トッテナムが狙うB・ジョンソンにブレントフォードも関心… クラブ史上最高額の約74億円オファーを提示

2023.08.29 13:10 Tue
Getty Images
トッテナムからの関心が取り沙汰されているノッティンガム・フォレストのウェールズ代表FWブレナン・ジョンソン(22)だが、ブレントフォードも獲得に動いているようだ。イギリス『talkSPORT』が報じている。
PR
前線の複数ポジションをこなせるユーティリティプレイヤーのジョンソン。フォレストの下部組織で育ったこの若手アタッカーは、昨シーズンのリーグ戦38試合に出場し8ゴール3アシストを記録。クラブのプレミアリーグ残留に大きく貢献していた。
今シーズンもリーグ開幕戦からここまでの3試合全てに先発出場しているが、イングランド代表FWハリー・ケインをバイエルンに売却したトッテナムが獲得に関心を示しており、ジョンソン自身もスパーズ移籍に前向きと言われている。

しかし、昨夏もジョンソンを狙っていたというブレントフォードも獲得に動いている模様。1年前と同様に、クラブ史上最高額となる4000万ポンド(約73億9000万円)のオファーをフォレストに提示しているようだ。

ブレントフォードはイングランド代表FWイヴァン・トニーが賭博規則違反により活動禁止処分を科されているため、1月までエース抜きでの戦いを強いられている。ジョンソンを獲得できればそのダメージを軽減することができるが、フォレストの要求額は移籍金5000万ポンド(約92億4000万円)と言われている。

PR
関連ニュース

ヌニェスの後半ラストプレー弾で劇的勝利リバプールが首位で次節シティとの大一番へ! 遠藤航は途中出場で復帰【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第27節、ノッティンガム・フォレストvsリバプールが2日にシティ・グラウンド・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが0-1で勝利した。なお、リバプールのMF遠藤航は60分から途中出場した。 次節にマンチェスター・シティとのビッグマッチを控える首位のリバプールは、17位のフォレストとのアウェイゲームでリーグ4連勝を狙った。前節、ルートン・タウンを4-1で一蹴したクロップのチームは、先週末のEFLカップ決勝でチェルシーを撃破し、今季初タイトルを獲得。さらに、過密日程が続くなかで直近のFAカップではクーマス、ダンズの18歳FWの初ゴールによってチャンピオンシップ(2部)で上位に位置するサウサンプトンに3-0の完勝。多くの離脱者をものともしない総合力を示し、好調を継続している。 週明けにヨーロッパリーグ(EL)のスパルタ・プラハ戦を控えるなか、この一戦ではセインツ戦から先発4人を変更。ツィミカスとクアンサー、マコーネル、クーマスに代えてコナテ、ロバートソン、マク・アリスター、ルイス・ディアスの主力が復帰。また、遠藤、ソボスライ、ヌニェスの3人がベンチに戻ってきた。 エランガを最前線に配し、後ろ重心で自陣に堅固なブロックを構えるフォレストに対して、マク・アリスターを起点にボールを動かしながらサイドを起点にチャンスを窺うリバプール。 序盤から睨み合いの展開が続くなか、15分には古巣対戦のオリジが挨拶代わりの強烈なミドルシュートを放つと、23分にはエランガのスピードを活かしたカウンターでGKとの一対一を作るが、ここはケレハーの好守に阻まれる。 一方、ボールは握っているものの、相手を崩し切れないリバプールは、ディアスとマク・アリスターの即興的なコンビプレー、ミドルレンジからのシュートでチャンスを窺う。27分にはクラークのミドルシュートのこぼれにゴール前で反応したディアスに決定機も、ここは相手DFとGKの決死の寄せに阻まれる。 以降はピンチこそなかったものの、枠内シュート0本という攻撃の停滞を払拭できず。フラストレーションを溜める形で前半45分を終えた。 後半も同じメンバーで臨んだリバプールだったが、立ち上がりに続けて決定機を創出。まずは49分、ボックス右に抜け出したブラッドリーのマイナスの折り返しがDFに当たってファーでフリーのロバートソンの足元に流れるが、左足のダイレクトシュートは枠の右に外れる。さらに、直後の51分にはボックス右のマク・アリスターが強烈な右足のシュートを枠に飛ばすが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 後半は良いリズムでの攻撃が続くなか、60分にはロバートソンとクラークを下げて遠藤とヌニェスを同時投入。これでアンカーに入っていたジョー・ゴメスと前線に入っていたエリオットがポジションを一列下げた。 ヌニェスの推進力という新たなオプションを手にしたリバプールは、より攻撃に迫力が出てきた一方、リスクを冒して前に出ることでエランガ、途中投入のアウォニイに際どいシーンを作られる。 ゴールレスの状況のまま後半も半ばを過ぎると、クロップ監督は76分にエリオットを下げてソボスライを投入。だが、粘るフォレストの守備を前に最後のところでうまくいかない。さらに、試合終盤にはガクポ、ブラッドリーを下げてダンズ、ツィミカスの投入で攻撃に変化を加える。 8分が加えられた後半アディショナルタイムには互いに勝ち点3を奪うチャンスが訪れたものの、集中した相手の守備を崩し切れず。そして、このままゴールレスで試合終了かに思われたが、首位チームが土壇場で底力を発揮する。 後半ラストプレーとなった99分、右CKの二次攻撃から遠藤が身体を張って相手のクリアを阻むと、ボックス手前右でこぼれを回収したマク・アリスターが浮き球でゴール前に入れたボールをヌニェスが頭で左隅へ流し込んだ。 そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、復帰のヌニェスによる値千金のラストプレー弾で競り勝ったリバプールがリーグ4連勝で首位をキープし、次節マンチェスター・シティとの大一番に臨むことになった。 2024.03.03 02:12 Sun

FAカップ欠場の遠藤航、今週末出場は…? クロップ監督が負傷者情報を共有

リバプールのユルゲン・クロップ監督が日本代表MF遠藤航の現状に言及した。 先のカラバオカップ決勝では120分の奮闘で今季1つ目のタイトルを呼び込み、評価が高まるばかりの遠藤。だが、試合後に松葉杖姿が目撃され、その3日後に行われたサウサンプトン戦とのFAカップ5回戦ではメンバーから外れた。 評価高まるばかりの遠藤が欠場したのはアジアカップ参戦による一時離脱の期間を除くと、公式戦で13試合ぶりのことに。2日に行われるプレミアリーグ第27節のノッティンガム・フォレスト戦では出場となるのだろうか。 イギリスの地元メディア『Liverpool Echo』によれば、ドイツ人指揮官は今週末の試合に先立った会見で、負傷者情報を共有。まずはダルウィン・ヌニェス、ドミニク・ソボスライ、モハメド・サラーについて触れた。 「ダルウィンとドム(ソボスライ)は昨日、ともにトレーニングをした。彼らはいい表情だったし、どんな反応があるかを見極める必要がある」 「モーはそんなに遠くないと思うが、明日は出られない。残念だが、モーに関してはこの状況がもう少し続く。来週のどこかで戻ってくると思うがね」 また、遠藤とアンドリュー・ロバートソンについては1日のトレーニングから復帰予定ではあるものの、状態を確認してみる必要があるという。 「ワタルとロボ(ロバートソン)は(昨日の)トレーニングをしなかったが、今日から参加する予定だ。そういう感じだが、本当にそうなるかを確認しないといけない」 2024.03.02 12:55 Sat

「情けないこと」テン・ハグ監督がB・フェルナンデスへのSNS批判をバッサリ、相手の狙いにも言及「フォレストが狙っていた」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、SNS上の批判に言及した。イギリス『BBC』が伝えた。 28日、FAカップ5回戦でユナイテッドはフォレストとアウェイで対戦した。 試合はフォレストの圧力の前になかなか良い形を作れず、ゴールを奪えないユナイテッドだったが、終了間際の89分にカゼミロが値千金のゴール。0-1で勝利を収め、準々決勝に駒を進めた。 試合後、テン・ハグ監督は1つの問題について言及。ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが狙い撃ちされていたと言及した。 「フォレストが彼を狙っているのが見えた。彼には多くのファウルがあり、彼がボールを持った瞬間、ファウルは彼にとても厳しく迫っていた」 B・フェルナンデスは、24日に行われたプレミアリーグ第26節のフルアム戦で負傷。しかし、ユナイテッド加入後にケガで欠場したことはなく、タフガイぶりを発揮。この試合も先発フル出場を果たした。 しかし、フォレスト戦では厳しいマークに遭い、ピッチを去る時には足を引きずる姿も。ただ、それでもカゼミロの劇的ゴールをアシストし勝利に貢献していた。 一方で、SNSでは演技をすると批判の対象に。テン・ハグ監督は、投稿を批判するとともに、B・フェルナンデスは我慢強い選手であると語った。 「ソーシャルメディアでは、彼を批判しているのを目にする。情けないことだ。彼は重傷を負ったが、土曜日もプレーを続け、この試合に出場するために戦った」 「彼は痛みのいき値が非常に高く、昨年のスパーズ戦でも準決勝(ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦)でも同様のことをしていた。それは、彼のリーダーシップを示している」 <span class="paragraph-title">【動画】あえてバウンドさせるトリッッククロス!カゼミロが技ありのヘッドで劇的決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ukFhTfJIKdg";var video_start = 131;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 11:30 Thu

「本当に寂しかった」約4カ月の離脱から復帰しチームも上向き、劇的弾のカゼミロをテン・ハグ監督が称える「リーダーシップの模範」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、ノッティンガム・フォレスト戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 28日、FAカップ5回戦でユナイテッドはフォレストとアウェイで対戦した。 試合はフォレストの圧力の前になかなか良い形を作れず、ゴールを奪えないユナイテッドだったが、終了間際の89分にカゼミロが値千金のゴール。0-1で勝利を収め、準々決勝に駒を進めた。 カゼミロの土壇場ゴールについてテン・ハグ監督は振り返り、リーグ戦のフルアム戦でアディショナルタイムに失点して敗れていたことを持ち出し、喜んだ。 「最後に得点するというのは最適なタイミングだ。土曜日(フルアム戦)はアディショナルタイムで敗れた。今日は終了間際に得点でき、良いタイミングでゴールを奪えた」 そのカゼミロは、昨年10月から今年1月まで欠場。2月に入り復帰すると、チームもリーグ戦4連勝と結果を残していた。 この試合でも勝利を呼び込む劇的ゴールを決めたカゼミロに対し、テン・ハグ監督は称賛の言葉を並べた。 「間違いなく、リーダーシップの模範であり、彼は素晴らしい選手だ。彼は我々のためにたくさんのゴールを決めてきてくれたと思う」 「ユナイテッドでのキャリア全体で、これまで以上のゴールを決めた。カゼミロのような選手がチームにいるというのは素晴らしいことだ。なぜなら、10月、11月、12月、1月と、彼がそこにいなくても、彼が我々にとってどれほど重要かがわかるからだ」 「彼はチームの構造、リーダーシップを確立し、それが我々のプレーをより良くしてくれている。我々は彼がいなくて本当に寂しかった。もちろん、彼のボールへのクオリティもだ」 ベスト8に進出したユナイテッドの次の相手はリバプールに決定。ホームでの試合となる中、まずは今週末のマンチェスター・シティとのダービーが大事になるとした。 「今、ホームにリバプールを迎えることになる。素晴らしいドローだ。楽しみにしている」 「ただ、我々はカップを隠さなければならないが、まずはリーグ戦を楽しみにしている。特に最初のゲームは重要だ」 「シティとの試合は、良いゲームになるだろう。そして我々はそこに集中している」 <span class="paragraph-title">【動画】難しいクロスをカゼミロが技ありのヘッドで劇的決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ukFhTfJIKdg";var video_start = 131;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 10:55 Thu

カゼミロ土壇場弾でフォレストに競り勝ったユナイテッドがベスト8進出! 週末ダービーへ弾み【FAカップ】

FAカップ5回戦、ノッティンガム・フォレストvsマンチェスター・ユナイテッドが28日にシティ・グラウンド・スタジアムで行われ、0-1で勝利したユナイテッドがベスト8進出を決めた。 4回戦でフットボールリーグ2(4部)のニューポート・カウンティを4-2で下したユナイテッドは、準々決勝進出を懸けて同じプレミアリーグ勢のノッティンガム・フォレストと対戦した。 直近のフルアムとのリーグ戦を1-2で落とし、公式戦連勝が「5」でストップした赤い悪魔はリーグ前回対戦で敗れた相手にバウンスバックの勝利を狙った。テン・ハグ監督は前節から先発3人を変更。負傷のマグワイアに代えてアムラバトを左サイドバックに置き、リンデロフをヴァランの相棒に据えた。さらに、メイヌーとフォーソンに代えてマクトミネイ、アントニーを起用した。 立ち上がりから比較的オープンな展開で試合が進むと、アウェイのユナイテッドが続けて決定機を創出。まずは4分、左CKの場面でキッカーのブルーノ・フェルナンデスが入れたボールをファーで回収したアントニーが左足を一閃。これの鋭いシュートがクロスバーを叩く。続く8分にはB・フェルナンデスの右クロスをゴール前に走り込んだマクトミネイが頭で合わせるが、今度はGKターナーの好守に阻まれた。 一方、ピンチを凌いだフォレストは時間の経過と共にアウォニイ、エランガのスピードを活かしたカウンターで押し返していく。18分にはボックス右に持ち込んだアウォニイが強烈な右足シュートを枠に飛ばすが、これはGKオナナの好守に阻まれた。 前半半ばから終盤にかけてはボールを握るユナイテッド、カウンターで応戦するフォレストという構図の下で一進一退の攻防が繰り広げられる。 なかなか効果的にフィニッシュまで持ち込めないアウェイチームだったが、37分には久々の決定機。ダロトが鮮やかなターンからボックス右に持ち込んで正確なクロスを供給。これをニアに走り込んだマクトミネイが頭で合わせるが、これはGKターナーの好守に遭い、先制点に繋げることはできなかった。 1勝1敗だった今季リーグ戦を踏襲する形でゴールレスでの折り返しとなった試合。後半の入りはホームのフォレストが優勢に進めていく。開始直後にはアウォニイ、オリジがボックス内で鋭いシュートを枠に飛ばすが、いずれもGKオナナの好守に阻まれる。 立ち上がりの守勢を凌いだユナイテッドは徐々にボール保持率を高めて押し込む展開に持ち込むと、ボックス付近でアイデアを見せるB・フェルナンデスが技ありの右足アウトを使ったシュート、ミドルシュートで際どいシーンを演出する。 後半半ばを過ぎると、ユナイテッド優勢の時間が続くが、相手のコンパクトな守備ブロックに手を焼いてなかなか決定機を作れず。また、最前線に入るラッシュフォードも淡白なプレーが目立ってゴールが遠い。 拮抗した状況のまま試合は最終盤を迎え、延長戦突入かに思われたが、ユナイテッドが土壇場で地力を示す。89分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのB・フェルナンデスがゴール前のスペースへ速いボールを入れると、ニアに飛び込んだカゼミロが頭に当ててコースを変えてゴールネットを揺らした。 そして、百戦錬磨のブラジル代表MFの土壇場ゴールによってフォレストとの接戦を制したユナイテッドが、ベスト8進出を果たすと共に週末のマンチェスター・ダービーへ弾みを付けた。 2024.02.29 06:48 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly