実戦復帰グリーリッシュに苦難続く…そけい部の負傷再発

2024.02.28 12:35 Wed
シティでプレーするグリーリッシュ。
Getty Images
シティでプレーするグリーリッシュ。
マンチェスター・シティで実戦復帰したイングランド代表MFジャック・グリーリッシュだが、負傷交代した。
PR
シティは27日のFAカップ5回戦でルートン・タウンと対戦。アーリング・ハーランドの衝撃5発にケビン・デ・ブライネの4アシストなどで6-2と快勝した。
連覇に力強く前進したシティだが、グリーリッシュが39分にジェレミー・ドクと交代。ベンチではうなだれる姿も確認され、状態が心配されるところだ。

今季のグリーリッシュはというと、ここまで公式戦27試合に出場中だが、ケガが悩みの種に。ルートン戦はそけい部の故障から戻って初の先発だった。

イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ジョゼップ・グアルディオラ監督はそけい部のケガを再発させた可能性を認めたようだ。
「ドクターと話をしていないが、そけい部の痛みを訴えたようだ。とても良い状態だったが、残念ながら、またケガをしてしまった」

「彼にとって、タフなシーズンになっている。しっかりと治さないといけないし、復帰したら、我々の助けになってくれるだろう」

ポジション争いでも新加入のジェレミー・ドクに押され気味のなか、再離脱濃厚なグリーリッシュ。最終盤に差しかかる今季中に10番を再び見られるか。

PR
関連ニュース

クロアチア代表コンビがリーグ初弾のシティが暫定首位! 橋岡大樹はフル出場も今季2点目のオウンゴール…【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第33節、マンチェスター・シティvsルートン・タウンが13日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが5-1で快勝した。なお、ルートンのDF橋岡大樹はフル出場した。 3位のシティはチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦を控える中、降格圏の18位相手にリーグ3連勝を狙った。リーグ前節はクリスタル・パレス相手に4-1の快勝を収めたグアルディオラのチームは、敵地で行われたマドリー戦では激しい打ち合いの末に難所で3-3のドローに持ち込んだ。 逆転でのリーグ優勝へ勝ち点3を積み上げつつ、週明けの大一番へ弾みを付けたいこの一戦では先発6人を変更。守護神エデルソン、体調不良から回復したデ・ブライネが復帰した一方、休養のロドリ、フォーデンらに代えてマテウス・ヌネス、アルバレスらが起用された。対するルートンは橋岡が変則5バックの中央右でスタメンを飾った。 試合は開始早々にホームチームが動かす。2分、デ・ブライネのスルーパスに抜け出したハーランド、ドクとボックス内で続けて際どいシュートを放つと、最後はハーランドの枠を外れた強引なシュートが橋岡の顔面に当たってコースが大きく変わってゴール左隅に決まった。なお、橋岡は先日のアーセナル戦に続く不運なオウンゴールとなった。 幸先よく先制に成功したシティは、以降も人基準のルートンの守備を効果的に揺さぶってチャンスを作っていく。9分にはグヴァルディオルの右足ミドルシュート、14分にはボックス付近からのヌネスのシュートでGKカミンスキにファインセーブを強いる。 前半半ばから終盤にかけても相手陣内でハーフコートゲームを展開するシティズンズ。80%近いボール保持率に加え、ボールを失っても即時奪回でルートンに自陣からの脱出を許さない。そして、前半だけで18本のシュートを浴びせかけたが、27分のヌネスのシュートは左ポストを掠め、前半終了間際のデ・ブライネの枠内シュートは同胞GKカミンスキの好守に遭い、圧倒した前半のうちに追加点を奪い切れなかった。 後半も試合展開に大きな変化はなし。引き続き相手陣内でハーフコートゲームを展開するホームチームは、アルバレスやグヴァルディオルがフィニッシュに顔を出す。 以降も多彩な仕掛けで相手を揺さぶりながらルベン・ディアスらが幾度も際どいシュートを放つと、64分にはセットプレーからようやくゴールをこじ開ける。64分、左CKのショートコーナーでアルバレスからのマイナスパスをペナルティアーク付近のコバチッチが右足ダイレクトシュート。これがゴール前の密集を抜けてゴール右に突き刺さった。 コバチッチに今季プレミアリーグ初ゴールを決められて2点のビハインドを背負ったルートンは、失点直後にオニエディンマの右サイドからのクロスをゴール前のウッドロウがワンタッチで合わせてようやくファーストシュートを記録したが、これは惜しくもクロスバーを叩く。 冷や汗をかいたものの、2点リードを維持したシティは、ここから攻勢を強めると、75分にはドクが鋭い仕掛けからボックス内でオニエディンマのファウルを誘ってPK獲得。これをキッカーのハーランドが冷静に左隅へ蹴り込み、今季リーグ戦20点目とした。 この3点目で勝利を確信したグアルディオラ監督は81分にデ・ブライネ、ハーランドを下げてセルヒオ・ゴメス、ボブの投入で試合をクローズに入る。 この交代直後の81分にはビルドアップのミスを突いたルートンがバークリーのゴールで一矢報いる。 だが、ここから再びギアを上げたシティは87分に左サイドを単騎突破したドクが切れ味鋭いカットインでボックス内に侵入し、DF橋岡の股間を抜くシュートを右隅に流し込む。さらに、試合終了間際の93分にはドクの突破で相手守備を押し下げた後、ボックス手前でフリーとなったグヴァルディオルが見事な右足のミドルシュートをゴール左上隅に突き刺し、公式戦2試合連発となるプレミアリーグ初ゴールを記録した。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、快勝でリーグ3連勝を達成したシティが暫定首位に浮上すると共に週明けのマドリー戦へ大きな弾みを付けた。 <span class="paragraph-title">【動画】不運な橋岡大樹…ハーランドのシュートがあたりオウンゴールに</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="rZHpJMHsvoY";var video_start = 30;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.14 01:02 Sun

チェルシーが1年間で代理人に支払った額は143億円超! 総額782億円のプレミアリーグで圧倒的首位も成績は2年連続で低迷

世界最高峰のリーグとしても知られ、最も裕福なリーグともされるプレミアリーグ。2023年1月の移籍市場から、2024年1月までの移籍市場で、代理人や仲介業者へ各クラブが支払った金額が明らかになった。 イングランドサッカー協会(FA)によれば、プレミリーグのクラブが支払った合計額は4億950万ポンド(約782億円)とのこと。最も支払っているのは、チェルシーで7514万524ポンド(約143億4500万円)だったとのことだ。 チェルシーは2022年夏にトッド・ベーリー氏がオーナーになってから選手の移籍に10億ポンド(約1909億3500万円)以上を支払っている。 2位はマンチェスター・シティで6062万6025ポンド(約115億7500万円)、3位がマンチェスター・ユナイテッドで3405万4001ポンド(約65億円)を支払っている。3位のユナイテッドの時点で、チェルシーの半分以下の金額となっている。 なお、4位はリバプールで3150万211ポンド(約60億円)、5位はアーセナルで2476万875ポンド(約47億2500万円)となっており、チェルシーの支出がいかに結果につながっていないかを示すランキングとなってしまっている。 ◆代理人手数料ランキング 1位:チェルシー/7514万524ポンド(約143億4500万円) 2位:マンチェスター・シティ/6062万6025ポンド(約115億7500万円) 3位:マンチェスター・ユナイテッド/3405万4001ポンド(約65億円) 4位:リバプール/3150万211ポンド(約60億円) 5位:アーセナル/2476万875ポンド(約47億2500万円) 6位:アストン ヴィラ/2116万122ポンド(約40億3500万円) 7位:トッテナム/1973万1099ポンド(約37億7000万円) 8位:ニューカッスル/1888万1923ポンド(約36億円) 9位:ボーンマス/1599万9925ポンド(約30億5500万円) 10位:ウェストハム/1388万365ポンド(約26億5000万円) 11位:ウォルバーハンプトン/1339万2541ポンド(約25億6000万円) 12位:ノッティンガム・フォレスト/1306万3455ポンド(約25億円) 13位:フルアム/1206万2906ポンド(約23億円) 14位:ブライトン&ホーヴ・アルビン/1139万3102ポンド(約21億7500万円) 15位:クリスタル・パレス/1108万2430ポンド(約21億1500万円) 16位:エバートン/1062万3224ポンド(約20億3000万円) 17位:ブレントフォード/814万7957ポンド(約15億5500万円) 18位:バーンリー/694万4589ポンド(約13億2500万円) 19位:シェフィールド・ユナイテッド/512万7509ポンド(約9億8000万円) 20位:ルートン・タウン/202万146ポンド(約3億8500万円) 2024.04.13 15:15 Sat

「ペップの最も偉大なレガシーはフォーデン」 元オアシスのシティファン、ノエル・ギャラガーが賛辞

マンチェスター・シティで数々の成功を収めるジョゼップ・グアルディオラ監督だが、イングランド代表MFフィル・フォーデンのブレイクも大きな功績の1つと考えて良さそうだ。 シティ生え抜きのスター、フォーデン。グアルディオラ監督のもとで着実にステップアップを続けるなか、今季はより凄みが増し、ここまでの公式戦45試合で22得点10アシストをマークする。 シティの熱狂的なファンである元オアシスのノエル・ギャラガー氏も代表でレアル・マドリーのイングランド代表MFジュード・ベリンガムとともに新たな顔となる23歳MFに魅了される1人だ。 イギリス『talkSPORT』の番組『talkSPORT Breakfast』でグアルディオラ監督にとって最大の遺産になりうると語った。 「我々は彼にビッグシーズンを期待しているなか、それに応えてくれたね。大きな試合でも力を発揮してくれているし、そうさ、開花しつつあるね!」 「ペップが去ったら、そんなのまだまだずっと先のことであってほしいが、彼の最も偉大なレガシーはフィル・フォーデンだと思う」 また、「彼がプレーしていなかったり、ベンチに座ったり、メンバー外だったとき、イギリスのメディアはこぞってレンタル移籍すべきと主張した」と続け、グアルディオラ監督の見る目を評した。 「だが、ペップは『いや、私のところに残り、ダビド・シルバと練習するんだ』という感じだった。今やマン・シティ史で最も輝かしい選手となる道を歩む選手を目の当たりにしている」 「彼はまだ23歳。ペップがいなくなったら、それが5年後に去るとしても、それがいつだろうが、あの子が彼のレガシーになるはずだ」 「我々は彼を見て、ペップが引き受け、貸し出さずに残したのを感謝することだろう。彼は我々の一員であり、彼を非常に誇りに思う」 2024.04.13 13:20 Sat

【プレミアリーグ第33節プレビュー】優勝&トップ4争い左右するアーセナルvsアストンビラ

先週末に行われた第32節ではマンチェスター・ユナイテッドvsリバプールの名門対決がドローに終わった一方、アーセナルとマンチェスター・シティがいずれも勝ち点3を積み上げた結果、得失点差で上回ったアーセナルが首位に再浮上した。 上位クラブにとってUEFAコンペティション準々決勝の谷間で難しい判断を迫られる中で臨む今節は、優勝争いとトップ4争いを左右する首位のアーセナル(勝ち点71)と5位のアストン・ビラ(勝ち点60)の上位対決に注目が集まる。 アーセナルは前節、敵地でブライトンと対戦し3-0の快勝。FWサカのPKで先制すると、MFハヴァーツ、途中出場のFWトロサールと効果的に得点を重ねて難敵撃破に成功した。ただ、ミッドウィークにホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦は2-2のドローに終わった。サカとトロサールが公式戦2試合連続ゴールを挙げた一方、ミス絡みの失点と宿敵ケインにPKを決められた結果、ホームで勝利を逃した。 すでにブンデスリーガ優勝逸が決定的なバイエルンが今週末に主力を温存し、ホーム開催の2ndレグに万全の状態で臨むことが濃厚だが、プレミアリーグで熾烈なタイトルレースを繰り広げるガナーズは前回対戦で敗れた難敵とのリベンジマッチとなるため、大幅なターンオーバーは見込めず。メンバーの入れ替えはDF冨安健洋、FWガブリエウ・ジェズス、トロサールといった数人のみとなりそうだ。その中でハイインテンシティの攻防をしっかりと制することができるか…。 対するアストン・ビラは前節、ブレントフォードとのホームゲームを3-3のドローで終えた。主砲ワトキンスの2ゴールにFWロジャーズの加入後初ゴールで3ゴールを挙げた一方、2点リードからの3連続失点と守備が崩壊し、痛恨の勝ち点逸となった。これで1試合未消化のトッテナム(勝ち点60)に得失点差で上回れて5位転落となった。 それでも、直近のカンファレンスリーグ(ECL)ではリールとのホームでの初戦をワトキンス、マッギンのゴールによって2-1と先勝。公式戦3試合ぶりの勝利でバウンスバックを図ると共にアドバンテージを手にした。アーセナル同様に週明けのリターンレグを想定した戦いが求められるが、ワトキンスやマッギン、MFドウグラス・ルイスらを除き替えが利かない選手は少なく、エメリ監督としてはプレータイムや状態を見ながら臨機応変の起用が可能となるはずだ。 アストン・ビラのアシストを期待しつつ、首位再浮上を目指す2位のリバプール(勝ち点71)は、14位のクリスタル・パレスとのホームゲームで公式戦3試合ぶりの白星を目指す。前節、ミス絡みの失点と決定力不足によってユナイテッド相手に勝ち点1にとどまったクロップのチーム。さらに、直近のヨーロッパリーグ(EL)では要塞アンフィールドでアタランタにまさかの0-3の惨敗。昨年2月のレアル・マドリー戦以来、約14カ月ぶりとなるホームでの黒星を喫した。 その得点力を考えれば、週明けのリターンレグでの逆転の可能性は残されているが、まずは今回のパレス戦でしっかりと白星を取り戻したい。守護神アリソン、DFアレクサンダー=アーノルド、MFバイチェティッチ、FWジョタと4人の主力クラスの復帰によって質の高いターンオーバーが可能となるが、直近2試合で5失点の守備の立て直しと共に、大量得点が必要なアタランタ戦に繋がるような前線のオプション構築も意識したい。 3位のマンチェスター・シティ(勝ち点70)はCLレアル・マドリー戦を控える中、降格圏の18位ルートン・タウン相手にリーグ3連勝を狙う。前節はパレス相手にMFデ・ブライネの2ゴール1アシストの活躍によって4-1の快勝を収めたシティ。サンティアゴ・ベルナベウで行われたマドリー戦では一時逆転を許す難しい展開の中、MFフォーデンとDFグヴァルディオルのゴラッソで逆転。その後の失点で逃げ切りには失敗したが、難所で3-3のドローに持ち込んだ。対マドリーのホームゲームではこれまで3戦全勝と相性は良く、良いイメージを持ってリターンレグに臨めるはずだ。 1カ月半前にFAカップで6-2の圧勝を収めたルートンとの一戦では体調不良からの回復が見込まれるデ・ブライネ、マドリー戦で完全に沈黙したFWハーランドとその前回対戦で爆発したアタッキングデュオの再びの躍動に期待したい。なお、前節のボーンマス戦で先発出場したDF橋岡大樹は新天地デビュー戦で対峙したシティズンズ相手にリベンジを目指すことになる。 前節、ノッティンガム・フォレストを破って4位に返り咲いたトッテナムは、8位のニューカッスルとのアウェイゲームで連勝を目指す。前節は格下相手に前半苦戦したものの、DFファン・デ・フェン、DFペドロ・ポロのディフェンス陣の値千金のゴールで3-1の勝利を収めたポステコグルーのチーム。今回の一戦では昨季1-6の屈辱的な惨敗を喫した因縁のセント・ジェームズ・パーク攻略を図る。今季のリーグ前回対戦を4-1で快勝し溜飲を下げたが、やはり因縁の地でしっかりとシーズンダブルを達成したい。守備陣に多くの負傷者が出ているエディ・ハウ率いるマグパイズ相手に自慢の攻撃力で押し切りたいところだ。 逆転でのトップ4へこれ以上の取りこぼしは許されない6位のマンチェスター・ユナイテッドは、前回対戦で0-3の惨敗を喫した12位のボーンマス相手にリーグ4戦ぶりの白星を狙う。DFヴァラン、DFエバンスの離脱によってディフェンスラインは火の車だが、リバプール戦でその才能の片りんを示したDFカンブワラ、圧巻のゴールを記録したMFメイヌーら若手を中心に難敵チェリーズに勝ち切りたい。 9位のチェルシーは、PSR違反によって減点処分が「6」から「8」に新たに変更となった16位のエバートン相手に2戦ぶりの白星を目指す。前々節はユナイテッド相手に劇的な4-3の逆転勝利を挙げたブルーズだが、前節は最下位のシェフィールド・ユナイテッド相手に2度のリードを守り切れず、痛恨の2-2のドローに終わった。著しく安定感を欠くポチェッティーノのチームは、この試合後にFAカップ準決勝のシティ戦を皮切りに、アーセナル、トッテナムとのダービーを含む強豪5連戦に臨むため、是が非でも白星を取り戻したい。 その他ではレバークーゼンとのELのリターンレグを控えるウェストハム、残留争い直接対決となるブレントフォードvsシェフィールド・ユナイテッドといった戦いにも注目したい。 ◆プレミアリーグ第33節 ▽4/13(土) 《20:30》 ニューカッスル vs トッテナム 《23:00》 ブレントフォード vs シェフィールド・ユナイテッド バーンリー vs ブライトン マンチェスター・シティ vs ルートン・タウン ノッティンガム・フォレスト vs ウォルバーハンプトン 《25:30》 ボーンマス vs マンチェスター・ユナイテッド ▽4/14(日) 《22:00》 リバプール vs クリスタル・パレス ウェストハム vs フルアム 《24:30》 アーセナル vs アストン・ビラ ▽4/15(月) 《28:00》 チェルシー vs エバートン 2024.04.13 12:00 Sat

ベンチ続いたシティGKエデルソンが本格復帰へ、グアルディオラ監督示唆

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がブラジル代表GKエデルソンの復帰をほのめかした。クラブ公式サイトが伝えた。 エデルソンは3月10日に行われたプレミアリーグ第28節のリバプール戦で右足を負傷し、その後の3試合を欠場。第32節のクリスタル・パレス戦でベンチに戻ってきたが、直近に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのレアル・マドリー戦も含め、ピッチには立たなかった。 13日には第33節のルートン・タウン戦を控える中、グアルディオラ監督は「エディ(エデルソン)がファーストチョイスだ」とコメント。状況を明かしている。 「彼はマドリー戦でもプレーする準備ができていた。明日に向けても準備はできているし、我々は決断を下すだろう」 一方、イングランド代表MFフィル・フォーデン、イングランド代表DFカイル・ウォーカー、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネは出場が微妙な模様。特に、グアルディオラ監督はフォーデンとウォーカーについて言及した。 「今日(12日)の午後にトレーニングを行うので、そこで彼らのフィーリングがよりわかるだろう」 「(フォーデンについて)話したいが、医師たちとはまだ話していない。会見の後に会議があり、そこで確認する」 「(ウォーカーについては)今はわからない。正直に言っておく。ヨシュコ(・グヴァルディオル)はマドリー戦で出場が疑わしい選手だったが、我々の理学療法士が素晴らしい仕事をしてくれたので、彼はプレーすることができた」 また、グアルディオラ監督はスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスに休息が必要ではないかという意見に反論。厳しいチーム事情も嘆いている。 「選手がプレーしたくないならプレーしない。単純なことだ。他の選手がプレーする」 「我々の試合を見てもらえればわかるだろう。シンプルな話だ。ロドリは我々にクオリティをもたらしてくれるとても重要な選手だ」 「ロドリに限ったことではない。センターバックを休ませたいが、国際親善試合のせいでそうすることができないし、今我々は大きな問題に直面している」 2024.04.13 10:25 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly