U-20W杯に臨むU-20日本代表メンバーが発表! 松木玖生らにバイエルンMF福井太智ら欧州組も

2023.05.08 13:40 Mon
©︎J.LEAGUE
日本サッカー協会(JFA)は8日、U-20ワールドカップ(W杯)に臨むU-20日本代表のメンバーを発表した。

当初はインドネシアで開催予定だったU-20W杯だが、政治的かつ宗教的な問題がインドネシアで起こり、国際サッカー連盟(FIFA)が開催権を剥奪。急きょアルゼンチンで開催されることが決定した。
20日から6月11日まで行われる今大会。日本はグループCに入り、セネガル、コロンビア、イスラエルと対戦する。

2021年が新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で中止となり、前回大会となった2019年はベスト16。2017年もベスト16となっており、2003年のUAE大会以来のベスト8以上を目指すこととなる。

冨樫剛一監督が率いる今回のメンバーには、出場権を懸けて戦ったAFC U-20アジアカップのメンバーが中心となっており、キャプテンのMF松木玖生(FC東京)やMF山根陸(横浜F・マリノス)、MF佐野航大(ファジアーノ岡山)らが招集。アジアカップ得点王のFW熊田直紀(FC東京)、このところクラブで出番を得ているDF高井幸大(川崎フロンターレ)なども招集を受けた。
また、欧州組からもバルセロナの髙橋仁胡や、DFシュツットガルトのDFチェイス・アンリ、そしてバイエルンのMF福井太智もメンバー入り。残り1枠に関しては追って発表され、大会前までDF稲垣篤志、MF石渡ネルソンがトレーニングパートナーとして帯同する。

日本は大会開幕前の15日にハビエル・マスチェラーノ監督率いるU-20アルゼンチン代表との最後の強化試合を実施。21日にセネガル、24日にコロンビア、27日にイスラエルと対戦する。

今回発表されたU-20日本代表メンバーは以下の通り。

◆U-20日本代表メンバー
GK
12.彼島優(流通経済大学)
1.木村凌也(日本大学)
21.春名竜聖(水戸ホーリーホック)

DF
4.菊地脩太(清水エスパルス)
2.松田隼風(水戸ホーリーホック)
15.屋敷優成(大分トリニータ)
3.田中隼人(柏レイソル)
13.チェイス・アンリ(シュツットガルト/ドイツ)
19.高井幸大(川崎フロンターレ)
16.髙橋仁胡(バルセロナ/スペイン)

MF
14.永長鷹虎(川崎フロンターレ)
7.松木玖生(FC東京)
5.山根陸(横浜F・マリノス)
8.佐野航大(ファジアーノ岡山)
17.松村晃助(法政大学)
20.安部大晴(V・ファーレン長崎)
6.福井太智(バイエルン/ドイツ)
10.北野颯太(セレッソ大阪)

FW
11.坂本一彩(ファジアーノ岡山)
18.熊田直紀(FC東京)
関連ニュース

U20女子アジアカップの組み合わせ決定! U-20女子W杯出場権を懸け日本は北朝鮮、ベトナム、中国と対戦

アジアサッカー連盟(AFC)は15日、2024年3月にウズベキスタンで開催されるAFC U20女子アジアカップの組み合わせ抽選会を行った。 U-20日本女子代表も参加するこの大会。2024年9月に開催されるU-20女子ワールドカップ(W杯)の予選を兼ねており、上位4チームが出場権を獲得する。 日本はグループBに入り、北朝鮮、中国、ベトナムと同居することとなった。なお、グループAはウズベキスタン、韓国、オーストラリア、チャイニーズ・タイペイとなっている。 日本は3月4日にベトナムと、同7日に中国と、同10日に北朝鮮と中2日で対戦。上位2チームがベスト4に進み、U-20女子W杯の出場権も同時に獲得する。なお、決勝は3月16日に開催される。 チームを率いる狩野倫久監督は、日本サッカー協会(JFA)を通じてコメントしている。 「AFC U20女子アジアカップ ウズベキスタン 2024の組み合わせが決まり、身が引き締まる思いです。2024年8月にコロンビアで開幕するFIFA U-20女子ワールドカップの出場権も懸かるタフで厳しい戦いに向け、しっかりと準備をしたいと思います。私たちU-20日本女子代表は、アグレッシブに果敢にチャレンジし続け、一丸となって戦い、ワールドカップ出場権を必ず獲得します」 2023.12.16 11:30 Sat

福島に法政大学GK中川真が加入、U-20日本代表候補トレーニングキャンプへの選出歴有す

福島ユナイテッドFCは5日、GK中川真(22)の来季加入決定を発表した。 188cmの中川は徳島県出身で、徳島ヴォルティスジュニアユース、徳島市立高校を経て法政大学へ進学。2021年5月にはU-20日本代表候補トレーニングキャンプのメンバーにも選出された。 プロとしての一歩を踏み出す中川は、福島の公式サイトを通じ、意気込みを語っている。 「大好きなサッカーを続けられること、そして新たな挑戦を福島ユナイテッドFCでスタートできることを非常にうれしく思っております」 「22年間支えてくれた家族、私に携わってくださった全ての方々に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございます」 「プロになれたことをゴールとせず第一歩として、これからは結果でみなさまに恩返しをしていけるよう努力していきます。そして、夢を与え続けられる選手になるために日々精進していきます」 「ファン、サポーターのみなさま、J3優勝、J2昇格に向けて全身全霊で戦いますので応援よろしくお願いいたします」 <span class="paragraph-title">【写真】福島への加入が発表されたGK中川真</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><br><br>\<br><br>このたび、<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B3%95%E6%94%BF%E5%A4%A7%E5%AD%A6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#法政大学</a> のGK <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E7%9C%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#中川真</a> 選手の来季加入が決定いたしました<br><br>中川選手、ようこそ福島ユナイテッドFCへ!!br><br>コメントはこちら<a href="https://t.co/grvbjopBH4">https://t.co/grvbjopBH4</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E3%83%A6%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#福島ユナイテッド</a> <a href="https://t.co/7YEG2AfqEC">pic.twitter.com/7YEG2AfqEC</a></p>&mdash; 福島ユナイテッドFC (@fufc_staff) <a href="https://twitter.com/fufc_staff/status/1731931735167000871?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.12.05 16:45 Tue

「素晴らしい経験でした」福井太智がバイエルンのトップチームでベンチ入り!ケインらと得点祝福

バイエルンの下部組織に在籍するU-20日本代表MF福井太智が、トップチームのベンチ入りを果たした。 昨年バイエルンのセカンドチームにトレーニング参加していた福井は、2023年1月にサガン鳥栖からバイエルンへの完全移籍を勝ち取った。 これまでは下部組織のバイエルンⅡに属し、昨季はレギオナル・リーガ(ドイツ4部)で4アシスト。今季も7試合に出場していたが、その能力が評価され、15日のブンデスリーガ第4節レバークーゼン戦ではトップチームのベンチ入り。首位攻防戦のメンバーリストに名を連ねた。 フランス代表FWキングスレー・コマンの欠場など、一部主軸が不在などの背景はあるものの、そうそうたる顔ぶれの中に座った福井。出場こそなかったものの、自身のインスタグラムにて「素晴らしい経験でした」と綴り、ゴールシーンをともに喜ぶ姿を投稿した。 ブンデスリーガ公式サイトの英語版やドイツ『フランクフルター・ルントシャウ』にも驚きを与えたようで、試合翌日には「バイエルン若き日本人プレーメーカーは誰だ?」、「見知らぬ日本人が突如バイエルンのベンチに座る」と、それぞれピックアップ。これまでの経歴を紹介しながら、「今後もトップの試合で頻繁にベンチ入りすることに反対はしないだろう」と結んでいる。 小さくも大きな1歩となった福井。今後の動向にはこれまで以上に注目が集まりそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ケインやゴレツカらとゴールを祝福する福井太智</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CxQP9eVM6zA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CxQP9eVM6zA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CxQP9eVM6zA/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Taichi Fukui / 福井太智(@taichi__fukui)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.09.17 19:20 Sun

マイナビ仙台レディースの松窪真心がNWSLノースカロライナへ期限付き移籍!W杯前はなでしこのトレーニングパートナーも務める

アメリカ、ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)に所属するノースカロライナ・カレッジは27日、マイナビ仙台レディースのMF松窪真心(18)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2024年6月30日まで。P-1ビザを取得後にチームへと加わることになる。 28日には誕生日を迎える松窪。自身初の海外挑戦へ向け、マイ仙台の公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「この度、海外にチャレンジすることを決断いたしました。この半年間でたくさんのことを学びました。マイナビ仙台レディースでの経験を活かし、もっと成長した姿をお見せできるように頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いいたします」 鹿児島県出身の松窪は2023年2月にJFAアカデミー福島からマイ仙台へ正式加入。2022-23 Yogibo WEリーグの後半戦ではルーキーながらも全試合に先発出場し、12試合でチームトップとなる4ゴールをマークした。 年代別の日本女子代表にも名を連ね、2022年のU-20女子ワールドカップ(W杯)では準優勝に貢献。今年6月にはオーストラリア&ニュージーランド女子Wへ臨むなでしこジャパンのトレーニングパートナーも務めた。 テニスプレーヤーの大坂なおみが共同オーナーを務めるノースカロライナ・カレッジには、過去に川村優理(アルビレックス新潟レディース)が在籍し、昨季までは長野風花もプレー(リバプール)。今季は三浦成美が完全移籍で加わり、17日には小林里歌子の加入も発表されていた。 2023.07.27 22:59 Thu

FC東京MF松木玖生にマジョルカが関心? 移籍金は4.7億円、イ・ガンインの後釜としてリストアップ

ラ・リーガのマジョルカが、U-20日本代表MF松木玖生(20)の獲得に関心を寄せているという。スペイン『マルカ』が伝えた。 松木は青森山田高校で全国制覇をした後、2021シーズンにFC東京へと入団。アルベル監督の下、開幕戦でデビューを果たすとレギュラーとして2シーズンにわたりプレーした。 今シーズンはU-20ワールドカップなどでチームを離れた時期もあったが、明治安田生命J1リーグで12試合、YBCルヴァンカップで3試合、天皇杯で2試合1得点を記録している。 将来の日本代表入りも大きく期待される中、ヨーロッパからの関心が伝えられた。 『マルカ』によれば、マジョルカは松木を獲得の候補に入れているとのこと。移籍金は300万ユーロ(約4億7000万円)に設定されているという。 マジョルカは元日本代表指揮官のハビエル・アギーレ監督が指揮を取り、2019-20シーズン、2021-22シーズンは日本代表MF久保建英(レアル・ソシエダ)もプレー。過去にも家長昭博(川崎フロンターレ)、大久保嘉人らがプレーし、日本人にも馴染みのあるクラブだ。 今夏の移籍市場では、韓国代表MFイ・ガンインがパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍したため、中盤の補強が必要な状況。松木がFWやインサイドハーフでプレーできる点も魅力を感じているという。 U-20ワールドカップではゴールも決め、キャプテンとしてプレーした松木。ヨーロッパのクラブが黙っているわけはないが、果たしてどういう選択をするだろうか。 FC東京としてはMF安部柊斗がベルギーのモレンベークへ移籍しており、松木も移籍となれば中盤の軸が2人も同時にいなくなるため大きな痛手となる。 2023.07.27 10:45 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly