リールの逸材CBヨロ、ビッグクラブ関心も今冬移籍は除外…

2023.11.28 23:28 Tue
ビッグクラブが熱視線を注ぐリールのレニー・ヨロ
Getty Images
ビッグクラブが熱視線を注ぐリールのレニー・ヨロ
ビッグクラブが熱視線を注ぐリールのU-21フランス代表DFレニー・ヨロ(18)だが、今冬にリールを離れる可能性は限りなく低いようだ。フランス『レキップ』が報じている。
PR
コートジボワールにもルーツを持つフランス生まれのヨロは、190cmの右利きのセンターバック。11歳でリールの下部組織に加入すると、すぐさま頭角を現して以降は常に飛び級で上のカテゴリーでプレー。昨年からリザーブチームを主戦場に活躍し、2022年5月のニース戦では16歳半年でのリーグ・アンデビューを飾った。
昨シーズンはパウロ・フォンセカ監督の下で着実に出場機会を増やすと、今シーズンはディフェンスラインの離脱者の影響などもあってここまで公式戦16試合に出場し3ゴールを記録。また、ティエリ・アンリ監督が就任したU-21フランス代表でもここに来て定期的にプレー機会を与えられており、来年の自国開催のパリ・オリンピックのメンバー入りにも絡んでいく勢いだ。

190cmと十分なサイズを誇るが、まだまだ線の細さが目立っており、現状ではフィジカル面に大きな伸びしろを残す。ただ、サイズを感じさせないスピードやアジリティ、長いリーチを武器に読みを利かせたボール奪取能力に優れており、守備時の細かい判断にも非凡さを持つ総合力の高い守備者。

さらに、後方からのビルドアップにこだわるポルトガル人指揮官の下、元々安定していた足元の技術、判断に磨きをかけており、将来的なレ・ブルー入りが有力視される逸材だ。
その18歳に対しては、以前からルイス・カンポス氏が高い評価を下しているパリ・サンジェルマンを始め、レアル・マドリー、バイエルン、プレミアリーグの複数クラブがすでに獲得の動きを見せているという。

だが、ヨロ本人とリールの間では今冬の移籍は除外されているとのことだ。ただ、来夏にクラブは4000万~5000万ユーロ(約65億1000万~81億4000万円)程度の移籍金での売却を考慮しているようだ。

PR
関連ニュース

日本人5人が参加のECLラウンド16、アヤックスvsアストン・ビラが実現

23日、UEFAヨーロッパ・カンファレンス(ECL)のラウンド16組み合わせ抽選会がスイスのニヨンで行われた。 ECLグループステージ2位通過8チームと、ヨーロッパリーグ(EL)の3位敗退8チームによって争われたプレーオフが22日に終了。 日本代表DF町田浩樹のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ、MF金子拓郎とDF荻原拓也を擁するディナモ・ザグレブ、DF常本佳吾のセルヴェット、MF本間至恩のクラブ・ブルージュなどが残っている。 その他、アヤックスやフィオレンティーナ、アストン・ビラなども勝ち上がっている中、常本のセルヴェットはヴィクトリア・プルゼニ、町田のサン=ジロワーズはフェネルバフチェ、金子、荻原のディナモ・ザグレブはPAOK、本間のクラブ・ブルージュはモルデとの対戦が決まった。 また、アヤックスvsアストン・ビラの名門対決も実現している。 ラウンド16・1stレグは3月7日、2ndレグは14日に行われる。 セルヴェット(スイス) vs ビクトリア・プルゼニ(チェコ) モルデ(ノルウェー) vs クラブ・ブルージュ(ベルギー) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) vs PAOKテッサロニキ(ギリシャ) マッカビ・ハイファ(イスラエル) vs フィオレンティーナ(イタリア) アヤックス(オランダ) vs アストン・ビラ(イングランド) ユニオン・サン=ジロワーズ(ベルギー) フェネルバフチェ(トルコ) シュトゥルム・グラーツ(オーストリア) vs リール(フランス) オリンピアコス(ギリシャ) vs マッカビ・テル・アビブ(イスラエル) 2024.02.23 21:35 Fri

リール、今季加入のユムティティが左ヒザの手術を実施で今季絶望か

リールに所属する元フランス代表DFサミュエル・ユムティティが左ヒザの手術を受けたようだ。チームを率いるパウロ・フォンセカ監督が明かした。 2023年夏にバルセロナから加入したユムティティは、今季ここまで公式戦13試合の出場とどまっており、1月21日に行われたクープ・ドゥ・フランスのベスト32、ラシン・クラブ・ド・フランス戦以来、公式戦4試合を欠場していた。 なお、パウロ・フォンセカ監督によると、ユムティティは慢性的に苦しんでいる関節の問題を解決するために14日に手術を実施したとのこと。また、今シーズン中の復帰ついては名言しなかったが、同監督は前向きに考えているとコメントした。 2024.02.17 00:40 Sat

リール戦欠場のムバッペについて指揮官が言及「リスクを負いたくなかった」…CLソシエダ戦に向けては「間違いなく100%になる」

パリ・サンジェルマン(PSG)のルイス・エンリケ監督が、試合を欠場したフランス代表FWキリアン・ムバッペの状態について言及した。 10日、PSGはリーグ・アン第21節でリールと対戦。ムバッペはベンチ入りしたものの出番はなく、チームは3-1で快勝を収めていた。 ムバッペは今夏の去就も騒がしい中、ベンチで試合を見守ったが、ケガではないとのこと。大事を取ったとルイス・エンリケ監督が明かした。 「キリアン・ムバッペはフィジカル的にはとても良好だ。ただ、関係者がリスクを負いたくなかったことは明らかだ」 「もし決勝であればプレーしただろう。水曜日には彼は間違いなく100%になるだろう」 大きなケガではなく大事をとっての欠場だったと語るルイス・エンリケ監督。一方で、来季はいないかもしれないムバッペ抜きで勝てたことも良かったとした。 「我々コーチ陣は常にチームを作ろうと努めている。これが集団スポーツであり、キリアンのような流れを変える能力を持った選手がいることは明らかだが、チームのレベルを認識することがとても重要だと思う。これは着任した時から強調してきたことだ」 「そして、プレーした時間はなくとも、競争する準備ができている他の選手たちもいる。これは私が誇りに思っていることだ」 PSGは14日にホームでチャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16のレアル・ソシエダ戦を控えており、日本代表MF久保建英との対決も注目が集まる。 2024.02.11 20:15 Sun

PSGがリールとの上位対決で逆転勝利!3連勝で首位を快走【リーグ・アン】

パリ・サンジェルマン(PSG)は10日、リーグ・アン第21節でリールと対戦し3-1で勝利した。 前節のストラスブール戦で2試合ぶりの白星を飾った首位PSG(勝ち点47)は、その試合から先発を5人変更。GKドンナルンマやムバッペ、マルキーニョスらに代えてGKケイロル・ナバスやデンベレ、ゴンサロ・ラモスらをスタメンで起用。3トップにコロ・ムアニとゴンサロ・ラモス、デンベレを据えた[4-3-3]で試合に臨んだ。 リーグ戦3試合負けなしの4位リール(勝ち点35)に対し、PSGは開始早々に失点を許す。6分、強引な突破でボックス右深くから侵入したチアゴ・サントスの折り返しを供給すると、これがファビアン・ルイスのクリアミスを誘い、こぼれ球を拾ったヤズジュがゴールネットを揺らした。 先制を許したPSGだったが、すぐに反撃。すると10分、敵陣でのハイプレスでボールを奪うとファビアン・ルイスのパスでボックス右から侵入したデンベレの折り返しをゴンサロ・ラモスがワンタッチで流し込んだ。 試合を振り出しに戻したPSGは、17分にも左クロスの流れたボールを逆サイドで拾ったデンベレが後方に戻すと、これ受けたファビアン・ルイスのダイレクトクロスがアレクサンドロのオウンゴールを誘った。 前半半ば以降は膠着状態が続いたが、PSGは前半終了間際に決定機。前半追加タイム3分、ドリブルでボックス左から侵入したデンベレの折り返しをアセンシオが左足で合わせたが、このシュートはGKシュヴァリエは左足で弾き出した。 迎えた後半も主導権を握るPSGは、57分に中盤からのロングスルーパスをオーバーラップしたムキエレが拾うと、ボックス右から侵入しシュート。しかし、これはGKシュヴァリエの好セーブに防がれた。 その後も攻勢を続けるPSGは80分、左サイドからドリブルで仕掛けたがバルコラがボックス左深くまで持ち上がり、ゴール前に折り返すとこれをコロ・ムアニが押し込み、試合を決定づける3点目を奪った。 結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。リールとの上位対決を制したPSGが3連勝で首位を快走している。 2024.02.11 07:05 Sun

マドリーが18歳の逸材CBヨロを今夏獲得へ? リールは約96億円と評価

レアル・マドリーはリールのU-21フランス代表DFレニー・ヨロ(18)への関心が具体化しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 2022年5月のニース戦でリーグ・アンデビューを飾り、今シーズンはセンターバックの定位置を掴んでいる若手の逸材ヨロ。マドリーやパリ・サンジェルマン(PSG)、バイエルンといった複数ビッグクラブからの関心が報じられていたが、今冬はリール残留となった。 一方、ケガ人の続出によりフランス代表MFオーレリアン・チュアメニやスペイン代表DFダニエル・カルバハルのセンターバック起用を強いられているマドリーは、最終ラインの補強の必要性に気づき始めているとのこと。これまではリールとヨロの契約が切れる2025年夏のフリーでの獲得を視野に入れていたが、1年前倒しで動く可能性も出てきているようだ。 ヨロが唯一の選択肢というわけではないものの、長期を見据えて有望な若手を確保したいマドリーの補強戦略にこの18歳は合致。同じくフランスからやってきたチュアメニやMFエドゥアルド・カマヴィンガのように、実戦経験を積みながら成長していくことが期待されている。 リールは現時点でヨロを6000万ユーロ(約95億6000万円)と評価。マドリーはこれを不釣り合いな金額とみなしているが、それでも契約が残り1年を切る夏には値が下がると踏んでいる模様だ。 しかし、今夏のマドリーにとってより優先度が高いのは、PSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得。これが他の補強を大きく左右すると予想されており、獲得に成功した場合、他のポジションは残りの予算に見合った選手との契約を目指すことになりそうだ。 2024.02.07 18:47 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly