来夏争奪戦必至のベリンガム、本人の希望はレアル・マドリー移籍か

2022.09.27 16:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーが来夏の移籍市場で、ドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム(19)の獲得を望んでいるようだ。

今夏の移籍市場で、リバプールやマンチェスター・ユナイテッドなど多くのビッグクラブから関心を寄せられていたベリンガム。ドルトムントが最低でも1億ユーロ(約144億5000万円)の移籍金を求めたことや、本人が移籍を希望しなかったことから残留となったが、リバプールが来夏のメインターゲットに据えたと報じられるなど、各クラブからの関心は薄れていない。

ベリンガムも来夏には移籍を希望する可能性があると予想される中、スペイン『マルカ』によるとマドリーが争奪戦をリードしている模様だ。
今夏にMFオーレリアン・チュアメニを獲得したマドリーだが、来夏にはMFルカ・モドリッチ、MFトニ・クロース、MFダニ・セバージョスが契約満了を迎えるチーム事情から、中盤の補強が急務に。2019年から動向を追い、すでにイングランド代表でも高い評価を得るベリンガム獲得に動き出しているとのことだ。

また、ベリンガムもCL王者への移籍を強く希望しており、ドルトムントとの契約延長やプレミアリーグからのオファーは考慮していないという。残る障壁はドルトムントの求める高額な移籍金だが、マドリー側は獲得に自信を示しており、来夏の動きが注目される。

関連ニュース
thumb

F・メンディが左足半膜様筋負傷…離脱期間は最大2カ月程度に

レアル・マドリーは31日、フランス代表DFフェルラン・メンディが左足半膜様筋負傷と診断されたことを明かした。 メンディは、26日に行われたコパ・デル・レイ準々決勝のアトレティコ・マドリー戦で、44分に負傷交代。その後、メディカルチームによる複数の検査の結果、前述の診断が下された。 なお、スペインの複数メディアによると、離脱期間は最大で2カ月程度になる見込みだ。 その他の負傷者に関しては、それぞれふくらはぎと足首に問題を抱えているDFダビド・アラバ、MFルーカス・バスケスが引き続き別メニュー調整が続いている。 その一方で、ふくらはぎのケガが癒えたMFオーレリアン・チュアメニはチームトレーニングに復帰しており、戦列復帰が近づいている。 2023.02.01 00:19 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーがドルトムントの21歳FWアデイェミに関心 “脱ベンゼマ依存”の一環か

レアル・マドリーがドルトムントのドイツ代表FWカリム・アデイェミ(21)をリストアップしたようだ。 アデイェミはナイジェリアにルーツを持つ左利きの快足アタッカー。プロデビューの地はザルツブルクで、昨夏のドルトムント加入でドイツへと帰還し、今季の公式戦21試合で3得点1アシストを記録している。 ゴール数はさほど伸びていないものの、昨秋以降はスタメン起用も多く、プレータイムが増加傾向に。スペイン『Fichajes』によると、そんなアデイェミに対して欧州王者マドリーが興味を寄せ始めたという。 今年で36歳を迎えるFWカリム・ベンゼマへの依存度が高いマドリーは前線の若返りを進行中。2024年夏にはパウメイラスからU-17ブラジル代表FWエンドリック(16)が加入することが決定済みだ。 ただ、逸材エンドリックも加入時点でまだ18歳で、いきなり即戦力になるかは現段階で未知数な部分も。選手層拡充も考慮して他の選手を獲りたい考えで、本職のサイドだけでなく中央でもプレー可能なアデイェミを高く評価しているとされる。 2023.01.31 17:39 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル戦で躍動した久保建英に復帰の可能性は? 高い評価もベンチ要員になるのは馬鹿げているとの見解

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英(21)が見せたパフォーマンスにより、古巣のレアル・マドリーへの復帰の話が再燃している。スペイン『アス』が伝えた。 久保は2019年7月にFC東京からマドリーへと完全移籍。バルセロナのカンテラ出身ということもあり、移籍は大きな話題となった。 その久保はEU圏外の選手であり、ブラジル人選手がその枠を占めていることもありレンタル移籍に出されることに。マジョルカへ2度、ビジャレアル、ヘタフェと武者修行を経験した。 どのクラブでも一定のパフォーマンスを見せながら、輝ききれていなかった久保は、今シーズンからソシエダに完全移籍。すると、レベルの高い周りの選手やイマノル・アルグアシル監督の戦い方にフィット。今シーズンは公式戦23試合で3ゴール5アシストを記録している。 数字に残らない部分でもそのパフォーマンスが評価されている久保。この1週間では、コパ・デル・レイでバルセロナ、ラ・リーガでマドリーと古巣であるスペインの2強と対戦。ゴールやアシストこそ残せていないが、高いパフォーマンスが評価されていた。 久保の成長を目の当たりにしたマドリーに対しては、呼び戻すべきだという意見が浮上。買い戻しのオプションは契約についていないが、復帰させるオプションはあるという。 久保は600万ユーロ(約8億5000万円)の移籍金でソシエダに完全移籍。マドリーは久保の移籍で得た利益の50%を受け取る条項がある。 また、他クラブからの移籍のオファーがあった場合、マドリーは優先的に拒否する権利を有しており、同じ金額を準備することが可能。久保には6000万ユーロ(約85億円)の契約解除条項が設定されているが、マドリーは久保の移籍時に優位に動けるということだ。 ソシエダはマドリーで才能がありながら出番を得られなかった選手が過去にも加入しており、その代表格はノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール。2年間のレンタル移籍だったが1年早く呼び戻されていた。ただ、その後マドリーでは輝けず、アーセナルに移籍した結果、輝きを取り戻している。 久保を復帰させた方が良いという意見もある一方で、時期尚早という声も。2トップの一角やトップ下で現在はプレーしており、右サイドでもプレーが可能。2トップの一角やトップ下は今のマドリーにはないポジションだが、右サイドはスペイン代表FWマルコ・アセンシオ、ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエス、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデがポジションを争っている。 久保が仮に復帰してもベンチに座らせることは「馬鹿げている」と考えられており、ソシエダでのプレーを続けさせて久保の更なる成長を促す方が良いだろうという考えが強いようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英が古巣レアル・マドリー戦で躍動!高評価を得る</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="99xXFIrMALE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.31 13:08 Tue
twitterfacebook
thumb

準決勝の組み合わせが決定! マドリーvsバルセロナの“クラシコ”が実現《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝の組み合わせ抽選会が30日に行われ、セミファイナルの対戦カードが決定した。 26日に終えた準々決勝を勝ち抜いた4チームは、バルセロナ、オサスナ、ビルバオ、レアル・マドリー。 注目の準決勝では、アトレティコ・マドリーとのダービーを制したレアル・マドリーと、久保建英の所属するソシエダを下したバルセロナによるファイナル進出を懸けた“クラシコ”が実現。 また、今シーズンのラ・リーガで7位と躍進続くオサスナは、準々決勝では不調のセビージャを下して18季ぶりの4強入り。この準決勝では3週間前にリーグ戦でも対戦したビルバオと対戦する。 なお、準決勝はこれまでの一発勝負からホーム&アウェイ形式の2試合制に変更され、1stレグが2月28日,3月1日に、2ndレグが4月4,5日のいずれかの日程で開催予定だ。 ◆コパ・デル・レイ 準決勝組み合わせ レアル・マドリー vs バルセロナ オサスナ vs ビルバオ 2023.01.31 05:30 Tue
twitterfacebook
thumb

レアルDFがソシエダ戦でバレーボール? スローインブロックもお咎めなし、元主審は判定を批判「最も深刻な事態の1つ」

レアル・マドリーのDFナチョ・フェルナンデスのプレーが物議を醸している。 29日、ラ・リーガ第19節でマドリーはレアル・ソシエダと対戦した。 日本代表MF久保建英の古巣対決となったこの試合。互いに見せ場がありながら、両守護神が活躍。試合は0-0のゴールレスドローに終わった。 そんな中、この試合のとあるプレーが話題となっている。それがナチョが見せた後半のプレー。ソシエダのMFアシエル・イジャラメンディがスローインをしようとしたところ、突然前に立ちはだかり、そのボールを手でブロックしたのだ。 さながらバレーボールのアタックをブロックするかのような行動。明らかな妨害行為だ。 すでに1枚イエローカードをもらっていたナチョ。イエローカードが出てもおかしくない場面だが主審からはお咎めなし。ただ、元審判員たちは退場にさせるべきだったとした。 スペイン『アス』とスペイン『カデナ・セル』で解説を務める元審判員のイトゥラルデ・ゴンサレス氏はこのプレーに対して「ゴールを祝うためにシャツを脱ぐようなもの」とし、「明らかなイエローカードだ。2枚目だったはずだ」とコメント。ナチョにお咎めなしというのはおかしいとの見解を示した。 これで退場となっていれば、試合の流れは変わっていた可能性もあり、明らかな誤審だと言及。主審を糾弾した。 「1部リーグの審判員がレギュレーションも知らないとは認められない。そして今日、それは実証されてしまった」 「ルールを知らないか、適用をしたくないかのどちらかだろう。最も深刻な事態の1つだ」 「これは明らかにナチョへの2度目の警告となるはずだった。イマノールのものもレッドカードだろう。議論の余地はない。ルールを知る必要がある」 ナチョの妨害行為の後には、ソシエダのイマノル・アルグアシル監督はピッチの外に出たボールを保持して、プレー再開を遅らせていた。結果としてどちらもお咎めなしに終わったが、試合に流れを変えるかもしれないジャッジがしっかりされないのは大きな問題となりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】意味不明、1人バレーボールをするレアルDFもお咎めなし</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Nacho impidió así este saque de manos de la Real Sociedad. <br><br>No hubo tarjeta, la cual hubiera sido su segunda amarilla en el partido. <a href="https://t.co/JFklOJzups">pic.twitter.com/JFklOJzups</a></p>&mdash; ESPN Deportes (@ESPNDeportes) <a href="https://twitter.com/ESPNDeportes/status/1619847865781653506?ref_src=twsrc%5Etfw">January 30, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.30 21:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly