来季CL参戦のラツィオ、前線の選手層拡充目指しミリク急襲へ!

2023.05.31 21:28 Wed
Getty Images
ラツィオがマルセイユからポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(29)の獲得に乗り出しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

昨年8月にマルセイユから1年間のレンタル移籍でユベントスへと加入したミリク。序盤戦に少ないプレータイムでゴールを積み重ねて信頼を勝ちとったが、現在までに公式戦38試合で9ゴールと後半戦は得点ペースが落ちている。
もちろんゴールへの関与が全てではなく、終盤戦に入ってからも重要な戦力としてプレー。一方、ユベントスはミリクの買い取りもしくは返却を来月15日までにマルセイユへ通達する必要があるものの、いまだ700万ユーロ(約10億4000万円)の買い取りオプション行使を決めていないという。

その裏で、ラツィオのマウリツィオ・サッリ監督がミリク獲得をクラブに要請。選択肢がイタリア代表FWチーロ・インモービレただ1人しかいないセンターフォワードの補強を熱望しているとのことだ。

これについては、財布の紐が堅いことでお馴染みのクラウディオ・ロティート会長でさえ同意しており、もしユベントスがミリクの買い取りを実行したとしても、ラツィオにとっては交渉相手がマルセイユからユベントスへ変わるに過ぎず。すでにミリク獲得作戦が本格化しているとみられている。

関連ニュース

【セリエA第7節プレビュー】ミランvsラツィオ、アタランタvsユーベの好カード開催

ミッドウィークに行われた前節、開幕6連勝を狙ったインテルがサッスオーロに敗れる波乱があった。一方でミラン、ナポリ、ユベントス、ラツィオは格下相手に3ポイントをゲット。迎える第7節、ミランvsラツィオ、アタランタvsユベントスの好カードが開催される。 まずは土曜開催のミランvsラツィオ。ミラン(勝ち点15)は前節、FWジルーやFWレオンを温存し、4バックに戻した中、FWオカフォーに移籍後初弾が生まれ、3-1の逆転勝利を飾った。バックアップメンバーが良い働きをした中、主力が先発に戻るラツィオ戦は3ポイントを積み上げたい。 一方、MF鎌田とポジションを争うMFベシーノ弾などでトリノを退けたラツィオ(勝ち点7)は、ようやくホーム初白星。2勝1分け3敗とした中、ミラン撃破で星を五分に戻せるか。2試合出場機会がなく序列の低下が心配される鎌田は引き続きベンチスタート予想。ユベントス戦に続くビッグマッチでのゴールに期待したい。 続いて土曜開催のアタランタvsユベントス。アタランタ(勝ち点12)は前節、ヴェローナにウノゼロ勝利。序盤に挙げた虎の子の1点を守り抜いての白星となった。勝ち星先行の4勝2敗スタートとした中、ユベントスとの上位対決を制し、ミラノ勢追走となるか。 対するユベントス(勝ち点13)は前節、好スタートを切っていたレッチェにウノゼロ勝利。FWヴラホビッチの温存によって先発のチャンスが回ってきたFWミリクに今季初弾が生まれた。アタランタ戦ではヴラホビッチの先発復帰が予想されているため、ベンチに戻る予定のミリクだが、スーパーサブの役割で活躍となるか。 サッスオーロに不覚を取ったインテル(勝ち点15)は開幕からの連勝がストップ。ターンオーバーをさほどせずに戦ってきたツケが少なからずあった。今節はFWラウタロがベンチスタート予想。今季ここまで好スタートを切ったインテルの原動力となっていたラウタロをベンチスタートとし、サレルニターナ(勝ち点3)を下せるか。 FWクワラツヘリアに3月以来のゴールが生まれるなどウディネーゼに4発快勝とした前節のナポリ(勝ち点11)。不協和音が流れ始めていた矢先の快勝劇となり、ナポリとしてはこの良い流れを持続したいところ。ユベントスに前節惜敗のレッチェ(勝ち点11)を下して上位をキープしたい。 最後に前節ジェノアに4失点粉砕のローマ(勝ち点5)はフロジノーネ(勝ち点9)と対戦。まずい試合が続く中、このままずるずる行かないためにもフロジノーネ戦は必勝が求められる。MFアワールが先発復帰予想の中、FWルカクとFWディバラの強力2トップを生かせるかに注目だ。 ◆セリエA第7節 ▽9/30(土) 《22:00》 レッチェvsナポリ 《25:00》 ミランvsラツィオ 《27:45》 サレルニターナvsインテル ▽10/1(日) 《19:30》 ボローニャvsエンポリ 《22:00》 ウディネーゼvsジェノア 《25:00》 アタランタvsユベントス 《27:45》 ローマvsフロジノーネ ▽10/2(月) 《25:30》 トリノvsヴェローナ サッスオーロvsモンツァ 《27:45》 フィオレンティーナvsカリアリ 2023.09.30 07:30 Sat

ラツィオの最終ライン束ねるロマニョーリ、鼻骨を複雑骨折もフェイスガード着用で問題なしか

ラツィオは29日、イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリの負傷について発表した。 ロマニョーリは27日に行われたセリエA第6節のトリノ戦でフル出場し2-0の勝利に貢献。ただ、ラツィオによると、試合中の接触プレーで顔面が相手選手と激突し、29日にローマ市内の病院でX線検査を実施したところ、鼻骨の複雑骨折と診断されたという。 すでに治療を開始しており、「これから毎日、クラブのメディカル部門で臨床モニタリングを受ける」とのこと。ラツィオは30日に第7節でミランとのビッグマッチを戦うが、『フットボール・イタリア』は、ロマニョーリはフェイスガードを着用すれば古巣対決にも出場可能ではないかと伝えている。 日本代表MF鎌田大地も所属するラツィオ。ロマニョーリはセリエA開幕6試合に全てフル出場と最終ラインの要として活躍している。 2023.09.29 16:35 Fri

鎌田大地が2戦連続スタメン落ち…指揮官「今日はより強固さをもたらせる中盤を」

セリエA3戦負けなしのラツィオだが、日本代表MF鎌田大地の先発外が続き、指揮官がその件に触れた。イタリア『スカイ』が報じている。 2試合連続ドローのラツィオは27日の第6節でトリノをホームに迎え撃ち、2-0で勝利。3戦ぶりの白星で3戦負けなしとし、11位に浮上した。 だが、開幕から4戦連続で先発の鎌田は前節のモンツァ戦に続いてサブに回り、出番なしに。トリノ戦ではマティアス・ベシーノが先発した。 そのベシーノが先制弾を決め、勝利の足がかりになった試合後、鎌田がベンチスタートの理由を問われたマウリツィオ・サッリ監督はこう返した。 「カマダにもそういう特長(ゴール前に入っていく動き出し)がある。ベシーノほどフィジカルの強さはない。今日はチームにより強固さをもたらせる中盤を見つける試みがあった」 また、「カマダはほぼフルタイムでプレーしている。モンツァ戦ではヒザを痛め、出場を見送った。(新戦力で)カマダは最も試合に絡んでいるだろう」と語った。 そして、鎌田とルイス・アルベルトの共存にも触れ、少しずつ馴染んでいくのではないかとのプランを続けている。 「ある試合において、カマダとルイス・アルベルトのペアでやれるかどうかはまだわからない。(チャンピオンズリーグの)アトレティコ・マドリー戦では彼とルイス・アルベルトで良い試合をしたが、アンカーはベシーノだった」 「中盤をサポートするのは簡単ではないが、様子を見てみよう。これまでルイスと(今夏退団のセルゲイ・)ミリンコビッチ=サビッチでそれをやってきたことで、徐々に彼らもやっていけるようになっていくだろう」 2023.09.28 10:40 Thu

鎌田とポジションを争うベシーノ弾でラツィオがホーム初白星、鎌田は2戦連続出場機会なし【セリエA】

ラツィオは27日、セリエA第6節でトリノをホームに迎え、2-0で勝利した。ラツィオのMF鎌田大地はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節モンツァにドローに終わったラツィオ(勝ち点4)はモンツァ戦で移籍後初めて出番のなかった鎌田が引き続きベンチスタートとなった。 前節ローマに引き分けたトリノ(勝ち点8)に対し、インモービレ、フェリペ・アンデルソン、ザッカーニの3トップで臨んだラツィオは、主導権を握りきれない展開を強いられる。 互角の膠着した攻防が続き、なかなかシュートに持ち込めない展開となった。結局、互いに決定機のなかった前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、押し込む入りとしたラツィオは56分、ラッツァーリの右クロスをベシーノがボレーで合わせて先手を取った。 鎌田とポジションを争っているベシーノにゴールが生まれた中、ラツィオは75分にリードを広げる。フェリペ・アンデルソンのパスを受けたザッカーニがボックス左に侵入し、GKとの一対一を確実に制した。 後半に入ってトリノに何もさせないラツィオは88分、カステジャノスのバイシクルシュートはわずかに枠を捉えきれずも2-0のまま勝利。今季ホーム初白星を挙げている。 2023.09.28 06:23 Thu

鎌田不出場のラツィオ、モンツァにドロー止まり【セリエA】

ラツィオは23日、セリエA第5節でモンツァをホームに迎え、1-1で引き分けた。ラツィオのMF鎌田大地はベンチ入りも出場しなかった。 前節ユベントスに1-3で退けられたラツィオは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ初戦ではアトレティコ・マドリーに1-1のドロー。ラストプレーでの守護神プロベデル弾で引き分けに持ち込んだ。そのアトレティコ戦のスタメンから4選手を変更。失点に絡んだ鎌田の他、フェリペ・アンデルソンらがベンチスタートとなり、イサクセンとゲンドゥージが移籍後初先発となった。 1勝1分け2敗スタートのモンツァに対し、オープンな展開で立ち上がった中、11分にラツィオがPKを獲得。左サイドのザッカーニが縦に仕掛けてボックス内へ侵入すると、チュッリアに倒された。 このPKをインモービレが決めて先制したラツィオは18分、ボックス内を崩されてネットを揺らされるもオフサイドで助かった。さらに23分にはチュリッアに決定的なヘディングシュートを許したが、枠を外れてこの場面でも救われた。 しかし36分に失点。チュリッアの入れたクロスが流れ、ガリアルディーニに押し込まれた。 ハーフタイムにかけてもペースを掴めなかったラツィオは追加タイムにモタに決定的なヘディングシュートを許したが枠を外れて助かり、1-1で前半を終えた。 迎えた後半もオープンな展開でスタートすると、ラツィオはザッカーニがカットインシュートで、L・アルベルトがミドルシュートで勝ち越しゴールに迫っていく。そして57分には敵陣高い位置でボールを奪った流れからインモービレがポスト直撃のシュートを放った。 74分にはキリアコプーロスのミドルでひやりとさせられた中、終盤にかけてはラツィオの攻勢が強まったが、勝ち越しゴールは奪えず1-1のままタイムアップ。勝ち点1を積み上げるに留まっている。 2023.09.24 05:44 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly