「日本女子サッカーの未来が私たちに」 浦和DF高橋はながパリ五輪最終予選メンバーに選出! 敵地戦未定にも「何でも大丈夫」

2024.02.09 15:20 Fri
三菱重工浦和レッズレディースDF高橋はなが取材に応対。
©超ワールドサッカー
三菱重工浦和レッズレディースDF高橋はなが取材に応対。
三菱重工浦和レッズレディースDF高橋はながなでしこジャパン選出にコメントした。

今夏のパリ・オリンピックで2大会連続6度目の出場を目指すなでしこ。ホーム&アウェイでの最終予選では北朝鮮女子代表と対戦する。先のブラジル遠征では外れたものの、この大事な北朝鮮女子との2連戦でメンバー入りの高橋は9日の取材で選出の心境、意気込みを語った。
「まず最終予選のメンバーに入ることができて、日本代表の選手としてオリンピックを目指す戦いができるというのはありがたいこと。もう一度、より一層の責任と覚悟をもって、気を引き締めて頑張っていかないといけないなと思う」

「あとは日本の女子サッカーの未来が私たちにかかっている。今まで予選をテレビで観て、実際に色々と感じたなかで、今度は自分がプレーする立場。何ができるのかをしっかりと考えて、いい準備をして絶対に勝って帰ってきたい」

浦和Lを代表しての選出にも「毎回、そこに関しては思って臨んでいる。特別、さらにというか、改めてその思いを持つのが大事。このチームがあってこその代表だし、背負って行っているのは忘れずにプレーしたい」を改めて自覚と責任を強くした。
浦和Lからは猶本光こそケガで外れたが、自身を含め、清家貴子石川璃音の計3選手がメンバー入りという部分にも「自チームから行く選手が多いのは心強いし、普段のコミュニケーションも、サッカーもやりやすくなる。自分自身も嬉しい」と話した。

そうした思いを抱き、代表に向かう高橋だが、アウェイとなる第1戦の開催地は未定。だが、不安はなく、「何でも大丈夫。心強いメンバーがいるし、自分自身も関係ない。どこでも楽しめるし、自分たちが作り出していくだけ」と笑みを浮かべた。

北朝鮮女子の印象についてはアンダー世代での対戦経験から「どの戦いも厳しいものになる」と回想。「大事な試合にかけてくる熱量が違う」といい、「アウェイに行ったとき、応援がどの程度がわからないけど、その雰囲気にのまれないようにしたい」と警戒した。

オリンピック出場がかかる連戦とあって緊張もあるだろうが、「まずは楽しみでしかない。自分が出る、出ないに関係なく、今そこを迎えるというのが楽しみ」との心境も明かした高橋。なでしこをパリに導く活躍が注目される。
関連ニュース

浦和がアジア初制覇に続いてWEリーグ初連覇! I神戸敗戦で2試合残して2度目の優勝

三菱重工浦和レッズレディースがWEリーグも制した。 今季もあと3節のWEリーグ。今週末に第20節が行われ、首位浦和を7ポイント差で追いかける2位INAC神戸レオネッサは12日に8位ジェフユナイテッド千葉レディースとアウェイで対戦し、1-2で競り負けた。 逆転優勝に全勝が条件のI神戸は45分に大澤春花のゴールでリードを許したなか、68分に髙瀬愛実が同点弾。だが、85分の鴨川実歩に勝ち越し弾を決められ、4連勝が止まる5試合ぶりの黒星を喫した。 この結果を受けて、浦和との勝ち点差を縮められずのI神戸は残り2試合での逆転可能性がなくなり、浦和の2年連続2度目となる優勝が決定。WEリーグ連覇は史上初となる。 浦和はAFC女子チャンピオンズリーグ2024(女子ACL)のプレ大会となる10日の『AFC Women’s Club Championship 2023 – Invitational Tournament(AWCC)』を制して、アジアの頂に立ったばかり。見事に2冠となった。 今節の浦和はそのAWCCに臨むため、前倒しでこなしており、今週末は試合なし。そのなか、WEリーグ制覇の吉報が届いた。 2024.05.12 16:55 Sun

「勝利の女神!」「可愛さも優勝です」モー娘。の横山玲奈さん、ツアーの合間に浦和のアジア女王の瞬間を現地で見届ける「最高でした!!!」

浦和レッズのサポーターの「モーニング娘。'24」の横山玲奈さんが、三菱重工浦和レッズレディースの優勝の瞬間を見届けた。 2021-22シーズンは三菱重工浦和レッズレディースの応援アンバサダーも務めた横山さん。男子、女子ともにスタジアムで観戦するほどのサポーターぶりだ。 その横山さんは、10日に行われた『AFC Women’s Club Championship 2023 – Invitational Tournament(AWCC)』を訪れ、仁川現代製鉄レッドエンジェルズに2-0で勝利し、アジア女王に輝いた浦和の勝利をスタンドで見届けた。 自身のインスタグラムでは「よっしゃー!!!優勝をしっかりと駒場で見届けることができて幸せです。最高でした!!!!!」と投稿。浦和レッズレディースのシャツを着用し、手には「ASIAN CHAMPIONS」と書かれたステッカーを手にした写真をアップした。 ファンは「勝利の女神!」、「美しい!」、「可愛さも優勝です」、「勝利を呼び込んでくれてありがとう」、「エンジェルスマイル女神」、「駒場にいてくれてありがとう!」とコメントが寄せられた。 しかし驚くのは優勝を見届けたことだけではない。「モーニング娘。'24」は11日に広島県で、12日に岡山県でツアーを行う予定。大事なツアーの前に良い景気付けになった優勝となっていれば幸いだ。 <span class="paragraph-title">【写真】モー娘。メンバーがアジア王者に輝いた浦和を見届ける!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C6yYkcwSc16/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C6yYkcwSc16/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C6yYkcwSc16/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">横山玲奈/モーニング娘。&#39;24(@reina_yokoyama.official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.05.10 23:52 Fri

浦和が見事にアジアの頂点に! WEリーグ髙田春奈チェアも祝福「WEリーグとして誇らしいもの」

WEリーグの髙田春奈チェアが、AFC Women’s Club Championship 2023 – Invitational Tournament(AWCC)を制した三菱重工浦和レッズレディースを祝福した。 10日、女子サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のプレ大会として行われたAWCCITの決勝が行われた。 突如として中止が発表されていた試合だったが、競技の結果開催することが決定。浦和の本拠地である駒場スタジアムで開催された。 かつてはなでしこジャパンのMF長野風花(リバプール)が在籍し、現在はMF田中陽子が所属する仁川現代製鉄レッドエンジェルズ。WKリーグで圧倒的な実績を誇るクラブだ。 試合は仁川が先制するも、浦和が前半のうちに清家貴子、島田芽依のゴールで逆転に成功。そのまま逃げ切り、2-1で勝利し、見事に優勝を果たした。 試合を観戦にも訪れていた髙田チェアが、浦和の優勝にコメントした。 「三菱重工浦和レッズレディースの皆様、AFC Women’s Club Championship 2023 – Invitational Tournamentの優勝、誠におめでとうございます。開催が決まってから短い間に心身のコンディションを整え、日本のチャンピオンとして試合に臨まれる姿は、WEリーグとして誇らしいものでした」 「そして、ファン・サポーターを始め、浦和レッズに関わる全てのステークホルダーの皆様の結集した力は本当に素晴らしいものでした。今シーズンも残りわずかとなりますが、アジアチャンピオンとして、引き続きリーグを盛り上げてくださることを期待しています」 「また、韓国から来日をして試合に臨んでくださった仁川現代製鉄レッドエンジェルズの皆様、素晴らしい試合をありがとうございました。共にアジアの女子サッカーを盛り上げていく仲間との試合を、日本で実現できたことを嬉しく思います。これからもそれぞれのリーグで切磋琢磨し、またレベルの高い戦いが出来る日を楽しみにしています」 「最後に、この決勝の実現に向けて尽力してくださった全ての皆様に感謝いたします。来年始まる本大会が更なる盛り上がりとなるよう、日本の女子サッカーのトップリーグとして、WEリーグもステークホルダーの皆様と共に手をとり、精進して参ります」 2024.05.10 23:10 Fri

浦和が4分間の逆転劇で男子に続いてアジアの頂に! 女子ACLプレ大会で仁川現代を下す【AWCC】

『AFC Women’s Club Championship 2023 – Invitational Tournament(AWCC)』の決勝が10日に浦和駒場スタジアムで行われ、三菱重工浦和レッズレディースが仁川現代製鉄レッドエンジェルズを2-1で下した。 この決勝進出の2チームが決まりながら、一時中止がアナウンスされたが、各方面からの再考依頼が実り、開催にこぎつけたこの一戦。AFC女子チャンピオンズリーグ2024(女子ACL)のプレ大会となる。 WEリーグで2連覇に迫るなか、アジア女王の称号をかけ、韓国リーグ11連覇中の仁川現代を迎え撃った浦和。仁川現代の田中陽子がサブスタートになるなか、リーグで10戦連発を含む17ゴールで得点ランキング首位の清家貴子らが先発した。 序盤からボールを握り、敵陣に押し上げる浦和だが、13分にバックラインで長嶋玲奈が相手のプレスを受けてボールロスト。イ・ソヒがバイタルエリア右寄りから右足ミドルをゴール左に突き刺し、仁川現代が先制する。 ボールの失い方が悪く、失点の浦和だが、その後も攻め込むと、22分にバイタルエリア中央の伊藤美紀がボックス右のスペースに浮き球パスを出すと、清家がすかさず反応。豪快に右足ボレーで叩き込み、浦和が追いつく。 エースのひと振りで振り出しに戻した浦和は続く26分に右CKのチャンスを獲得。キッカーを務めた塩越柚歩のクロスにニアサイドの島田芽依が頭で合わせると、これがゴール左に吸い込まれていき、一気に逆転してみせる。 4分間で瞬く間に試合をひっくり返した浦和は大半の時間帯を相手陣地で過ごすなか、カウンターからシュートに持ち込まれるシーンもあったが、1点リードをキープ。先制を許した前半だったが、巻き返して折り返す。 後半から高橋はなを投入した浦和は仁川現代がボールを握り返し始めるが、せき止めながら、さらに交代を施すなかで、64分にボックス中央の清家にフィニッシュシーン。だが、GKキム・ジョンミが立ちはだかる。 半ばを過ぎても仁川現代の攻撃をミドルサードで跳ね返し続け、パスでゴールに迫る形を作り出していった浦和は75分にボックス中央に抜け出していった塩越に決定機。シュートまで持っていったが、ゴール右に外す。 88分にも左CKからのキックに大外の石川璃音が合わせていった浦和だが、ここも相手GKの牙城を破れず。さらに、直後の89分にも右CKから清家が右足を振り抜いていったが、惜しくもクロスバーの上に外れてしまう。 後半に入ってゴールを割れずの展開が続いた浦和だが、落ち着いた試合運びで仁川現代に隙を許さず、前半の2ゴールで見事に逆転勝利。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で3度の優勝を誇る男子に続き、女子も見事にアジアの頂点に立った。 三菱重工浦和レッズレディース 2-1 仁川現代製鉄レッドエンジェルズ 【浦和】 清家貴子(前22) 島田芽依(前26) 【仁川現代】 イ・ソヒ(前13) <span class="paragraph-title">【動画】浦和エースの清家貴子が逆転呼び込む右足ボレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>GOOOOAL<br>赤い稲妻 清家の右足が炸裂<br>\<br><br>AFC Women’s Club Championship 2023 – Invitational Tournament 決勝<br> 仁川現代製鉄レッドエンジェルズ<br> 1-1<br> 22分<br> 清家貴子 ️<br><br> JFATV (YouTube)でLIVE配信中!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E9%87%8D%E5%B7%A5%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三菱重工浦和レッズレディース</a><a href="https://twitter.com/hashtag/WE%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WEリーグ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/weleague?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#weleague</a>… <a href="https://t.co/3jHfw5O6bK">pic.twitter.com/3jHfw5O6bK</a></p>&mdash; WEリーグ|日本女子プロサッカーリーグ (@WE_League_JP) <a href="https://twitter.com/WE_League_JP/status/1788869842600395104?ref_src=twsrc%5Etfw">May 10, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.10 19:56 Fri

浦和が12連勝でまた一歩連覇に前進! INAC神戸は北川ひかるが古巣新潟L相手に2ゴールで追走【WEリーグ】

2023-24WEリーグ第19節の6試合が6日に行われた。 シーズンも残り4試合となった中、優勝争いは首位の三菱重工浦和レッズレディースと2位のINAC神戸レオネッサに絞られている状況となった。 首位の浦和は、アウェイでちふれASエルフェン埼玉と対戦。埼玉ダービーとなった試合は、浦和が主導権を握っていく。 すると16分に浦和が先制。右サイドからのクロスがボックス内で混戦となると、伊藤美紀のシュートのこぼれ球を清家貴子が押し込んで先制。31分には右サイドからの攻撃。こぼれ球を浦和の栗島朱里が左足シュートも、GK浅野菜摘がナイスセーブを見せて追加点を許さない。 それでも前半アディショナルタイム1分、清家の左足クロスを飛び込んだ伊藤がボックス内で合わせると、浮き球のシュートがポストを叩いて決まり、浦和が2点リードで折り返す。 追いかけるEL埼玉は58分、植村祥子のパスを受けた瀬戸口梢がボックス内でダイレクトで折り返すと、これを受けた吉田莉胡が落ち着いて決めて1点差に。しかし、その後スコアは動かず、浦和が12連勝を達成した。 2位のI神戸はアウェイで3位のアルビレックス新潟レディースと対戦。両者の勝ち点差は「5」となっており、新潟Lとしては勝利で勝ち点差を縮めたい一戦だ。 I神戸としては逆転優勝のためにも勝たなければいけない試合。立ち上がりからI神戸が主導権を握っていくも、前半はゴールが生まれない。 すると迎えた後半、47分にいきなり動く。田中美南がドリブルで持ち上がりシュート。GK平尾知佳が足でセーブも古巣対戦となった北川ひかるが押し込んでI神戸が先制する。 先制したI神戸は試合をコントロールして時計をすすめると、78分には守屋都弥がボックス右からクロス。これを北川がボックス内でヘッド。これがネットを揺らして2点目。そのまま逃げ切り、0-2で勝利を収めて逆転優勝に望みを繋いだ。 4位の日テレ・東京ヴェルディベレーザはアウェイでAC長野パルセイロ・レディースと対戦。土方麻椰の2ゴールの活躍などで、0-3で勝利を収め、3位に浮上した。 その他、サンフレッチェ広島レジーナ、セレッソ大阪ヤンマーレディースが勝利を収めている。 ◆2023-24WEリーグ第19節 ▽5/6(月) マイナビ仙台レディース 0-0 ジェフユナイテッド千葉レディース アルビレックス新潟レディース 0-2 INAC神戸レオネッサ ちふれASエルフェン埼玉 1-2 三菱重工浦和レッズレディース ノジマステラ神奈川相模原 0-1 サンフレッチェ広島レジーナ AC長野パルセイロ・レディース 0-3 日テレ・東京ヴェルディベレーザ セレッソ大阪ヤンマーレディース 2-1 大宮アルディージャVENTUS ◆順位表(第19節終了時) 1位:三菱重工浦和レッズレディース(勝ち点53/+36/20試合) 2位:INAC神戸レオネッサ(勝ち点46/+28/19試合) 3位:日テレ・東京ヴェルディベレーザ(勝ち点39/+27/19試合) 4位:アルビレックス新潟レディース(勝ち点38/+8/20試合) 5位:サンフレッチェ広島レジーナ(勝ち点25/0/19試合) 6位:ちふれASエルフェン埼玉(勝ち点23/-6/19試合) 7位:大宮アルディージャVENTUS(勝ち点22/-14/19試合) 8位:ジェフユナイテッド千葉レディース(勝ち点19/-6/19試合) 9位:セレッソ大阪ヤンマーレディース(勝ち点18/-11/19試合) 10位:マイナビ仙台レディース(勝ち点17/-17/19試合) 11位:AC長野パルセイロ・レディース(勝ち点15/-18/19試合) 12位:ノジマステラ神奈川相模原(勝ち点6/-27/19試合) 2024.05.06 22:10 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly