「どこに売ってるんだ?」グリーズマンが“赤い巨大帽子”を被ってスタジアム入り、衝撃サイズにファン笑撃「マリオでしか見たことない」

2024.02.19 17:50 Mon
アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン
Getty Images
アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン
アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのスタジアム入りの格好が話題となっている。
PR
17日、ラ・リーガ第25節でラス・パルマスと対戦したアトレティコ。グリーズマンら一部主力を温存したものの、5-0で完勝していた。
そのラス・パルマス戦でスタジアム入りした時のグリーズマンの格好が話題だ。グリーズマンは、NFLのカンザスシティ・チーフスの帽子を被って登場。それもただの帽子ではなく、特大の帽子だった。

元よりアメリカンフットボール好きとしても知られるグリーズマン。カンザスシティ・チーフスが11日に行われた第58回スーパーボウルで優勝したことに合わせてこの帽子を着用したようだが、今回はそのサイズばかりが注目を集めていた。

あまりに大きな帽子には、ファンも「その帽子はどこに売ってるんだ?」、「マリオでしか見たことない」、「でかっ」、「この男が大好きだ」とコメント。ラス・パルマス戦でグリーズマンに出番はなかったものの、スタジアム入りでファンを楽しませていた。



PR
1 2
関連ニュース

“ジョージアの壁” 23歳GKママルダシュヴィリ獲得へニューカッスルが本腰か

ジョージア代表GKギオルギ・ママルダシュヴィリ(23)を巡る状況が、夏が近づくにつれて混沌としてきた。 今夏ユーロ初出場・ジョージア代表の絶対的守護神、ママルダシュヴィリ。21-22シーズンにディナモ・トビリシからラ・リーガはバレンシアへ加入し、すぐに定位置を掴んだ23歳だ。 その実力はラ・リーガファンを中心に、すでに多くの人が知るところ。今季のリーグ戦では、近年下降線を辿っていたバレンシアで、出場停止1試合を除き全て出場…クラブが古豪の体裁を保つに相応しいパフォーマンスを披露する。 それに伴い、ヤン・オブラクの売却を念頭におくアトレティコ・マドリー、ニック・ポープに競争力を持たせたいニューカッスルなど、トップクラブからの関心が明るみに。 スペイン『Relevo』によると、ニューカッスルはママルダシュヴィリ獲得を現実味のある強化プランとして持っており、ここ1カ月は本人とも頻繁に連絡を取り合っているという。 バレンシアの要求額は4000万ユーロ(約67億8000万円)で、ニューカッスルの初期提案は2500万ユーロ(約42億4000万円)。諸々含めると3000万ユーロ(約50億9000万円)を超えるが、バレンシアの要求には届いていない。 ママルダシュヴィリ本人はというと、19日に行われた今季ホーム最終戦・ジローナ戦後、ファンに対して別れを告げるかのようなジェスチャーをしたとのこと。 いかんせんバレンシアの選手であるため、去就の鍵を握るは悪名高きオーナー、ピーター・リム氏の意向か。ユーロ2024で市場価値が変動する可能性もあり、4000万ユーロの要求をどのタイミングまで維持するかもポイントとなるだろう。 2024.05.21 19:35 Tue

オランダ代表の次代担う顔ぶれがユーロ2024落選…クーマン監督は「コンディション優先」明言も信頼おく主軸は例外

オランダ代表のロナルド・クーマン監督が、ユーロ2024のメンバー選考について語った。 16日、ユーロ2024へ向かうオランダ代表の候補メンバー30名が発表され、DFヴィルヒル・ファン・ダイク、MFフレンキー・デ・ヨング、FWメンフィス・デパイなどなど、経験豊富な各ポジションの軸が順当に名を連ねた。 一方で、躍進ボローニャのエースであるFWジョシュア・ザークツィー(22)、アーセナルで重傷を克服したDFユリエン・ティンバー(22)、フェイエノールトの中軸MFマッツ・ヴァイファー(24)といった、次代のオランイェを支える顔ぶれが30名の大枠からも漏れることに。 これについてクーマン監督は20日、オランダ『Veronica Offside』への出演で「コンディションが万全ではない選手は省いた」と明言。ザークツィーとヴァイファーは目下離脱中で、ティンバーは試合勘を取り戻す段階にある。 ただし、例外もあると言う。 「メンフィス(デパイ)は戻ってから十分にプレーしていない。まだ2試合だっただろうか。だが、ユーロ前にテストマッチが2試合ある。まずまずの状態で本大会を迎えられるだろう」 「フレンキー(デ・ヨング)も同様だ。“例外”を設けていることを認めよう。彼もまた、本大会で頭からプレーできる想定だ。アイスランド戦(6月10日のテストマッチ2試合目)から起用できると踏んでいる」 筋肉系トラブルで離脱し、復帰してまもないメンフィス。足首の負傷を繰り返し、3月以降バルセロナで3試合しかプレーしていないデ・ヨング。クーマン監督としては、ダブルスタンダードにはなるが、どうしても外したくない2人のようだ。 2人はクーマン監督が「おそらく26名で行く」と語るユーロ本大会にも名を連ねることになるだろう。 ◆オランダ代表の日程(全て6月) 6日 テストマッチ vsカナダ代表 10日 テストマッチ vsアイスランド代表 16日 ユーロD組第1節 vsポーランド代表 21日 ユーロD組第2節 vsフランス代表 25日 ユーロD組第3節 vsオーストリア代表 2024.05.21 15:55 Tue

【ラ・リーガ第37節プレビュー】EL出場権懸けたベティスvsソシエダ! 不穏バルサは2位フィニッシュ決められるか

今シーズン最後のミッドウィーク開催となった前節はアトレティコ・マドリー、アスレティック・ビルバオのトップ4争いが決着。また、残留争いでは18位のカディスが勝ち点3を積み上げて逆転残留に望みを繋げた。 次週の今季最終節を前に、ほぼすべての争いへの決着も見込まれる今節はバルセロナ(勝ち点79)とジローナ(勝ち点75)の2位争い、7位のベティス(勝ち点56)と6位のレアル・ソシエダ(勝ち点57)のヨーロッパリーグ(EL)出場権争い、残り1枠を巡る残留争いに注目が集まる。 前節、最下位のアルメリアを相手にMFフェルミン・ロペスのドブレーテの活躍で快勝を収めたバルセロナは、2連勝で2位の座を死守。15位のラージョをホームで迎え撃つホーム最終戦での勝利で来シーズンのスーペル・コパ・デ・エスパーニャ出場権確保を狙う。 ジローナ戦大敗後は2連勝と復調の気配を示すブラウグラナだが、ここ数日間でクラブ内で問題が発生。先日に退任を翻意して続投が発表されたチャビ監督とラポルタ会長の間でクラブ財政や補強を巡る一部発言を巡って亀裂が生じ、同会長が解任を決断したとの報道が出ており、現状では今回の一戦がチャビ体制で戦う最後のホームゲームとなる可能性が高い。そういった不穏なムードの中でチームとしてピッチ上のパフォーマンスに集中できるか。 一方、そのバルセロナ相手のシーズンダブルによって悲願のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保したジローナ。ただ、その目標達成で少し気が抜けたか、直近2試合はアラベス、ビジャレアル相手に1分け1敗で3位に転落。バルセロナとは4ポイント差、4位のアトレティコとは2ポイント差となった。難所メスタージャに乗り込む9位のバレンシア戦では残り2試合での熾烈なピチーチ争いに身を置く得点ランキング首位のFWドフビクの再爆発に期待だ。 来季のELとカンファレンスリーグ(ECL)争いでは8位のビジャレアル(勝ち点51)に逆転でのECL出場権獲得の可能性が残されているが、実質ソシエダ、ベティスの2チームに絞られており、今回の直接対決の結果が来季の両チームがいずれのコンペティションで戦うかを決めることになる。 MF久保建英を擁するソシエダは前節、3試合ぶりのスタメン復帰を果たした日本代表MFの見事なアシストからFWアンドレ・シウバが決めたゴールを最後まで守り切ってウノセロ勝利。2試合ぶりの白星を飾った。最終節にアトレティコとの対戦を控えるため、来季EL出場へ敵地で勝利必須のベティスとの直接対決では、状態を上げる久保の決定的な仕事を期待したい。 残留争いではカディスvsラス・パルマス、マジョルカvsアルメリア、グラナダvsセルタの3カードの結果次第で今節でのカディスの降格が決定する。 直近ヘタフェ、セビージャ相手の連勝で逆転残留へ粘りを見せるカディス(勝ち点32)は、17位のマジョルカ(勝ち点36)と4ポイント差に接近。また、16位のセルタ(勝ち点37)とは5ポイント差と残り2試合で連勝できれば逆転残留も可能だ。 そういった中、今節は14位のラス・パルマス(勝ち点38)とのホームゲームを戦うことになり、3連勝達成の可能性は十分にある。ただ、マジョルカは最下位のアルメリア、セルタは19位のグラナダとすでに降格が決定した相手との対戦となるため、両者の結果次第で勝利を収めても降格が決定する状況だ。 6月1日にドルトムントとのCL決勝を控える首位のレアル・マドリーは、ビジャレアルとのアウェイゲームでリーグ10連勝を狙う。前節はDFリュディガーをスタメンから外したものの、ほぼ主力を起用としたアラベスとのホームゲームをFWヴィニシウスのドブレーテの活躍などでマニータの完勝。攻撃陣の躍動に加え、GKルニンとCLファイナルのスタメンの座を争う守護神クルトワが圧巻のパフォーマンスを披露し猛アピール。実りある内容での勝利となった。アウェイ開催となる今節は再びターンオーバーの可能性が高いが、逆転でのピチーチを狙うベリンガムらが貪欲にゴールを目指して勝ち点3を目指すことになる。 前節、ヘタフェ相手にFWグリーズマンのトリプレーテの活躍で3-0の快勝を収めたアトレティコは、12シーズン連続のCL出場権獲得に成功。今節は3位の座も意識しながら、13位のオサスナとのアウェイゲームに臨む。 《ラ・リーガ第37節》 ▽5/18(土) 《28:00》 アラベス vs ヘタフェ ▽5/19(日) 《26:00》 アトレティコ・マドリー vs オサスナ アスレティック・ビルバオ vs セビージャ バルセロナ vs ラージョ ベティス vs レアル・ソシエダ カディス vs ラス・パルマス マジョルカ vs アルメリア グラナダ vs セルタ バレンシア vs ジローナ ビジャレアル vs レアル・マドリー 2024.05.18 19:00 Sat

ハットトリック達成でCL出場権確保に貢献のグリーズマン、足首の状態良好「痛みはなくなって楽しめている」

アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがハットトリックを振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 ラ・リーガ3連勝中の状況で15日の第36節ヘタフェ戦に臨んだ4位アトレティコ。勝利すれば来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場が決まる中、グリーズマンのハットトリックの活躍もありアウェイで3-0の勝利を収めた。 前半の2得点、後半の1得点はいずれも左足でニアサイドを打ち抜いたグリーズマン。試合後にはスペイン『Movistar』にコメントし、同僚たちへの感謝の言葉を述べている。 「チームメイトがいなければ、僕は何者でもない。ピッチ上で少しでも楽になれるよう全力を尽くしてくれた彼らには感謝したい。あと2試合残っているから、良い形で終えられるようベストを尽くす」 また、2月から3月にかけては足首の負傷で欠場を強いられており、復帰後も痛みと戦いながらプレーしていた模様。ここに来てようやく癒えてきたと明かした。 「ここ数試合は足首にひどく悩まされていた。痛みがあったのは支え足で、パスやシュートのたびに気になった。だけど理学療法士のおかげでプレーを続けることができた。痛みはなくなってきていて、プレーを楽しめているよ」 「チームのために全てを捧げるつもりだ。ケガをするまでは非常に調子が良かったし、復帰して2、3試合はとても良い試合ができた。痛みと疲労でうまくいかない試合もあったけど、今日の試合には集中できたし、チームをサポートできた」 さらに、チームのCL出場権獲得にも言及。アトレティコなら達成しなければならないミッションだと語っている。 「普通であれば、チャンピオンズリーグに何年も出場することは評価されるべきだが、このチームやタレント、監督が揃っているからにはやらなければならないことだ。もう1年チャンピオンズリーグを楽しむよ」 2024.05.16 13:57 Thu

グリーズマンがトリプレーテ、アトレティコが来季のCL出場権獲得【ラ・リーガ】

アトレティコ・マドリーは15日、ラ・リーガ第36節でヘタフェとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 3日前の前節セルタ戦をデ・パウルの終盤弾でウノセロ勝利とした4位アトレティコ(勝ち点70)は、勝利すれば来季のチャンピオンズリーグ出場が決まる中、スタメンを3選手を変更。デ・パウルやヒメネスが先発に戻った。 10位ヘタフェ(勝ち点43)に対し、互角の攻防で立ち上がった中、アトレティコは27分に先制する。デ・パウルのフィードを受けたグリーズマンがボックス左に侵入してシュートを決めきった。 先制後の33分、グリーンウッドにバー直撃のシュートを浴びてヒヤリとした中、36分にはコレアがネットを揺らしたが、オフサイド。 それでも43分に追加点を奪いきる。デ・パウルの浮き球パスに抜け出したボックス右のコレアが折り返し、ファーサイドのグリーズマンが押し込んだ。直後はオフサイド判定だったものの、VARでゴールが認められた。 アトレティコが2点をリードして迎えた後半、開始6分に3点目が生まれる。ダイレクトパスでボールをテンポ良く前に運ぶと、リーノのスルーパスを受けたグリーズマンがシュートを流し込んだ。 グリーズマンのトリプレーテで勝負を決めたアトレティコは、ヘタフェの反撃を許さず3-0で快勝。来季のCL出場を決めている。 2024.05.16 06:53 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly