェルシーに残ってスカウトとして勤務する。

また、ユナイテッドはチャンピオンシップ(イングランド2部)のイプスウィッチ・タウンでテクニカル・ディレクター(SD)を務めるサム・ウィリアムズ氏(36)もリクルート班で招へいする方向。同氏は元々ユナイテッドの下部組織でスカウトを務めていた人物だ。

PR
関連ニュース

マルシャルのユナイテッド退団が決定、9シーズンで317試合90ゴール「今まで本当にありがとう、そしてまた会おう」

マンチェスター・ユナイテッドは28日、元フランス代表FWアントニー・マルシャル(28)の退団を発表した。 マルシャルは2015年9月にモナコから完全移籍で加入。ユナイテッドでは9シーズンを過ごし、公式戦317試合に出場し90ゴールを記録した。 ユナイテッドではヨーロッパリーグやFAカップ、EFLカップを2度優勝。コミュニティシールドを含め5つのトロフィーを手にした。 2022年1月からは半年間セビージャへのレンタル移籍を経験。今シーズンはケガに悩まされる時間が長く、プレミアリーグで13試合に出場し1ゴールに終わり、チャンピオンズリーグ(CL)でも4試合で1アシストに終わっていた。最後の試合は2023年12月9日のボーンマス戦だった。 クラブの発表に先立って、自身のインスタグラムで退団を表明。ファンへ向けて、メッセージを残している。 「マンチェスター・ユナイテッドはいつも僕の心の中にある。このクラブは僕のキャリアに足跡を残し、ファンの前でプレーする素晴らしい機会を提供してくれた。僕は新たな挑戦をするため、去ることになる。僕は常にレッドデビルであり、情熱を持ってクラブの結果を見守り続けたい」 「今まで本当にありがとう、そしてまた会おう。 愛情を込めて、アントニー・マルシャル」 2024.05.28 21:40 Tue

テン・ハグ監督解任も検討中のユナイテッド、後任候補にデ・ゼルビ監督が浮上か

マンチェスター・ユナイテッドが、ブライトン&ホーヴ・アルビオンを退任となったロベルト・デ・ゼルビ監督(44)の招へいを検討しているようだ。 ユナイテッドは2年目を迎えたエリク・テン・ハグ監督の下で今シーズンに臨んだが、プレミアリーグではクラブワーストの8位フィニッシュ。チャンピオンズリーグ(CL)もグループステージを最下位で敗退に終わるなど、失意の時期が続いた。 それでも、FAカップではライバルのマンチェスター・シティを下して見事に優勝。これによりヨーロッパリーグ(EL)出場権を掴み、来季も欧州カップ戦に出場できることとなった。 とはいえ、それだけでテン・ハグ監督の続投が決定とはならず。現時点で去就は不透明であり、指揮官自身も今後について問われた際は「わからない」と言葉を濁している。 そんな中、イギリス『デイリー・メール』によると、ユナイテッドはテン・ハグ監督を解任した場合の後任として、デ・ゼルビ監督への関心を強めているとのこと。すでに代理人を通じて接触を図っている模様だ。 デ・ゼルビ監督は2022年9月にブライトンの指揮官に就任すると、2022-23シーズンはクラブ史上最高位となるプレミアリーグ6位フィニッシュ。クラブ初となるヨーロッパリーグ(EL)出場を果たすと、今シーズンはそのELでラウンド16に進出していた。 しかし、プレミアリーグでは多くの負傷者が生じたこともあって、昨シーズンほどの結果は残せず。11位でシーズンを終えると、直後にブライトンの指揮官退任が発表された。 ユナイテッドはデ・ゼルビ監督以外に、ブレントフォードのトーマス・フランク監督(50)や、バイエルンを退任したトーマス・トゥヘル監督(50)、チェルシーを退任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督(52)も候補としている模様。仮にテン・ハグ監督解任となれば、今回の移籍市場がオープンする前に指揮官が決まるかどうかが注目される。 2024.05.28 17:20 Tue

ビッグクラブから関心集中も、マッケンナ監督はイプスウィッチとの長期契約決断か

イプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督(38)は、チームに残留する見通しとなったようだ。 かつてマンチェスター・ユナイテッドに5年ほど在籍し、U-18チームの指揮官やファーストチームのアシスタントコーチを務めていたマッケンナ監督。2021年12月、当時リーグ1(イングランド3部)に所属していたイプスウィッチの指揮官に就任した。 キャリア初のトップチーム監督となったマッケンナ監督は、そこから一気にチームを押し上げることに。2022-23シーズンに2位でチャンピオンシップ(イングランド2部)昇格を果たすと、今シーズンも安定した戦いでチャンピオンシップ2位にチームを導き、プレミアリーグ昇格を達成した。 瞬く間にイプスウィッチをトップリーグまで押し上げたマッケンナ監督には、ビッグクラブからの関心が集中。これまでチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドが招へいを検討と報じられていた。 しかし、イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者によると、マッケンナ監督はイプスウィッチで引き続き指揮を執る決断を下したとのこと。現在はクラブと長期契約について交渉中であり、近いうちに新契約が締結される模様だ。 チームを2年連続昇格へと導いた最大の立役者が残留となれば、来シーズンのプレミアリーグでもイプスウィッチの戦いには大いに期待できるだろう。 2024.05.28 16:20 Tue

テン・ハグ続投か解任か…ユナイテッド上層部がその前にシーズンレビューへ

マンチェスター・ユナイテッドがエリク・テン・ハグ監督(54)の進退を決める前に今季の振り返りを行うようだ。 プレミアリーグでクラブワーストの8位で終戦するなど、失意の1年に変わりないが、FAカップを制して締めくくったユナイテッド。そのおかげでFAカップ経由でヨーロッパリーグ(EL)出場権を掴み、来季も欧州カップ戦出場が決まった。 テン・ハグ監督もこれで就任から2年連続のタイトルに導いたわけだが、FAカップ決勝前の段階から優勝するか否かに関係なく解任との見方も…。そして、決勝後の監督自身も今後を問われると、「わからない」と不透明さを認める。 そのなか、イプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督をはじめ、後任探しの動きも取り沙汰されるユナイテッドだが、イギリス『The Athletic』によると、来週にシーズンレビューを行い、次のステップを決める見通しだ。 その場ではテン・ハグ監督の業績も議題に挙がり、共同オーナーのジム・ラトクリフ氏やスポーツディレクター(SD)のデイブ・ブレイルスフォード氏からなる上層部が今季のあらゆる側面を客観的にジャッジしていくという。 2024.05.28 13:40 Tue

「マンチェスター・ユナイテッドはいつも心の中に」契約満了のマルシャルが9年過ごしたクラブに別れのメッセージ「すべてに心から感謝」

マンチェスター・ユナイテッド退団に向かう元フランス代表FWアントニー・マルシャル(28)が、ファンに向けて別れのメッセージを投稿した。 2015年夏にモナコからユナイテッドに加わったマルシャル。その巨大なポテンシャルには大きな期待が寄せられ、2019-20シーズンにはプレミアリーグで17ゴールを記録するなど活躍したが、負傷の多さや運動量の少なさもあって、徐々に出場機会は減少した。 今シーズンはFWラスムス・ホイルンドの加入もあってさらなる序列低下となり、プレミアリーグでは13試合に出場するもスタメンはわずか5試合のみに。今年1月にグロインペインの手術を受けた影響もあり、昨年12月に行われた第16節のボーンマス戦が今シーズン最後の出場になった。 そんなマルシャルとクラブの契約は今シーズン限りも、延長に向けた交渉は開かれず、退団は決定的に。そんな中で、マルシャルは自身のインスタグラムを更新。クラブからの退団を明言しつつ、ファンへの感謝を綴っている。 「親愛なるマンチェスター・ユナイテッドファンのみんな、今日はとても感慨深い気持ちで別れの手紙を書くことになる。 クラブで素晴らしい9年間を過ごした後、僕のキャリアは新たなページをめくる時が来た」 「2015年に加入し、このシャツを着て、世界最高のサポーターであるみんなの前でプレーできたことは本当に光栄だ! 良い時も困難な時も、君たちは揺るぎない支えになっていた。ファンの情熱と忠誠心は、僕にとって常にモチベーションの源だったよ」 「みんなが僕にしてくれたこと、そのすべてに心から感謝したい。ファンの歌、励まし、そしてクラブへの愛は、僕の心に永遠に刻まれる思い出だ。そして、ここでの9年間で出会ったすべてのチームメイト、テクニカルスタッフ、そしてクラブのすべてのメンバーに感謝の意を表したい。こうした経験を共有できたことは誇りだ」 「マンチェスター・ユナイテッドはいつも僕の心の中にある。このクラブは僕のキャリアに足跡を残し、ファンの前でプレーする素晴らしい機会を提供してくれた。僕は新たな挑戦をするため、去ることになる。僕は常にレッドデビルであり、情熱を持ってクラブの結果を見守り続けたい」 「今まで本当にありがとう、そしてまた会おう。 愛情を込めて、アントニー・マルシャル」 2024.05.28 10:20 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly