遠藤航&伊藤洋輝擁するシュツットガルト、新監督にラッバディア氏 「ブンデスにとどまるのを助けたい」

2022.12.06 13:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは5日、新監督にブルーノ・ラッバディア氏(56)を招へいしたと発表した。

契約期間は2025年6月30日まで。併せて、現在暫定監督を務めているミヒャエル・ヴィマー氏がチームを去ることも発表している。

現役時代はストライカーとして名を馳せたラッパディア氏。2003年に故郷のダルムシュタットで監督としてのキャリアをスタートさせた。
これまでレバークーゼンやハンブルガーSVなど、ドイツ国内のクラブを歴任し、2010年12月から2013年8月にはシュツットガルトを指揮。元日本代表DF酒井高徳(現・ヴィッセル神戸)らを指導している。

直近では2020年4月というシーズン終盤から下位に沈んでいたヘルタ・ベルリンを指揮し、残留を勝ち取ったが、翌年1月に成績不振で途中解任。現在はフリーとなっていた。

シュツットガルトには日本代表MF遠藤航、DF伊藤洋輝のほか、U-21チームにDFチェイス・アンリとDF岡田怜が所属。昨季が劇的な残留を果たしたが、今季も開幕から苦しみ、9試合未勝利というクラブワースト記録を更新していた。

10月半ばには前・ペッレグリノ・マタラッツォ監督を解任し、ヴィマー氏が暫定監督に。現在もブンデスリーガで15試合を終えて3勝5分け7敗の16位に沈んでいる。

3日には敏腕スポーツ・ダイレクター(SD)として知られていたスヴェン・ミスリンタート氏が退任し、新たにファビアン・ウォールゲムート氏が就任。着々と改革が進んでいた。

古巣の再建を託されたラッバディア氏は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。

「ご存じのように、VfBは私にとってただのクラブではない。シュツットガルトで私は監督としてのキャリアの非常に重要な時期をほぼ3年間過ごした。今はただ、VfBがブンデスリーガにとどまるのを助けたいと思っている」

「すぐに業務を開始し、12月12日のトレーニング開始へ向けてすべての準備を整えようと思う。水曜日にはシュツットガルトに移動する。そうすれば、チームのパフォーマンスレベルをすぐに把握できるだろう。常に大きな喜びを持って懸命に取り組み、前進していく」

関連ニュース
thumb

「これはチームとファンの信頼ガッツリ掴める」移籍直後の原口元気、懸命に戻ってチームを救った決定機阻止に称賛の声「魂込めて戦ってる」

シュツットガルトの日本代表MF原口元気が持ち前の気迫を見せた。 1月30日にウニオン・ベルリンからシュツットガルトに完全移籍した原口。1月31日に行われたDFBポカール3回戦のパーダーボルン戦で早速途中出場すると、5日に行われたブンデスリーガ第19節のブレーメン戦では先発で出場した。 そして、15分に守備で魅せる。自陣左サイドを突破されたシュツットガルトは、ニクラス・フュルクルクにクロスを許し、ボックスに入ってきたアンソニー・ユングがボレーシュートの体勢に入る。 決定機となりそうな場面だったが、中盤から必死に戻ってきた原口が猛烈なスライディング。ギリギリのところでクリアし、相手のシュートを未然に防いだ。 このプレーをシュツットガルトの日本語版ツイッターもピックアップ。ファンから「こうやって信頼を勝ち取っていくんだな」、「原口のいいところやね!!こういうプレーは好かれる!!」、「これはチームとファンの信頼ガッツリ掴めるプレーよな」、「魂込めて戦ってる、素晴らしいね!応援したくなる!」と称賛の声が集まると、原口も自身のアカウントでリツイートしていた。 その後ブレーメンのエースFWフュルクルクの活躍もあり0-2で敗れたシュツットガルトだが、監督の信頼を掴むに値する原口の懸命なプレーだった。 <span class="paragraph-title">【動画】原口元気が画面外から突然出てきてチームを救う!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6D7jHwFE5aM";var video_start = 1;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.08 12:35 Wed
twitterfacebook
thumb

シュツットガルトに痛手…チーム得点王ギラシーが数週間の離脱

シュツットガルトは6日、ブレーメン戦で負傷したギニア代表FWセール・ギラシーが数週間の離脱となることを明かした。 ギラシーは、5日に行われたブレーメン戦(0-2で敗戦)に先発出場。しかし、前半半ばにそ径部を痛めて負傷交代していた。 そして、試合翌日に行われた検査の結果、内転筋断裂という診断が下された。離脱期間に関しては数週間と発表されているが、現地報道では約1カ月程度となる見込みだ。 スタッド・レンヌから1年間のレンタル移籍で加入中のギラシーは、今季ここまでのブンデスリーガで13試合に出場し、チームトップの6ゴールを挙げていた。 現在、16位に低迷するシュツットガルトにとってチーム得点王の離脱は大きな痛手となりそうだ。 2023.02.07 22:39 Tue
twitterfacebook
thumb

【ブンデス日本人選手】浅野が今季初ゴールを記録し大勝に貢献!シュツットガルトは日本人3選手が揃ってフル出場

ブンデスリーガ第19節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第19節では板倉、伊藤、遠藤、原口、鎌田、長谷部、堂安、吉田、上月、浅野が先発出場が途中出場した。 浅野拓磨の所属するボーフムは、4日にホッフェンハイムホームで対戦。浅野が2試合ぶりの先発となった一戦は、前半からボーフムの攻撃陣が躍動。22分にフィリップ・ホフマンのゴールで先制すると、30分にはフィリップ・フェルスターが追加点を奪う。 立て続けに得点を奪ったボーフムは、だったが、40分に待望の瞬間が訪れた。クリストファー・アントウィ=アジェイのパスを相手陣内に入ったところで受けた浅野がドリブルで中央を切り裂くと、そのままボックス内まで侵入。スピードに乗ったまま冷静に相手GKの股間を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 3点差としたボーフムは、後半にホッフェンハイムに2点を返されたが、69分にエルハン・マショビッチ、83分にモリッツ・ブロシンスキがゴールネットを揺らし、5-2で勝利した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽2/4 ボルシアMG 0-0 シャルケ ◆フル出場 ★鎌田大地[フランクフルト] ▽2/4 フランクフルト 3-0 ヘルタ・ベルリン ◆69分までプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽2/4 フランクフルト 3-0 ヘルタ・ベルリン ◆フル出場 ★堂安律[フライブルク] ▽2/4 ドルトムント 5-1 フライブルク ◆67分までプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽2/4 ボルシアMG 0-0 シャルケ ◆フル出場 ★上月壮一郎[シャルケ] ▽2/4 ボルシアMG 0-0 シャルケ ◆66分までプレー ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽2/5 シュツットガルト 0-2 ブレーメン ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽2/5 シュフル出場ツットガルト 0-2 ブレーメン ◆ ★原口元気[シュツットガルト] ▽2/5 シュツットガルト 0-2 ブレーメン ◆フル出場 ★浅野拓磨[ボーフム] ▽2/4 ボーフム 5-2 マインツ ◆84分までプレー 2023.02.06 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤、原口、伊藤フル出場のシュツットガルト、ブレーメンに敗れて再開後の未勝利継続《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは5日、ブンデスリーガ第19節でブレーメンをホームに迎え、0-2で敗れた。 シュツットガルトのMF遠藤航、MF原口元気、DF伊藤洋輝はフル出場している。 前節ライプツィヒに競り負けた15位シュッツガルト(勝ち点16)は5日前に行われたDFBポカールのパーダーボルン戦でデビューを飾った原口が遠藤、伊藤と共に先発となった。 10位ブレーメン(勝ち点24)に対し、[4-3-3]で臨んだシュツットガルトは遠藤と原口がインサイドMF、伊藤が左センターバックでスタート。そのシュツットガルトが立ち上がりから積極的に攻め込むと、10分にヒューリッヒがミドルシュートでGKを強襲した。 良い入りを見せた中、15分のピンチではビッテンコートのボックス内からのシュートをGKミュラーが好守で阻止。さらに1分後のピンチでは原口が懸命に自陣ボックス内まで戻って凌いだシュツットガルトは、25分に負傷したギラシーがプレー続行不可能となってファイファーが投入される。 徐々にブレーメンに押し戻される展開となった中、35分には伊藤に競り勝ったフュルクルクにヘディングシュートを決められたかに思われたが、ファウルがあって助かった。 ハーフタイム間際の追加タイム、ヒューリッヒがGK強襲のシュートを浴びせたシュツットガルトだったが、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、互角の攻防で立ち上がった中、シュツットガルトは59分に失点する。ロングボールをフュルクルクに収められた流れから、ルーズボールをボックス手前のステージにミドルシュートを叩き込まれた。 さらに77分、フュルクルクのポストプレーを起点に、ボックス手前左のドゥクシュに見事なコントロールシュートを決められたシュツットガルトは、0-2のまま敗戦。 再開後の4戦、未勝利が続いている。 2023.02.06 01:32 Mon
twitterfacebook
thumb

日本人監督がシュツットガルトを訪問しラッバディア監督と会談、女子チームも視察

シュツットガルトに日本人指揮官が来訪した。 日本代表MF遠藤航、DF伊藤洋輝に加え、今冬にはMF原口元気も加わったシュツットガルト。過去にも岡崎慎司、浅野琢磨、酒井高徳が所属し、U-21チームにはチェイス・アンリと岡田怜が在籍するだけでなく、シュツットガルトのレジェンドが1人、ギド・ブッフバルト氏も浦和レッズでプレー、指揮を執るなど、日本との縁は深い。 バーデン=ヴュルテンベルク州の州都に本拠を構えるクラブは2日、公式ツイッターにて日本人監督の来訪を紹介。訪れたのはWEリーグ、ちふれASエルフェン埼玉で指揮を執る田邊友恵氏だ。 田邊監督はこれまでJAPANサッカーカレッジレディースや日ノ本学園高校、ノジマステラ神奈川相模原の育成組織であるドゥーエといった育成年代を中心に指揮。今季、半田悦子前監督からEL埼玉のバトンを引き継ぎ、代表ウイークによる中断明けには3バックを採用するなど、戦術の幅や選手配置の妙を伺わせ、すでに昨季を上回る3勝を挙げている。皇后杯でもクラブ最高成績タイとなるベスト4に進出した。 ブルーノ・ラッバディア氏との対話に加え、シュツットガルトの女子チームも視察。同行したEL埼玉の代表取締役社長、田村貢氏はかつてセレッソ大坂でもプレーした元ドイツ代表FWカカウ氏と肩を並べた。 シュツットガルトの女子チームは、既存チームのオーバーテュルクハイムの協力の下、2021年6月にクラブ史上初めて設立されたばかり。訪れた田邊監督がヒントを得るばかりでなく、女子選手の育成や運営の面ではEL埼玉の声が響く部分もあるだろう。 これを機に指導者の欧州進出や、女子選手の交流が図られれば面白い。 <span class="paragraph-title">【写真】ラッバディア監督と対面した田邊監督、カカウとツーショットの田村貢氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Eine weitere Episode in der Beziehung zwischen dem <a href="https://twitter.com/hashtag/VfB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VfB</a> und der japanischen Fußballszene: Tomoe Tanabe, Cheftrainerin des Profivereins <a href="https://twitter.com/elfen_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@elfen_official</a>, hospitiert aktuell für einige Tage beim VfB. (1/2) <a href="https://t.co/lv6QgdJquw">pic.twitter.com/lv6QgdJquw</a></p>&mdash; VfB Stuttgart (@VfB) <a href="https://twitter.com/VfB/status/1621153450703855620?ref_src=twsrc%5Etfw">February 2, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.04 21:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly