元イングランド代表DFジャギエルカが41歳で現役引退…エバートンやシェフィールド・Uで活躍

2023.11.28 22:34 Tue
23年の現役生活に別れ告げたジャギエルカ
Getty Images
23年の現役生活に別れ告げたジャギエルカ
エバートンやシェフィールド・ユナイテッドで活躍した元イングランド代表DFフィル・ジャギエルカ(41)が現役引退を発表した。
PR
昨シーズン限りでチャンピオンシップ(イングランド2部)のストーク・シティを退団し、以降フリーの状況が続いていた41歳DFは、イギリス『スカイ・スポーツ』でスパイクを脱ぐ決断を下したことを明かした。
「自分のキャリアについて、あまり不満はないと思うよ」

「タイミングを見ればわかるように、誰かが私に契約の機会を与えてくれないかどうかを確認するために、もう少し自分自身をそこに置こうとしていたけど、彼らはそうしなかったし、僕はそれを理解している」

「40歳でもプレーできたことをとても誇りに思うよ」
「15歳か16歳のころ、実力が足りないと言われた自分を座らせて、40歳で得点を決め、40歳でプレーし、今のようなキャリアを歩んできたと早送りで振り返れば、あまり不満はないと思うよ」

ジャギエルカはシェフィールド・ユナイテッドでプロキャリアをスタートし、2006年にはプレミアリーグ昇格に貢献。その後、2007年にエバートンへ完全移籍で加入し、12年間に渡ってプレー。2013年からクラブのキャプテンも務めた。

2019年夏にエバートンとの契約が満了した後、プレミアリーグへ昇格した古巣ブレイズに復帰。古巣での2年間のプレー後はウェイン・ルーニー監督率いるダービー・カウンティと短期契約し、その後はストークで1年半プレー。23年間のクラブキャリア通算では750試合以上に出場している。

また、2008年にデビューを飾ったイングランド代表では通算40試合に出場。ユーロ2012と2014年のブラジル・ワールドカップという大舞台も経験した。

PR
関連ニュース

三笘不在のブライトン、低迷するエバートンに苦戦もダンクの土壇場弾でドローに持ち込む【プレミアリーグ】

三笘薫の所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンは24日、プレミアリーグ第26節でエバートンと対戦し1-1の引き分けに終わった。三笘はベンチ入りしなかった。 前節シェフィールド・ユナイテッド戦を快勝した7位ブライトン(勝ち点38)は、その試合のスタメンから背中に違和感を訴えた三笘とウェブスターをファーガソンとイゴールに変更した以外は同じメンバーを採用。1トップにファーガソン、2列目に右からブエナノッテ、ウェルベック、アディングラを並べた[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 リーグ戦8試合勝利のない17位エバートン(勝ち点20)に対し、立ち上がりから攻勢を続けるブライトンは19分、ボックス手前でパスを受けたウェルベックがブエナノッテとのパス交換でボックス内に侵入。バランスを崩しながら右足でシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。 その後も主導権を握るブライトンは、何度もアタッキングサードまで攻め込むが、集中した守りを見せるエバートン守備陣を前になかなか決定機まで至らず、前半はゴールレスで終了した。 後半もポゼッションで上回るブライトンだが、57分にピンチを迎える。左サイドを突破したマクニールのクロスを逆サイドから走り込んだドゥクレに右足ボレーで合わせられたが、これはゴールカバーに入ったランプティが頭で弾き出した。 1点が遠いブライトンは、61分にウェルベック、イゴール、ランプティを下げてファティ、エストゥピニャン、フェルトマンを投入する3枚替えを敢行。 さらに72分、ブオナノッテを下げてエンシソをピッチへ送り出したブライトンだったが、直後のセットプレーから失点する。73分、中盤でのFKからGKピックフォードがロングボールを供給すると、ボックス内で競り合った相手DFに当たったボールがブランスウェイトの前にこぼれると、迷いなく振り抜いた左足のシュートがゴール右に突き刺さった。 1点を追う展開となったブライトンは81分、ギルモアがルーズボールに反応したオナナの左足をスパイクしてしまうと、主審は迷わずレッドカードを提示し、退場処分となった。 このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにドラマが生まれる。数的不利になりながらも猛攻を仕掛けるブライトンは95分、右CKのこぼれ球から二次攻撃を仕掛けると、アディングラのパスを右サイドで受けたグロスがクロス。これをダンクがヘディングでゴールに叩き込んだ。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。数的不利ながら土壇場弾で追いついたブライトンが勝ち点1を掴み取った。 2024.02.25 02:11 Sun

「腰に問題」 ブライトン三笘薫に今週末欠場の可能性…前節受けたタックルの影響?

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫に今週末欠場の可能性が浮上している。 ブライトンは24日のプレミアリーグ第26節でエバートンとホームで対戦。三笘は前節のシェフィールド・ユナイテッド戦に先発し、5-0の快勝に貢献したが、今週末欠場が濃厚だという。 クラブ公式サイトによると、ロベルト・デ・ゼルビ監督が試合に先立った会見でチーム情報を共有するなか、フリオ・エンシソの復帰見通しとともに、日本人ウィンガーのケガを明かした。 「カオル・ミトマに関して問題がある。彼は腰に問題を抱えている。プレーできるかどうかわからない。明日、状況を見極める。我々は重要な選手を欠いての戦いに慣れっ子だ。フリオはベンチ入りする予定で、それは最高のニュースだ」 そんな三笘は先のシェフィールド・ユナイテッド戦でメイソン・ホルゲイトの危険なタックルを受けたが、イギリス『Sussex Express』によると、指揮官はその影響を否定したようだ。 「ミトマはシェフィールド・ユナイテッド戦の前から腰を痛めていて、相手の選手に何の責任もない」 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫への悪質なタックル…欠場には関与していないとのことだが…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IPHiXdiQOzI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.24 10:30 Sat

人気銘柄アマドゥ・オナナのエバートン愛を代理人が代弁「残って戦い続けると言った」

ベルギー代表MFアマドゥ・オナナ(22)が今冬のエバートン残留を選択した。イギリス『ミラー』が伝えている。 今冬のステップアップが報じられていたオナナ。アーセナルやチェルシーなどが行き先として挙がっていたなか、結局はエバートンに残るも、エバートンの深刻すぎる経営状況を考えれば、2024年夏は確実に売却されるとも言われている。 それでも、宿敵リバプールの本拠地アンフィールドに負けないアツさがエバートンの本拠地グディソン・パークにもあり、オナナはプレミアリーグ残留がノルマのチームに愛着を持っている模様。プロ・エージェントの実姉メリッサさんが、今冬ビッグクラブからの打診を選手の意志で拒んだことを明らかにした。 「私は単に代理人で、何事も最後は彼自身が選択する。彼の人生・キャリアだからね。私はステップアップの選択肢をテーブルに載せたけど、彼は『エバートンに残って戦い続ける』と言った」 「個人的にも冬の移籍は好まないし、良い判断だったと思うよ。冬の補強は『状況を好転させる』もので、それは血を流しながら絆創膏を見つけようと奔走している状況を指すものだからね」 オナナは2022-23シーズンにリールからエバートンへ加入。195cmの超大型セントラルハーフとして主軸に君臨しており、まさにエバートンのプレミア残留を左右する存在…ベルギー代表でも定位置を掴みつつあり、今夏のユーロ2024での活躍も期待されている。 2024.02.15 21:20 Thu

負傷離脱中のデレ・アリに今季絶望の可能性…エバートン指揮官は「時間を与えたい」と説明

エバートンのショーン・ダイチ監督は、負傷離脱中の元イングランド代表MFデレ・アリについて、復帰の見通しは立っていないと認めた。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2022年1月に、トッテナムからエバートンへ完全移籍で加入したデレ・アリ。しかし、トッテナム時代に放った輝きは取り戻せず、昨シーズンはトルコのベシクタシュにレンタル移籍するも構想外となり、昨夏にエバートンへ復帰していた。 今シーズンは負傷の影響もあり、ここまで公式戦出場はなし。1月には鼠径部の手術を行ったことで、長期離脱を余儀なくされている。 そのデレ・アリについては、今シーズン中に復帰するか不透明な模様。ダイチ監督はデレ・アリの状態に問われた際に復帰時期を明言せず、時間を与えるべきとの考えを述べている。 「(復帰については)いずれ分かることだが、まだ先は長い。我々は時間とスペースを与えることで彼と合意した。復帰を願っているがね。今は必要と感じるプライバシーを与えているんだ」 「彼は良い状態にあるし、じっくり話をしたよ。再び負傷したことは難しいが、彼はそれを乗り越えるはずだ」 デレ・アリは昨年7月、幼少期の性的虐待被害や麻薬取引関与、薬物依存症などの壮絶な半生をカミングアウト。メンタルヘルスのためのリハビリ施設に通っていたことも明かしており、かつての同僚やファンからサポートの声が上がっていた。 デレ・アリとエバートンの契約は2024年夏までとなっており去就は不透明な状態だが、再びプレミアリーグでプレーする姿が見られることを期待したい。 2024.02.14 18:05 Wed

ビッグクラブがこぞって夏に獲得を目指す21歳CB、ユナイテッドとトッテナムがリードか?

エバートンのU-21イングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(21)が大きな注目を集めている。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 エバートンの中心選手として活躍するブランスウェイト。ディフェンスリーダーとしてチームを支えており、イングランド代表入りも期待されている若手CBだ。 そのブランスウェイトだが、当然ビッグクラブも関心を寄せている状況。マンチェスター・ユナイテッドとトッテナムが夏の獲得に向けて熱心に動いている。 さらに、チェルシーやアーセナル、レアル・マドリーも関心を持っているとされ、クラブとコンタクトを取っているとのこと。ただ、ユナイテッドとトッテナムがリードしている状況だという。 エバートンは財政難により、勝ち点10をマイナスされているシーズンとなっており、現在は勝ち点19で降格圏に位置。近年低迷する中で、勝ち点10のマイナスが大きく影響している状況だ。 そのため、チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格となれば、当然ブランスウェイトの争奪戦は加速することに。若く有能なCBはどのクラブも欲する人材だけに、夏の去就が注目を集めている。 <span class="paragraph-title">【動画】獲得目指すトッテナム戦では終了間際に劇的ゴールを決めたブランスウェイト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="dHWny4d-7rU";var video_start = 418;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.14 12:40 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly