辛口の自国評論家に「文句言わせない」 イングランド代表MFライス、セネガル戦完勝を誇る

2022.12.05 14:24 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランド代表MFデクラン・ライスがカタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のセネガル代表戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

イングランド代表は4日にセネガル代表と対戦。38分にMFジョーダン・ヘンダーソンが先制点を決めると、前半アディショナルタイムにはFWハリー・ケインが今大会初ゴールをゲットし、57分のMFブカヨ・サカの3点目で勝負を決した。

反撃も許さず、3-0の勝利を収め、2大会連続のベスト8進出が決定。中盤の底でフル出場したライスは試合後のインタビューで完勝を誇り、普段は辛口だという自国の評論家たちも文句なしの試合内容だっただろうと振り返った。
「彼らは僕たちに的確な評価をしてこなかった。いつも否定的なことしか言わないね。オランダとアルゼンチンが苦しんで勝った一方、僕たちのここ2試合は完璧だった」

また、この日の3得点により、グループステージ初戦からの4試合で計12得点に。これについても「大会が始まる前、僕たちが多くのゴールを決められないという話題があった。これで何の文句も言わせない」と胸を張った。

一方、チーム最年少の19歳ながら主軸として躍動するMFジュード・ベリンガムには賛辞を送っている。

「彼の圧倒的なプレーを見られて嬉しい。フィジカルにも才能にも恵まれているね。ドルトムントでシーズンを通してやってきたことが、今は僕たちのために活かされているね」

イングランド代表は10日に行われる準々決勝でベスト4進出を懸け、前回王者のフランス代表と対戦する。

関連ニュース
thumb

財務違反疑いのシティを調査する第三者委員会、トップはまさかのアーセナルファン

マンチェスター・シティの財務違反を調査する第三者委員会のトップをアーセナルファンが務めるようだ。イギリス『サン』が伝えた。 2009年から2018年までの間に100件を超える財務規則違反を行った疑いがあるとして、6日にプレミアリーグから告発されたシティ。ペナルティとしては今季の勝ち点や過去のタイトルの剥奪、補強禁止などが考えられている。 シティ側は声明で違反を否定しているものの、第三者に調査が委ねられることとなり、最悪の場合、プレミアリーグからの除名というこの上ない厳しい措置もあり得るとされる。 調査に当たる第三者委員会の委員長に任命されたのは、法律の専門家であるマレー・ローゼン氏。過去に法廷判事を務めた経験も有する同氏は、現在はスイス・ローザンヌのスポーツ仲裁裁判所(CAS)で仲裁人を務め、そして熱心なアーセナルファンだという。 ローゼン氏が愛するアーセナルは現在、プレミアリーグで首位に立ち、2位シティとは5ポイント差。仮にもシティの勝ち点が剥奪されれば、限りなくアーセナルの19年ぶり優勝が近づくこととなるが、果たして…。 <span class="paragraph-title">【写真】第三者委員会のトップを務めるマレー・ローゼン氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Arsenal member will chair independent commission into Man City after they’re charged with financial rule breaches <a href="https://t.co/gBxn7pBVH1">https://t.co/gBxn7pBVH1</a></p>&mdash; The Sun Footbal(@TheSunFootball) <a href="https://twitter.com/TheSunFootball/status/1622626559470206977?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 20:54 Tue
twitterfacebook
thumb

首位撃破で光差したエバートン、絶対的エースが負傷… 宿敵リバプール戦欠場も

エバートンは、リバプールとのマージーサイド・ダービーで絶対的エースを欠くことになるかもしれない。イギリス『サン』が伝える。 2部降格の危機に瀕するエバートンは、4日のプレミアリーグ第22節で首位アーセナルと対戦。終始劣勢を強いられながらもDFジェームズ・タルコウスキの値千金の先制点を死に物狂いで守り抜き、ホームで1-0の金星を挙げた。 この一戦はショーン・ダイチ新監督の初陣ということもあってグディソン・パークは歓喜。長らく続いたトンネルから抜け出し、13日にアウェイで行われる宿敵リバプールとの伝統の一戦に向け、文句なしに弾みをつけられたと思われた。 しかし、新たな懸念が浮上。アーセナル戦で足を痛めて途中交代していた絶対的エースのFWドミニク・キャルバート=ルーウィンがハムストリングを負傷したとの見方が強まり、リバプール戦の出場が危ういという。 ダイチ監督も「おそらく痛めた」とキャルバート=ルーウィンのリバプール戦欠場を覚悟し、今週中に検査を受けることも明らかに。降格圏の18位に沈むエバートンにとっては残りの全試合が正念場となるが、なかなか一筋縄ではいかなそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】9戦未勝利から首位撃破! 歓喜のグディソン・パーク</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>熱血漢ダイシ、チームに気合注入<br>初陣でアーセナルに勝利<br>\<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#エヴァートン</a> 1-0 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%8A%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アーセナル</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ダイシ</a> 監督の初陣となったエヴァートンは、首位アーセナルに1-0で勝利。<br>新体制初戦にして、リーグ戦9試合ぶりの勝利をファンへ届けました。<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E5%85%A8%E8%A9%A6%E5%90%88%E8%A6%B3%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%AFSPOTVNOW%E3%81%A0%E3%81%91?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#プレミアリーグ全試合観られるのはSPOTVNOWだけ</a> <a href="https://t.co/OtOUVWmfi0">pic.twitter.com/OtOUVWmfi0</a></p>&mdash; SPOTV NOW JAPAN (@SPOTVNOW_JP) <a href="https://twitter.com/SPOTVNOW_JP/status/1622165885808005121?ref_src=twsrc%5Etfw">February 5, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.06 20:12 Mon
twitterfacebook
thumb

序列低下も姿勢に変化なし、テン・ハグ監督がマグワイアと対話 「プレー機会は増える」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督はイングランド代表DFハリー・マグワイア(29)に信頼を置いているようだ。 ユナイテッドの主将を務めるマグワイアだが、昨夏のテン・ハグ監督就任後はセンターバックのサブに降格し、スタメン出場の機会が大幅に減少。4日に行われたプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦も守備固め要員として3分間の出場にとどまった。 1月はインテルなどへの移籍も取り沙汰されたが、ユナイテッドでのタイトル獲得にこだわり、退団を除外。イギリス『サン』によると、テン・ハグ監督もそんなマグワイアの残留を強く要望しており、序列が下がってもネガティブな態度を見せない29歳に感銘を受けてきたという。 また、移籍期間中にはマグワイア本人に「シーズン後半戦の過密日程に対応するため、プレー機会はより増えるだろう」と、起用プランを説明したとのこと。ユナイテッドはすでに消化した2試合を含め、2月だけで公式戦8試合が予定されている。 2023.02.05 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

免停食らった2日後に運転… 71億円でニューカッスル移籍のゴードン、禁固刑の可能性も

ニューカッスルのU-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードンに禁固刑が科される可能性があるようだ。イギリス『サン』が伝えている。 先月29日にエバートンからニューカッスルへの移籍が発表されたゴードン。移籍金は4500万ポンド(約71億1000万円)とも言われ、大きな期待を背負って新天地へとやってきた。 だが、移籍発表翌日の30日、ゴードンはニューカッスルのホームタウンであるタイン・アンド・ウィア州にて、運転免許証不提示によって6カ月の免停を食らった模様。にもかかわらず、その2日後にガールフレンドを乗せて運転する姿がキャッチされたとのことだ。 ゴードンは昨年にも駐車違反と速度超過で免停となっており、今回の件では最長6カ月の禁固刑が科される可能性もあるとのこと。まだ21歳とこれからキャリアを築いていく段階…悪癖は早いうちに捨てておく方が賢明だろう。 2023.02.05 15:14 Sun
twitterfacebook
thumb

トッテナムからレンヌに今季2人目… 22歳DFスペンスのレンタル移籍が目前に

トッテナムのU-21イングランド代表DFジェド・スペンス(22)がスタッド・レンヌへレンタル移籍するようだ。イギリス『サン』が伝えている。 スペンスはフルアムの下部組織育ち。トッテナムには昨夏にミドルスブラから移籍金2000万ポンド(約32億1000万円)で加入も、アントニオ・コンテ監督が要求した補強ではなく、公式戦6試合計43分間の出場にとどまっている。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、レンヌへのレンタルは今季限りの半年間のみ。レンヌには昨夏、トッテナムからウェールズ代表DFジョー・ロドンが1年レンタルで加入しており、同選手は主力としてプレーしている。 なお、スペンスにはレスター・シティやブレントフォード、リヨンなど、国内外から数多くのレンタル申請があったものの、トッテナムは買い取りオプションや買い取り義務の付帯を拒否してきたとのことだ。 2023.01.31 15:12 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly