サウジ行きも噂されたジェラード氏、英2部昇格のシェフィールド・ウェンズデイが招へい検討か

2023.06.22 16:55 Thu
Getty Images
スティーブン・ジェラード氏(43)の新天地は、チャンピオンシップ(イングランド2部)のシェフィールド・ウェンズデイになる可能性があるようだ。
PR
昨年10月に成績不振を理由としてアストン・ビラを解任されて以来、フリーの状態が続くジェラード氏。今月にはサウジアラビアにいる姿が目撃され、アル・イテファクへの就任は間近と報じられてきた。
しかし、本人はイギリス『Channel 4』にてこうした憶測を否定。サウジアラビアには招待を受けて向かっただけだと語り、新天地は現在も模索中だと明かしていた。

そんな中で、イギリス『リバプール・エコー』によると、シェフィールド・ウェンズデイがジェラード氏の招へいを真剣に検討しているとのことだ。クラブは今季チャンピオンシップ昇格を決めながら、ダレン・ムーア監督の退任が発表されており、現在は後任探しに着手している。

シェフィールド・ウェンズデイはビラでこそ解任の憂き目にあったものの、レンジャーズでは2020-21シーズンにクラブを10年ぶりの優勝に導いたジェラード氏の手腕を高評価。すでに同氏とは接触しており、クラブの野心的なプロジェクトを提示したという。
一方で、シェフィールド・ウェンズデイはフランク・ランパード氏(45)やサム・アラダイス氏(68)、ギャリー・オニール氏(40)もリストアップしており、できるだけ早く新指揮官を決定したい意向のようだ。


PR
関連ニュース

6戦連発中の絶好調ホイルンドが2~3週間の離脱、シティとのダービー欠場濃厚に

マンチェスター・ユナイテッドのデンマーク代表FWラスムス・ホイルンドが筋肉系の負傷により2~3週間するようだ。エリク・テン・ハグ監督が明かしている。 テン・ハグ監督は「大きなケガではないが、強度の高いトレーニングはリスクになる。今は待つ必要がある」とコメント。 ホイルンドはプレミアリーグ6戦連発中と絶好調でユナイテッドの4連勝に大きく貢献していた。 ユナイテッドは24日にプレミアリーグ第26節エバートン戦、28日にFAカップ5回戦ノッティンガム・フォレスト戦を戦った後、3月3日にマンチェスター・シティとのダービーを控えるが、ホイルンドを起用できない可能性が濃厚となった。 2024.02.24 00:00 Sat

ケガ人多数のリバプール、サラーら3選手はEFL杯ファイナル出場が微妙…「最後の最後に決断を下す」

リバプールのアシスタントコーチを務めるペピン・リンダース氏がケガ人の状態を明かした。クラブ公式サイトが伝えた。 21日のプレミアリーグ第26節ルートン・タウン戦で4-1の逆転勝利を収めたリバプール。リーグ戦3連勝とし、25日に行われるチェルシーとのEFLカップ(カラバオカップ)決勝に弾みをつけた。 決戦に先立って会見に出席したリンダース氏は、ルートン戦を欠場したエジプト代表FWモハメド・サラー、ウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェス、さらには1月からハムストリングに問題を抱えているハンガリー代表MFドミニク・ソボスライについてコメント。チェルシー戦での復帰の可能性について語った。 「またクレイジーなスケジュールを過ごしている。3日ごとにプレーしている。我々としては1分1秒、1日1日を大切に使い、選手たちの状態を見極めることが重要だ。これはモー(サラー)、ドム(ソボスライ)、ダルウィンについてだ」 「あと2回のトレーニングがある。そこで彼らの状態を見て、最後の最後に決断を下すことになる」 また、ブラジル代表GKアリソン・ベッカー、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルド、ポルトガル代表FWジオゴ・ジョタ、U-21イングランド代表MFカーティス・ジョーンズは欠場が確定。ほとんどの選手が3月下旬の代表ウィーク後の復帰になると述べた。 「他の選手たちはもっと時間がかかる。アリ(アリソン)は筋肉損傷、トレントはLCL(ヒザ外側側副じん帯損傷)、ジョタはMCL(ヒザ内側側副じん帯損傷)、カーティスは足首の捻挫。彼らはもっと長く離脱するだろう」 「カーティスはおそらく最初に復帰する選手になる。インターナショナルブレイク前後だ。他の選手は全員インターナショナルブレイク後に復帰するはずだ」 2024.02.23 22:15 Fri

アジアカップ後欠場続く冨安健洋は「まだもう少しかかる」、アルテタ監督がケガ人の状態明かす

アーセナルのミケル・アルテタ監督が負傷者の状況を明らかにした。クラブ公式サイトが伝えた。 プレミアリーグでは5連勝を飾っている一方、先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16・1stレグではポルトに0-1で敗れたアーセナル。立て直しに向け、24日のプレミアリーグ第26節ニューカッスル戦に臨む。 前日会見に臨んだアルテタ監督は、複数抱えているケガ人の状態についてコメント。まずはガーナ代表DFトーマス・パルティについて語った。 「まだ様子を見なければならない。今日は別のトレーニングセッションがあるが、彼は何カ月も戦線離脱している。いつ彼が出場できる状態になるか、そのタイミングを見極める必要がある。しかし、私が思うに彼の復帰はかなり近いと思う」 また、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスやウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコ、日本代表DF冨安健洋にも言及。冨安以外は復帰が近いと示唆している。 「ギャビー(ジェズス)も(トーマスと)同様だ。少しずつ状態を上げている。アレックス(ジンチェンコ)もそう遠くない。冨安はまだもう少しかかる」 さらに、開幕節で右ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負ったオランダ代表DFユリエン・ティンバーにも触れ、回復具合次第では今シーズン中の復帰もあり得ると述べた。 「(シーズン終了前の復帰を)本当に願っている。彼はとてもよくやっている。ピッチ上で何人かの選手たちとプレーしているし、来週には我々(チーム)と一緒に少しずついくつかのことを始めていくつもりだ」 「それから彼がどのように進歩していくかや、彼の自信のレベル、フィットネスレベルを確認していく必要がある。うまくいけば、今シーズン中の復帰が可能になる」 2024.02.23 21:19 Fri

新オーナー体制のユナイテッド、ユベントス守備の要ブレーメルへの関心増か

マンチェスター・ユナイテッドがユベントスのブラジル代表DFグレイソン・ブレーメル(26)への関心を強めているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 2022年夏、トリノから移籍金総額5000万ユーロ(約81億6000万円)でライバルクラブのユベントスへ移籍したブレーメル。新天地でもすぐさま守備の要となり、2年目の今シーズンは出場停止となった直近のエラス・ヴェローナ戦以外、セリエA全ての試合に先発している。 2023年夏にはアンジェ・ポステコグルー監督が就任したトッテナムからの興味が報じられた中、同年末にはユベントスとの契約を2028年6月まで延長。チームの顔の1人として、末永く最終ラインを支えることが期待されている。 しかし、最近ではマンチェスター・ユナイテッドからの関心が新たに浮上。グレイザー一家とサー・ジム・ラトクリフ氏の共同オーナー体制となったユナイテッドは、新たなスポーツ・ディレクター(SD)の招へいに動くなどクラブ改革に着手している。 ブレーメル獲得に向けては、ユベントスが無視できないような7000万ユーロ(約114億2000万円)超えの決定的なオファーを提示することも十分ありえる模様。また、ブレーメルに対しても期待に応えるだけのオファーを提示する可能性があるようだ。 一方、ブレーメル自身は数カ月前に「プレミアはエキサイティングなリーグだ。いつかあそこでプレーしたい」「でも僕はユベントスで勝つことだけに集中している。僕らは世界最高のチームの1つだ」とコメント。ユベントス残留を強調しながらも、イングランドへの憧れを隠していなかった。 2024.02.23 20:45 Fri

タイトルの味を知るスターリング、EFL杯制覇をチェルシー躍進の契機に「1つトロフィーを勝ち取ればもっと欲しくなる」

チェルシーのイングランド代表FWラヒーム・スターリングがEFLカップ(カラバオカップ)決勝への意気込みを語った。イギリス『サン』が伝えた。 1月に行われたEFLカップ準決勝ではミドルズブラを2戦合計スコア6-2で下し、逆転でのファイナル進出を決めたチェルシー。ウェンブリー・スタジアムで行われる25日の決勝では、リバプールとのタイトル争いに臨む。 2022年夏にマンチェスター・シティからチェルシーへとやってきたスターリングは、シティ時代にEFLカップを5度制覇。慣れ親しんだ大会で移籍後初のタイトルを目指すこのアタッカーは、若い選手の多いチームがトロフィーを手にする意味を述べている。 「1度その味を味わうとまた味わいたくなるものだ。この試合もそういったものになる。今週のリバプール戦は素晴らしいテストだ。ここ数年における最も支配的なチームの1つに対する良い挑戦となる」 「再びあのトロフィーを手にすることは大きな意味を持つ。それに、初めてのトロフィー獲得は間違いなくグループ内の信頼を深めると思う。1つトロフィーを勝ち取れば、その匂いや感覚が得られ、もっと欲しくなるんだ」 また、スターリングはウェンブリー・スタジアムで戦うことについて「いつもとはまた違った感覚になる。ピッチに立つのが待ちきれない」とコメント。一方、リバプール相手には1月末のプレミアリーグ第22節で1-4の敗戦を喫しているが、チームはそこから力を増していると自信を覗かせた。 「今シーズンはトップ4のいくつかのチーム相手に自分たちの力を見せてきた。アウェーのリバプール戦は明らかに残念な試合だったが、トッテナム戦、アーセナル戦、シティ戦では自分たちの力を証明できたし、このまま積み重ねていかなければならない」 「リバプール戦の敗北は間違いなく痛手だった。今度はもっと良い試合にしたい。僕らはますます強くなっているし、最も重要なのはトロフィーを目指して争うことだ。今週はそれを実現する素晴らしい機会があるし、楽しみにしている」 2024.02.23 19:09 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly