インテルMFバレッラが同僚を語る 「ブロゾビッチは世界最高」「シュクリニアルは兄弟」

2022.12.09 18:08 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリア代表MFニコロ・バレッラがインテルのチームメイトについて語った。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

インテルの主軸として活躍するバレッラ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューでチームメイトとの関係を深掘りされ、クロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチやベルギー代表FWロメル・ルカクといった選手たちの名を上げ、称賛の言葉を並べた。

「マルセロ(・ブロゾビッチ)は世界最高のアンカーだよ。カゼミロという素晴らしい選手もいるけど、マルセロとは異なるスタイルだよね。マルセロのような存在は世界に2人といない」
「他にも優れたMFがいるよ。ミキ(ヘンリク・ムヒタリアン)は僕がこれまで一緒にプレーしてきた中で最もスマートな選手だ。中盤のどこでも上手にプレーする。ハカン・チャルハノールのプレービジョンは完璧さ」

「ルカク? (アントニオ・)コンテが率いるインテルはまさに彼中心の構成だったね。退団は大きな痛手になった。今季は彼が現在のインテルに適応する番さ。僕たちは彼の強さ、ハングリーさを知っている。批判されたときほど、それらを発揮してくれるよ」

一方、今季限りでの退団、来季のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が噂され続けるミラン・シュクリニアルにも言及。"兄弟”にインテル残留を呼びかけた。

「僕は自分自身に最も厳しく、誰かにアドバイスすることは決してない。誰しもがいくつもの選択を重ね、キャリアの終わりにそれが正しかったかを振り返ることができる。僕にとって彼は兄弟。ただただ彼がインテルに残ってくれると信じている」

関連ニュース
thumb

PSG行き濃厚のシュクリニアル、今冬のオファーはインテル拒否か

インテルはスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)の今冬移籍を巡って、パリ・サンジェルマン(PSG)と交渉中のようだ。 2017年夏の加入から間もなくレギュラーに定着し、2020-21シーズンにはクラブにとって11年ぶりとなるスクデット獲得に大きく貢献したシュクリニアル。一方で、クラブとの現行契約は今季終了までとなっており、その去就に注目が集まっていた。 契約延長を急ぐインテルは具体的なオファーを提示したものの、シュクリニアルはこれを拒否。PSG入りが取り沙汰される中で、すでに今夏の加入について個人合意に達したとの報道もある。 先日には代理人であるロベルト・システィッチ氏が契約延長の可能性なしと語るなど、今夏の移籍がほぼ確実となっているが、PSGはこの1月に前倒しての獲得も狙っている模様。イタリア『スカイ』は、インテルに1000万ユーロ(約14億1000万円)のオファーを提示したと伝えた。 しかし、『スカイ』によると、インテルはこの最初のオファーを拒否した模様。同クラブは少なくともその倍額となる2000万ユーロ(約28億2000万円)を要求しており、後継者となるセンターバックを獲得できるかどうかも、今冬移籍実現の重要なファクターとなるようだ。 2023.01.29 18:39 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルにもチェルシーにも居場所のないルカク、夏にプレミアの他クラブへ?

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカク(29)にトッテナムやニューカッスル行きの可能性があるようだ。 2021年夏にインテルからチェルシーへと活躍の場を移したルカクだったが、低調なパフォーマンスや本人の希望もあり、1年を経たずして今夏にインテルへとレンタル移籍で復帰。しかし、度重なる負傷によって、今季のここまで公式戦出場は9試合のみとイタリアの地でも期待に応えられていない。 チェルシーとの契約を2026年夏まで残す中、ルカク本人は引き続きインテルでのプレーを希望するも、同クラブはレンタル期間延長や買い取りを行うつもりはない模様。保有元のチェルシーでも復帰は歓迎されていないようで、このままでは今夏には居場所を失うことになりそうだ。 そうした中、イタリア『calciomercatoweb』はトッテナムとニューカッスルへの今夏移籍の可能性があると報道。前者についてはインテル時代に師弟関係にあったアントニオ・コンテ監督の存在も理由の一つであると伝えた。 また、『calciomercatoweb』によると、ユベントスも新天地候補の一つである模様。同クラブは不正会計のペナルティによってUEFA主催大会から追放される可能性がある中、チェルシーの提案するルカクとセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(23)とのトレードを受け入れる可能性があるようだ。 2023.01.29 17:18 Sun
twitterfacebook
thumb

最下位相手に逆転勝利、インテル指揮官「チームを祝福したい」

インテルのシモーネ・インザーギ監督は、クレモネーゼ戦の勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 28日に行われたセリエA第20節でクレモネーゼとのアウェイ戦に臨んだインテル。11分に相手FWデイビッド・オケレケのミドルシュートが決まって先制を許すも、21分にセットプレーからアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが押し込んで同点に追いつく。この同点弾で勢いを強めると、試合を折り返して65分に再びラウタロがゴールを奪って逆転。その後もペースを握って試合を進め、2-1のままタイムアップを迎えた。 インザーギ監督は試合後、0-1で敗戦を喫した前節のエンポリ戦からリバウンドメンタリティを示したチームを称えた。 「素晴らしい試合をしてくれたチームを祝福したい。エンポリ戦の敗北からこの試合に向けてベストな形でアプローチができたが、序盤から問題を引き起こす可能性のある先制点を奪われた」 「しかし、チームは集中力を切らさずにボールを追い続けた。ナポリに勝ち、ボローニャで引き分けた相手との対戦だったが、彼らが示したパフォーマンスには満足している」 「試合中ずっと応援してくれていたファンのおかげで自然とチームは勢いづいた。今夜もたくさんのファンがいて、最初から最後までサポートしてくれた。失点についての改善にも当然取り組む。我々はインテルであり、勝って素晴らしい試合をする義務があるからだ」 「今夜は素晴らしい結果を得ることができた。チームは試合に対してうまくアプローチできていたし、アグレッシブだった。好調な相手と対峙することは分かっていた。課題を挙げるならラストパスのところで仕上げを失敗し、追加点を奪えなかった場面がいくつかあったことだが、チームは総じて素晴らしい反応を見せてくれた」 2023.01.29 12:17 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルがラウタロのドッピエッタで最下位相手に辛勝! 苦しみながらも後半戦白星スタート《セリエA》

セリエA第20節、クレモネーゼvsインテルが28日にスタディオ・ジョヴァンニ・ツィーニで行われ、アウェイのインテルが1-2で逆転勝利した。 スーペル・コッパ王者としてミラノ凱旋を果たしたインテルだが、前節はエンポリ相手にシュクリニアルの前半退場が響き痛恨の0-1の敗戦。リーグ6戦ぶりの黒星により辛くも4位キープも、熾烈なトップ4争いに巻き込まれている。 その敗戦からのバウンスバックを図るネッラズーリは、最下位のクレモネーゼのホームに乗り込んだ一戦で先発4人を変更。サスペンションのシュクリニアルとバレッラに代えてアチェルビとガリアルディーニを代役に据えたほか、デ・フライとホアキン・コレアに代えてダンフリースとジェコを起用した。 リバウンドメンタリティを示したいインテルがホームチームを押し込む良い入りを見せたが、相手のスーパーゴールによってエンポリ戦に続いて先手を奪われる。 11分、左サイドでのスローインの流れからボックス手前左でメイテのパスを受けたオケレケが右足を振り抜くと、美しい軌道を描いたシュートが枠の右上隅のクロスバーの内側を掠めてゴールネットに突き刺さった。 最下位相手にまさかビハインドスタートとなったインテルはすぐさま反撃を開始。17分にジェコの鋭いボレーシュートでゴールに迫ると、直後にゴールをこじ開ける。21分、チャルハノールの滞空時間が長い右CKをジェコが巧みなダイレクトボレーで合わせると、GKが前に弾いたところをゴール前のラウタロ・マルティネスが冷静に押し込んだ。 良い時間帯に追いついて勢いづくインテルは、ここから相手陣内でハーフコートゲームを展開。25分にカウンターの形からボックス内でフリーのジェコに決定機が訪れるが、ややパワー不足のシュートはGK正面。以降も流れの中、セットプレーからラウタロを中心に前線のアタッカーが積極的に足を振っていく。 前半終盤にかけてはディ・マルコの強烈なミドルシュート、そのこぼれ球に反応したラウタロと続けて決定的なシュートを放ったが、GKカルネセッキの驚異的な連続セーブに遭う。結局、前半にシュート20本枠内6本とホームチームを圧倒し続けたが、1-1のイーブンで試合を折り返すことになった。 後半も引き続き前がかって押し込んでいくインテルだが、ハーフタイムの修正でボールを奪った後のプレーを改善したクレモネーゼにロングカウンターを許すなど、ワンサイドゲームには持ち込めない。 時間の経過と共に焦りからか細かいミスも散見され始めるが、頼れる2トップの連携から待望の逆転ゴールを奪い切る。65分、ペナルティアーク付近でボールを持ったジェコからボックス右に走り込むラウタロの足元にパスが通ると、腰の捻りを利かせた右足のシュートを放つ。これがDFにディフレクトして大きくコースが変わってゴール左隅に決まった。 ラウタロのドッピエッタで試合を引っくり返したインテルは、週明けコッパ・イタリアのアタランタ戦を睨んで2枚替えを敢行。チャルハノールとディマルコを下げてアスラニとゴセンスを67分に投入した。 さらに、後半半ばを過ぎて殊勲の2トップを下げてルカク、ホアキン・コレアの投入でカウンター色を強めるインザーギのチームだが、臆せずに戦うホームチームに苦戦。自分たちがなかなか攻め切れない中、ボックス内でデサースやブオナイウトといった途中投入の選手たちにフィニッシュのシーンを許す。 その後、試合終了間際の決定機はダンフリースが決め切れなかったものの、このままリードを守り切ってタイムアップ。最下位相手に苦しみながらも勝ち切ったインテルが後半戦を白星でスタートした。 2023.01.29 03:58 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャ、インテルでくすぶるホアキン・コレアの復帰を検討か

セビージャが、かつて所属していたインテルのアルゼンチン代表FWホアキン・コレア(28)の獲得を検討しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 思わぬ不振に喘いでいる今季のセビージャ。昨年10月についにフレン・ロペテギ監督を解任し、ホルヘ・サンパオリ監督の再招へいに舵を切った。だが、なかなか好転とはならず、直近でもコパ・デル・レイ準々決勝でオサスナに敗れている。 冬の移籍市場でなんとかテコ入れを図りたいところだが、今のところは22歳の若手センターバックであるロイク・バデのレンタル加入と、アヤックスにレンタルしていたルーカス・オカンポスの復帰のみ。リヨンの攻撃的MFジェフ・レーヌ=アデレードの獲得に近づいていたが、メディカルチェックを通過できず、破談となった。 特に手を加えたい前線に関しては、セビージャの下部組織出身であるトッテナムのブライアン・ヒルも候補に挙がっているが、同じく元セビージャの肩書を持つコレアも候補の一人となっているようだ。 2016年夏から2年間セビージャでプレーしたコレアは、当時は公式戦通算73試合15ゴール10アシストを記録。その後はラツィオ移籍を経て、2021年夏にインテルに加入した。しかし、インテルではロメル・ルカクやラウタロ・マルティネスの影に隠れ、なかなか結果が出せず。今期もここまで公式戦23試合の出場で3ゴールにとどまっている。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、すでにオペレーションは始まっているとのことで、セビージャは前線強化に向けて最後の踏ん張りを見せている。 2023.01.28 14:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly