「ただ打つだけ」 ギュンドアンがFA杯最速弾を振り返る! 注目の去就は「まだ何も」

2023.06.04 10:05 Sun
Getty Images
マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンがイギリス『BBC』で喜びを噛みしめた。

3日のFAカップ決勝でライバルのマンチェスター・ユナイテッドと対戦したシティ。一度は追いつかれたが、終わってみればギュンドアンの2発で競り勝ち、4季ぶり7度目の優勝を決めた。
シティはこれでプレミアリーグに続く2冠目。トレブルまでチャンピオンズリーグ(CL)を制すのみとなり、殊勲のギュンドアンもFAカップ優勝の喜びとともに、欧州制覇に目を向けた。

「決勝戦での勝利はいつだって格別だし、すべてのトロフィーが特別さ。このグループはそれにふさわしいよ。僕らは本当に良いプレーをしたし、もう1つのトロフィーを掲げるのにも値すると思っている」

また、大会史上最速となる先制ゴールも解説。シュテファン・オルテガのキックから、アーリング・ハーランドケビン・デ・ブライネが絡んだ見事な電光石火弾をこう語っている。
「アーリングにロングボールを送り、セカンドボールを拾って速攻を狙ったんだ。(あの形からのゴールは)今季初だったんじゃないかな」

「ボールが素晴らしいところにこぼれて、僕はただ打つだけだった。それがなかなかの当たりで決まったから、アメージングだったよ」

そんなギュンドアンだが、ピッチ外では今季最終年の契約状況とあって、去就が注目の的。新天地になるうるクラブ名もいくつか挙がり、移籍ベースの話が加熱中だが、何の決まり事もないようだ。

「このクラブで評価され、特別な存在だと感じるのに、こんな日は不要だ。まだ何も決まっていないから、どうなるか見ていきたい」

関連ニュース

115件の財務規定違反で訴えられたシティ、早くても結論は2025年夏…有罪となれば前例のない勝ち点剥奪か

プレミアリーグの財務規定に違反されているとされるマンチェスター・シティだが、調査開始日が決定したという。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 現在のプレミアリーグでは圧倒的な強さを誇り、前人未到の3連覇を達成。さらに、2022-23シーズンは悲願のチャンピオンズリーグ(CL)も制し、3冠を達成していた。 ジョゼップ・グアルディオラ監督の下、チームのスタイルを確立し、的確な補強戦略でチームを強化。その強さを手にした。 そんなシティだが、プレミアリーグの財務規定違反の問題が浮上。2023年の初めに5年間の調査を経て、115件の違反があると告発されていた。 しかし、これまでシティもプレミアリーグも特に動きを見せず。言及もされないことから、周囲からは不満の声も漏れ始めていた。 そんな中、『デイリー・メール』によれば、今からおよそ1年後にあたる2024年の秋に公聴会が予定されていたとのこと。ただ、2024-25シーズンの終わりまでは結論が出ない可能性があるという。 極秘に進んでいる今回の件だが、現在は証人が陳述を行っている段階とのこと。来年春までこの状況が続くと見られている。予定通りに進めば、判決は2025年夏に出されるという見方もあるようだ。 ただ規模が大きすぎることもあり、状況が遅れていく可能性はあるとのこと。有罪となれば、過去に例を見ない処分が下される可能性も大きく、慎重さも同時に求められるようだ。 今回の容疑は、財務報告に関するものや、プレミアリーグの調査へ協力しなかったことなども含まれているとのこと。ただ、シティは不正行為を否定している。 一方で、エバートンは今年3月に財務規則違反で告発され、11月にあっさりと勝ち点10の剥奪という処分を言い渡される結果に。現在は控訴中だが、こちらは処分までの時間があっという間だった。 グアルディオラ監督は「有罪が証明されるまでは無実だ」と語りながらも、「多くの国民が望んでいることは分かっている。感じているよ。様子を見ているが、刑が確定すればここで説明する」とし、有罪となれば話すとした。 2023.11.30 22:30 Thu

ハーランドが最速&最年少でのCL40ゴール達成!ファン・ニステルローイ、ムバッペ越え

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがまたしても金字塔を打ち立てた。 ハーランドは28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節、ホームでのRBライプツィヒ戦に先発出場。シティ2点ビハインドの54分に反撃ののろしとなるゴールを決め、3-2の逆転勝利のきっかけを作った。 ハーランドにとってはこれがCLでの通算40ゴール目に。要した試合数は35試合で、シティの公式サイトによれば、これは前記録保持者のルート・ファン・ニステルローイ氏よりも10試合早い。 また、『ESPN』によれば、これまでのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)の記録を上回り、史上最年少となる23歳と130日でのCL40得点達成とのことだ。 なお、内訳はザルツブルク在籍時に8ゴール、ドルトムント時代に15ゴール、シティで17ゴールとなっている。 ハーランドはプレミアリーグでも25日のリバプール戦でゴールを決め、48試合で50得点という、プレミア最速記録を塗り替えたばかり。とどまるところを知らないストライカーは、どこまで数字を積み重ねるのだろうか。 2023.11.29 22:22 Wed

逆転勝利の立役者フォーデン、ペップの教えを体現した技ありゴールを解説「ただ相手の股を抜くパスを出しただけ」

マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンが、自身の生んだ3ゴールを振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 すでにチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント進出を決めている中、28日にグループG第5節のRBライプツィヒ戦に臨んだマンチェスター・シティ。前半に2点を先行される苦しい展開となったが、後半にフォーデンが全3ゴールを生む活躍を見せ、逆転勝利を飾った。 この試合の前半について「これまで見た中で最悪の出来だった」と語ったフォーデンは、自身のアシストから生まれたFWアーリング・ハーランドの反撃の1点に言及。逆転する上での肝だったと主張している。 「後半の方がかなり良いプレーができた。僕らに必要だったのは1点だけだ。最初のゴールが決まってからはモチベーションが上がり、プッシュし続けた。その結果、報われた」 絶妙なトラップから相手の股を抜くシュートで決めた自身の同点弾についてもコメント。ジョゼップ・グアルディオラ監督の教えを体現したゴールだったと明かしている。 「監督が重視しているのは、ゴール前で落ち着き、時にはゴールにパスを出すように(シュートを打つ)ということだ」 「彼のアドバイスに従わなければいけないこともある。今日はそうだった。僕はただ相手の股を抜くパスを出しただけだけど、幸いなことにそれが入った」 フォーデンのパスから決勝点をあげたFWフリアン・アルバレスにも触れ、途中出場から勝利に貢献するジョーカーとしての働きぶりを称賛した。 「フリアンは素晴らしい選手だ。彼がベンチから出てくるといつだって脅威になる」 「彼はファンタスティックだし、いつもチームに変化をもたらしてくれる。素晴らしいシーズンを送っているし、我々にとって重要な存在だ」 2023.11.29 18:46 Wed

CL5連勝のマンチェスター・シティ、前半の2失点にグアルディオラ監督は「これがCLだ」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、逆転勝利のチームを評価した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 28日、RBライプツィヒとのチャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節に臨んだシティ。ここまでグループステージ全勝中だったが、この日は緩慢なプレーもあり前半だけで2失点を許す苦しい展開に。それでも、54分にFWアーリング・ハーランドのゴールで早速1点を返すと、70分にはMFフィル・フォーデンにも得点が生まれて同点に成功。その後は相手を押し込む展開が続くと、87分にFWフリアン・アルバレスが逆転ゴールを決め、3-2で勝利した。 CL5連勝でグループステージ首位通過が決定したグアルディオラ監督は、難しい戦いだったことを認めつつ、チームが適切な反応を示したことを称えている。 「何が起こったか?これがCLだろう。ライプツィヒはここ5、6年、常にベスト16に進出しているチームだ。我々はデュエルに勝つべきだったが、それができていなかった。その後も、不安気にプレーしていたと思う」 「2失点したとしても、できるだけチームはリラックスしていなければならない。そして我々は、後半本当によく反応したと思う。残り1試合でグループ首位に立っているが、これには満足している」 「チームは走り、戦い、良いスピリットを持っていたと思う。前半のプレスはあまり効果がなく、後半にやり方を変えた。相手のプレーは予想外だったんだ」 「前半は簡単ではなかった。彼らは5-4-1でプレーし、スペースが狭かったんだ。それでも、リコ(・ルイス)は再び格別だったし、フィルはファイナルサードで決定的な動きをしていた。ジェレミー(・ドク)は、我々のリズムを変えてくれたと思う。そしてフリアンは、ボックス近くでプレーする特別な選手だ」 2023.11.29 13:50 Wed

フォーデン全ゴール関与のシティが2点差引っくり返す逆転勝利で5連勝での首位通過! ヤング・ボーイズが3位確定【CL】

チャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節、マンチェスター・シティvsRBライプツィヒが28日にシティ・オブ・マンチェスタースタジアムで行われ、ホームのシティが3-2で逆転勝利した。 貫録の4連勝で2節を残して決勝トーナメント進出を決めた前大会王者シティ(勝ち点12)。今節は同じく突破を決めた2位のライプツィヒ(勝ち点9)と首位通過を懸けた直接対決に臨んだ。直近のリバプール戦を1-1のドローで終え、2戦連続ドローでリーグ首位陥落となったグアルディオラ率いるチームは、今週末にトッテナムとの上位対決を控えるなかで先発4人を変更。GKをオルテガに代えたほか、アケとアルバレス、ドクに代えてグヴァルディオル、リコ・ルイス、グリーリッシュを起用した。 一方、直近のヴォルフスブルク戦を1-2で落とすなど、直近の公式戦2勝3敗と調子が下降気味のライプツィヒは先発3人を変更。ヘンリクス、ポウルセン、バウムガルトナーに代えてクロステルマン、フォルスベリ、ザイヴァルトを起用。ハイダラとラウムをウイングバックに配した[5-4-1]の布陣で臨んだ。 予想外の布陣で入ったアウェイチームがホームチームの虚を突くことに成功し、立ち上がりに決定機を創出する。開始5分にカウンターから中央で仕掛けたシャビ・シモンズがフリーで右足のミドルシュートを放つが、これは惜しくも枠の右に外れる。 以降も左サイドを起点に幾度か良い形でカウンターを仕掛けるライプツィヒは、その流れのまま先制点を奪い切る。13分、GKブラシュヴィッヒのロングフィードに反応したオペンダがオフサイドとセルフジャッジしたか、緩慢な対応を見せたDFアカンジをあっさりと振り切って完璧に背後へ抜け出すと、GKとの一対一で丁寧な左足シュートを右隅へ流し込んだ。 らしくない緩慢なプレーによってあっさりとゴールを奪われたシティはすぐさま反撃を開始。左CKからルベン・ディアスのヘディングシュート、直後にはルイスの絶妙なスルーパスにハーランドが抜け出すが、ここはトラップ際を相手DFに処理される。さらに、30分には立ち上がりから良いリズムでプレーするルイスがボックス内で仕掛けて右足を振るが、ここはシュートを枠に飛ばせない。 一方、集中した守備でこの守勢を耐え抜いたライプツィヒは再び相手センターバックのミスを突いてしたたかに追加点を奪う。33分、自陣左サイド深くでのボール奪取からシャビ・シモンズがオペンダに縦パスを入れると、DFルベン・ディアスとあっさりと入れ替わったオペンダが相手陣内左サイドを独走。最後はカバーに入ったDFグヴァルディオルを冷静な右への持ち出しでかわすと、ニア下へ丁寧な右足シュートを流し込んだ。 2センターバックのミスでまさかの2点ビハインドを背負ったシティは、ここからギアを上げてゴールを目指す。だが、より後ろ重心のライプツィヒにうまく中央のスペースを消されて崩し切れず。幾度かハーランドに良い形で縦パスが入ったものの、数的優位で対応する相手の好守に手を焼く。逆に、前がかりなところを引っくり返されてルベン・ディアスがあわや2枚目のイエローカードという際どいシーンを招くなど、最後までしっくりいかないまま前半を終えた。 迎えた後半、グアルディオラ監督は退場のリスクがあるルベン・ディアスを下げてアケをハーフタイム明けに投入。さらに、後半も今一つな立ち上がりになると、グリーリッシュとウォーカーを下げてドク、アルバレスを同時投入。この交代でルイスを右サイドバックに移した。 すると、この交代直後の54分に1点を返す。最後尾からの繋ぎでロドリ、アルバレス、フォーデンと中央でスムーズにボールが繋がり、フォーデンから背後を狙うハーランドにスルーパスが通ると、ノルウェー代表FWは難なくGKとの一対一を制した。 エースの反撃の狼煙を上げる一撃によってスタジアムの空気が一気に変わると、ここから左サイドのドクの仕掛けを起点にシティが完全に押し込む形に。これを受け、ローゼ監督は60分に殊勲のオペンダとフォルスベリを下げてシェシュコ、バウムガルトナーとフレッシュな選手をピッチに送り出した。 この交代もあって少し試合が膠着したかに思われたが、やはりホームで圧倒的な強さを見せるシティがスコアを動かす。70分、相手陣内左サイドでボールを持ったグヴァルディオルがペナルティアーク付近のフォーデンに横パスを入れると、絶妙なファーストタッチでDFシマカンを振り切ってボックス内に侵入したフォーデンが素早い振り抜きの左足シュートを右隅へ流し込んだ。 相手の個の力に屈して2点差を追いつかれたライプツィヒはさらにアクシデントに見舞われる。接触プレーの際に肩を痛めたか、シャビ・シモンズがプレー続行不可能となり、ハイダラと共にピッチを後に。代わってカルヴァーリョ、ポウルセンが投入される。ただ、この交代直後にはカウンターから途中投入2人の関係でカルヴァーリョがゴールネットを揺らす。だが、ここはカルヴァーリョの抜け出しのタイミングでのオフサイドを取られた。 以降はあくまでホームで勝ちを目指すシティが攻勢を続けるなか、再び生え抜きMFが決定的な仕事を果たす。87分、左サイド深くでボールを持ったドクからボックス内でパスを受けたフォーデンが粘りのターンでポケットへ抜け出してクロスを供給。これが手前のDFに当たってゴール前に流れると、アルバレスがコースを狙った右足のシュートを突き刺し、劇的な逆転ゴールとした。 その後、明らかに運動量が落ちたライプツィヒの反撃を危なげなく凌ぎ切ったシティが、2点差をひっくり返す逆転勝利で苦しみながらも5連勝を達成。最終節を残して首位通過を決めた。 また、同日行われたヤング・ボーイズvsツルヴェナ・ズヴェズダは、ホームのヤング・ボーイズが2-0で勝利した。 共に敗退が決定したなかで3位でのヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ行きを目指す最下位のヤング・ボーイズと、3位のツルヴェナ・ズヴェズダによる同勝ち点対決。 試合は前半序盤にオウンゴールで先制したヤング・ボーイズが29分にブルームのゴールで追加点を奪取。以降はアウェイチームの反撃にあったもの、最後まで安定した試合運びで前半奪ったリードを守り切った。 この結果、ヤング・ボーイズが3位でのELプレーオフ行きを確定し、ツルヴェナ・ズヴェズダの最下位も確定した。 2023.11.29 07:07 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly