新体制で連勝スタートのローマ、クリスタンテも手応え強調「モウリーニョとの別れは悲しかったが…」

2024.01.30 11:45 Tue
MFブライアン・クリスタンテが連勝に手応え
Getty Images
MFブライアン・クリスタンテが連勝に手応え
ローマのイタリア代表MFブライアン・クリスタンテが、ジョゼ・モウリーニョ前監督との別れを惜しみながらもダニエレ・デ・ロッシ監督の手腕を称賛した。
PR
就任3季目を迎えたモウリーニョ監督の下でシーズンに臨んだローマだったが、セリエAで20試合を消化して8勝5分け7敗の9位に低迷。コッパ・イタリアで宿敵ラツィオ相手に敗れた直後、第20節ミラン戦も1-3で落とすとクラブは16日に解任の決断を下した。
後任には、クラブのレジェンドであるダニエレ・デ・ロッシ監督が就任。初陣となったセリエA第21節エラス・ヴェローナ戦で勝利すると、第22節のサレルニターナ戦も白星を飾り連勝スタートとなった。

サレルニターナ戦後、『DAZN』の取材に応じたクリスタンテは、共にヨーロッパ・カンファレンスリーグを勝ち取ったモウリーニョ監督を惜しみつつも、新指揮官との感触は上々だと強調している。

「(モウリーニョ監督の解任は)悲しかったよ。僕たちは2年半にわたってモウリーニョと良い関係を築いていて、トロフィーも勝ち取ったんだ」
「でも、フットボールはこういうものなんだ。物事がうまくいかなければ、代償を支払うのは監督になる。そして今、僕たちにはデ・ロッシがいる。チームは彼とローマのため、全力を尽くさなければならない」

「彼はすでに自分のアイデアやボールの動かし方などを僕たちに示してくれている。チームとしてこの2連勝は重要だったよ。僕たちは新しい時代を切り開いており、勝利が次の勝利につながるだろう」

「僕たちはみんなが順調に仕事をしており、時間が経てば結果として現れるはずだ。ここまでなんとか浮上できたし、戦い抜くことができたと思う。これからどうなるか見ていきたいね」

PR
関連ニュース

ローマの新SDが決定…ニースの敏腕SDギゾルフィ氏招へいで合意

ローマの新スポーツディレクター(SD)は、ニースのフローラン・ギゾルフィ氏(39)に決定したようだ。イタリア『Il Messaggero』など複数メディアが合意を報じている。 今冬の移籍市場閉幕後にゼネラルマネージャー(GM)のチアゴ・ピント氏が退団していたローマは、以降リクルート部門を取り仕切る新たな責任者の招へいを模索。国内外で多くの候補の名前が取り沙汰された中、最終的にニースの敏腕SDの招へいが決定的となった。 報道によると、ギゾルフィ氏の新SD就任は今季のリーグ・アン終了後に正式発表される予定で、同氏は2027年までの3年契約にサインする模様だ。 同氏はすでにリナ・スルークCEOとダニエレ・デ・ロッシ監督と連携を取っており、今後は現ヘッドスカウトのホセ・フォンテス氏、自身が連れてくる2人のスタッフと共に今夏の補強プランを練る。 現状ではデ・ロッシ監督のリクエストを聞きながら、2人のサイドバック、1人のボックス・トゥ・ボックスMF、ウインガー、FWロメル・ルカク退団の場合の新たなストライカーを優先事項としているようだ。 現役時代にバスティア、スタッド・ランスでプレーしたフランス人のギゾルフィ氏は、2016年に古巣スタッド・ランスでアシスタントマネージャーに就任。その後、ロリアンのアシスタントマネージャーを経て2019年にRCランスのスポーツコーディネーターに就任。リクルート部門での仕事をスタートし、2022年10月からニースでSD職を務めている。 ニースでは的確な選手補強に加え、今シーズンから招へいしたフランチェスコ・ファリオーリ監督が見事な手腕を発揮。シーズン終盤に失速したものの、最終節を前にヨーロッパリーグ圏内のリーグ・アン5位を確定させている。 2024.05.17 20:31 Fri

デ・ケテラエルのドッピエッタでアタランタがローマ撃破! ユベントス&ボローニャの来季CL出場権獲得が決定【セリエA】

セリエA第36節、アタランタvsローマが12日にアトレティ・アズーリ・ディターリアで行われ、ホームのアタランタが2-1で勝利した。 リーグ3連勝で1試合未消化ながらチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の5位に浮上したアタランタ。直近のヨーロッパリーグ(EL)ではマルセイユを3-0で下し、2戦合計4-1でクラブ史上初の決勝進出を決めた。その勢いに乗って臨んだホーム開催のシックスポインターでは先発2人を変更。GKをカルネセッキに戻し、ルックマンに代えてパシャリッチを起用した。 一方、ナポリ、ユベントスとの連戦をいずれもドローで終えたローマは、同勝ち点で並ばれたアタランタに得失点差で上回られて6位に後退。また、EL準決勝では敵地での一戦が2-2のドローに終わり、2戦合計2-4で準決勝敗退となった。そのヨーロッパ敗退からのバウンスバックと共にCL出場権確保へ勝ち点3必須の一戦では先発2人を変更。スピナッツォーラ、アズムンに代えてクリステンセン、バルダンツィを起用し、[4-3-3]に並びを変えた。 EL準決勝で明暗分かれた両者の一戦は、その結果を反映するような流れとなる。全体的に動きが重いローマに対して、出足、球際の勝負で優位に立ったアタランタが畳みかける攻めを見せる。 まずは18分、スカマッカのスルーパスに抜け出したデ・ケテラエルがボックス左でDFマンチーニをカットインでかわして右足のコントロールシュートをゴール右隅に突き刺す。 さらに、直後の20分にはヒエンがルカクを中盤で潰した流れから左サイドでのパス交換でコープマイネルスがボックス内に侵入。飛び出したGKを引き付けて冷静に折り返したボールを中央のデ・ケテラエルが今度は左足で冷静にゴールネットへ流し込む、瞬く間のドッピエッタとした。 何とか反撃に出たいローマだが、押し込まれる状況が続く中で最前線のルカクを狙った縦パスがことごとく相手に引っかけられて前進できない苦境に陥る。 前半終盤にかけてもワンサイドゲームを展開したアタランタは、デ・ケテラエルやハテブールの右サイドを起点に再三の決定機を創出。だが、デ・ケテラエルの右足シュートやコープマイネルスの直接FKがいずれも右ポストを叩くなど前半の内にトドメを刺すことはできなかった。 迎えた後半、CL出場権獲得への望みを繋ぐためには勝利が必要なローマはハーフタイムに2枚替えを敢行。パレデスとバルダンツィを下げてボーヴェ、エイブラハムを投入。[3-5-2]の布陣に変更した。 一方、後半も押し込む展開となったアタランタはボックス付近からの再三の際どいシュートで3点目に迫りつつ、58分には3枚替えを敢行。スカマッカ、ルッジェーリ、デ・ケテラエルの主力を下げてトゥーレ、ルックマン、ザッパコスタとフレッシュな選手をピッチに送り込んだ。 後半もなかなか攻め手を見いだせずにいたアウェイチームだったが、64分にはボックス内に侵入したエイブラハムがデ・ローンのアフターチャージを受けてPKを獲得。これをキッカーのペッレグリーニが冷静に左隅に流し込み、反撃の狼煙を上げる。 ここからようやく相手を押し込むことに成功したローマは、内と外を織り交ぜた多彩な仕掛けで相手守備を揺さぶると、ペッレグリーニ、ルカクと続けてボックス内で際どい枠内シュートを放つが、いずれもGKカルネセッキのビッグセーブに阻まれる。 後半最終盤はかなりオープンな展開となったが、アタランタが1点リードを何とか守り切って試合はタイムアップ。この結果、ローマとのシックスポインターを制したアタランタがセリエAでの来季CL出場権獲得へ大きな勝ち点3を積んだ。また、ローマの敗戦によってユベントスとボローニャの来季CL出場権獲得が決定している。 2024.05.13 05:44 Mon

【セリエA第36節プレビュー】同勝ち点で並ぶ5位アタランタと6位ローマによるCL出場権争い

前節はローマとユベントスによるチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いが行われ、譲らず1-1の引き分け決着となった。そしてジェノアに引き分けた2位ミランの5位以上が確定し、CL出場権を確保している。迎える第36節、勝ち点60で並ぶ5位アタランタと6位ローマによるCL出場権を懸けた大一番が開催される。 1試合消化が少ない中、ローマと同勝ち点で並ぶアタランタは前節、降格の決まっている最下位サレルニターナに逆転勝利。後半に好調FWスカマッカとMFコープマイネルスにゴールが生まれた。そして木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝ではマルセイユ相手に3-0と快勝。見事決勝進出を果たした。翌水曜にはユベントスとのコッパ・イタリア決勝を控えるが、ここはローマとのシックスポインターに全力で挑みたい。 対するローマは前節、ユベントスにドロー。先制する展開としたが、追いつかれての引き分けとなった。そして木曜に行われたELレバークーゼン戦は2点を先行して一時2戦合計スコアで追いついたものの、そこから驚異の粘りを見せ付けられて引き分けに終わってしまった。EL2連覇が絶たれた中、切り替えて来季のCL出場権獲得に邁進できるか。 勝利すれば5位以上が確定した前節ローマ戦を引き分けた3位ユベントス(勝ち点66)は、最下位サレルニターナ(勝ち点15)と対戦。残り2試合がボローニャ、モンツァと難敵との対戦が待ち構えているだけにユベントスとしてはアタランタとのコッパ決勝を控えるものの、ここは必勝としてCL出場権を確保しておきたいところ。 MF鎌田が先制点に絡んだものの、モンツァに引き分けに持ち込まれた7位ラツィオ(勝ち点56)は17位エンポリ(勝ち点32)と対戦。ボランチで好プレーを続ける鎌田はモンツァ戦でもゴールに直結するミドルを放ち、好調を持続。FWジュリッチにドッピエッタを許して痛い引き分けとなったが、残留争いに巻き込まれているエンポリを下してCL出場の可能性を残せるか。 ローマの結果次第では今節にも60季ぶりの欧州最高峰の舞台返り咲きが決まる4位ボローニャ(勝ち点64)は8位ナポリ(勝ち点51)と対戦。ここ2試合は守備を固めてきた相手を崩しきれない状況が続き、2戦連続ドローのボローニャだが、ナポリはオープンな展開を挑んでくることが予想されるため好勝負が期待される。次節はユベントスとの上位対決を控えるが、その前にCL出場を決めてしまえるか。 その他、サッスオーロにまさかのシーズンダブルを許した王者インテル(勝ち点89)は金曜に16位フロジノーネ(勝ち点32)と、CL出場を決めた2位ミラン(勝ち点71)は15位カリアリ(勝ち点33)と対戦する。 ◆セリエA第36節 ▽5/10(金) 《27:45》 フロジノーネvsインテル ▽5/11(土) 《25:00》 ナポリvsボローニャ 《27:45》 ミランvsカリアリ ▽5/12(日) 《19:30》 ラツィオvsエンポリ 《22:00》 ジェノアvsサッスオーロ ヴェローナvsトリノ 《25:00》 ユベントスvsサレルニターナ 《27:45》 アタランタvsローマ ▽5/13(月) 《25:30》 レッチェvsウディネーゼ 《27:45》 フィオレンティーナvsモンツァ 2024.05.10 18:00 Fri

「純粋に鳥肌が立った」奇跡の同点劇、無敗キープでEL決勝進出をジャカが喜ぶ「負けなかったことは信じられない」

レバークーゼンのスイス代表MFグラニト・ジャカが、ヨーロッパリーグ(EL)決勝進出を喜んだ。『UEFA.com』が伝えた。 9日、EL準決勝2ndレグが行われ、レバークーゼンはホームにローマを迎えた。 今シーズンは全ての公式戦で負けたことがないレバークーゼン。すでにブンデスリーガも制しており、DFBポカールも決勝進出。そして、ELでもタイトルを狙い、無敗3冠という衝撃の成績を残そうとしている。 1stレグで2-0と勝利していたレバークーゼン。しかし、この試合はなかなかゴールを奪えないと、43分、66分とPKで連続失点。0-2とされ、2戦合計で追い付かれてしまう。 決勝進出へ向け、そして今季の初黒星の可能性もある中でもレバークーゼンは慌てないでいると、82分にオウンゴールで1点を返す。 これにより2戦合計でリードしたレバークーゼン。守っていても決勝には進めたが、最後まで同点を目指すと、97分にヨシプ・スタニシッチが値千金の同点ゴールを記録。2-2と追いつき、2戦合計4-2で決勝進出を果たすとともに、シーズン無敗を継続した。 試合後、ドイツ『RTL』のインタビューに応じたジャカは、難しい形となった試合について振り返りつつ、負けなかったことに驚きを隠さなかった。 「どうして2-0になってしまったか分からない。特に前半は先制点が入る前から決定的なチャンスがあったと思うし、後半も決定的なチャンスがあったと思う」 「残念ながら、サッカーでは常に調子が良くて、すぐにゴールが得られるわけではないけど、これほど経験豊富なチームと対戦し、そして何よりも負けなかったということは信じられないことだ」 「もう一度言うけど、1ゴールを決め、もう1ゴールを狙うという決意は信じられない。もう決勝だ。夢が叶った」 チームが諦めない姿勢を見せたことも称賛したレバークーゼン。ホームでの素晴らしい雰囲気での試合、そして決勝に進めたことを改めて喜んだ。 「純粋に鳥肌が立った!このような雰囲気を夢見ていた。このような試合を夢見ていた。子供の頃、こうした試合に出たいと思っていた。終了間際に同点に追いつき、決勝に進出したことが決まった時は信じられない。僕たちはきっと今夜を楽しむだろう」 残りは決勝のみ。アタランタとの対戦となる。3冠を目指せる中、ジャカは負ける気はないと意気込んだ。 「僕たちは必ず決勝で勝ちに行くつもりだ。もちろん、それは簡単ではない。アタランタも戦術的に非常に優れたイタリアのチームであり、レバークーゼンにタイトルをもたらすために全力を尽くす」 <span class="paragraph-title">【動画】劇的結末!レバークーゼンが土壇場で追いつき無敗維持で決勝進出</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="aMQDo1mJJnE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.10 12:05 Fri

EL2季連続決勝逃すもデ・ロッシはチーム誇る…失点関与も獅子奮迅の守護神に「ありがとう」と感謝

ローマを率いるダニエレ・デ・ロッシ監督が、ベスト4での敗退が決定したヨーロッパリーグ(EL)準決勝のレバークーゼン戦を振り返った。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 ローマは9日、敵地バイ・アレーナで行われたレバークーゼンとのEL準決勝2ndレグを2-2のドローで終えた。この結果、ホームでの1stレグを0-2で落としていたローマの敗退が決定した。 2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、バルセロナ戦での“オリンピコの奇跡”再現を狙って敵地へ乗り込んだジャッロロッシ。 前回対戦同様にボールを握られて相手の多彩な攻撃に苦戦を強いられたが、守護神ミル・スヴィラールの再三の好守や守備陣の身体を張ったブロックで失点を許さず。すると、前半43分と後半の66分にMFレアンドロ・パレデスが2つのPKを決め、2戦合計2-2のイーブンに追いついた。 しかし、82分にGKスヴィラールの飛び出しの判断ミスも影響したDFジャンルカ・マンチーニのオウンゴールによって2戦合計で勝ち越しを許すと、試合終了間際の97分にはDFヨシプ・スタニシッチに劇的同点ゴールを奪われ、レバークーゼンにヨーロッパの公式戦無敗新記録まで樹立された。 同試合後、デ・ロッシ監督は2シーズン連続のファイナル進出を逃した結果に落胆しながらも、厳しいアウェイゲームでチームが見せたパフォーマンス、姿勢を称賛した。 「我々は英雄的な試合をした。前半はとても良かったが、シュートが少ししか打てなかった。プレーヤーは素晴らしい試合をした。今夜、彼らは肉体的にも精神的にも素晴らしい姿勢を示した。奇跡に近づいただけに、あの失点は大きな痛みを与えた。しかし、我々はここでこの精神から再スタートする」 「1年前、私はセリエB(SPAL)で解雇されたばかりだったが、現状を誇りに思うよ。そこから私は多くのことを学んできた。我々はローマに5回起きた道を辿った。プレーヤーに感謝しなければならないし、なぜ自分の仕事が90分だけではないのかも理解した。今日のように相手の方が強かった場合、素直に彼らと握手をしなければならない」 また、レバークーゼンとの2試合を通じて傑出したパフォーマンスを見せながらも、前述の失点に絡んだスヴィラールに対しては、「ありがとう」と声をかけたいと慰めと共にここまでの献身への感謝を示した。 「ロッカールームには励ましが必要な人がたくさんいた。もし私が今ミルに話しかけるのであれば、『ありがとう』と言うだろう。素晴らしいゲームを見せ、いつでも準備万端。彼と他のプレーヤーのおかげで、我々は強いチーム相手に戦うことができた」 一方、切り札としての起用が期待されたものの、コンディション不良で最後まで出番が訪れなかったFWパウロ・ディバラについては「彼はまだ足にアイスパックを巻いている。大きなケガではないが、特定の条件のみでプレーする」と、起用が困難な状況であったと説明した。 この敗退によって来シーズンのCL出場権獲得に向けては、12日に控えるセリエA第36節のアタランタ戦での勝利が必須に。デ・ロッシ監督は1試合未消化ながら同勝ち点で並ばれた難敵との大一番に向け、チーム一丸となって戦いたいと改めて決意を語った。 「日曜日のアタランタとの試合は我々に多くのものをもたらすだろう。スピナッツォーラを(負傷で)失った上、多くのプレーヤーが疲弊しているだろう。それでも、準備をしなければならない。アタランタは非常に強く、我々は準備をしておく必要がある」 2024.05.10 10:00 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly