上位追走は東京NB!植木理子、村松智子のゴールで大宮Vに2発快勝《WEリーグ》

2022.12.24 16:10 Sat
©WE LEAGUE
24日、2022-23 Yogibo WEリーグ第7節の大宮アルディージャVENTUSvs日テレ・東京ヴェルディベレーザがNACK5スタジアム大宮で行われ、東京NBが2-0で勝利を収めた。

先週末に行われた皇后杯では互いに勝利し、準々決勝進出を決めた。リーグ戦では前節白星の大宮Vに対し、東京NBは惜敗。互いに3勝2敗で迎えた今節は、立ち上がりからゴール前でのシーンが続いた。
東京NBは、なでしこジャパンの藤野あおばが7分にカットインから左足のミドルで狙えば、直後には大宮Vも仲田歩夢のクロスから五嶋京香がヘッド。両者ともに攻撃時には攻め切り、シュートシーンが増える中で、次第に東京NBがポゼッションを高め、大宮Vが[4-4-2]でブロックを組んでしのぐという構図へと推移した。

前半をゴールレスで終えたゲームは、後半開始早々に東京NBの植木理子が均衡を破った。50分、宇津木瑠美のくさびが跳ね返され、こぼれ球を拾った木下桃香が縦につけると、大宮DF坂井優紀を背にした植木は足元で受けると見せかけてターン。GKとの一対一を迎え、これを冷静に制した。

その3分後には木下の右CKから村松智子が追加点を奪取。ゾーンで守る大宮Vに対し、間に顔を出した。一気にリードを広げた東京NBがそのまま逃げ切り、リーグ戦2試合ぶりの勝利を手にしている。
また、本日予定されていたサンフレッチェ広島レジーナvsアルビレックス新潟レディースは、積雪の影響で中止となっている。

大宮アルディージャVENTUS 0-2 日テレ・東京ヴェルディベレーザ
【東京NB】
植木理子(後5)
村松智子(後8)

◆第7節
▽12月24日
サンフレッチェ広島レジーナ (中止) アルビレックス新潟レディース
大宮アルディージャVENTUS 0-2 日テレ・東京ヴェルディベレーザ

▽12月25日
INAC神戸レオネッサ vs AC長野パルセイロ・レディース
三菱重工浦和レッズレディース vs マイナビ仙台レディース
ちふれASエルフェン埼玉 vs ノジマステラ神奈川相模原

WE ACTION DAY(今節試合なし)
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
関連ニュース

“さいたまダービー”で快勝、若手起用の中8連勝で連覇に邁進する浦和レディースの楠瀬直木監督が見据える未来「連覇を確実に。来季、その先も」

三菱重工浦和レッズレディースの楠瀬直木監督が、大宮アルディージャVENTUSとの“さいたまダービー”の勝利を振り返った。 18日、2023-24WEリーグの第15節で浦和は大宮Vとアウェイで対戦。平日のナイトゲームでの“さいたまダービー”が実現した。 首位にたち連覇を目指す浦和は立ち上がりから大宮Vを圧倒。2分に伊藤美紀のゴールで先制すると、10分、14分に島田芽依のゴールが決まりあっという間にリードを広げると、24分にはなでしこジャパンのFW清家貴子がゴール。これが自身9試合連続ゴールとなり、WEリーグ記録を更新すると共に、Jリーグ最長記録にも並ぶ偉業を達成。後半はゴールは生まれなかった、0-4で勝利し、8連勝で首位をキープした。 連覇に向けて順調に勝ち点3を積み上げている浦和。試合後、楠瀬監督は快勝しながらも、先を見据えて後半のパフォーマンスには反省を口にした。 「試合の前からまずメンタルの部分はチームで準備して、ピッチに入ってからは正確性を上げていこうと言いました」 「後半ちょっと失う回数が多かったかなと。勝負は取れたとしても、今後のこと、将来を考えると、ボールを失ってしまう回数が多いといけないですし、改善しないといけないです。もう少し、見えるものを増やさないといけないかなと、反省の部分も多いゲームでした」 選手を入れ替えて臨んだ後半は上手く攻撃の形もできずに苦しんだものの、前半の立ち上がりに一気に押し込んだ攻撃はお見事。「前半の攻撃は評価に値しますし、清家はまだまだ勢い止まらずで行ってほしいなと思います」と語り、清家の更なるゴール記録に期待を寄せた。 また、2505名の観客が集まり、浦和のファン・サポーターはゴール裏に多く集まった。楠瀬監督は「平日にも関わらず、両チームのサポーターがたくさん来ていただき、後押ししていただいたので、そこはありがたいなと思います」とコメント。週末に向けては「期間は短いですが良い準備をして次の仙台戦に備えたいと思います」と、マイナビ仙台レディース戦への準備を整えるとした。 連覇を見据えつつ、将来のことを考えて動き出している楠瀬監督。主力にケガ人が続出していること、そして代表組の疲労や過密日程など、様々なことへの対応を見せている。 この試合では先発したなでしこジャパンDF石川璃音を前半途中で交代。「かなり疲労も溜まっていて、ちょっとアクシデントもあり、彼女らしくないと言ったらおかしいですが、ちょっと弱音を吐いていました」と理由を明かし、「若い岡村を使いたいなと思い、長い時間ピッチにいさせたいと思ったので、思い切って交代しました」と、18歳の岡村來佳を起用するなど、積極的な姿勢を見せた。 チームは8連勝。その中で、若手も起用できるタイミングで積極に起用している楠瀬監督。「今日で言うと岡村だったり、後藤若葉、丹野凜々香、西尾葉音、高塚 映奈…残り6試合ということで、底上げがないと、上を脅かす力があったり、厚さを持たせないと、戦力的に達成するのは難しいと思います」と、チームとしての戦力アップも考えているとのこと。後藤は22歳、丹野、西尾は20歳、高塚は19歳と、いずれ必ずやってくる世代交代時にチームの支えとなるための成長に期待した。 一方で苦しい台所事情も影響している部分はある。「かなり疲労とか、ケガとか、今日は長嶋玲奈が出られなかったんですがケガをしてしまいました。そういうパターンを埋めて、それ以上を出してもらいたい。もうちょっと若手にはチャンスもあげているんですけど、それをしっかりモノにして欲しいなと思います」と若手の奮起に期待。「選手層もそうですし、連覇に向けて確実にすることもそうです。来季、その先ということも考えないといけないなと思います」と、今シーズンだけでなく、その先でもリーグをリードしていく未来を見据えた采配。浦和が天下をとり続ける未来が待っているかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】浦和FW清家貴子が圧巻の「9」試合連続ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="imQ1WiIeyFs";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.19 22:55 Fri

初勝利はお預けも…N相模原・GK池尻凪沙が見いだす光明「ここ数試合で一番手応え」「勝って連戦を締めたい」

ノジマステラ神奈川相模原のGK池尻凪沙は、敗戦の中にも確かな手応えを感じたようだ。 N相模原は18日、2023-24WEリーグ第15節で日テレ・東京ヴェルディベレーザとアウェイで対戦。1-3の逆転負けで4連敗となり、2分け13敗と初勝利はまたもお預けとなった。 ワンチャンスを生かして37分に南野亜里沙の一撃で先制。74分までリードを保ったが、追い付かれたのちに80分、84分と立て続けに失点を喫することに。「失点するまではチーム全体として、ゴール前の守備だったり、最後のところでやらせないとか、ここ数試合で一番守れていたと手応えを感じていたんですけど、失点してからちょっと崩れてしまったなと感じます」と、池尻も1つの分岐点だったと考えているようだ。 ただ、敗れはしたものの、守備では一定の手応えを感じる内容となった。前半は相手3バックとボランチに制限を掛け、後半もクロスやセットプレー攻勢を浴びる中で粘りの対応が続いた。 これまでクロスからの失点が多かったため、チームとしても対応には力を入れてきたことを明かし、「(クロスを上げられる前に)もうちょっとプレッシャーをかけられたらという部分はあるんですけど、跳ね返せていましたし、最後のところで守れれば問題はないかなと思っていました。試合を重ねるごとにすごく良くなっていると思っています」と口にする。 48分に神谷千菜のボレーを止めたのをはじめ、度々の好守を披露した守護神。「本当に失点するまではギリギリのところで触れていたので、今シーズン試合に結構出させてもらっている中で、試合感とか緊張感とか自分のものにしていけている気がします」と確かな手応えも感じている。 次節に相まみえるINAC神戸レオネッサも、個の能力は非常に高い。3日後に控える3連戦のラストへ向け、「チームとして堅い守備ができたら」と語った池尻は「この2日でしっかり準備して、次こそ無失点で、絶対勝って連戦を締めたいと思っています」と、初勝利への意欲を燃やした。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】南野亜里沙のゴールで先制も…逆転負けで初勝利はお預けに</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z-82AU8q9-I";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.19 21:35 Fri

N相模原、今季加入のDF常田菜那が踵骨外側の疲労骨折…ここまで公式戦11試合出場

ノジマステラ神奈川相模原は19日、DF常田菜那(25)の負傷を発表した。 トレーニング中に負傷し、診断結果は踵骨外側の疲労骨折。全治は約1カ月が見込まれている。 ユニバーシアード日本女子代表経験を持つ常田は、今シーズン、なでしこリーグ1部の伊賀FCくノ一三重からN相模原へ加入。 WEリーグカップで5試合、WEリーグで5試合、皇后杯1試合に出場していた。 2024.04.19 21:30 Fri

S広島R、WEリーグ平日ナイターでも約3000人!新スタジアムで週末と同等の集客力

18日、2023-24WEリーグ第15節、サンフレッチェ広島レジーナvsINAC神戸レオネッサがエディオンピースウイング広島で開催され、2-0でホームのS広島Rが勝利を収めた。 平日木曜日の19:03キックオフ。男女通じてもEピース初のナイトゲーム開催となった一戦には、S広島Rのホーム開催試合としてはクラブ史上3番目となる2834人の観客が詰め掛けた。 S広島Rにとって、これまでのホームゲーム最多入場者数は、新スタジアムでの初陣となった第7節アルビレックス新潟レディース戦の4619人。以降のEピースでは、第10節で2352人、第13節で2836人と、いずれも2000人超えを記録していたが、いずれも土日のデーゲームだった。 広島広域公園第一球技場時代は、解放エリアの関係もあるが、2000人を超えたのは2度のみで、うち1度は開幕戦。新スタジアムの効果は、集客力に数字となって表れている。 ホームの大声援にも後押しされたS広島Rは、優勝争い中のI神戸に球際の勝負で圧倒。藤生菜摘がWEリーグ初ゴールを含む2得点をマークし、今季初の連勝を飾った。 <span class="paragraph-title">【動画】平日ナイトゲームでもこの熱気!S広島Rがホームの後押し受けI神戸に快勝</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_FUWyhJatCw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.19 19:25 Fri

「裏をもっと突けるんじゃないか」東京NB・松田紫野が狙い通りに攻撃活性化、同点弾演出は「運良くって感じです」

途中出場で同点ゴールに関与した日テレ・東京ヴェルディベレーザのDF松田紫野が、ノジマステラ神奈川相模原戦を振り返った。 東京NBは18日、2023-24WEリーグ第15節でN相模原と味の素フィールド西が丘で対戦。3-1と逆転勝ちを収めた。 ベンチスタートとなった松田は後半頭から出場し、3バックの左へ入った。ウインターブレイクが明けて以降、しばらく別メニューでの調整が続いていたが、再開後ようやく初出場。8試合ぶりのピッチに立った。 「休んでいた分、準備期間はあったのでそこでコンディションを上げて、フィジカル(トレーニング)やケアは入念にやってきたので、復帰戦でしたけどしっかりやれたと思います」と手応えを口にする。 74分にはクロスから同点ゴールを演出。「正直、クロスを上げた時にはやってしまったと思って…。もうちょっとニアを越して真ん中ぐらいへのボールを蹴りたいと思っていたんですけど、前に当たってしまって、運良くって感じです」と、狙いとは若干ずれていたことに照れながらも、結果に結び付いたことに顔を綻ばせた。 前半の戦いを見て「ウイングに(相手の)サイドバックが結構食い付くシーンがあったので、その裏をもうちょっと突けるんじゃないか」と分析。「コーチからもそこを意識して、もらったときには左でオープンで持って、(北村)菜々美さんの裏や足下の使い分けと、持った時に中のフォワードを見ることを意識して欲しいと言われました」との指示通り、サイドからの攻撃を活性化している。 「みんなも共通意識を持てている」との言葉にあるよう、新システムの中でクロスが増加傾向にある東京NB。これを元々のパスサッカーとどう組み合わせるかが、攻撃のバリエーションにもつながってくる。 クロスに至る過程でも、外外でまくる以外に、同点シーンのように中央へ人を集め、サイドのスペースを作るパターンもある。 一辺倒になるのではなく、「ベレーザの特徴でもあるパスサッカーで中央突破することも忘れずに、両方できるのが強みだと思うので、精度を上げるのはこれからの課題かなと思います」と両立や使い分けを目指しながら、次節以降へ向けても「まだまだ順位争いありますけど、まずは1つ1つの試合に集中して、みんなで戦って必ず勝利したいなと思います」と意気込みを語った。 <span class="paragraph-title">【動画】途中出場・松田紫野のクロスが同点ゴールに結び付く!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z-82AU8q9-I";var video_start = 72;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.19 17:15 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly