ジルーのLAFC加入決定的に! 仏代表の元同僚ロリスと共闘へ

2024.04.24 07:18 Wed
ジルーがロリスと共闘へ
Getty Images
ジルーがロリスと共闘へ
ミランのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(37)のロサンゼルスFC(LAFC)移籍が決定的となった。

移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、今シーズン限りでミランとの契約が満了を迎えるジルーは、先月にLAFC移籍に向けて口頭合意。そして、このたび2025年12月末までの契約にサインし、近日中にも移籍完了が正式にアナウンスされる見込みだという。
ジルーは2021-22シーズンにチェルシーからミランへ加入。30代半ばに差し掛かっての加入だったが、いきなり11年ぶりのスクデットに貢献し、今季まで3年間エースの座を譲らず。ここまでクラブ通算127試合47ゴール20アシストをマークし、数字以上の貢献度も全世界のミラニスタが認めるところ。

また、フランス代表では通算131試合57得点。ティエリ・アンリ氏らを抜いて同国歴代最多得点者であり、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)制覇も経験している。今夏のユーロ2024を最後に、代表キャリアも終止符を打つとみられている。

なお、LAFCには元フランス代表GKウーゴ・ロリスが今年1月に加入しており、ジルーの加入によってフランス代表の歴代最多出場記録保持者と歴代最多得点者が共闘することになる。

オリヴィエ・ジルーの関連記事

ミランがアトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)を射止めたようだ。 パウロ・フォンセカ体制となる新シーズンを迎えるにあたり、退団した元フランス代表FWオリヴィエ・ジルーに代わるストライカーを探るミラン。当初は躍進ボローニャの一角を担ったオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)を狙ったが、マンチェスター・ユナイテッド移籍が決まり、新たに浮上したターゲットがモラタだった。 さらにドルトムントのドイツ代表FWニクラス・フュルクルクで厚みをもたせようとする動きも取り沙汰されるミランだが、イタリア『スカイ』によると、モラタ獲得が間近に。モラタは17日までにミランのメディカルチェックを受ける見込みという。 ミランはアトレティコに1300万ユーロ(約22億4000万円)の契約解除金を支払っての獲得になり、モラタとは1年延長オプション付きの4年契約になる模様。アトレティコ会長のエンリケ・セレソ氏からも移籍を認める発言が飛び出したといい、移籍秒読みのところまでくるようだ。 先のユーロ2024ではスペインの主将として、大会最多4度目の優勝に貢献したモラタ。ミラン行きとなれば、ユベントスに所属した2021-22シーズン以来のイタリア帰還となる。 2024.07.16 09:25 Tue
昨季限りでミランを退団したFWオリヴィエ・ジルー(37)がフランス代表からの引退を発表した。 ユーロ2024をベスト4で終えた37歳FWは15日、自身の公式インスタグラムを通じて代表引退を表明した。 「あれは2018年7月15日だった。ワールドカップを制覇してから6年後の今日、フランス代表に別れを告げる恐ろしい瞬間がやってきた」 「思い出が蘇る瞬間だ…。1998年7月12日、私は12歳だった。フランスがワールドカップを優勝の夜、いつか自分もワールドカップチャンピオンになると心に誓った。それから13年後の2011年11月11日、私の夢は実現した。青いジャージを着てフランスを代表できることをとても誇りに思う!」 「このチームに加わって、選手やスタッフと本当の家族のような関係を築けました。喜びも失望も、勝利も敗北も、笑いも涙も経験しながらも、常に団結し、お互いに支え合ってきた。私たちは、ディディエ・デシャン監督という一人の男に見守られながら、切っても切れない仲間になった」 「デシャン監督の信頼に感謝したい。浮き沈みはあったものの、143試合に出場して57ゴールを挙げ、私がレ・ブルーの歴代得点王になるのを助けてくれた。また、親切心とプロ意識によって私たちの安全と健康状態を保証してくれたすべての裏方たちにも感謝したい」 「フランス代表での私のキャリアは、常に順調だったわけではない。疑心暗鬼に陥り、批判に苦しむこともあったが、心の底では信じることを止めなかった。努力、謙虚さ、そして祈りによって、困難な時期を乗り越えることができた。また、妻と4人の素晴らしい子供たちの揺るぎないサポートのおかげで、私はいつも、そのたびにさらに強くなるために戦う強さを見出してきた」 「心から感謝しているファンのことも忘れられない。彼らに多くの幸せをもたらすことができたことを嬉しく思う。私の記憶には4つの日付が刻まれている。まず、2013年11月19日、ウクライナ代表を3-0で下したときの聖地での一戦だ」 「次にユーロ2016の決勝戦。決勝戦での敗北は、チームにとって忘れられない思い出のひとつとなった。フランス代表の最大の失望の1つとして語り継がれるであろう決勝戦での敗北にもかかわらず、私たちは大会を通して忘れがたい人間ドラマを経験した」 「そして2018年7月15日…最高の瞬間!私たちの生涯の目標だったあの瞬間だけは、忘れられない。私は今でも私たちがお互いの腕の中に倒れ込み、こう叫んだ瞬間を今でも覚えている!そう、私たちはやり遂げた。私たちは世界チャンピオンになったのだ!」 「最後に2022年ワールドカップ。決勝で敗れた大きな失望にもかかわらず、この大会は私のキャリアで最も強烈な思い出のひとつとなった。私は3ゴールを挙げてティエリ・アンリの記録を塗り替えた。さらにイングランド代表戦では4ゴール目を決め、準決勝進出を決めたんだ」 「今、私の人生の一ページが閉じようとしている…。私は新たな冒険へと飛び立つ。これからはレ・ブルーの一番のサポーターになる。13年間仕えたこのフランスの代表は、私の心に永遠に刻まれ続けるだろう。私の最大の誇りであり、最高の思い出だ」 2011年11月にに行われたアメリカ代表戦でフランス代表デビューを飾ると、以降はFWFアントワーヌ・グリーズマンらと共に長らく代表の主力に君臨。 2014年大会から3大会連続でワールドカップ本大会に出場。2012年大会から4大会連続でユーロ本大会にも出場。2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)優勝や2022年のカタールW敗準優勝、2016年のユーロ準優勝などに貢献した。 なお、通算137試合出場はウーゴ・ロリス(145試合)、リリアン・テュラム(142試合)に次ぐ歴代3位で、通算57ゴールは歴代最多得点記録となっている。 2024.07.16 07:00 Tue
ミランがドルトムントのドイツ代表FWニクラス・フュルクルク(31)の獲得に動き出したようだ。 フランス代表FWオリヴィエ・ジルー(37)の退団により、センターフォワード補強を進めるミラン。アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)との交渉を進め、迎え入れられるかどうかは本人の決断次第となっている。 しかし、ミランはもう1人ストライカーを確保したい意向とのこと。イタリアの移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、フュルクルクを確保すべく最初の接触を図ったという。 メディカルチェックで問題が見つかったものの、ドルトムントはシュツットガルトのギニア代表FWセール・ギラシー(28)との契約に着手。これを快く思っていないフュルクルクは退団を検討しているという。 一方、ドイツ『スカイ・スポーツ』のパトリック・ベルガー氏はディ・マルツィオ氏の報道を引用しつつ、具体的なことはまだ何も起きていないと主張。ドルトムントのヌリ・シャヒン新監督はユーロ2024に参戦していたフュルクルクと電話で良好なやり取りを交わし、ギラシーとの両立も頭にあるようだ。 フュルクルクは2023年夏にブレーメンからドルトムントへ移籍。加入1年目から公式戦46試合16ゴール10アシストの成績を残し、今回のユーロを含め、ドイツ代表でも存在感を放っている。 フュルクルクとドルトムントの契約は2026年6月まで。なお、ミランはローマの元イングランド代表FWタミー・エイブラハム(26)への関心も取り沙汰されている。 2024.07.14 14:23 Sun
ミランがローマの元イングランド代表FWタミー・エイブラハム(26)に関心を示しているようだ。 エイブラハムはチェルシー時代の2019-20シーズンにプレミアリーグ15得点を記録するなど活躍。安定した出場機会を求めて21-22シーズンからローマに完全移籍すると、主力としての地位を確保していた。 しかし、2023年6月に左ヒザ前十字じん帯を断裂。この大ケガによって昨シーズンの大半を棒に振ってしまうと、終盤に復帰したものの公式戦12試合1得点1アシストの成績に終わった。 新シーズンに復活を期したいエイブラハム。そんな中で、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ミランが獲得に強い関心を示しているようだ。 ミランは長くチームを支えてきたFWオリヴィエ・ジルーが退団。パウロ・フォンセカ監督が新たに就任したチームはストライカーを探しており、エイブラハムは有力な候補になっているという。 また、ミランはエイブラハムと並行してアトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)獲得に向けた交渉も進行中。とはいえ、仮にモラタの獲得が実現したとしても、エイブラハムへの関心は継続すると報じられている。 2024.07.13 11:10 Sat
ミランはアトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)からの返事を待っているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 フランス代表FWオリヴィエ・ジルーが退団し、今夏はセンターフォワード補強が必須のミラン。ボローニャのオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)は確保に至らず、モラタが新たなターゲットに浮上していた。 ローマが動く可能性もにわかに取り沙汰されたようだが、現在、獲得レースに参加しているのはミランだけとのこと。年俸550万ユーロ(約9億5000万円)の4年契約でモラタと合意し次第、契約解除金1300万ユーロ(約22億5000万円)を払う意思をアトレティコに伝えるという。 万事うまく進めば、ユーロ2024が幕を閉じた後の16日から17日にかけてメディカルチェックが行われる予定。ミラン移籍かアトレティコ残留の2択に絞っているというスペイン人ストライカーは、その後バカンスへ向かい、ユーロも含めこの1年で溜まった疲れを癒やすようだ。 ミラン加入が決まれば、ユベントスを退団した2022年夏以来2年、2年ぶりのイタリア帰還に。2023-24シーズンはラ・リーガで32試合15ゴール4アシストの成績を残していた。 なお、アトレティコはモラタの後釜を検討中。ジローナのウクライナ代表FWアルテム・ドフビク(27)とパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWランダル・コロ・ムアニ(25)が候補に挙がっている。 2024.07.12 22:18 Fri

記事をさがす

オリヴィエ・ジルーの人気記事ランキング

1

ミランがさらなるストライカー補強へ…ドルトムントのドイツ代表FWフュルクルクに接触か

ミランがドルトムントのドイツ代表FWニクラス・フュルクルク(31)の獲得に動き出したようだ。 フランス代表FWオリヴィエ・ジルー(37)の退団により、センターフォワード補強を進めるミラン。アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)との交渉を進め、迎え入れられるかどうかは本人の決断次第となっている。 しかし、ミランはもう1人ストライカーを確保したい意向とのこと。イタリアの移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、フュルクルクを確保すべく最初の接触を図ったという。 メディカルチェックで問題が見つかったものの、ドルトムントはシュツットガルトのギニア代表FWセール・ギラシー(28)との契約に着手。これを快く思っていないフュルクルクは退団を検討しているという。 一方、ドイツ『スカイ・スポーツ』のパトリック・ベルガー氏はディ・マルツィオ氏の報道を引用しつつ、具体的なことはまだ何も起きていないと主張。ドルトムントのヌリ・シャヒン新監督はユーロ2024に参戦していたフュルクルクと電話で良好なやり取りを交わし、ギラシーとの両立も頭にあるようだ。 フュルクルクは2023年夏にブレーメンからドルトムントへ移籍。加入1年目から公式戦46試合16ゴール10アシストの成績を残し、今回のユーロを含め、ドイツ代表でも存在感を放っている。 フュルクルクとドルトムントの契約は2026年6月まで。なお、ミランはローマの元イングランド代表FWタミー・エイブラハム(26)への関心も取り沙汰されている。 2024.07.14 14:23 Sun
2

モラタのミラン移籍が間近に! 17日までにメディカルチェックか

ミランがアトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)を射止めたようだ。 パウロ・フォンセカ体制となる新シーズンを迎えるにあたり、退団した元フランス代表FWオリヴィエ・ジルーに代わるストライカーを探るミラン。当初は躍進ボローニャの一角を担ったオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)を狙ったが、マンチェスター・ユナイテッド移籍が決まり、新たに浮上したターゲットがモラタだった。 さらにドルトムントのドイツ代表FWニクラス・フュルクルクで厚みをもたせようとする動きも取り沙汰されるミランだが、イタリア『スカイ』によると、モラタ獲得が間近に。モラタは17日までにミランのメディカルチェックを受ける見込みという。 ミランはアトレティコに1300万ユーロ(約22億4000万円)の契約解除金を支払っての獲得になり、モラタとは1年延長オプション付きの4年契約になる模様。アトレティコ会長のエンリケ・セレソ氏からも移籍を認める発言が飛び出したといい、移籍秒読みのところまでくるようだ。 先のユーロ2024ではスペインの主将として、大会最多4度目の優勝に貢献したモラタ。ミラン行きとなれば、ユベントスに所属した2021-22シーズン以来のイタリア帰還となる。 2024.07.16 09:25 Tue
3

大ケガからの完全復活目指すエイブラハム、ストライカー探すミランが関心か

ミランがローマの元イングランド代表FWタミー・エイブラハム(26)に関心を示しているようだ。 エイブラハムはチェルシー時代の2019-20シーズンにプレミアリーグ15得点を記録するなど活躍。安定した出場機会を求めて21-22シーズンからローマに完全移籍すると、主力としての地位を確保していた。 しかし、2023年6月に左ヒザ前十字じん帯を断裂。この大ケガによって昨シーズンの大半を棒に振ってしまうと、終盤に復帰したものの公式戦12試合1得点1アシストの成績に終わった。 新シーズンに復活を期したいエイブラハム。そんな中で、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ミランが獲得に強い関心を示しているようだ。 ミランは長くチームを支えてきたFWオリヴィエ・ジルーが退団。パウロ・フォンセカ監督が新たに就任したチームはストライカーを探しており、エイブラハムは有力な候補になっているという。 また、ミランはエイブラハムと並行してアトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)獲得に向けた交渉も進行中。とはいえ、仮にモラタの獲得が実現したとしても、エイブラハムへの関心は継続すると報じられている。 2024.07.13 11:10 Sat
4

ジルーがフランス代表引退を表明…歴代最多の57ゴールを記録

昨季限りでミランを退団したFWオリヴィエ・ジルー(37)がフランス代表からの引退を発表した。 ユーロ2024をベスト4で終えた37歳FWは15日、自身の公式インスタグラムを通じて代表引退を表明した。 「あれは2018年7月15日だった。ワールドカップを制覇してから6年後の今日、フランス代表に別れを告げる恐ろしい瞬間がやってきた」 「思い出が蘇る瞬間だ…。1998年7月12日、私は12歳だった。フランスがワールドカップを優勝の夜、いつか自分もワールドカップチャンピオンになると心に誓った。それから13年後の2011年11月11日、私の夢は実現した。青いジャージを着てフランスを代表できることをとても誇りに思う!」 「このチームに加わって、選手やスタッフと本当の家族のような関係を築けました。喜びも失望も、勝利も敗北も、笑いも涙も経験しながらも、常に団結し、お互いに支え合ってきた。私たちは、ディディエ・デシャン監督という一人の男に見守られながら、切っても切れない仲間になった」 「デシャン監督の信頼に感謝したい。浮き沈みはあったものの、143試合に出場して57ゴールを挙げ、私がレ・ブルーの歴代得点王になるのを助けてくれた。また、親切心とプロ意識によって私たちの安全と健康状態を保証してくれたすべての裏方たちにも感謝したい」 「フランス代表での私のキャリアは、常に順調だったわけではない。疑心暗鬼に陥り、批判に苦しむこともあったが、心の底では信じることを止めなかった。努力、謙虚さ、そして祈りによって、困難な時期を乗り越えることができた。また、妻と4人の素晴らしい子供たちの揺るぎないサポートのおかげで、私はいつも、そのたびにさらに強くなるために戦う強さを見出してきた」 「心から感謝しているファンのことも忘れられない。彼らに多くの幸せをもたらすことができたことを嬉しく思う。私の記憶には4つの日付が刻まれている。まず、2013年11月19日、ウクライナ代表を3-0で下したときの聖地での一戦だ」 「次にユーロ2016の決勝戦。決勝戦での敗北は、チームにとって忘れられない思い出のひとつとなった。フランス代表の最大の失望の1つとして語り継がれるであろう決勝戦での敗北にもかかわらず、私たちは大会を通して忘れがたい人間ドラマを経験した」 「そして2018年7月15日…最高の瞬間!私たちの生涯の目標だったあの瞬間だけは、忘れられない。私は今でも私たちがお互いの腕の中に倒れ込み、こう叫んだ瞬間を今でも覚えている!そう、私たちはやり遂げた。私たちは世界チャンピオンになったのだ!」 「最後に2022年ワールドカップ。決勝で敗れた大きな失望にもかかわらず、この大会は私のキャリアで最も強烈な思い出のひとつとなった。私は3ゴールを挙げてティエリ・アンリの記録を塗り替えた。さらにイングランド代表戦では4ゴール目を決め、準決勝進出を決めたんだ」 「今、私の人生の一ページが閉じようとしている…。私は新たな冒険へと飛び立つ。これからはレ・ブルーの一番のサポーターになる。13年間仕えたこのフランスの代表は、私の心に永遠に刻まれ続けるだろう。私の最大の誇りであり、最高の思い出だ」 2011年11月にに行われたアメリカ代表戦でフランス代表デビューを飾ると、以降はFWFアントワーヌ・グリーズマンらと共に長らく代表の主力に君臨。 2014年大会から3大会連続でワールドカップ本大会に出場。2012年大会から4大会連続でユーロ本大会にも出場。2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)優勝や2022年のカタールW敗準優勝、2016年のユーロ準優勝などに貢献した。 なお、通算137試合出場はウーゴ・ロリス(145試合)、リリアン・テュラム(142試合)に次ぐ歴代3位で、通算57ゴールは歴代最多得点記録となっている。 2024.07.16 07:00 Tue
5

ミランがモラタ獲得に迫る…個人合意ならユーロ決勝後にメディカルチェックか

ミランはアトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)からの返事を待っているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 フランス代表FWオリヴィエ・ジルーが退団し、今夏はセンターフォワード補強が必須のミラン。ボローニャのオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)は確保に至らず、モラタが新たなターゲットに浮上していた。 ローマが動く可能性もにわかに取り沙汰されたようだが、現在、獲得レースに参加しているのはミランだけとのこと。年俸550万ユーロ(約9億5000万円)の4年契約でモラタと合意し次第、契約解除金1300万ユーロ(約22億5000万円)を払う意思をアトレティコに伝えるという。 万事うまく進めば、ユーロ2024が幕を閉じた後の16日から17日にかけてメディカルチェックが行われる予定。ミラン移籍かアトレティコ残留の2択に絞っているというスペイン人ストライカーは、その後バカンスへ向かい、ユーロも含めこの1年で溜まった疲れを癒やすようだ。 ミラン加入が決まれば、ユベントスを退団した2022年夏以来2年、2年ぶりのイタリア帰還に。2023-24シーズンはラ・リーガで32試合15ゴール4アシストの成績を残していた。 なお、アトレティコはモラタの後釜を検討中。ジローナのウクライナ代表FWアルテム・ドフビク(27)とパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWランダル・コロ・ムアニ(25)が候補に挙がっている。 2024.07.12 22:18 Fri

ロサンゼルスFCの人気記事ランキング

1

引退ベイルと13年も同じチームだったモドリッチがメッセージ!トッテナム時代の2ショットも

レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが現役引退を発表したウェールズ代表FWガレス・ベイルにメッセージを贈った。 2022年夏に9年在籍したマドリーを退団し、メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルスFCでプレーしていたベイルだが、引退を発表。33歳でおよそ16年半の現役生活に終止符を打った。 そのベイルとは、マドリーでの9年に加えてトッテナムでの4年を一緒に過ごしたモドリッチ。盟友の引退を受けて自身のインスタグラムを更新すると、「最も多くのシーズンを共にしたチームメイト なんてキャリアだ!レアル・マドリーと トッテナムで一緒にプレーできて最高だった!引退後も楽しんで!」と労いの言葉を残した。 モドリッチは、昨シーズンのチャンピオンズリーグを制覇した際の2ショットなどマドリーでの4枚に加え、トッテナム時代にピッチで抱き合う2ショットも合わせて掲載。一方のベイルも「レジェンド。君とピッチを共有できて光栄だった」と感謝の言葉を綴っている。 <span class="paragraph-title">【写真】モドリッチの写真のチョイスがいい!ベイルとの2ショットの数々</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CnPAcLeMTra/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CnPAcLeMTra/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CnPAcLeMTra/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Luka Modric(@lukamodric10)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.11 19:20 Wed
2

ジルーのLAFC加入決定的に! 仏代表の元同僚ロリスと共闘へ

ミランのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(37)のロサンゼルスFC(LAFC)移籍が決定的となった。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、今シーズン限りでミランとの契約が満了を迎えるジルーは、先月にLAFC移籍に向けて口頭合意。そして、このたび2025年12月末までの契約にサインし、近日中にも移籍完了が正式にアナウンスされる見込みだという。 ジルーは2021-22シーズンにチェルシーからミランへ加入。30代半ばに差し掛かっての加入だったが、いきなり11年ぶりのスクデットに貢献し、今季まで3年間エースの座を譲らず。ここまでクラブ通算127試合47ゴール20アシストをマークし、数字以上の貢献度も全世界のミラニスタが認めるところ。 また、フランス代表では通算131試合57得点。ティエリ・アンリ氏らを抜いて同国歴代最多得点者であり、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)制覇も経験している。今夏のユーロ2024を最後に、代表キャリアも終止符を打つとみられている。 なお、LAFCには元フランス代表GKウーゴ・ロリスが今年1月に加入しており、ジルーの加入によってフランス代表の歴代最多出場記録保持者と歴代最多得点者が共闘することになる。 2024.04.24 07:18 Wed
3

LAFC加入決定のジルー、「いつもMLSでキャリアを終えたいと思っていた」…再会ロリスにも言及

ロサンゼルスFC(LAFC)への加入が決定したフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(37)は、以前からキャリア最後の場所としてメジャーリーグ・サッカー(MLS)でのプレーを計画していたことを明かした。 母国のモンペリエで台頭したジルーは、アーセナル、チェルシーというプレミアリーグ屈指の強豪、2021年から今シーズン終了まではミランでプレー。 完全にベテランの域に入っているものの、今シーズンもセリエAで33試合14ゴール8アシストを記録するなど、衰えを知らない得点力を発揮していた。 まだまだ第一線での活躍が期待されていたが、今月14日にかねてより加入が報じられていたLAFCへの移籍が正式に発表された。 その移籍発表から数日後、ジルーはフランス『Canal Plus』のインタビューで今回の移籍の経緯を説明。以前から1人のプレーヤー、1人の父親としてMLSでキャリアを終えることを検討していたと語った。 「僕はいつもMLSでキャリアを終えたいと思っていたし、家族の観点からも、ライフスタイルや、遠い国、別の文化、別の英語圏の国に移住するチャンスを考慮していたんだ。それはロンドンで生まれた子供たちのためにも有益だと思っていた」 また、フランス代表の歴代最多得点者は、自身に先駆けて今年1月に同クラブに加入していた同国代表歴代最多出場記録者のGKウーゴ・ロリスの存在が加入を決断する上で大きかったことも認めている。 「ウーゴ、相棒、ここで彼と再会できたのは素晴らしいストーリーだ。彼は僕にロサンゼルスでの生活や、クラブとそのファンについても話してくれたんだ」 なお、ジルーとクラブの現行契約は2025年末までの1年半となるが、翌シーズンの延長オプションも付帯しており、現状のパフォーマンスを鑑みれば、あと2年は間違いなくトップレベルで活躍できるはずだ。 2024.05.17 17:21 Fri
4

「理不尽すぎる」電撃引退のベイル、ピッチ外から相手DFをぶち抜いた爆速ゴールが反響!「ベイルと言ったらこれ」

現役を引退したウェールズ代表FWガレス・ベイル(33)の現役時代のゴールに脚光が集まっている。 サウサンプトンの下部組織で育ったベイル。17歳で加入したトッテナムで攻撃的なポジションにコンバートしてからそのポテンシャルが開花すると、スパーズやレアル・マドリー時代には独力で相手ゴールを陥れる破壊力で、相手ディフェンスを恐怖に陥れた。 トッテナム時代から数々のスーパーゴールを決めてきたベイル。2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ決勝のリバプール戦でのバイシクルキックなど、多くのタイトルもクラブにもたらした“決勝男”として知られるベイルだが、その中でも圧倒的だったのが、2014年4月16日に行われたバルセロナとのコパ・デル・レイ決勝で見せたゴールだ。 大エースとして君臨してきたクリスティアーノ・ロナウドがケガで欠場という中、1-1で迎えた試合終了間際の後半40分にその時が訪れる。 ハーフウェイライン付近の左サイドで縦パスを受けたベイルは、ボールを持つと大きく蹴り出し突破を試みるが相手DFマルク・バルトラのプレスでピッチ外へ押し出されてしまう。 しかし、ここからが凄かった。大きく前に蹴り出してあったボールへ目掛けて、ベイルとバルトラのスプリントが始まると、圧倒的不利な状況から超人的なスプリント見せ、バルトラを寄せつけずボールを確保。そのままゴールへ爆速で直進し、最後はGKマヌエル・ピントの股を抜くゴールを決めて決勝点を記録した。 誰も文句の言えない圧倒的な個の力を全世界に見せつけたベイルだが、現役引退のタイミングで多くのファンや海外メディアがこのゴールを回顧。「理不尽すぎる」、「ベイルと言ったらこれ」、「忘れられない」、「足の速さどうなってるん」と称賛や驚きの声が上がっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ベイルを象徴するような爆速ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIzS0dkMkw2MCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2023.01.10 18:45 Tue
5

ベイル獲得のロサンゼルスFC、ベッカム氏のインテル・マイアミに1000万円支払い

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFCが獲得を発表したウェールズ代表FWガレス・ベイル(32)だが、フリーで獲得とはいかなかった。 レアル・マドリーとの契約が満了を迎え、フリートランスファーで移籍先を探していたベイル。祖国のカーディフ・シティへの移籍も噂された中、新天地に選んだのはアメリカだった。 ユベントスを退団した元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニを獲得したロサンゼルスFC。アーセナルでプレーしたメキシコ代表FWカルロス・ベラなども所属している。 そのロサンゼルスFCは、フリーでの獲得となり、補強資金が分配される制度(Targeted Allocation Money)を用いての獲得に。ただ、インテル・マイアミへの支払いが必要となった。 ロサンゼルスFCは、「ディスカバリー・リスト」というMLSの特殊なルールによりインテル・マイアミがベイルをリストに入れていたため、優先権を獲得するために「一般的な割り当て金(General Allocation Money)」として7万5000ドル(約1000万円)を支払うという。 なお、ベイルとキエッリーニに関しては、7月7日から開く移籍ウインドーで選手登録が可能に。7月8日のロサンゼルス・ギャラクシー戦が最速のデビューとなる。 2022.06.28 12:10 Tue

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly