「待ってました!」「無理しないで!」足首手術で1カ月離脱の板倉滉が元気な姿、日本代表の仲間もエール

2023.11.22 22:50 Wed
10月に足首を手術した板倉滉
Getty Images
10月に足首を手術した板倉滉
ボルシアMGの日本代表DF板倉滉が復帰に向けて動き出している。
PR
ボルシアMG、そして日本代表の守備を支える板倉。10月の日本代表活動に参加していたが、ドイツへ戻ってすぐに足首の手術を受けることが発表されていた。
今シーズンも守備の中心選手としてプレーしていた一方で、「持続的な問題」を足首に抱えていたとのこと。数週間の離脱となる中で、手術を決断していた。

その板倉は11月の2026北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選で招集外となり不参加。リハビリに努めていた。

板倉は自身のインスタグラムにトレーニングの様子をアップ。「Step by step」と焦っていない様子を投稿していた。
元気な姿を見せた板倉には日本代表でチームメイトのDF中山雄太、DF冨安健洋、FW浅野拓磨、MF田中碧らが反応。同じボルシアMGでプレーし、U-22日本代表デビューを果たしたFW福田師王も反応している。

ファンも「待ってました!」、「無理しないで!」、「おかえり!」とコメント。1年前のカタールW杯前にも負傷離脱したこともあり、復帰には慎重な姿勢が期待されている。



PR
1 2
関連ニュース

「最初は簡単ではなかった」ドイツ移籍から1年、ブンデスリーガデビューも果たした福田師王が意気込みを語る「僕のゴールでチームの勝利に貢献する」

パリ・オリンピック世代のU-23日本代表にも招集され、現在はボルシアMGのファーストチームでもプレーするFW福田師王が現在の心境を語った。 神村学園高等部からJリーグを経由せずに、ボルシアMGへと渡った福田。2023年1月に加入し、セカンドチームでプレーを続けた。 高く評価されていた能力をセカンドチームで発揮。今シーズンもレギオナルリーガ・ヴェスト(ドイツ4部)で14試合5ゴールと結果を残すと、1年が経過した今年1月にファーストチームに正式に昇格した。 ドイツに渡って1年。ファーストチームに入った福田は、クラブのインタビューでこの1年を振り返り、サッカー面では苦労もあったとした。 「ドイツでは日本と体力やプレーのスピードが全く違うので、最初は簡単ではなかったです。でも、時間が経つにつれて、僕はヨーロッパのサッカーのスタイルとより高いレベルに適応することができました」 「今ではどんなパスからでも、どんな状況でも、ここでゴールを決めることができると学びました」 今シーズンは中位に甘んじているボルシアMG。チームの立て直しの中で、期待されているものも大きい。 昇格できたことについては「ファーストチームの一員になれてとても嬉しいです。それは僕に大きな自信を与えてくれました。トレーニングでも、試合でも、僕は常にベストを尽くすように努めています」とコメント。チームからの信頼が大きな自信に繋がっているという。 また、先輩でもあり、良き理解者でもある日本代表DF板倉滉についても言及。「滉さんは、僕にとって大きな助けになっています。ピッチ内外で僕をたくさんサポートしてくれています」と、心強い存在のようだ。 福田は1月27日に行われた首位のレバークーゼン戦でブンデスリーガデビュー。11分間の出場だったが、「本当にボルシアに勝って欲しかったです。ピッチに入った時は、自分のデビューのことよりも、チームと試合のことを考えていました。チームが勝てるように、ゴールを決めたかったです」と、デビュー戦を振り返った。 その後、バイエルン戦、RBライプツィヒ戦と終盤に3試合出場。この先への思いを語っている。 「基本的には常に改善し続けることを心掛けています。もちろん、もっと試合に出て勝利に貢献できればと思います」 「僕の大きな願いは、ボルシアで得点し、僕のゴールでチームの勝利に貢献することです」 <span class="paragraph-title">【動画】積極的なプレーを見せる福田師王の最新プレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IM6mHi4PJ00";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.01 12:55 Fri

ボルシアMG、ロイター社とメインスポンサー契約締結

ボルシアMGは28日、ロイター社とメインスポンサー契約を締結したことを発表した。契約期間は2026年夏までで、1年延長オプションが付いているとのことだ。 ロイター社は地元メンヒェングラートバッハを拠点とするドイツ最大のバスルーム用品のオンライン小売業者。2011年からボルシアMGのスポンサーを務めていた。 ボルシアMGは声明にて「13年間にわたって成功を収めてきたロイター社との協力関係をさらに深めることができて嬉しく思う。ロイター社と共に発展していくサクセスストーリーを世界に向けて魅力を持って伝えていきたい」と発表した。 2004年からオンラインでの小売りに形態を変えたロイター社は数年で事業を拡大させ、現在ではフランス、イタリア、スイス、ポーランドに支店を持つ大企業に成長。現在では850人の従業員を抱えている。 2024.02.28 23:00 Wed

古巣ボルシアMG復帰が噂のロイス、MLS行きも選択肢に?

ドルトムントの元ドイツ代表MFマルコ・ロイス(34)にアメリカのクラブも興味を示しているようだ。 ドルトムントの下部組織出身で、2012年夏にボルシアMGから古巣へと戻ったロイス。加入初年度からチャンピオンズリーグ(CL)準優勝に貢献すると、ケガに悩まされながらも攻撃の柱として活躍し、在籍12シーズンで通算415試合出場、167ゴール126アシストを記録してきた。 契約を1年延長し、5年務めたキャプテンの座を退いて迎えた今シーズンは、ここまで公式戦28試合でプレー。6ゴール5アシストの数字を残しているが、さらなる契約延長の可能性は限りなく低いとみられており、ブレイクのきっかけを掴んだボルシアMGへの今夏の復帰が取り沙汰されている。 しかし、動いているのはボルシアMGだけではないようで、フランス『フット・メルカート』によると、メジャーリーグ・サッカー(MLS)の複数クラブが獲得に向け列をなしているとのこと。ロイスは契約が残り半年を切ったことから他クラブと自由に交渉を行える状況にあり、今後の進展は要注目となる。 2024.02.27 19:10 Tue

板倉出場停止のボルシアMG、浅野フル出場のボーフムに5発勝利で6戦ぶり白星【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第23節、ボルシアMGvsボーフムが24日に行われ、5-2でボルシアMGが勝利した。ボルシアMGのFW福田師王はベンチ入りも出場せず、DF板倉滉は出場停止で欠場。ボーフムのFW浅野拓磨はフル出場している。 前節、浅野のゴールなどでバイエルンを下した11位ボーフム(勝ち点25)は、浅野が[4-3-3]の右ウイングでスタメンとなった。 5試合勝利のない15位ボルシアMG(勝ち点22)に対し、ボーフムは4分、右CKからルーズボールをベルナルドが押し込んだがVARでハンドがありノーゴールに。 助かったボルシアMGは6分、ジョーダンのヘディングシュートがバーに直撃する好機を作って押し込む展開とすると、28分に先制する。左CKをウーバーが頭で逸らし、エングムのヘディングシュートがゴールラインを割った。 さらに32分、ボックス内に侵入したコネがオルテツに倒されてPKを獲得。これをヴァイグルが決めてボルシアMGがリードを広げた。 2点を追う展開となったボーフムは39分、右クロスに合わせた浅野のヘディングシュートがわずかに枠の左に外れると、44分にボルシアMGが3点目に迫る。 ノイハウスがジョーダンのポストプレーを受けてシュートを決めきったが、VARでジョーダンにファウルがあったとしてノーゴールに。2-0で前半を終えた。 迎えた後半、56分にボルシアMGに好機。ボックス左に侵入したノイハウスのクロスにジョーダンが合わせるも枠外へ。 それでも72分に決定的な3点目。サイド攻撃で揺さぶった流れからエングムの左クロスを途中出場のライツが頭で合わせた。 その後、75分に浅野の右クロスのルーズボールをホフマンが押し込んで1点を返したボーフムだったが、78分にジョーダンが4点目を決めたボルシアMGが5-2で勝利。6試合ぶりの白星を飾っている。 2024.02.25 01:47 Sun

「似てる!」「最早兄弟でしかない」ボルシアMGのFW福田師王の“お気に入りの1枚”にファンが注目「このふたり最高すぎ!」

ボルシアMGのU-22日本代表FW福田師王がお気に入りの写真を披露している。 2023年1月に神村学園高等部からボルシアMGのU-19チームに加入した福田は、今シーズン昇格したセカンドチームやファーストチームのフレンドリーマッチなどで結果を残し、1月にファーストチームへと昇格した。 ここまでブンデスリーガ3試合に途中出場している福田は、18日に自身のX(旧ツイッター)を更新し、4枚の写真を公開した。 福田が公開したのは、いずれもボルシアMGのファーストチームでのトレーニング中の写真。そのうち3枚は一緒に日本代表DF板倉滉が写っており、福田が「1枚目お気に入り」と綴った写真には、2人が一緒に笑顔で歩く姿が写っている。 板倉が写っている他の2枚は、偶然にも板倉と福田のポーズがほぼ一致。そんな2人の姿に、ファンは「ちょっとこのふたり最高すぎ!!!」、「最早兄弟でしかない」、「弟感みたいな??かわいい」、「似てる!」とコメントしている。 ボルシアMGはリーグ戦5試合勝利なしと不調。日本人選手2人がチームに勝利をもたらせるか。 <span class="paragraph-title">【写真】福田師王の“お気に入りの1枚”(左上)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">1枚目お気に入り <a href="https://t.co/x3wbcdmihW">pic.twitter.com/x3wbcdmihW</a></p>&mdash; 福田師王 shiou fukuda (@shiou40) <a href="https://twitter.com/shiou40/status/1759201351064572315?ref_src=twsrc%5Etfw">February 18, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.19 17:10 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly