今月2度目の埼玉ダービーはEL埼玉が逆転勝ちでシーズンダブル達成!大宮Vは牧野美優がWE初ゴールも空砲に【WEリーグ】

2024.03.31 16:00 Sun
逆転ゴールを決めたEL埼玉の瀬戸口梢
©WE LEAGUE
逆転ゴールを決めたEL埼玉の瀬戸口梢
31日、2023-24 WEリーグ 第13節のちふれASエルフェン埼玉 vs 大宮アルディージャVENTUSが熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、ホームのEL埼玉が2-1で勝利を収めた。クラブ記録の3連勝後に迎えた3連戦で3連敗、トータル4勝1分け7敗で7位に後退したEL埼玉。一方、3連戦を2勝1敗で乗り切り、5勝2分け5敗と星を五分に戻して5位に浮上した大宮V。
EL埼玉はここまで全試合に先発していた園田悠奈が控えメンバーからも外れ、栃谷美羽が加入後初先発を飾る。一方の大宮Vも、前節負傷交代の平井杏幸に代わり、上辻佑実が2試合ぶりに先発復帰した。

3日に大宮Vのホームで行われた前回対戦は、唐橋万結と佐久間未稀のゴールでEL埼玉が2-0で勝利。1カ月と経たずに再び迎えた"埼玉ダービー"は、リベンジを期する大宮Vが16分に試合を動かす。

EL埼玉が前線に築く五角形の外側から大宮Vは敵陣深くへ侵入し、杉澤海星の突破で右CKを獲得すると、仲田歩夢のキックをGK浅野菜摘がファンブルしてゴール前での混戦に。最後は牧野美優が蹴り込んだ。
今冬に日本大学から加入したルーキーがWE初ゴールをマークした大宮V。先制点のきっかけを作った杉澤は、以降も度々の仕掛けとクロスで存在感を発揮し、35分にも吉田莉胡のシュートに対して好ブロックを披露。守備でも見せる。

対して、右サイドでの組み立てを中心にじわじわと押し返し始めたEL埼玉は、42分に同点弾を奪取。栃谷がボックス手前右から斜め内側へ絶妙なスルーパスを送ると、中央からのダイアゴナルランで抜け出した祐村ひかるがGKとの一対一で冷静にニアへ流し込んだ。

タイスコアで迎えた後半は、EL埼玉が追い風を利用したカウンターを披露。祐村、吉田の2トップの推進力を生かして大宮Vゴールを脅かし、68分には唐橋が収めてのスルーパスから祐村が左ポケットを取っての一対一を迎えたが、角度がなかったか、GK望月ありさに阻まれた。

仲田、船木里奈、に代えて大島暖菜田嶋みのりと、左右のサイドハーフを交代して勝ち越しを狙う大宮Vに対し、EL埼玉も84分に両ウイングバックを含む3枚替えを決行。すると87分、再びスコアを動かしたのはホームチームだった。

右の深い位置を取って1つ戻し、代わって入った松久保明梨がクロスを入れると、飛び込んだのは中盤の瀬戸口梢。大外から見事なヘディングを沈め、EL埼玉が試合をひっくり返した。

瀬戸口の今季リーグ戦初ゴールで逆転に成功したEL埼玉は、大宮Vの反撃を抑えてタイムアップのホイッスル。ダービーでダブルを達成し、4試合ぶりの白星を掴んでいる。

ちふれASエルフェン埼玉 2-1 大宮アルディージャVENTUS
【EL埼玉】
祐村ひかる(42分)
瀬戸口梢(87分)
【大宮V】
牧野美優(16分)

1 2

栃谷美羽の関連記事

新進気鋭の浦和DF後藤若葉、次節S広島R戦で大学同期と対戦へ「活躍は刺激、でも絶対に負けられない」

三菱重工浦和レッズレディースのDF後藤若葉は、活躍する同級生との対戦を心待ちにしているようだ。 2023-24WEリーグも佳境を迎え、首位に立つのは浦和。1試合消化数の多い中で、2位INAC神戸レオネッサに勝ち点「7」差を付け、順位表の最上位に位置している。 クラブは残る5試合を『FINAL5 勝利を積み重ねてその先へ』と銘打ち、選手を後押し。24日のトレーニング後には監督や選手が取材に応じ、連覇へ向けての意気込みなどを語った。 今冬に早稲田大学から正式加入の後藤は、18日の第15節大宮アルディージャVENTUS戦で加入後初先発を飾り、「すごく緊張もあった」とのことだが、フル出場で無失点勝利に貢献。中2日でのマイナビ仙台レディースでもフル出場を果たし、こちらもクリーンシートで終えた。 試合を重ね、より「自分らしくプレーできた」と話すマイ仙台戦を振り返っては「クリアボールや相手のバックパスに対して、いかにラインをコンパクトにあげられるか、その上げ下げをこまめにできるかがすごく大事だと思っていて、そういう部分は試合を重ねて、チームメイトと少しずつ合わせていけたと思います。フル出場している2試合を無失点で終えられているのは、自信にも繋がります」と手応えを口にする。 そのマイ仙台戦では早稲田大学の1学年先輩、「代表でも一緒で、すごく仲良くさせてもらっていた」という廣澤真穂とマッチアップ。「早稲田の練習の時からもバチバチにやり合ってので、久しぶりな感じがした」と対戦を振り返っては顔を綻ばせた。 さらに、次節対戦相手のサンフレッチェ広島レジーナには、同期の笠原綺乃が在籍。「活躍する姿は刺激になっている」とのことで、「(対戦)相手として戦うのが初めてなので楽しみ」と対戦を心待ちにしていると語る。 また、笠原以外にも、藤生菜摘(←東洋大学)や古賀花野(←帝京平成大学)は、大学時代に対戦相手として、また、選抜としてともにプレーした仲でもある。 「同期として、活躍している姿は自分自身にも刺激になっていますし、笠原選手だけではなく、藤生選手や古賀選手もこれまでずっと大学リーグで戦ってきて、大学選抜では一緒にプレーしているので、本当にすごいみんなの活躍が刺激にもなっていますけど、でも、対戦では絶対に負けられないと思っています」 さらに先を見据えれば、第19節で対戦するちふれASエルフェン埼玉には、インカレ決勝で敗れた山梨学院大学出身の栃谷美羽が、第21節対戦のI神戸には早稲田同期で副将だった三谷和華奈が在籍。最終節は育成時代を過ごした日テレ・東京ヴェルディベレーザと、後藤にとって縁のある対戦が続く。 チームの優勝へ向けてはもちろんのこと、若きDF個人にとっても楽しみな、だが負けられない戦いが続きそうだ。 2024.04.25 22:00 Thu

I神戸がEL埼玉に3発快勝で首位ターン!北川ひかるが2試合連続ヘディング弾に三宅史織がWE初ゴール【WEリーグ】

20日、2023-24 WEリーグ第11節のちふれASエルフェン埼玉vsINAC神戸レオネッサが熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、アウェイのI神戸が3-0で勝利を収めた。 6位・EL埼玉(勝ち点13)は前節、アルビレックス新潟レディースに0-1と惜敗し、連勝が「3」でストップした。対して、無敗で首位を走るI神戸(勝ち点24)。皇后杯準決勝で激戦を演じた両チームの一戦は、ピカチュウによるがキックインセレモニーで幕を開けた。 EL埼玉は今節、橋沼真帆を5試合ぶりにスタメン起用し、田中美南を密着マーク。これまでの5バックとは異なり、4バックでスタートした。 ただ、田中はそのマークを振り切って先制点をお膳立てする。11分、ロングフィードに抜け出し、岸みのりに対応されながらもボックス左で粘ってマイナスへ戻すと、開幕戦以来の先発起用となった愛川陽菜が蹴り込み、I神戸が試合を動かした。 ここまでリーグ最少の4失点と、堅守を誇るI神戸の前に攻撃の糸口を掴めないEL埼玉。シュートゼロに抑えられた前半から、ハーフタイムには2枚替えを行い、瀬戸口梢、園田悠奈に代えて栃谷美羽、髙橋雛を送り出したが、後半立ち上がりにはI神戸が再びスコアを動かす。 46分、山本摩也、愛川とつないで大きく右に開いた守都弥屋が高い軌道の高いクロスを送ると、大外から中央へ顔を出した北川ひかるが合わせ、2試合連続ヘディングでのゴールをマークした。 I神戸はさらに54分、山本の左CKを田中がニアでそらし、三宅史織がボレーシュート。一度はGK浅野菜摘に阻まれたが、弾かれたボールを自ら蹴り込み、WEリーグ通算50試合出場の節目を自身のWEリーグ初ゴールで祝った。 リードを広げたI神戸は、守ってもEL埼玉のシュートを90分通じて1本に抑え、貫録の完封勝利。3連勝で首位ターンを決めている。 一方、敗れたEL埼玉は第2節以来の複数失点を喫し、2連敗でリーグ戦を折り返すこととなった。 ちふれASエルフェン埼玉 0-3 INAC神戸レオネッサ 【I神戸】 愛川陽菜(11分) 北川ひかる(46分) 三宅史織(54分) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】北川ひかるが頭で2戦連発!I神戸がEL埼玉を下す</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="-0orEqZhQb0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.20 16:55 Wed

「狙ってこれは超ゴラッソ!」EL埼玉のルーキー、WEデビュー戦で直接CK弾の栃谷美羽に脚光「今後の活躍が楽しみ」

ちふれASエルフェン埼玉のルーキー、DF栃谷美羽の鮮烈デビュー弾が脚光を浴びている。 10日、2023-24 WEリーグ第9節のちふれASエルフェン埼玉vsノジマステラ神奈川相模原が熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、ホームのEL埼玉が2-1の逆転勝ちを収めた。 この一戦で強烈なインパクトを残した1人が、EL埼玉の栃谷美羽。ウインターブレイク中に山梨学院大学から新加入した22歳だ。 前半に先制を許したEL埼玉は、53分に祐村ひかるの一撃で同点に追い付くと、直後に3枚替えを決行。5バックから4バックへシステムも変更し、栃谷はトップ下で起用されると、WEリーグ初出場ながらも即結果を残した。 72分、EL埼玉は左CKを獲得すると、キッカーの栃谷は風を生かした高く巻いたボールを選択。これが直接ゴールに吸い込まれ、逆転に成功した。 試合後のフラッシュインタビューでは、直接狙っていたことを明かした栃谷。デビュー戦で即ゴール、しかも直接CKでの逆転弾という稀有な例をWEリーグ公式X(旧:ツイッター)もピックアップすると、閲覧者からも「狙ってこれは超ゴラッソ!」、「今後の活躍が楽しみ」、「何回見ても素晴らしい」などの声が寄せられた。 ジェフユナイテッド市原・千葉レディースの育成組織から修徳高校を経て山梨学院大学へ進んだ栃谷は、両足の高精度キックが持ち味で、左右どちらのサイドも、中盤の底も担えるユーティリティプレーヤー。加入直前の昨年12月29日、第32回全日本大学女子サッカー選手権大会(インカレ)準々決勝の明治国際医療大学戦でも、CKを直接沈めていた。 大学時代は4年生時にインカレと関カレの2冠を達成。WEリーグでも早々に輝きを放ち、今後のさらなる飛躍が期待される。 なお、WEリーグで直接CKでのゴールが記録されたのはこれが3度目。2022-23 Yogibo WEリーグ第2節での菊池まりあ(AC長野パルセイロ・レディース)、今季第8節での杉田亜未(アルビレックス新潟レディース)に次いで、栃谷は3人目となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】EL埼玉・栃谷美羽がWEリーグデビュー戦で決めた直接CK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">\コーナーキックから直接ゴール/<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%A1%E3%81%B5%E3%82%8CAS%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E5%9F%BC%E7%8E%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ちふれASエルフェン埼玉</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A0%83%E8%B0%B7%E7%BE%8E%E7%BE%BD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#栃谷美羽</a> 選手が <a href="https://twitter.com/hashtag/WE%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WEリーグ</a> デビュー戦で初ゴールをマーク<br><br>試合の詳細はこちらから<a href="https://t.co/qSlRiY68be">https://t.co/qSlRiY68be</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#女子サッカー</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/weleague?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#weleague</a> <a href="https://twitter.com/elfen_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@elfen_official</a> <a href="https://t.co/lIHCqZyBgK">pic.twitter.com/lIHCqZyBgK</a></p>&mdash; WEリーグ|日本女子プロサッカーリーグ (@WE_League_JP) <a href="https://twitter.com/WE_League_JP/status/1767484736434573397?ref_src=twsrc%5Etfw">March 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】栃谷美羽がインカレで決めた直接CK</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="EaNnUvd8hVo";var video_start = 162;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.13 19:30 Wed

WEデビューの栃谷美羽が鮮やか直接CK弾、EL埼玉が逆転勝ちで3連勝達成!N相模原は大竹麻友の初ゴールも空砲に【WEリーグ】

10日、2023-24 WEリーグ第9節のちふれASエルフェン埼玉vsノジマステラ神奈川相模原が熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、ホームのEL埼玉が2-1の逆転勝ちを収めた。 前節WEリーグ参入後初の連勝を飾り、今節は3連勝を狙う6位EL埼玉(勝ち点10)に対し、1分け7敗と苦境が続く最下位のN相模原(勝ち点1)と、対照的な両チーム。 N相模原は前節同様[3-4-3]を採用。3バックの右で起用された山梨学院大学在学中の特別指定選手、嶋田華はWEリーグ初先発を飾り、前節WEデビューの南里杏は右ウイングバックへポジションを上げた。 立ち上がりの2分には大竹麻友が裏抜けから左足フィニッシュを見せ、風を生かした裏へのボールも駆使して好機を作る。 一方、[5-2-3]の堅実な戦いが板についてきたEL埼玉も、向かい風に苦しみながら12分、園田悠奈が右ポケットで粘り、折り返しに吉田莉胡。GKに阻まれたこぼれ球を金平莉紗が狙うが、シュートはクロスバーを越えた。 均衡が破れたのは前半のアディショナルタイム2分。N相模原はボックス右角付近でFKを獲得すると、平野優花のキックをEL埼玉GK小野未織がファンブルして後逸し、かき出そうとしたクリアが大竹に当たってゴールに吸い込まれた。 追い掛ける展開となったEL埼玉は、後半、風を味方に付けて攻勢に転じる。 53分、中盤でのこぼれ球争いを制して唐橋万結が縦に差し込むと、バイタルエリア左で受けた祐村ひかるは距離のある中で迷いなく右足を一閃。強烈な一撃をネットに突き刺し、試合を振り出しに戻した。 さらにEL埼玉は55分、3枚替えを決行し、山梨学院大学から今冬新加入の栃谷美羽がWEデビューを果たす。前節、交代カードを1枚も使わなかった池谷孝監督だが、この策が的中する。 72分、EL埼玉は相手CKをしのいでの逆襲から左CKを獲得すると、キッカーの栃谷は風を生かした高く巻いたボールを選択。これが直接ゴールに吸い込まれ、EL埼玉が逆転に成功した。 両足の高精度キックを持ち味とする栃谷のWE初ゴールで試合をひっくり返したホームチームは、このまま逃げ切ってクラブ記録更新となる3連勝を達成。対するN相模原は、またも白星を掴むことができなかった。 ちふれASエルフェン埼玉 2-1 ノジマステラ神奈川相模原 【EL埼玉】 祐村ひかる(53分) 栃谷美羽(72分) 【N相模原】 大竹麻友(45+2分) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】N相模原に逆転勝ちのEL埼玉がクラブ新記録となる3連勝!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="NcPqAN7FISM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.10 16:40 Sun

雪辱果たし初制覇へ王手!山梨学院大学DF栃谷美羽「優勝するまで満足はできない」

決勝進出を決めた山梨学院大学の4年生、DF栃谷美羽が試合を振り返った。 4日、味の素フィールド西が丘では第32回全日本大学女子サッカー選手権大会(女子インカレ)の準決勝2試合が行われ、山梨学院は第1試合で東洋大学と対戦した。 前回大会の決勝と同一カードとなった一戦で、山梨学院は6分にFW伊藤琴音、12分にMF山田歩美と、序盤に複数得点を挙げると、25分にも伊藤が追加点を奪い、前半だけで3点のリードを得る。 後半は攻勢に転じた東洋に押し込まれ、70分に1点を返されたものの、以降の反撃を許さず、3-1で勝利。2大会連続2度目の決勝進出を決めた。 前年度の決勝で先発し、この日もスタメンに名を連ねたのは山梨学院に6人(なお、東洋は5人)。右サイドバックで先発した栃谷もその1人だ。 12分には早いタイミングでの左足クロスで2点目をアシストした。利き足は右だが、持ち味の1つが両足のキック精度。セットプレーのキッカーも務める背番号「15」は、ちふれASエルフェン埼玉への加入も決定しており、WEリーグファンも必見の逸材だ。 さらに「アーリー(クロス)は結構得意としている」とも語るなど、武器を生かしての得点演出には顔をほころばせた。 雪辱を果たし、決勝進出を決められたことは喜ばしいと述べた栃谷だが、優勝という目標達成までは気を緩めずに進みたいと、勝って兜の緒を締める。 「決勝に駒を進められて、とても嬉しい気持ちはありますが、優勝するまで満足はできないので、またいい準備していきたいなと思います」 「チームとしては、東洋さんにリベンジしようという想いはありましたけど、それにこだわらず、目の前の相手としっかり戦うこと。相手というよりは、己に勝つという感じで全員で頑張っていました」 試合を通じても「早い段階で得点を重ねられたことで、チームとして勢いがついた。けど、その後1失点してしまったのは課題。(大きくリードしている状況でも)引くとそこが隙になるので、前半と変わらず(プレスを)かけて、攻撃ももっとシンプルにと思っていましたが、そこは少し難しかったかなと思います」と、手応えと修正点を口にする。 悲願の初優勝まであと1勝。6日の決勝では過去7度の優勝を誇る強豪、早稲田大学と対戦する。 栃谷は決勝へ向け、「4年生最後ですし、絶対みんなでこのチームで優勝できるように、精いっぱい準備して頑張りたいと思います」と、力強いコメントを残した。 <span class="paragraph-title">【動画】山梨学院DF栃谷美羽が絶妙なクロスで追加点をアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="7TvmrYx0AxI";var video_start = 157;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.01.04 22:45 Thu

ちふれASエルフェン埼玉の関連記事

WEリーグ優秀選手30名が発表! 20得点の得点王・清家貴子ら連覇の浦和から10名が選出、ベテランの元なでしこも受賞

2023-24シーズンのWEリーグ優秀選手賞30名が発表された。 三菱重工浦和レッズレディースが見事に連覇を果たしたシーズン。12クラブの監督と選手の投票結果をもとに、優秀選手30名が決定した。 最多の選出は連覇を果たした浦和から10名。20ゴールを記録し得点王にも輝いたなでしこジャパンのFW清家貴子やキャプテンのMF柴田華絵、なでしこジャパンのDF石川璃音らが選出された。 また、2位のINAC神戸レオネッサは7名が選出され、なでしこジャパンのGK山下杏也加、DF守屋都弥、DF北川ひかる、FW田中美南が受賞した。 3位の日テレ・東京ヴェルディベレーザも6名が受賞。FW藤野あおばらが名を連ねた。 また、ベテラン勢でも今シーズン限りでの引退を表明した大宮アルディージャVENTUSのDF鮫島彩、得点力も見せたアルビレックス新潟レディースのMF川澄奈穂美が受賞している。 この30名の中から、最優秀選手賞、ベストイレブンが選ばれることに。6月7日(金)の「2023-24WEリーグアウォーズ」で発表される。 ◆2023-24WEリーグ優秀選手賞受賞選手(30名) GK 1.池田咲紀子(三菱重工浦和レッズレディース/31歳) 21試合(1886分)14失点 31.野田にな(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/20歳) 14試合(1260分)10失点 1.平尾知佳(アルビレックス新潟レディース/27歳) 21試合(1890分)17失点 1.山下杏也加(INAC神戸レオネッサ/28歳) 18試合(1620分)10失点 DF 3.石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース/20歳) 20試合(1690分)0得点 16.水谷有希(三菱重工浦和レッズレディース/28歳) 22試合(1674分)0得点 17.遠藤優(三菱重工浦和レッズレディース/26歳) 22試合(1968分)2得点 3.鮫島彩(大宮アルディージャVENTUS/36歳) 22試合(1908分)0得点 20.岸みのり(ちふれASエルフェン埼玉/29歳) 22試合(1980分)1得点 3.村松智子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/29歳) 20試合(1767分)2得点 2.守屋都弥(INAC神戸レオネッサ/27歳) 21試合(1874分)3得点 3.土光真代(INAC神戸レオネッサ/28歳) 22試合(1918分)0得点 5.三宅史織(INAC神戸レオネッサ/28歳) 22試合(1951分)1得点 13.北川ひかる(INAC神戸レオネッサ/27歳) 22試合(1890分)6得点 MF 5.伊藤美紀(三菱重工浦和レッズレディース/28歳) 22試合(1707分)6得点 6.栗島朱里(三菱重工浦和レッズレディース/29歳) 18試合(1352分)1得点 18.柴田華絵(三菱重工浦和レッズレディース/31歳) 22試合(1924分)0得点 19.塩越柚歩(三菱重工浦和レッズレディース/26歳) 20試合(1402分)3得点 10.鴨川実歩(ジェフ千葉レディース/26歳) 20試合(1530分)5得点 7.北村菜々美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/24歳) 20試合(1689分)6得点 8.菅野奏音(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/23歳) 20試合(1626分)1得点 10.木下桃香(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/21歳) 22試合(1876分)4得点 19.川澄奈穂美(アルビレックス新潟レディース/38歳) 20試合(1609分)3得点 10.成宮唯(INAC神戸レオネッサ/29歳) 22試合(1858分)5得点 11.中嶋淑乃(サンフレッチェ広島レジーナ/24歳) 21試合(1710分)1得点 FW 11.清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース/27歳) 22試合(1868分)20得点 15.島田芽依(三菱重工浦和レッズレディース/22歳) 22試合(1251分)9得点 11.藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/20歳) 21試合(1721分)9得点 9.田中美南(INAC神戸レオネッサ/30歳) 22試合(1965分)8得点 9.上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ/27歳) 22試合(1850分)11得点 2024.06.04 08:30 Tue

マイ仙台、AC長野、N相模原の下位3チームが揃って勝利! 長野は13試合ぶりの白星に【WEリーグ】

2023-24WEリーグ第21節の3試合が19日に行われた。 すでに三菱重工浦和レッズレディースの連覇が決まっているWEリーグ。19日は下位のチーム同士の対戦となった。 6位につける大宮アルディージャVENTUSは11位のAC長野パルセイロ・レディースと対戦した。 大宮のホームNACK5スタジアム大宮で行われた試合。AC長野が攻め込んでいく展開となると、22分にそのAC長野が先制。GK伊藤有里彩からのパントキックが流れると伊藤めぐみがトラップして浮かせたミドルシュート。GKの頭上を超えるシュートが決まり、AC長野が先制する。 大宮Vが右サイドの大島暖菜を中心に攻撃を仕掛けていくが、ゴールは奪えず。AC長野が3月3日以来、13試合ぶりとなる勝利を収めた。 7位のちふれASエルフェン埼玉はアウェイで最下位のノジマステラ神奈川相模原と対戦。試合は13分にEL埼玉が先制。ボックス左からの瀬戸口梢のクロスに対し、佐久間未稀がヘッドで叩きつけ、EL埼玉が先制する。 EL埼玉は攻め込みながらもなかなか得点を奪えず。すると64分、右CKを獲得したN相模原は平野優花のクロスをニアでフリック。大賀理紗子が決めて同点に追いつく。 さらに81分には右CKから平野が左足でクロス。ファーサイドに飛んだボールはそのままゴールに吸い込まれ、N相模原が逆転に成功。EL埼玉は後半アディショナルタイムに岸みのりがロングシュートを放つもクロスバー。2-1でN相模原が4試合ぶりに勝利した。 下位2チームが勝利を収める中、10位のマイナビ仙台レディースは9位のセレッソ大阪ヤンマーレディースとアウェイで対戦した。 試合は開始早々にC大阪がチャンス。FKからのクロスを3がヘッドでつなぐと、百濃実結香がヘッド。しかし、クロスバーに嫌われる。それでも3分、ボックス右からの脇阪麗奈のクロスをファーサイドに走り込んだ百濃が胸で押し込み、C大阪が先制する。 立ち上がりに攻め切ったC大阪。マイ仙台は徐々に押し込み出していくと33分にスコアを動かす。裏へのスルーパスに対し、オーバーラップした高平美憂が滑り込みながら先に触ると、GKと交錯しながらもシュートがゴールに入り、マイ仙台が同点に追いつく。 1-1で迎えた後半、右サイドからの松永未衣奈のクロスに対してファーサイドで中島依美が折り返し、最後は廣澤真穂が押し込むも、これはハンドを取られてノーゴール。それでも89分、左CKからのクロスを高平が頭で折り返し、最後は太田萌咲がヘディングで合わせて逆転に成功。マイ仙台が逆転勝利を収めた。 ◆2023-24WEリーグ第21節 ▽5/18(土) アルビレックス新潟レディース 0-2 サンフレッチェ広島レジーナ 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 2-1 ジェフユナイテッド千葉レディース INAC神戸レオネッサ 0-2 三菱重工浦和レッズレディース ▽5/19(日) セレッソ大阪ヤンマーレディース 1-2 マイナビ仙台レディース ノジマステラ神奈川相模原 2-1 ちふれASエルフェン埼玉 大宮アルディージャVENTUS 0-1 AC長野パルセイロ・レディース ◆順位表(第21節 終了時) 1位:三菱重工浦和レッズレディース(勝ち点56/+38/21試合) 2位:INAC神戸レオネッサ(勝ち点46/+25/21試合) 3位:日テレ・東京ヴェルディベレーザ(勝ち点45/+29/21試合) 4位:アルビレックス新潟レディース(勝ち点38/+6/21試合) 5位:サンフレッチェ広島レジーナ(勝ち点28/0/21試合) 6位:大宮アルディージャVENTUS(勝ち点25/-13/21試合) 7位:ちふれASエルフェン埼玉(勝ち点23/-8/21試合) 8位:ジェフユナイテッド千葉レディース(勝ち点22/-6/21試合) 9位:セレッソ大阪ヤンマーレディース(勝ち点21/-11/21試合) 10位:マイナビ仙台レディース(勝ち点21/-16/21試合) 11位:AC長野パルセイロ・レディース(勝ち点18/-18/21試合) 12位:ノジマステラ神奈川相模原(勝ち点10/-26/21試合) <span class="paragraph-title">【動画】AC長野が伊藤ホットライン!GK伊藤有里彩のパントキックから、伊藤めぐみの技ありループミドル</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="b1hWCLL1hcY";var video_start = 61;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.20 16:25 Mon

仲田歩夢の直接FK弾などで大宮VがS広島Rに完封勝利で6試合ぶり白星! 3位・東京NBはEL埼玉を退ける【WEリーグ】

2023-24WEリーグ第20節の2試合が11日に行われた。 熾烈な優勝争いが繰り広げられている中、首位の三菱重工浦和レッズレディースは『AFC Women’s Club Championship 2023 – Invitational Tournament(AWCC)』を10日に戦い、韓国の仁川現代製鉄レッドエンジェルズを2-1で下して見事に優勝を果たしていた。 今節の試合は3月に既に消化しておりアルビレックス新潟レディースに2-0で勝利している状況となっている。 11日には、3位の日テレ・東京ヴェルディベレーザ がアウェイで6位のちふれASエルフェン埼玉と対戦した。 試合は12分、藤野あおばがボックス手前中央から右足一閃。鋭いミドルシュートがネットを揺らし、東京NBが先制する。 先制した東京NBはパスを細かく繋いで攻め込んでいきながらも、追加点が遠い。すると27分、EL埼玉は、左サイドから崩すと、ボックス手前中央で桂亜依がシュート。これがこぼれ球になると、ボックス内で反応した吉田莉胡がシュートも、GK田中桃子がしっかりとセーブする。 東京NBは、1点リードして迎えた後半もペースを握っていくが、55分には吉田のシュートが相手のオウンゴールを誘発。EL埼玉が同点に追いつく。 その後はゴールが生まれなかったが82分に藤野がドリブルで運び、ボックス右からクロス。ファーサイドで北村菜々美がダイレクトボレー。1-2で東京NBが勝利を収めた。 もう1試合は、5位のサンフレッチェ広島レジーナvs7位の大宮アルディージャVENTUSの対戦となった。 試合は互いに一進一退の攻防となる中で、ゴールが生まれない。それでも30分ん、ボックス手前で大島暖菜が仕掛けると、ボックス手前中央から井上綾香が右足を振り抜くと、ミドルシュートがゴール左に決まり、大宮Vが先制する。 対するS広島Rは44分、FKからのこぼれ球をボックス手前で小川 愛がミドルシュート。しかし、これはクロスバーに当たってしまう。 1点ビハインドのS広島Rは、後半立ち上がりから攻め込んでいく。しかし、何度か迎えた決定機はGK望月ありさが立ちはだかり、ゴールを奪えない。 すると64分、大宮Vがボックス右でFKを獲得すると、仲田歩夢がシュート。これが直接ネットを揺らし、大宮Vが追加点。仲田は今シーズンのリーグ戦初ゴールとなり、0-2で大宮Vが勝利。6試合ぶりの白星となった。 ◆2023-24WEリーグ第20節 ▽5/11(土) ちふれASエルフェン埼玉 1-2 日テレ・東京ヴェルディベレーザ サンフレッチェ広島レジーナ 0-2 大宮アルディージャVENTUS ▽5/12(日) マイナビ仙台レディース vs ノジマステラ神奈川相模原 ジェフユナイテッド千葉レディース vs INAC神戸レオネッサ AC長野パルセイロ・レディース vs セレッソ大阪ヤンマーレディース ▽3/27(水) 三菱重工浦和レッズレディース 2-0 アルビレックス新潟レディース ◆順位表(第20節2日目終了時) 1位:三菱重工浦和レッズレディース(勝ち点53/+36/20試合) 2位:INAC神戸レオネッサ(勝ち点46/+28/19試合) 3位:日テレ・東京ヴェルディベレーザ(勝ち点42/+28/20試合) 4位:アルビレックス新潟レディース(勝ち点38/+8/20試合) 5位:サンフレッチェ広島レジーナ(勝ち点25/-2/20試合) 6位:大宮アルディージャVENTUS(勝ち点25/-12/20試合) 7位:ちふれASエルフェン埼玉(勝ち点23/-7/20試合) 8位:ジェフユナイテッド千葉レディース(勝ち点19/-6/19試合) 9位:セレッソ大阪ヤンマーレディース(勝ち点18/-11/19試合) 10位:マイナビ仙台レディース(勝ち点17/-17/19試合) 11位:AC長野パルセイロ・レディース(勝ち点15/-18/19試合) 12位:ノジマステラ神奈川相模原(勝ち点6/-27/19試合) <span class="paragraph-title">【動画】仲田歩夢の左足炸裂! 難しい角度から直接FK叩き込み、今季リーグ戦初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="p6l53-gwvrk";var video_start = 122;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.11 22:43 Sat

浦和が12連勝でまた一歩連覇に前進! INAC神戸は北川ひかるが古巣新潟L相手に2ゴールで追走【WEリーグ】

2023-24WEリーグ第19節の6試合が6日に行われた。 シーズンも残り4試合となった中、優勝争いは首位の三菱重工浦和レッズレディースと2位のINAC神戸レオネッサに絞られている状況となった。 首位の浦和は、アウェイでちふれASエルフェン埼玉と対戦。埼玉ダービーとなった試合は、浦和が主導権を握っていく。 すると16分に浦和が先制。右サイドからのクロスがボックス内で混戦となると、伊藤美紀のシュートのこぼれ球を清家貴子が押し込んで先制。31分には右サイドからの攻撃。こぼれ球を浦和の栗島朱里が左足シュートも、GK浅野菜摘がナイスセーブを見せて追加点を許さない。 それでも前半アディショナルタイム1分、清家の左足クロスを飛び込んだ伊藤がボックス内で合わせると、浮き球のシュートがポストを叩いて決まり、浦和が2点リードで折り返す。 追いかけるEL埼玉は58分、植村祥子のパスを受けた瀬戸口梢がボックス内でダイレクトで折り返すと、これを受けた吉田莉胡が落ち着いて決めて1点差に。しかし、その後スコアは動かず、浦和が12連勝を達成した。 2位のI神戸はアウェイで3位のアルビレックス新潟レディースと対戦。両者の勝ち点差は「5」となっており、新潟Lとしては勝利で勝ち点差を縮めたい一戦だ。 I神戸としては逆転優勝のためにも勝たなければいけない試合。立ち上がりからI神戸が主導権を握っていくも、前半はゴールが生まれない。 すると迎えた後半、47分にいきなり動く。田中美南がドリブルで持ち上がりシュート。GK平尾知佳が足でセーブも古巣対戦となった北川ひかるが押し込んでI神戸が先制する。 先制したI神戸は試合をコントロールして時計をすすめると、78分には守屋都弥がボックス右からクロス。これを北川がボックス内でヘッド。これがネットを揺らして2点目。そのまま逃げ切り、0-2で勝利を収めて逆転優勝に望みを繋いだ。 4位の日テレ・東京ヴェルディベレーザはアウェイでAC長野パルセイロ・レディースと対戦。土方麻椰の2ゴールの活躍などで、0-3で勝利を収め、3位に浮上した。 その他、サンフレッチェ広島レジーナ、セレッソ大阪ヤンマーレディースが勝利を収めている。 ◆2023-24WEリーグ第19節 ▽5/6(月) マイナビ仙台レディース 0-0 ジェフユナイテッド千葉レディース アルビレックス新潟レディース 0-2 INAC神戸レオネッサ ちふれASエルフェン埼玉 1-2 三菱重工浦和レッズレディース ノジマステラ神奈川相模原 0-1 サンフレッチェ広島レジーナ AC長野パルセイロ・レディース 0-3 日テレ・東京ヴェルディベレーザ セレッソ大阪ヤンマーレディース 2-1 大宮アルディージャVENTUS ◆順位表(第19節終了時) 1位:三菱重工浦和レッズレディース(勝ち点53/+36/20試合) 2位:INAC神戸レオネッサ(勝ち点46/+28/19試合) 3位:日テレ・東京ヴェルディベレーザ(勝ち点39/+27/19試合) 4位:アルビレックス新潟レディース(勝ち点38/+8/20試合) 5位:サンフレッチェ広島レジーナ(勝ち点25/0/19試合) 6位:ちふれASエルフェン埼玉(勝ち点23/-6/19試合) 7位:大宮アルディージャVENTUS(勝ち点22/-14/19試合) 8位:ジェフユナイテッド千葉レディース(勝ち点19/-6/19試合) 9位:セレッソ大阪ヤンマーレディース(勝ち点18/-11/19試合) 10位:マイナビ仙台レディース(勝ち点17/-17/19試合) 11位:AC長野パルセイロ・レディース(勝ち点15/-18/19試合) 12位:ノジマステラ神奈川相模原(勝ち点6/-27/19試合) 2024.05.06 22:10 Mon

進化するEL埼玉に痛手、祐村ひかるが右ヒザ前十字じん帯損傷等で全治8カ月の長期離脱…

ちふれASエルフェン埼玉は25日、MF祐村ひかるの負傷について発表した。 祐村は21日に行われた2023-24WEリーグ第16節、サンフレッチェ広島レジーナ戦で負傷。16分に途中交代していた。 診断の結果は、右ヒザ前十字じん帯損傷、内側側副じん帯損傷、外側半月板損傷の重傷で、全治は8カ月が見込まれている。 今季は途中出場が中心だったが、ウインターブレイク後にスタメンに返り咲き、リーグ戦では15試合3得点を記録。WEリーグカップ4試合、皇后杯で2試合1得点をマークしていた。 2024.04.25 22:42 Thu

WEリーグの関連記事

なでしこ守護神・山下杏也加がINAC神戸を退団…海外挑戦へ「自分が予想してた未来とかけ離れているので信じられていない」

INAC神戸レオネッサは7日、なでしこジャパンGK山下杏也加(28)の退団を発表した。今後は海外クラブへの移籍の準備をするという。 山下は2014年に日テレベレーザ(現:日テレ・東京ヴェルディベレーザ)でキャリアをスタート。2021年にI神戸へと完全移籍した。 WEリーグでは2021-22シーズンの初代女王に貢献し、初代MVPにも輝く活躍を見せると、3シーズンで56試合に出場。WEリーグカップでは5試合に出場していた。 山下はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、海外に挑戦することを決めました。2019年フランスワールドカップを経験し、海外に今すぐにでも行ってサッカーしたいと言う欲が出てきました。しかし、その欲も言葉の壁や世界的にみてGKとしては背の低い自分が通用できるのかと自問自答しながら、その気持ちは年々と薄れていきました」 「いつの間にか28歳になり、友人の引退やセカンドキャリア、「最後の〇〇」を耳にする事が増え、年齢というただの数字と最後を最後にしないように踏ん張りたいと思うようになりました。今でも自分が予想してた未来とかけ離れているので信じられていないです」 「今シーズンに感じた、ここからシュートをしないだろう、この角度からクロスはあげないだろう…という体に染みついた悪い慣れをなくし、海外挑戦でさらにレベルアップしていきたいと思います」 「最後になりますが、INAC神戸で初めての移籍をして、いろいろな人たちと触れ合えた3シーズンはこれからの人生に生かしていきたいと思います。熱い応援をしていただきありがとうございました」 2024.06.07 20:01 Fri

WEリーグMVPは20ゴールで得点王の浦和FW清家貴子が受賞! ベストイレブンには連覇の浦和から最多5名、3年連続受賞者は4名

7日、「2023-24WEリーグアウォーズ」が行われ、2023-24シーズンの最優秀選手賞とベストイレブンが発表された。 三菱重工浦和レッズレディースの連覇で幕を閉じたWEリーグ。優秀選手賞30名が発表されていた中、最優秀選手に選ばれたのは浦和のFW清家貴子だった。 清家は浦和の中心選手としてリーグ戦22試合に出場し20ゴールを記録。チームの連覇に大きく貢献するとともに、WEリーグのシーズン最多得点記録を樹立し得点王に輝いた他、10試合連続ゴールという偉業も成し遂げていた。なお、来季からは海外クラブへ移籍することとなる。 また、ベストイレブンには清家を含み浦和から最多の5名が選出。DF石川璃音、DF遠藤優、MF柴田華絵、MF塩越柚歩が選出され、遠藤と塩越は嬉しい初受賞。清家、柴田は3年連続での受賞となり、石川は2年連続の受賞となった。 その他、2位のINAC神戸レオネッサからGK山下杏也加、DF北川ひかる、FW田中美南の3名が受賞し、山下と田中は3年連続、北川は初受賞となった。3位の日テレ・東京ヴェルディベレーザからはMF木下桃香、FW藤野あおばの2名が受賞し、ともに2年連続での受賞。11ゴールを決め得点ランキング2位となったサンフレッチェ広島レジーナのFW上野真実も初受賞となった。 ◆2023-24 WEリーグベストイレブン GK 山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)/3年連続3回目 DF 石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース)/2年連続2回目 遠藤優(三菱重工浦和レッズレディース)/初受賞 北川ひかる(INAC神戸レオネッサ)/初受賞 MF 柴田華絵(三菱重工浦和レッズレディース)/3年連続3回目 塩越柚歩(三菱重工浦和レッズレディース)/初受賞 木下桃香(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)/2年連続2回目 FW 清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)/3年連続3回目 藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)/2年連続2回目 田中美南(INAC神戸レオネッサ)/3年連続3回目 上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ)/初受賞 <span class="paragraph-title">【動画】得点王に輝いた清家貴子の今季ゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XhbedzyOaBo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.06.07 19:30 Fri

元なでしこジャパンMF川澄奈穂美が新潟Lとの来季契約に合意 「覚悟を持って契約書にサイン」

アルビレックス新潟レディースは6日、元なでしこジャパンMF川澄奈穂美(38)と2024-25シーズンの契約に合意した旨を発表した。 通算90キャップのなでしこジャパンを長らくリードした川澄はアメリカでのプレーも経て、2023年夏の新潟L入りで日本復帰。さっそくキャプテンの役割も託され、チームとしてWEリーグカップで準優勝し、最高位の4位で終戦したWEリーグでは20試合で3ゴールをマークした。 2011年ドイツ・ワールドカップ(W杯)の優勝メンバーである鮫島彩が今季限りでの引退を決断したなか、来季も現役の川澄は「アルビレックス新潟レディースを応援してくださっている皆様、いつも熱いご声援ありがとうございます」と御礼の言葉とともに、決意を新たにした。 「リリースされました通り、2024-25シーズンもアルビレックス新潟レディースと契約させていただきました。このクラブの一員としてまた闘えることが嬉しいです!!」 「2023-24シーズンは、皆様の多大なるサポートのおかげで今までのキャリアでは経験したことのないワクワク・ヒリヒリする大変充実したシーズンを過ごすことができました」 「一方で、目標に手が届かず悔しい思いもしました。次のシーズンで必ずその目標を達成させるべく、覚悟を持って契約書にサインをしました」 「目標(タイトル)はかなり高いところにあると感じていますが、その険しい道をサポーターの皆様とともに登って行きたいと思っておりますので、より一層のアイシテルニイガタを届けてください。2024‐25シーズンもよろしくお願いいたします」 2024.06.06 11:35 Thu

WEリーグ優秀選手30名が発表! 20得点の得点王・清家貴子ら連覇の浦和から10名が選出、ベテランの元なでしこも受賞

2023-24シーズンのWEリーグ優秀選手賞30名が発表された。 三菱重工浦和レッズレディースが見事に連覇を果たしたシーズン。12クラブの監督と選手の投票結果をもとに、優秀選手30名が決定した。 最多の選出は連覇を果たした浦和から10名。20ゴールを記録し得点王にも輝いたなでしこジャパンのFW清家貴子やキャプテンのMF柴田華絵、なでしこジャパンのDF石川璃音らが選出された。 また、2位のINAC神戸レオネッサは7名が選出され、なでしこジャパンのGK山下杏也加、DF守屋都弥、DF北川ひかる、FW田中美南が受賞した。 3位の日テレ・東京ヴェルディベレーザも6名が受賞。FW藤野あおばらが名を連ねた。 また、ベテラン勢でも今シーズン限りでの引退を表明した大宮アルディージャVENTUSのDF鮫島彩、得点力も見せたアルビレックス新潟レディースのMF川澄奈穂美が受賞している。 この30名の中から、最優秀選手賞、ベストイレブンが選ばれることに。6月7日(金)の「2023-24WEリーグアウォーズ」で発表される。 ◆2023-24WEリーグ優秀選手賞受賞選手(30名) GK 1.池田咲紀子(三菱重工浦和レッズレディース/31歳) 21試合(1886分)14失点 31.野田にな(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/20歳) 14試合(1260分)10失点 1.平尾知佳(アルビレックス新潟レディース/27歳) 21試合(1890分)17失点 1.山下杏也加(INAC神戸レオネッサ/28歳) 18試合(1620分)10失点 DF 3.石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース/20歳) 20試合(1690分)0得点 16.水谷有希(三菱重工浦和レッズレディース/28歳) 22試合(1674分)0得点 17.遠藤優(三菱重工浦和レッズレディース/26歳) 22試合(1968分)2得点 3.鮫島彩(大宮アルディージャVENTUS/36歳) 22試合(1908分)0得点 20.岸みのり(ちふれASエルフェン埼玉/29歳) 22試合(1980分)1得点 3.村松智子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/29歳) 20試合(1767分)2得点 2.守屋都弥(INAC神戸レオネッサ/27歳) 21試合(1874分)3得点 3.土光真代(INAC神戸レオネッサ/28歳) 22試合(1918分)0得点 5.三宅史織(INAC神戸レオネッサ/28歳) 22試合(1951分)1得点 13.北川ひかる(INAC神戸レオネッサ/27歳) 22試合(1890分)6得点 MF 5.伊藤美紀(三菱重工浦和レッズレディース/28歳) 22試合(1707分)6得点 6.栗島朱里(三菱重工浦和レッズレディース/29歳) 18試合(1352分)1得点 18.柴田華絵(三菱重工浦和レッズレディース/31歳) 22試合(1924分)0得点 19.塩越柚歩(三菱重工浦和レッズレディース/26歳) 20試合(1402分)3得点 10.鴨川実歩(ジェフ千葉レディース/26歳) 20試合(1530分)5得点 7.北村菜々美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/24歳) 20試合(1689分)6得点 8.菅野奏音(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/23歳) 20試合(1626分)1得点 10.木下桃香(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/21歳) 22試合(1876分)4得点 19.川澄奈穂美(アルビレックス新潟レディース/38歳) 20試合(1609分)3得点 10.成宮唯(INAC神戸レオネッサ/29歳) 22試合(1858分)5得点 11.中嶋淑乃(サンフレッチェ広島レジーナ/24歳) 21試合(1710分)1得点 FW 11.清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース/27歳) 22試合(1868分)20得点 15.島田芽依(三菱重工浦和レッズレディース/22歳) 22試合(1251分)9得点 11.藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/20歳) 21試合(1721分)9得点 9.田中美南(INAC神戸レオネッサ/30歳) 22試合(1965分)8得点 9.上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ/27歳) 22試合(1850分)11得点 2024.06.04 08:30 Tue

カップ王者のサンフレッチェ広島レジーナが吉田恵氏を監督に招へい、初の女子チーム指導「チャレンジャー精神で頑張りたい」

サンフレッチェ広島レジーナは31日、吉田恵氏(51)が監督に就任したことを発表した。 S広島RはWEリーグ加入事から中村伸監督が指揮を執っており、2023-24シーズンはWEリーグカップを制して初タイトルを獲得した。 中村監督は3シーズンを指揮して退任。2024-25シーズンから吉田氏が監督を務めることとなる。 吉田氏は、現役時代はヴェルディ川崎やヴィッセル神戸、ジェフユナイテッド市原(現:ジェフユナイテッド千葉)、サンフレッチェ広島、サガン鳥栖でプレーした。 引退後は指導者となり、広島のジュニアユースでコーチに就任。中京大学のコーチや鳥栖のコーチを務めると、2014年のシーズン途中から尹晶煥監督の後任として監督とを務めた。 その後、鳥栖でコーチに再び就任すると、FC岐阜でコーチを務めていた中、2016年7月からラモス瑠偉の後任として監督を引き継ぐことに。V・ファーレン長崎、アビスパ福岡でコーチを務め、今年2月からS広島Rのアカデミーアドバイザーを務めていた。 吉田氏はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、サンフレッチェ広島レジーナ監督に就任する事になりました、吉田恵です。指導者としてスタートをさせていただいたサンフレッチェ広島で、監督ができる事に喜びを感じています。女子サッカーでの指導は初めてですが、持ち前のチャレンジャー精神で頑張りたいと思います」 「前任者の中村とは、大学時代の3年間を同じチームで過ごした仲間です。0からチームを立ち上げ、昨年はカップ戦優勝と3年間でチームを急成長させてきた彼とスタッフ、選手たちにはリスペクトしかありません」 「この築き上げてきたものを引き継ぎ、より『攻守にアグレッシブで魅力的なサッカー』ができるよう、強い気持ちを持ってチームをもう一段高いステージに持っていけるようチャレンジしていきたいと思います」 「また、常日頃から広島を応援してくださっているファン、サポーター、並びにスポンサーの皆様の期待に応えられるよう、最善を尽くしてまいりますので、応援よろしくお願い致します」 2024.05.31 18:40 Fri

記事をさがす

栃谷美羽の人気記事ランキング

1

雪辱果たし初制覇へ王手!山梨学院大学DF栃谷美羽「優勝するまで満足はできない」

決勝進出を決めた山梨学院大学の4年生、DF栃谷美羽が試合を振り返った。 4日、味の素フィールド西が丘では第32回全日本大学女子サッカー選手権大会(女子インカレ)の準決勝2試合が行われ、山梨学院は第1試合で東洋大学と対戦した。 前回大会の決勝と同一カードとなった一戦で、山梨学院は6分にFW伊藤琴音、12分にMF山田歩美と、序盤に複数得点を挙げると、25分にも伊藤が追加点を奪い、前半だけで3点のリードを得る。 後半は攻勢に転じた東洋に押し込まれ、70分に1点を返されたものの、以降の反撃を許さず、3-1で勝利。2大会連続2度目の決勝進出を決めた。 前年度の決勝で先発し、この日もスタメンに名を連ねたのは山梨学院に6人(なお、東洋は5人)。右サイドバックで先発した栃谷もその1人だ。 12分には早いタイミングでの左足クロスで2点目をアシストした。利き足は右だが、持ち味の1つが両足のキック精度。セットプレーのキッカーも務める背番号「15」は、ちふれASエルフェン埼玉への加入も決定しており、WEリーグファンも必見の逸材だ。 さらに「アーリー(クロス)は結構得意としている」とも語るなど、武器を生かしての得点演出には顔をほころばせた。 雪辱を果たし、決勝進出を決められたことは喜ばしいと述べた栃谷だが、優勝という目標達成までは気を緩めずに進みたいと、勝って兜の緒を締める。 「決勝に駒を進められて、とても嬉しい気持ちはありますが、優勝するまで満足はできないので、またいい準備していきたいなと思います」 「チームとしては、東洋さんにリベンジしようという想いはありましたけど、それにこだわらず、目の前の相手としっかり戦うこと。相手というよりは、己に勝つという感じで全員で頑張っていました」 試合を通じても「早い段階で得点を重ねられたことで、チームとして勢いがついた。けど、その後1失点してしまったのは課題。(大きくリードしている状況でも)引くとそこが隙になるので、前半と変わらず(プレスを)かけて、攻撃ももっとシンプルにと思っていましたが、そこは少し難しかったかなと思います」と、手応えと修正点を口にする。 悲願の初優勝まであと1勝。6日の決勝では過去7度の優勝を誇る強豪、早稲田大学と対戦する。 栃谷は決勝へ向け、「4年生最後ですし、絶対みんなでこのチームで優勝できるように、精いっぱい準備して頑張りたいと思います」と、力強いコメントを残した。 <span class="paragraph-title">【動画】山梨学院DF栃谷美羽が絶妙なクロスで追加点をアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="7TvmrYx0AxI";var video_start = 157;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.01.04 22:45 Thu
2

今月2度目の埼玉ダービーはEL埼玉が逆転勝ちでシーズンダブル達成!大宮Vは牧野美優がWE初ゴールも空砲に【WEリーグ】

31日、2023-24 WEリーグ 第13節のちふれASエルフェン埼玉 vs 大宮アルディージャVENTUSが熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、ホームのEL埼玉が2-1で勝利を収めた。 クラブ記録の3連勝後に迎えた3連戦で3連敗、トータル4勝1分け7敗で7位に後退したEL埼玉。一方、3連戦を2勝1敗で乗り切り、5勝2分け5敗と星を五分に戻して5位に浮上した大宮V。 EL埼玉はここまで全試合に先発していた園田悠奈が控えメンバーからも外れ、栃谷美羽が加入後初先発を飾る。一方の大宮Vも、前節負傷交代の平井杏幸に代わり、上辻佑実が2試合ぶりに先発復帰した。 3日に大宮Vのホームで行われた前回対戦は、唐橋万結と佐久間未稀のゴールでEL埼玉が2-0で勝利。1カ月と経たずに再び迎えた"埼玉ダービー"は、リベンジを期する大宮Vが16分に試合を動かす。 EL埼玉が前線に築く五角形の外側から大宮Vは敵陣深くへ侵入し、杉澤海星の突破で右CKを獲得すると、仲田歩夢のキックをGK浅野菜摘がファンブルしてゴール前での混戦に。最後は牧野美優が蹴り込んだ。 今冬に日本大学から加入したルーキーがWE初ゴールをマークした大宮V。先制点のきっかけを作った杉澤は、以降も度々の仕掛けとクロスで存在感を発揮し、35分にも吉田莉胡のシュートに対して好ブロックを披露。守備でも見せる。 対して、右サイドでの組み立てを中心にじわじわと押し返し始めたEL埼玉は、42分に同点弾を奪取。栃谷がボックス手前右から斜め内側へ絶妙なスルーパスを送ると、中央からのダイアゴナルランで抜け出した祐村ひかるがGKとの一対一で冷静にニアへ流し込んだ。 タイスコアで迎えた後半は、EL埼玉が追い風を利用したカウンターを披露。祐村、吉田の2トップの推進力を生かして大宮Vゴールを脅かし、68分には唐橋が収めてのスルーパスから祐村が左ポケットを取っての一対一を迎えたが、角度がなかったか、GK望月ありさに阻まれた。 仲田、船木里奈、に代えて大島暖菜、田嶋みのりと、左右のサイドハーフを交代して勝ち越しを狙う大宮Vに対し、EL埼玉も84分に両ウイングバックを含む3枚替えを決行。すると87分、再びスコアを動かしたのはホームチームだった。 右の深い位置を取って1つ戻し、代わって入った松久保明梨がクロスを入れると、飛び込んだのは中盤の瀬戸口梢。大外から見事なヘディングを沈め、EL埼玉が試合をひっくり返した。 瀬戸口の今季リーグ戦初ゴールで逆転に成功したEL埼玉は、大宮Vの反撃を抑えてタイムアップのホイッスル。ダービーでダブルを達成し、4試合ぶりの白星を掴んでいる。 ちふれASエルフェン埼玉 2-1 大宮アルディージャVENTUS 【EL埼玉】 祐村ひかる(42分) 瀬戸口梢(87分) 【大宮V】 牧野美優(16分) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】EL埼玉が逆転でダービー勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="RF2F7YNzjSw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.31 16:00 Sun
3

「狙ってこれは超ゴラッソ!」EL埼玉のルーキー、WEデビュー戦で直接CK弾の栃谷美羽に脚光「今後の活躍が楽しみ」

ちふれASエルフェン埼玉のルーキー、DF栃谷美羽の鮮烈デビュー弾が脚光を浴びている。 10日、2023-24 WEリーグ第9節のちふれASエルフェン埼玉vsノジマステラ神奈川相模原が熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、ホームのEL埼玉が2-1の逆転勝ちを収めた。 この一戦で強烈なインパクトを残した1人が、EL埼玉の栃谷美羽。ウインターブレイク中に山梨学院大学から新加入した22歳だ。 前半に先制を許したEL埼玉は、53分に祐村ひかるの一撃で同点に追い付くと、直後に3枚替えを決行。5バックから4バックへシステムも変更し、栃谷はトップ下で起用されると、WEリーグ初出場ながらも即結果を残した。 72分、EL埼玉は左CKを獲得すると、キッカーの栃谷は風を生かした高く巻いたボールを選択。これが直接ゴールに吸い込まれ、逆転に成功した。 試合後のフラッシュインタビューでは、直接狙っていたことを明かした栃谷。デビュー戦で即ゴール、しかも直接CKでの逆転弾という稀有な例をWEリーグ公式X(旧:ツイッター)もピックアップすると、閲覧者からも「狙ってこれは超ゴラッソ!」、「今後の活躍が楽しみ」、「何回見ても素晴らしい」などの声が寄せられた。 ジェフユナイテッド市原・千葉レディースの育成組織から修徳高校を経て山梨学院大学へ進んだ栃谷は、両足の高精度キックが持ち味で、左右どちらのサイドも、中盤の底も担えるユーティリティプレーヤー。加入直前の昨年12月29日、第32回全日本大学女子サッカー選手権大会(インカレ)準々決勝の明治国際医療大学戦でも、CKを直接沈めていた。 大学時代は4年生時にインカレと関カレの2冠を達成。WEリーグでも早々に輝きを放ち、今後のさらなる飛躍が期待される。 なお、WEリーグで直接CKでのゴールが記録されたのはこれが3度目。2022-23 Yogibo WEリーグ第2節での菊池まりあ(AC長野パルセイロ・レディース)、今季第8節での杉田亜未(アルビレックス新潟レディース)に次いで、栃谷は3人目となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】EL埼玉・栃谷美羽がWEリーグデビュー戦で決めた直接CK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">\コーナーキックから直接ゴール/<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%A1%E3%81%B5%E3%82%8CAS%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E5%9F%BC%E7%8E%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ちふれASエルフェン埼玉</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A0%83%E8%B0%B7%E7%BE%8E%E7%BE%BD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#栃谷美羽</a> 選手が <a href="https://twitter.com/hashtag/WE%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WEリーグ</a> デビュー戦で初ゴールをマーク<br><br>試合の詳細はこちらから<a href="https://t.co/qSlRiY68be">https://t.co/qSlRiY68be</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#女子サッカー</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/weleague?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#weleague</a> <a href="https://twitter.com/elfen_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@elfen_official</a> <a href="https://t.co/lIHCqZyBgK">pic.twitter.com/lIHCqZyBgK</a></p>&mdash; WEリーグ|日本女子プロサッカーリーグ (@WE_League_JP) <a href="https://twitter.com/WE_League_JP/status/1767484736434573397?ref_src=twsrc%5Etfw">March 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】栃谷美羽がインカレで決めた直接CK</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="EaNnUvd8hVo";var video_start = 162;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.13 19:30 Wed

ちふれASエルフェン埼玉の人気記事ランキング

1

WEリーグ優秀選手30名が発表! 20得点の得点王・清家貴子ら連覇の浦和から10名が選出、ベテランの元なでしこも受賞

2023-24シーズンのWEリーグ優秀選手賞30名が発表された。 三菱重工浦和レッズレディースが見事に連覇を果たしたシーズン。12クラブの監督と選手の投票結果をもとに、優秀選手30名が決定した。 最多の選出は連覇を果たした浦和から10名。20ゴールを記録し得点王にも輝いたなでしこジャパンのFW清家貴子やキャプテンのMF柴田華絵、なでしこジャパンのDF石川璃音らが選出された。 また、2位のINAC神戸レオネッサは7名が選出され、なでしこジャパンのGK山下杏也加、DF守屋都弥、DF北川ひかる、FW田中美南が受賞した。 3位の日テレ・東京ヴェルディベレーザも6名が受賞。FW藤野あおばらが名を連ねた。 また、ベテラン勢でも今シーズン限りでの引退を表明した大宮アルディージャVENTUSのDF鮫島彩、得点力も見せたアルビレックス新潟レディースのMF川澄奈穂美が受賞している。 この30名の中から、最優秀選手賞、ベストイレブンが選ばれることに。6月7日(金)の「2023-24WEリーグアウォーズ」で発表される。 ◆2023-24WEリーグ優秀選手賞受賞選手(30名) GK 1.池田咲紀子(三菱重工浦和レッズレディース/31歳) 21試合(1886分)14失点 31.野田にな(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/20歳) 14試合(1260分)10失点 1.平尾知佳(アルビレックス新潟レディース/27歳) 21試合(1890分)17失点 1.山下杏也加(INAC神戸レオネッサ/28歳) 18試合(1620分)10失点 DF 3.石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース/20歳) 20試合(1690分)0得点 16.水谷有希(三菱重工浦和レッズレディース/28歳) 22試合(1674分)0得点 17.遠藤優(三菱重工浦和レッズレディース/26歳) 22試合(1968分)2得点 3.鮫島彩(大宮アルディージャVENTUS/36歳) 22試合(1908分)0得点 20.岸みのり(ちふれASエルフェン埼玉/29歳) 22試合(1980分)1得点 3.村松智子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/29歳) 20試合(1767分)2得点 2.守屋都弥(INAC神戸レオネッサ/27歳) 21試合(1874分)3得点 3.土光真代(INAC神戸レオネッサ/28歳) 22試合(1918分)0得点 5.三宅史織(INAC神戸レオネッサ/28歳) 22試合(1951分)1得点 13.北川ひかる(INAC神戸レオネッサ/27歳) 22試合(1890分)6得点 MF 5.伊藤美紀(三菱重工浦和レッズレディース/28歳) 22試合(1707分)6得点 6.栗島朱里(三菱重工浦和レッズレディース/29歳) 18試合(1352分)1得点 18.柴田華絵(三菱重工浦和レッズレディース/31歳) 22試合(1924分)0得点 19.塩越柚歩(三菱重工浦和レッズレディース/26歳) 20試合(1402分)3得点 10.鴨川実歩(ジェフ千葉レディース/26歳) 20試合(1530分)5得点 7.北村菜々美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/24歳) 20試合(1689分)6得点 8.菅野奏音(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/23歳) 20試合(1626分)1得点 10.木下桃香(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/21歳) 22試合(1876分)4得点 19.川澄奈穂美(アルビレックス新潟レディース/38歳) 20試合(1609分)3得点 10.成宮唯(INAC神戸レオネッサ/29歳) 22試合(1858分)5得点 11.中嶋淑乃(サンフレッチェ広島レジーナ/24歳) 21試合(1710分)1得点 FW 11.清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース/27歳) 22試合(1868分)20得点 15.島田芽依(三菱重工浦和レッズレディース/22歳) 22試合(1251分)9得点 11.藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ/20歳) 21試合(1721分)9得点 9.田中美南(INAC神戸レオネッサ/30歳) 22試合(1965分)8得点 9.上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ/27歳) 22試合(1850分)11得点 2024.06.04 08:30 Tue
2

雪辱果たし初制覇へ王手!山梨学院大学DF栃谷美羽「優勝するまで満足はできない」

決勝進出を決めた山梨学院大学の4年生、DF栃谷美羽が試合を振り返った。 4日、味の素フィールド西が丘では第32回全日本大学女子サッカー選手権大会(女子インカレ)の準決勝2試合が行われ、山梨学院は第1試合で東洋大学と対戦した。 前回大会の決勝と同一カードとなった一戦で、山梨学院は6分にFW伊藤琴音、12分にMF山田歩美と、序盤に複数得点を挙げると、25分にも伊藤が追加点を奪い、前半だけで3点のリードを得る。 後半は攻勢に転じた東洋に押し込まれ、70分に1点を返されたものの、以降の反撃を許さず、3-1で勝利。2大会連続2度目の決勝進出を決めた。 前年度の決勝で先発し、この日もスタメンに名を連ねたのは山梨学院に6人(なお、東洋は5人)。右サイドバックで先発した栃谷もその1人だ。 12分には早いタイミングでの左足クロスで2点目をアシストした。利き足は右だが、持ち味の1つが両足のキック精度。セットプレーのキッカーも務める背番号「15」は、ちふれASエルフェン埼玉への加入も決定しており、WEリーグファンも必見の逸材だ。 さらに「アーリー(クロス)は結構得意としている」とも語るなど、武器を生かしての得点演出には顔をほころばせた。 雪辱を果たし、決勝進出を決められたことは喜ばしいと述べた栃谷だが、優勝という目標達成までは気を緩めずに進みたいと、勝って兜の緒を締める。 「決勝に駒を進められて、とても嬉しい気持ちはありますが、優勝するまで満足はできないので、またいい準備していきたいなと思います」 「チームとしては、東洋さんにリベンジしようという想いはありましたけど、それにこだわらず、目の前の相手としっかり戦うこと。相手というよりは、己に勝つという感じで全員で頑張っていました」 試合を通じても「早い段階で得点を重ねられたことで、チームとして勢いがついた。けど、その後1失点してしまったのは課題。(大きくリードしている状況でも)引くとそこが隙になるので、前半と変わらず(プレスを)かけて、攻撃ももっとシンプルにと思っていましたが、そこは少し難しかったかなと思います」と、手応えと修正点を口にする。 悲願の初優勝まであと1勝。6日の決勝では過去7度の優勝を誇る強豪、早稲田大学と対戦する。 栃谷は決勝へ向け、「4年生最後ですし、絶対みんなでこのチームで優勝できるように、精いっぱい準備して頑張りたいと思います」と、力強いコメントを残した。 <span class="paragraph-title">【動画】山梨学院DF栃谷美羽が絶妙なクロスで追加点をアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="7TvmrYx0AxI";var video_start = 157;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.01.04 22:45 Thu
3

浦和が12連勝でまた一歩連覇に前進! INAC神戸は北川ひかるが古巣新潟L相手に2ゴールで追走【WEリーグ】

2023-24WEリーグ第19節の6試合が6日に行われた。 シーズンも残り4試合となった中、優勝争いは首位の三菱重工浦和レッズレディースと2位のINAC神戸レオネッサに絞られている状況となった。 首位の浦和は、アウェイでちふれASエルフェン埼玉と対戦。埼玉ダービーとなった試合は、浦和が主導権を握っていく。 すると16分に浦和が先制。右サイドからのクロスがボックス内で混戦となると、伊藤美紀のシュートのこぼれ球を清家貴子が押し込んで先制。31分には右サイドからの攻撃。こぼれ球を浦和の栗島朱里が左足シュートも、GK浅野菜摘がナイスセーブを見せて追加点を許さない。 それでも前半アディショナルタイム1分、清家の左足クロスを飛び込んだ伊藤がボックス内で合わせると、浮き球のシュートがポストを叩いて決まり、浦和が2点リードで折り返す。 追いかけるEL埼玉は58分、植村祥子のパスを受けた瀬戸口梢がボックス内でダイレクトで折り返すと、これを受けた吉田莉胡が落ち着いて決めて1点差に。しかし、その後スコアは動かず、浦和が12連勝を達成した。 2位のI神戸はアウェイで3位のアルビレックス新潟レディースと対戦。両者の勝ち点差は「5」となっており、新潟Lとしては勝利で勝ち点差を縮めたい一戦だ。 I神戸としては逆転優勝のためにも勝たなければいけない試合。立ち上がりからI神戸が主導権を握っていくも、前半はゴールが生まれない。 すると迎えた後半、47分にいきなり動く。田中美南がドリブルで持ち上がりシュート。GK平尾知佳が足でセーブも古巣対戦となった北川ひかるが押し込んでI神戸が先制する。 先制したI神戸は試合をコントロールして時計をすすめると、78分には守屋都弥がボックス右からクロス。これを北川がボックス内でヘッド。これがネットを揺らして2点目。そのまま逃げ切り、0-2で勝利を収めて逆転優勝に望みを繋いだ。 4位の日テレ・東京ヴェルディベレーザはアウェイでAC長野パルセイロ・レディースと対戦。土方麻椰の2ゴールの活躍などで、0-3で勝利を収め、3位に浮上した。 その他、サンフレッチェ広島レジーナ、セレッソ大阪ヤンマーレディースが勝利を収めている。 ◆2023-24WEリーグ第19節 ▽5/6(月) マイナビ仙台レディース 0-0 ジェフユナイテッド千葉レディース アルビレックス新潟レディース 0-2 INAC神戸レオネッサ ちふれASエルフェン埼玉 1-2 三菱重工浦和レッズレディース ノジマステラ神奈川相模原 0-1 サンフレッチェ広島レジーナ AC長野パルセイロ・レディース 0-3 日テレ・東京ヴェルディベレーザ セレッソ大阪ヤンマーレディース 2-1 大宮アルディージャVENTUS ◆順位表(第19節終了時) 1位:三菱重工浦和レッズレディース(勝ち点53/+36/20試合) 2位:INAC神戸レオネッサ(勝ち点46/+28/19試合) 3位:日テレ・東京ヴェルディベレーザ(勝ち点39/+27/19試合) 4位:アルビレックス新潟レディース(勝ち点38/+8/20試合) 5位:サンフレッチェ広島レジーナ(勝ち点25/0/19試合) 6位:ちふれASエルフェン埼玉(勝ち点23/-6/19試合) 7位:大宮アルディージャVENTUS(勝ち点22/-14/19試合) 8位:ジェフユナイテッド千葉レディース(勝ち点19/-6/19試合) 9位:セレッソ大阪ヤンマーレディース(勝ち点18/-11/19試合) 10位:マイナビ仙台レディース(勝ち点17/-17/19試合) 11位:AC長野パルセイロ・レディース(勝ち点15/-18/19試合) 12位:ノジマステラ神奈川相模原(勝ち点6/-27/19試合) 2024.05.06 22:10 Mon
4

仲田歩夢の直接FK弾などで大宮VがS広島Rに完封勝利で6試合ぶり白星! 3位・東京NBはEL埼玉を退ける【WEリーグ】

2023-24WEリーグ第20節の2試合が11日に行われた。 熾烈な優勝争いが繰り広げられている中、首位の三菱重工浦和レッズレディースは『AFC Women’s Club Championship 2023 – Invitational Tournament(AWCC)』を10日に戦い、韓国の仁川現代製鉄レッドエンジェルズを2-1で下して見事に優勝を果たしていた。 今節の試合は3月に既に消化しておりアルビレックス新潟レディースに2-0で勝利している状況となっている。 11日には、3位の日テレ・東京ヴェルディベレーザ がアウェイで6位のちふれASエルフェン埼玉と対戦した。 試合は12分、藤野あおばがボックス手前中央から右足一閃。鋭いミドルシュートがネットを揺らし、東京NBが先制する。 先制した東京NBはパスを細かく繋いで攻め込んでいきながらも、追加点が遠い。すると27分、EL埼玉は、左サイドから崩すと、ボックス手前中央で桂亜依がシュート。これがこぼれ球になると、ボックス内で反応した吉田莉胡がシュートも、GK田中桃子がしっかりとセーブする。 東京NBは、1点リードして迎えた後半もペースを握っていくが、55分には吉田のシュートが相手のオウンゴールを誘発。EL埼玉が同点に追いつく。 その後はゴールが生まれなかったが82分に藤野がドリブルで運び、ボックス右からクロス。ファーサイドで北村菜々美がダイレクトボレー。1-2で東京NBが勝利を収めた。 もう1試合は、5位のサンフレッチェ広島レジーナvs7位の大宮アルディージャVENTUSの対戦となった。 試合は互いに一進一退の攻防となる中で、ゴールが生まれない。それでも30分ん、ボックス手前で大島暖菜が仕掛けると、ボックス手前中央から井上綾香が右足を振り抜くと、ミドルシュートがゴール左に決まり、大宮Vが先制する。 対するS広島Rは44分、FKからのこぼれ球をボックス手前で小川 愛がミドルシュート。しかし、これはクロスバーに当たってしまう。 1点ビハインドのS広島Rは、後半立ち上がりから攻め込んでいく。しかし、何度か迎えた決定機はGK望月ありさが立ちはだかり、ゴールを奪えない。 すると64分、大宮Vがボックス右でFKを獲得すると、仲田歩夢がシュート。これが直接ネットを揺らし、大宮Vが追加点。仲田は今シーズンのリーグ戦初ゴールとなり、0-2で大宮Vが勝利。6試合ぶりの白星となった。 ◆2023-24WEリーグ第20節 ▽5/11(土) ちふれASエルフェン埼玉 1-2 日テレ・東京ヴェルディベレーザ サンフレッチェ広島レジーナ 0-2 大宮アルディージャVENTUS ▽5/12(日) マイナビ仙台レディース vs ノジマステラ神奈川相模原 ジェフユナイテッド千葉レディース vs INAC神戸レオネッサ AC長野パルセイロ・レディース vs セレッソ大阪ヤンマーレディース ▽3/27(水) 三菱重工浦和レッズレディース 2-0 アルビレックス新潟レディース ◆順位表(第20節2日目終了時) 1位:三菱重工浦和レッズレディース(勝ち点53/+36/20試合) 2位:INAC神戸レオネッサ(勝ち点46/+28/19試合) 3位:日テレ・東京ヴェルディベレーザ(勝ち点42/+28/20試合) 4位:アルビレックス新潟レディース(勝ち点38/+8/20試合) 5位:サンフレッチェ広島レジーナ(勝ち点25/-2/20試合) 6位:大宮アルディージャVENTUS(勝ち点25/-12/20試合) 7位:ちふれASエルフェン埼玉(勝ち点23/-7/20試合) 8位:ジェフユナイテッド千葉レディース(勝ち点19/-6/19試合) 9位:セレッソ大阪ヤンマーレディース(勝ち点18/-11/19試合) 10位:マイナビ仙台レディース(勝ち点17/-17/19試合) 11位:AC長野パルセイロ・レディース(勝ち点15/-18/19試合) 12位:ノジマステラ神奈川相模原(勝ち点6/-27/19試合) <span class="paragraph-title">【動画】仲田歩夢の左足炸裂! 難しい角度から直接FK叩き込み、今季リーグ戦初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="p6l53-gwvrk";var video_start = 122;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.11 22:43 Sat
5

皇后杯惜敗のEL埼玉・池谷孝監督、健闘も「現実+10%ぐらい」と理想高く リーグ戦再開へ「その道を少しでも極めていけたら」

ちふれASエルフェン埼玉の池谷孝監督が激闘を振り返った。 EL埼玉は20日、第45回皇后杯準決勝でINAC神戸レオネッサとサンガスタジアム by KYOCERAで対戦した。 2大会連続のベスト4に進み、昨季同様、I神戸との顔合わせとなった一戦は、39分に先制されるが、52分に吉田莉胡のゴールで同点に。61分に再び勝ち越されたが、83分に祐村ひかると、粘りを見せる。だが、延長戦120分に三度勝ち越しを許し、クラブ史上初の決勝進出はお預けとなった。 試合後の会見に登場した池谷監督は開口一番、「僕は負けず嫌いなので、悔しいです」とコメント。チーム力差を認識しながらも、掲げてきたコンセプトを発揮した点や、執念を見せ、健闘したチームを評価した。 「皆さんご存知の通り、個人の技術の差、チームの力の差ははっきりしておりますので、私が指導して5カ月ですけど、『ドーベルマンディフェンス』、『Simple, Quick to the GOAL』、『意識を変えて、技術を変えよう』、そういうことをある程度体現してくれたゲームだったと思います」 「(I神戸は)かなり格上のチームですので、やり方によっては0-10ぐらいも正直覚悟はしていました。前半0-0でいったらという相手のサッカーを壊すというストーリーができたんですけど、PKで0-1。でも、最少失点で帰ってきましたので、まだまだやれると思っていました」 「先行されて先行されて、というのは大きな課題でありますが、それを追い付いたことは収穫です」 池谷監督は技術指導のみならず、パワーポイント等を駆使した「授業」も行いながら選手とコミュニケーションを図っている。 静岡県藤枝市出身らしく、ボールを握りながら相手を攻略するスタイルを理想に掲げる指揮官は、現状との折り合いをつけつつも、徐々に「だんだん僕のサッカー感と言いますか、現実プラス10%ぐらい」、メンタル面を含めて積み上がっていると語る。 まだまだ理想には遠いとのことだが、皇后杯では魅力的な戦いを披露したEL埼玉。リーグ戦再開へ向けては「技術やプレーモデル、フィーリングなど、課題はたくさんある」としながらも、新加入選手の台頭を含め、「選手と一緒になって、その道を少しでも極めていけたらと思います」と、ブラッシュアップを誓った。 2024.01.21 14:55 Sun

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly