「正直に言って嬉しい」PSGで初タイトルのルイス・エンリケ監督、前任のガルティエ監督に感謝「彼のおかげ」

2024.01.04 10:10 Thu
PSGで初タイトルのルイス・エンリケ監督
Getty Images
PSGで初タイトルのルイス・エンリケ監督
パリ・サンジェルマン(PSG)のルイス・エンリケ監督が、初タイトルを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。
PR
3日、トロフェ・デ・シャンピオンが行われ、PSGはトゥールーズと対戦した。
トロフェ・デ・シャンピオンは、リーグ・アン王者とクープ・ドゥ・フランス王者の対戦となるフランスのスーパーカップ。PSGは現状のベストメンバーを送り込み、ルイス・エンリケ監督にとって初タイトルを目指すこととなった。

試合はPSGが押し込む展開に。開始3分にイ・ガンインが先制ゴールを奪うと、44分にはキリアン・ムバッペが追加点を奪い、2-0で前半を折り返す。

後半もPSGがボールを握って試合を進めるが、徐々にこう着状態に。トゥールーズが徐々に盛り返した中、PSGはしっかりと守り切り2-0で勝利。2年連続最多12度目の優勝を飾った。
試合後、エンリケ監督は優勝を喜び、自身の初タイトルを振り返ると共に、昨季指揮を執ったクリストフ・ガルティエ氏の功績も称えた。

「これは目標としていたものだ。決勝は常に特別な試合であり、90分間で相手よりも優れたプレーができなければいけない試合だ。そして、我々は非常に良い試合をしたと思う。ここに来て以来、最高のプレーだった」

「後半は同じレベルにはならなかったが、トゥールーズは後半とても良いプレーをしていた。だからこそ、気持ちが良い」

「正直に言って、嬉しい。我々は優勝しに関して、かつての指揮官である(クリストフ・)ガルティエ氏の功績を忘れず、感謝しなければならない。私がこのトロフィーを手にできたのは、彼のおかげだ。そして、今は、これが最後にならないことを願っている」

PR
関連ニュース

エメリ監督がアストン・ビラと2027年まで契約延長!

アストン・ビラは23日、ウナイ・エメリ監督(52)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたエメリ監督は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私たちはビラのファン、クラブのオーナー、経営陣、そして私たちの誇りであるこの素晴らしい選手たちとともに歩む日々を楽しんでいる」 「私と経営陣は、オーナーのビジョンに共感している。ナセフ(・サウィリス)とウェス(・エデンス)はとても協力的で尊敬しているし、このフットボールクラブを発展させるための良い環境と適切な体制が整っている」 「私たちは、これまでに築き上げてきた勤勉な精神、賢明な決断、オーナーとの協調性を維持しなければならない。我々はより良くなるために努力する。そしてお互いに要求し合う。向上心は常にこのプロジェクトのモットーであり、またそうでなければならない」 これまでセビージャやパリ・サンジェルマン、アーセナルなどで監督を歴任したエメリ監督は、2022年10月に解任されたスティーブン・ジェラード前監督の後任としてビラの指揮官に就任。当時16位と低迷していたチームを7位まで押し上げ、ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)出場権の獲得に導いた。 昨夏の移籍市場でDFパウ・トーレスやMFユーリ・ティーレマンス、FWムサ・ディアビらを獲得。リーグ戦とヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の二足の草鞋となった今季は、ここまでプレミアリーグでチャンピオンズリーグ(CL)圏内の4位に位置し、ECLでは準決勝進出を決めている。 2024.04.23 23:40 Tue

ゴンサロ・ラモスの2発など前半ゴールラッシュのPSGがリヨンを撃破!【リーグ・アン】

パリ・サンジェルマン(PSG)は21日、リーグ・アン第30節でリヨンと対戦し4-1で勝利した。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのバルセロナ戦を4-1で勝利しベスト4進出を決めたPSGは、その試合からスタメンを5人変更。ムバッペやデンベレ、ファビアン・ルイスらに代えてゴンサロ・ラモス、コロ・ムアニ、アセンシオらをスタメンで起用した。 リーグ戦5試合負けなし中の8位リヨン(勝ち点41)に対し、PSGは最初のチャンスで先制する。3分、ボックス左横まで切り込んだバルコラのパスに反応したアセンシオがボックス左深くから折り返しを供給すると、これがMFマティッチのオウンゴールを誘発した。 幸先良く先制したPSGは、6分にもアセンシオの左CKをニアでバルコラがフリックすると、ゴール前のベラウドが左足ボレーで流し込む。さらに32分には、コロ・ムアニのパスで右サイド高い位置で受けたハキミのクロスをゴンサロ・ラモスがヘディングでゴールに叩き込んだ。 その後、37分にヌアマのミドルシュートで1点を返されたPSGだったが、42分にカウンターから追加点を奪う。ドリブルで中央を持ち上がりザイール=エメリのパスをボックス左で受けたアセンシオがDFとGKの間に絶妙なダイレクトクロスを通すと、すべり込んだゴンサロ・ラモスが右足でゴールネットを揺らした。 迎えた後半、PSGは55分にピンチ。スルーパスでボックス左から侵入したメイトランド=ナイルズの落としからシェルキがシュート。さらに63分にも、マティッチのパスでゴール前に抜け出したカクレに決定機を許したが、共にシュートはGKドンナルンマが好セーブ。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。結局、最後までスコアは動かず。前半のゴールラッシュでリヨンを下したPSGがリーグ戦無敗を「24」試合に伸ばした。 2024.04.22 06:00 Mon

策的中のチェルシーが歴史的先勝!バルセロナはホームで5年ぶり黒星…フランス勢対決はリヨンがPSGを大逆転【UWCL】

20日、UEFA女子チャンピオンズリーグ準決勝1stレグの2試合が各地で行われ、チェルシーとリヨンが先勝した。 チェルシーは前回王者バルセロナの敵地に乗り込み、エリン・カスバートのゴールで1-0と勝利を収めた。なお、なでしこジャパンのFW浜野まいかはメンバー外だった。 37分、チェルシーは左の深い位置で押し込み、シェーケ・ニュスケンがボックス左でタメを作って中央へ。受けたスコットランド女子代表MFは、ボディフェイントで対峙相手をかわしての右足フィニッシュを叩き込んだ。 バルセロナは51分、パトリシア・ギハーロのシュートをブロックしたカデイシャ・ブキャナンのハンドを誘発し、PKを獲得する。だが、VARからの進言とオンフィールドレビュー(OFR)の結果、ブキャナンにマークされていたサルマ・パラジュエロがオフサイドポジションで、ブロック対象者への影響があったと判断されてPKは取り消された。 バルセロナがホームでの公式戦で敗れたのは2019年2月以来5年ぶり。枠内シュートも1本に抑えられ、2022年4月以来の無得点試合にもなった。 また、データサイト『Opta』によれば、イングランドのチームがUWCL準決勝1stレグで勝利したのは、15回目にして初のとのこと。5バックで堅牢な守備を敷くエマ・ヘイズ監督の策がはまった。 また、準決勝のもう1試合、フランス勢対決となったリヨンvsパリ・サンジェルマン(PSG)は、マリー・アントワネット・カトトの2ゴールでPSGが先行したが、歴代最多8度の優勝を誇るリヨンの意地が勝り、80分以降に3点を奪っての逆転勝ちを収めている。 運命の2ndレグは、チェルシーvsバルセロナが27日にスタンフォード・ブリッジで、PSGvsリヨンが28日にパルク・デ・プランスにて行われる。 ◆UWCL準決勝1stレグ バルセロナ 0-1 チェルシー リヨン 3-2 PSG <span class="paragraph-title">【動画】キャプテンの一撃でチェルシーがバルセロナに歴史的勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="tNozOYWYDcU";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】リヨンが2点差をひっくり返しPSGに先勝</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="AcouKtu1YSA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.21 21:00 Sun

安売りは避けたいところ…リバプールやPSGが関心の21歳CBムリージョ、ノッティンガムの決断やいかに

ノッティンガム・フォレストはブラジル人DFムリージョ(21)の売却も検討せざるを得ない状況だ。 今季コリンチャンスから移籍金1500万ポンド(約28億9000万円)でノッティンガム加入のムリージョ。身長184cmと標準サイズのセンターバックだが、その存在感と個人レベルの活躍は絶大だ。 その活躍から1年でのステップアップも噂されるようになって久しいが、やはり財務規則違反(PSR)云々を抱えるノッティンガムとしてもムリージョは売却を検討せざるを得ない対象か。 イギリス『フットボール・インサイダー』いわく、ムリージョにはリバプール、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)が一定の関心。 2000万ポンド(約38億5000万円)程度ではノッティンガムの要求を満たせず、それをはるかに上回る巨額を提示しなければならないようだが、他の選手の売却も考慮するノッティンガム。“帳尻合わせ”が必要であり、状況次第で想定よりも安売りしなければならなくなる可能性も否めない。 ムリージョ以外の売却候補は、背番号10を背負う中軸のイングランド人MFモーガン・ギブス=ホワイト(24)、今季チームトップのプレミアリーグ12得点を叩き出すニュージーランド代表FWクリス・ウッド(32)など。 チャンピオンシップ(イングランド2部)降格の危機に、複数の主力売却も検討せざるを得ないノッティンガム。若くて優秀なセンターバックはどんなクラブも最優先で残したいところだが、21歳ムリージョの将来やいかに。 2024.04.18 20:45 Thu

PSGでのCL制覇が夢だと語るムバッペ「4強進出が将来の決断に影響? ノー、ノー、ノー」

フランス代表FWキリアン・ムバッペ(25)の今夏去就を巡る考えは変わらずのようだ。 今季をもってパリ・サンジェルマン(PSG)を離れ、レアル・マドリー移籍が有力視されるムバッペ。今季も公式戦42試合で41得点9アシストの数字が物語るとおり、PSGの絶対的中心だが、ルイス・エンリケ監督からはすでに移籍を匂わす発言がたびたび聞かれ、不穏な空気が漂う。 そのなか、PSGはバルセロナとのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝まで勝ち進み、ホームでの1stレグを2-3で落としたものの、16日に行われた敵地でのリターンレグを4-1で勝利。この2ndレグも先制を許す苦しい入りだったが、2戦合計6-4で3季ぶりのベスト4進出を決めた。 3トップの中央で先発したムバッペも61分のPK弾に89分のダメ押し弾で活躍。スペイン『マルカ』によると、その試合後のミックスゾーンで去就に関する質問も飛んだようで、「この勝利が自身の将来を巡る決断に影響する可能性は?」との問いにこう返したという。 「ノー、ノー、ノー。僕は(PSG入りの)初日からここにいるのを誇りに思っている。このクラブでプレーしたり、母国の首都クラブを代表するのは誇りだし、ここで育った僕にとって、パリジャンとして、こんな夜を過ごせるのは特別なことだ。僕らは新たな一歩を踏み出したわけだけど、冷静でいないとね。僕の夢はPSGでCLを制することだ」 2024.04.17 17:45 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly