北村菜々美、藤野あおばが2ゴール!東京NBが今季最多5得点の快勝、I神戸も開幕3連勝飾る【WEリーグ】

2023.11.26 19:20 Sun
先制点を含む2ゴールを挙げた北村菜々美
©WE LEAGUE
先制点を含む2ゴールを挙げた北村菜々美
26日、2023-24 WEリーグ第4節の6試合が各地で行われた。◆東京NBが今季最多5ゴールの大勝【マイ仙台vs東京NB】
前節連勝が止まった日テレ・東京ヴェルディベレーザは、2連敗中のマイナビ仙台レディースとアウェイで対戦し、今季最多となる5得点を奪っての快勝を収めた。
中2日で迎える連戦にあたり、両チームともに前節からスタメンをマイナーチェンジ。マイ仙台は2人、東京NBはGKを含む4人を入れ替えて臨んだ。

開始早々はマイ仙台が佐々木莉緒廣澤真穂に好機が訪れたが、枠に飛ばせず。以降はこれをしのいだ東京NBがボールを握り始める。

試合が動いたのは43分、東京NBは左サイドバック松田紫野の対角フィードで裏を取り、今節は2トップの一角で先発した北村菜々美が抜け出し、GKとの一対一を冷静に制した。
折り返して63分には途中出場・木下桃香が右ポケットをえぐって折り返し、北村が触ってファーの藤野あおば。GKが弾いたボールを松田が蹴り込み、リーグ戦初ゴールをマークする。

その6分後には國武愛美とマッチアップした北村が縦に仕掛けてのニア上抜きで追加点を奪取。74分には松田のラストパスから藤野あおばに今季初ゴールが生まれると、86分にも波状攻撃から右サイドを崩し、木下の折り返しから再び藤野がネットを揺らして勝負あり。

今季最多となる大量5得点&今季初完封で、無敗を維持している。

◆大宮Vが初黒星&S広島Rが初勝利【大宮VvsS広島R】
NACK5スタジアム大宮では大宮アルディージャVENTUSとサンフレッチェ広島レジーナが顔を合わせ、2-1でアウェイのS広島Rが勝利を収めた。

開幕2連勝と好スタートを切った大宮Vに対し、連敗スタートとなったWEリーグカップ覇者のS広島R。対照的な両チームだが、試合を動かしたのはS広島Rだった。

35分、自陣で相手の横パスをカットした柳瀬楓菜が左を使い、中嶋淑乃が長い距離を持ち運んで最深部から浮き球のクロスを送ると、松本茉奈加が頭で合わせた。その6分後にはショートカウンターから上野真美が絶妙なループシュートを沈めてリードを広げる。

中2日のS広島Rに対し、第3節の開催日が変更になったことで日程に利のある大宮Vは、後半に逆襲。折り返しての57分に阪口萌乃のミドルで1点を返すと、以降も攻勢が続き、終盤には坂井優紀の前線投入などパワープレーを仕掛けたものの、次のゴールが遠いままタイムアップ。S広島Rが今季初勝利を挙げ、大宮Vは連勝がストップした。

◆I神戸が3連勝、N相模原は4連敗
第3節の大宮V戦が12月13日に行われる関係で、日程面にゆとりのあるINAC神戸レオネッサは、ホームにノジマステラ神奈川相模原を迎え、成宮唯髙瀬愛実のゴールで2-0と勝利。I神戸が開幕3連勝を飾った一方、N相模原は4連敗を喫している。

また、前節の東京NB戦では2点のビハインドから追い付いてのドローに持ち込んだ浦和は、ホームにジェフユナイテッド市原・千葉レディースを迎えて2-0と完封勝ち。67分、清家貴子のクロスに途中出場の菅澤優衣香が合わせて先制すると、83分には菅澤の落としから清家が追加点を挙げている。

また、セレッソ大阪ヤンマーレディースは小山史乃観の決勝点でちふれASエルフェン埼玉を下し、開幕戦以来となる白星。互いに2連勝で迎えたAC長野パルセイロ・レディースとアルビレックス新潟レディースの一戦は、タフな90分間となったが、ゴールは生まれず、0-0の引き分けに。AC長野は3試合連続のクリーンシートとなった。

◆2023-24 WEリーグ第4節
マイナビ仙台レディース 0-5 日テレ・東京ヴェルディベレーザ
【東京NB】
北村菜々美(43分)
松田紫野(63分)
北村菜々美(69分)
藤野あおば(74分)
藤野あおば(86分)

三菱重工浦和レッズレディース 2-0 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
【浦和】
菅澤優衣香(67分)
清家貴子(83分)

大宮アルディージャVENTUS 1-2 サンフレッチェ広島レジーナ
【大宮V】
阪口萌乃(57分)
【S広島R】
松本茉奈加(35分)
上野真実(41分)

ちふれASエルフェン埼玉 0-1 セレッソ大阪ヤンマーレディース
【C大阪】
小山史乃観(75分)

INAC神戸レオネッサ 2-0 ノジマステラ神奈川相模原
【I神戸】
成宮唯(25分)
髙瀬愛実(76分)

AC長野パルセイロ・レディース 0-0 アルビレックス新潟レディース

1 2
関連ニュース

「積み重ねがこの前の結果に繋がった」パリ五輪行き決めたゴールに藤野あおばが改めて言及、再開するWEリーグにも「開幕戦から1試合に集中」

日テレ・東京ヴェルディベレーザのなでしこジャパンFW藤野あおばが、北朝鮮女子代表戦やWEリーグについて語った。 なでしこジャパンは2月28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦を国立競技場で迎え、北朝鮮戦に2-1で勝利。2戦合計スコア2-1で、2大会連続6度目のオリンピック出場権を獲得した。 この試合で先発し、決勝点となるヘディングゴールを76分に決めた藤野は、1日のチーム練習後に囲み取材に応じ、北朝鮮戦について改めてコメント。チームでの取り組みが代表戦での結果にも繋がったと述べている。 「今シーズン、ポジションがFWに変更というか、FWをやる機会が多くなったこと、また、(植木)理子さんが海外移籍でいなくなったことで、クロスからの得点がチームから少なくなっていったりとか。そういうのは自分もやっていて感じていたところでした」 「誰かがそういう部分を補わなければいけないと思っていましたし、自分のできることを増やすっていうところも今シーズンの課題として、クロスだったりとか、ペナルティエリアに入っていくっていうのは自分自身も意識してやっていたので、そういうことの積み重ねがこの前の結果に繋がったのかなと思います」 また、試合前には「いろんな人からゴール目指してやってほしいっていう話もたくさんあった」と明かした藤野。「自分自身の長所はそういうゴールへの姿勢だと思っていますし、そこはブラさずやるべきだと思ったので、変えることなく目指し続けた結果があのゴールだったかなと思います」と貴重なゴールの背景を語った。 さらに、北朝鮮後に残したWEリーグに関するコメントにも言及。注目度を高めたいという意図からの発言だったという。 「(北朝鮮戦を)いろんな方が見ていて、すごい注目度も高くて。WEリーグってすごく良いリーグだと思いますけど、代表選手の海外移籍だったりとかで価値が損なわれているところもあると思います」 「でも、なでしこジャパンだけじゃなくて、他にもいろんな選手がいて、見ていても、やっていても楽しいですし、今回は順位争いもかなり激しくて面白いリーグです。あの試合を見て、女子サッカーに興味を持って、WEリーグも見に来ていただけたら嬉しいですし、そういう意味でも注目度を高めたいと思いました」 リーグ戦再開を前に、4位につけているベレーザの現状についてもコメント。強かった過去のイメージに囚われすぎず、目の前の試合に集中していくことで、結果がついてくるはずだと語った。 「自分がベレーザに入る前までは常勝軍団というか、どんな試合でも勝ち続けるクラブだなと思っていましたし、その強さが前のベレーザには正直あったなと今思っているところです。やるからにはもちろん勝利を目指してがんばりたいなと思いますけど、正直今のべレーザは強いチームだと思っていないというか。良い意味で、前まで強かったから今も勝って当然とか思えないチームです」 「順位どうこうもありますけど、一戦一戦しっかり戦って勝利を積み重ねれば、最終順位は自ずとついてくると思いますし、相手の順位だとか、今の環境とか関係ないと思います。そこはもう開幕戦から1試合に集中して、勝利にこだわってやることが必要かなと思います」 2024.03.01 23:06 Fri

なでしこリーグMVPと得点王がWEリーグ挑戦へ!日テレ・ベレーザ新加入選手が意気込み語る

日テレ・東京ヴェルディベレーザは1日、WEリーグ再開を前にメディアカンファレンスデーを設け、新加入選手や竹本一彦強化部長らが囲み取材に応じた。 新たに緑のユニフォームへ袖を通すのは、FW鈴木陽(←オルカ鴨川FC)、FW神谷千菜(←朝日インテック・ラブリッジ名古屋)。また、育成組織の日テレ・東京ヴェルディメニーナから池上聖七、樋渡百花、ウルフジェシカ結吏が昇格する。 鈴木は2023プレナスなでしこリーグの最優秀選手で、昨季のリーグ戦で12得点をマーク。神谷も昨季のなでしこリーグで14得点を挙げての得点王と、世代別代表経験も持つ実績十分のストライカー2枚を補強した。 高さと技術を兼ね備えた池上はすでにWEリーグ、皇后杯でスタメン出場しており、スピードのある樋渡も同じく出場済み。ウルフジェシカも年代別の日本女子代表で活躍しており、各選手ともに即戦力としての期待値は高い。 東京NBは現在、2023-24 WEリーグで3勝3分け1敗。首位と勝ち点「5」差の4位に付ける。 取材に応じた竹本強化部長はこれまでのチーム状況を踏まえ、攻撃面においてはクロス攻撃を増やしてもよいではと分析。中盤やサイドの選手を含めて出し手は揃っているが、受け手として力を発揮する選手(小林里歌子や植木理子)が海外移籍の影響で不在となったため、なでしこリーグでの実績を残した2人に声を掛けたとのこと。「見ている人も『こういう点の取り方ができる』とわかる選手たちなので、2人が生きると思います」と、期待を寄せた。 「自分たちがどういうチームに苦戦するのかを考えると、縦に蹴られて良さを消されることが徹底されていた。後半戦はそういうチームへの対応を考えて、選手のメンタリティや勝負どころの強さをプレーでも表現しなくてはいけないと感じている」 「4月の第1週にインターナショナルマッチデーがあるが、それまでにリーグ戦は6試合と詰まっている。そこをどれだけ勝ち切れるか。前半戦の反省を生かして結果を出したい」 「(新加入の選手2人については)FWが海外へ移籍したため、その役割を担う即戦力として獲得しました」 「2人とも役割はストライカーですけれど、タイプが違う。神谷選手はシュートがうまく、ヘディングが得意で高さのある選手。足下だけではなく、クロスの多様にも対応できる」 「鈴木陽選手はうちにないパワーと走力、意外性を持っている。苦しい時にあれというゴールを決めるタイプ」 また、メニーナからの昇格組3選手に関する共通項として高さを挙げつつ(ウルフジェシカ結吏177cm、池上聖七174cm、樋渡百花170cm)、東京NB伝統の技術力も備えていると語り、今後のさらなる成長にも期待。さらに2種登録されている、ドリブルにキレのある松永未夢、中盤の卵・眞城美春、去年のメニーナのキャプテン青木夕菜についても、トップチームへ参加数を増やしていきたいと述べた。 新加入となる各選手もそれぞれ囲みに対応し、加入の決め手や意気込みなどを述べている。なお、ウルフジェシカ結吏は卒業式のため、樋渡百花はAFC U-20女子アジアカップ出場のため、不在となった。 <span class="paragraph-subtitle">◆ケガを乗り越えた万能型FW</span> ▽鈴木陽 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/haruhi.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">©︎超ワールドサッカー<hr></div> 「(移籍の決断については?)高いレベルでチャレンジしたいという気持ちで来ました。野田(朱美)さんの影響は特に大きく(ベレーザのOGであり、鈴木が鴨川在籍時の監督)、野田さんが常に日本のトップやベレーザ、代表を基準にサッカーを教えてくれたからこそ、チャレンジしようという気持ちにもなれたので、野田さんとの出会いは大きいです。やるなら上を目指してやりたいと思っていたので、それと同じ熱量で高め合えたと思っています」 「(ベレーザの印象は?)一人一人の技術が高く、(パスを)つないで美しいサッカーを展開するイメージです」 「(自分の強みは?)ゴールの推進力と前線からの守備をうりにしています。ボールを収めることもできるので、(トレーニングではすでに)速攻だけでなく、遅攻になったときのポイントにもなれています」 「(板橋区出身で地元のクラブへの加入となったが?)昔から街にベレーザのポスターが貼ってあって、身近に感じていました。地元の友達や家族もすごく喜んでくれたことが嬉しいです。西が丘は歩いて行けるので、よく行ってます笑」 「(背番号32を選んだ理由は?)竹本さんが『太陽の陽で"はるひ"だから、英語でSunny。なので32がいいんじゃないか』ということで、いいなと思いました」 「(具体的な目標は?)数字としては5得点で、10得点に絡むこと。また、昨年初めてケガなく1シーズン通してプレーできたことが大きいので、ケガをせずに終われることを意識しています」 <span class="paragraph-subtitle">◆新風吹き込むストライカー</span> ▽神谷千菜 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/chiina.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">©︎超ワールドサッカー<hr></div> 「(移籍を決断した理由は?)ずっと愛知県でサッカーをしてきたので愛知でプロになるのが1番の目標でしたが、名古屋にプロのチームがないことと、上に行くには早い年齢からWEリーグに挑戦すべきだなとも感じていて、そのタイミングでオファーをいただき、名古屋のチームメイトも背中を押してくれたので決断に至りました」 「(自身の特徴は?)シュートレンジが広く、ゴールが見えたら積極的に足を振ることは意識しています。相手を抜くことはあまりできないですけど、ずらして打つなどのプレーを出していけたら。ベレーザの選手は崩しはうまいですが、シュートを決め切る選手がいまはそれほどいないのかなと思うので、自分がそうなれたらなと思います」 「(世代別の代表でともにプレーした選手もいるが、連係面については?)代表のときもベレーザのメンバーは飛び抜けていたので、今その中にいるのが不思議な感覚です。今までだったら出てこないボールも出てきますし、充実感はあります 「(名古屋時代に森山泰行監督から受けたアドバイスは?)戦術的なことはあまりなくて、FWは感覚がすべてだと笑。練習の中から自分の中の感覚を磨いていけと、教わっていました」 「この1カ月の練習の中でも、なでしこリーグ時代とは寄せのスピードや体の強さ、ボールを受ける前の駆け引きなど、違いを感じていますが、その中でも、ゴール前までは味方を使いながらシンプルに、ゴール前でどれだけシュートへ持っていけるかを考えています。ペナルティエリア内の感覚はあまり変わらないかなと思いますし、ゴール前に飛び込むことは持ち味でもあるので、出していきたいです」 「(プロ挑戦への意気込みを)得点を求められていると思うので、結果として残せるように頑張ります」 「(具体的な目標は?)二桁には絡みたいです。自信を持てるように試合を重ねていけたらいいなと思います」 <span class="paragraph-subtitle">◆系譜を受け継ぐ大型ディフェンダー</span> ▽池上聖七 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/seina.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">©︎超ワールドサッカー<hr></div> 「(自身の特徴は?)一対一には自信があるので、粘り強さや身長を生かした空中戦を見て欲しいですし、メニーナ出身として、足下の技術にも自信はあります。元々サイドバックでしたが、高1の最後の方にヒザをケガをして、そこからセンターバックになりました。サイドバックも上がれるから楽しいですね」 「(トップチームで過ごしての感触は?)練習の強度やパスのスピードがユースの頃より速いなと感じますし、フィジカル面でも自信はありましたが、みなさん強くて、もっと筋力トレーニングも頑張らないとと感じました」 「(すでにリーグ戦などでも先発しているが、手応えは?)気持ちでは絶対負けないという思いでずっとやっています。フィジカルや予測でボールを奪えた場面もあれば、かわされることもありますが、まだまだできるなと感じています」 「(逆に足りないと感じたことは?)声掛けの部分。後ろの選手なのでもっと出さないとと感じて、練習中から声を出すようにしています」 「(谷川萌々子や古賀塔子ら同世代の活躍は刺激になるか?)すごいなと思う部分と、悔しいと思う部分、そこを目指さくてはと思うますが、まずはベレーザの選手として試合に勝つことがすべてだと思っているので、あまり意識し過ぎずにやっています」 「(言えそうな先輩の秘密があれば?)(思案の末に)あまり変なことは言えないので…でも、土方麻椰さんは最近1人でカレーを食べることにハマっていると言っていました。同じ埼玉県出身なので、今度連れて行ってもらいます」 2024.03.01 21:55 Fri

「前日に言われた」久々出場が大一番での先発起用、先制点にも絡んだ上野真実はイメージ通りのプレーに一定の手応え「やりやすさを感じた」

なでしこジャパンのFW上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ)が、大一番での先発起用を振り返った。 28日、パリ・オリンピック アジア最終予選の第2戦が国立競技場で行われ、なでしこジャパンは北朝鮮女子代表と対戦した。 第1戦はゴールレスで終わっており、勝った方が五輪行きを決めるという試合に。高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)のゴールで先制すると、後半2位は藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)がヘディングでゴールを奪い追加点。その後1点を返されるが、2-1でなでしこジャパンが勝利し、パリ・オリンピックの切符を手にした。 2022年7月のEAFF E-1サッカー選手権以来のなでしこジャパン招集となった上野。第1戦は出番がなかったが、先発起用された。 試合後のメディア取材に応じた上野は先発起用について「前日に言われました」とコメント。「1試合目はベンチで見ていて、自分が出たらこういう位置でボールを受けようとイメージしていました」と、ピッチ外からイメージを膨らましており、実際の試合では「自分はやりやすさは感じましたし、もっとよりゴールに近い位置でボールを受ける動きはしたかったです」と、一定の手応えを感じたようだ。 しっかりと勝利にも貢献し、1点目ではヘディングで折り返してゴールにつなげた。しっかりと出場権を獲得したが「チームとして今日の試合に勝ち切れたことは良かったと思いますし、個人としてももっともっとゴールに向かう姿勢、高い位置でボールを受けられれば良かったと思います」と、結果は良かったものの、自身のパフォーマナスには満足していないようだ。 周りとの連携については「北川選手とだけじゃなく、田中選手との絡みであったり、自分が真ん中で抜けることでスペースが空くこともわかっていたので、そこで絡むことの連携は練習でよく出ていたので、そこを出せたと思います」と、トレーニングでイメージできていたことが、しっかりと出せていたようだ。 自身の特徴であるライン間でのボールを受けることもできていた上野。「後ろの選手が選択肢をいくつか持てるようにということをイメージしていて、外にいても出せるし、中にもつけられる立ち位置を意識しました」とコメント。ビルドアップをスムーズにするパフォーマンスも、久々の出場で見事だった。 <span class="paragraph-title">【動画】上野真実の折り返しが見事な先制ゴールに繋がる!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="LaY9huyAHiw";var video_start = 122;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 21:35 Thu

カタールW杯で日本vsクロアチアを担当した審判団3名がJリーグなどを担当! アメリカとイングランドから6名の審判員が「審判員交流研修プログラム」で来日

日本サッカー協会(JFA)は29日、アメリカサッカー連盟および PGMOL(プレミアリーグのプロ審判協会)との「審判員交流研修プログラム」として、6名の審判員を招へいしたことを発表した。 2008年から、JAFは各国の審判員を招へいし、審判員やインストラクターの国際経験を積むための「審判員交流研修プログラム」をスタート。日本からも海外に行くことがある一方で、海外から招へいした審判員が、JリーグやWEリーグ、国際試合を担当するものだ。 今回はアメリカとイングランドから3名ずつが来日。アメリカからはエルファス・イスマイル氏、パーカー・コーリー・マイケル氏、アトキンス・カイル・トーマス氏が2月28日(水)から3月11日(月)にかけて来日する。 また、イングランドからはスミス・ルイス・ディーン氏、フィニー・ウィリアム・ジェームス氏に加え、FA女子スーパーリーグを担当する女性審判員のインペイ・ローレン・エリザベス氏も3月6日(水)から3月26日(火)まで来日する。 アメリカのトリオは、2022年のカタール・ワールドカップにも参加しており、ラウンド16の日本代表vsクロアチア代表も担当。また、決勝のアルゼンチン代表vsフランス代表ではイスマイル氏が第4審を務めていた。 6名は明治安田J1リーグ第2節から4節、明治安田J2リーグ第3節から5節、U-23日本代表の国際親善試合、WEリーグの第9節から12節、YBCルヴァンカップ1回戦で割り当てられる予定となっている。 なお、5月15日(水)から6月11日(火)にはドイツから1名、5月22日(水)から6月17日(月)にはポーランドから3名、6月12日(水)から7月1日(月)にhあイングランドから1名、9月11日(水)から9月30日(月)にメキシコから1名。現時点で時期は未定だが、カタールからも招へいが予定されている。 2024.02.29 18:35 Thu

“狙い通り”の貴重な先制点を生んだFK、遠回りしながらも大一番で先発起用された北川ひかる「学びながら成長してきた」…被災した地元へも「元気を届けられていれば」

なでしこジャパンのDF北川ひかる(INAC神戸レオネッサ)が、パリ・オリンピック行きを喜んだ。 28日、パリ・オリンピック アジア最終予選の第2戦が国立競技場で行われ、なでしこジャパンは北朝鮮女子代表と対戦した。 第1戦はゴールレスで終わっており、勝った方が五輪行きを決めるという試合に。高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)のゴールで先制すると、後半2位は藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)がヘディングでゴールを奪い追加点。その後1点を返されるが、2-1でなでしこジャパンが勝利し、パリ・オリンピックの切符を手にした。 遠藤純(エンジェル・シティ)の負傷による不参加で、急遽追加招集された北川。第1戦は出番がなかった中、システムを変えた第2戦では先発起用。左ウイングバックとして終盤までプレーした。 先制ゴールに繋がった場面では、ボックス手前でFKを獲得すると、長谷川唯(マンチェスター・シティ)とボールサイドに立ち相談。ボックス内の熊谷紗希(ローマ)らとも連係をとり左足でクロスを入れると、熊谷の折り返しをファーサイドで上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ)がヘッドでさらに折り返し、ニアで田中美南(INAC神戸レオネッサ)がヘッド。これはポストに嫌われたが、こぼれ球を高橋が詰めた。 試合後のメディア取材に応じた北川は1点目のFKについて「あの角度では自分が蹴るというのは決まっていて、どこに蹴るということは直前にみんなで話して、折り返し、折り返しという形になりました」と振り返り、「良いボールが蹴られて良かったです」とキックについて語った。 かなり選手同士でコミュニケーションを取っていたが「FKになった時にどうするかというところで紗希さんとかと話して、直接狙うのじゃなく、折り返してからセカンドでとなりました」と狙いについて語り、「相手も食いついてくる感じがあったので、それが狙いでした」と、想定通りの結果がゴールとなった。 北川は2022年7月以来のなでしこジャパンとしての試合に参加。予てから期待は高かった中で、2度の移籍を経験し、再びこの舞台に戻ってきた。 大事なオリンピック出場を決める戦いで出番をもらえたことについては「まずは使ってくれた監督に感謝したいですし、長い道のりですけど、ある意味計画的にできている現状もあったので、これからがより勝負になるかなと思います」とコメント。「遠回りしたかもしれないですけど、アルビ(アルビレックス新潟レディース)にいた時、INACに移籍して自分がやるべきことを学びながら成長してきたので、それが発揮できていると思います」と、着実に成長してきた結果だと振り返った。 北川はJFAアカデミー福島出身で、浦和レッズレディースに加入。新潟Lを経て、今シーズンからINAC神戸レオネッサに加入した。ジョルディ・フェロン監督の下、左ウイングバックに定着すると、皇后杯でも見事に優勝。自信をつけてのなでしこ参戦となり、結果を残した。 ジョルディ監督については「選手の特徴を活かしてくれる監督で、それぞれの長所を活かしながらサッカーを作っていくという感じで、チームを1つにまとめてくれる監督です」とコメント。「結構細かく選手1人1人に言ってくれますし、何よりも全員同じ立場として接してくれるというのは、外国人監督としての良さだと思います」と、細かな指導をしっかりされていると振り返り、「より攻撃面に自信を持たせてくれた」と感謝した。 そして、石川県出身の北川にとっては特別な思いもあった。「今日勝てたことで、被災地に良い影響を与えられたらと思いますし、元気を届けられていればと思います」と、元日に発生した能登半島地震で被災した地元について言及。「JFAでも凄く復興に向けて頑張ろうと取り組んでくれていて、本当に感謝しています。石川県民として、もっと活躍したいと思います」と、さらなる活躍で、地元に元気を与えたいとした。 <span class="paragraph-title">【動画】北川ひかるのFKから、狙い通りの先制ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="LaY9huyAHiw";var video_start = 122;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 18:15 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly