日本代表戦を前にエクアドル代表監督「足りないものを嘆くときではない」と強みを伸ばすと強調

2022.09.27 11:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表とのキリンチャレンジカップ2022を前に、エクアドル代表のグスタボ・アルファロ監督がコメントした。

カタール・ワールドカップ(W杯)にも出場するエクアドル。アルファロ監督の下で南米予選を勝ち抜き、本大会ではグループAに入った。

今回のインターナショナル・マッチデーでは、サウジアラビア代表と23日に対戦して0-0のゴールレスドローに。現時点では、日本戦がW杯前最後の試合となる。
試合前の記者会見に出席したアルファロ監督は、日本戦のメンバーについて言及した。

「午後のトレーニングでスターティングイレブンを決める。どの選手が回復に成功したのかを確認したい。まだ何人かはわからないが、いくつか変更があるだろう」

「私は選手たちに、『大会をスタートさせるのではなく、終わらせるんだ』と話している。予選を突破し、18試合を戦ったと伝えた」

「ワールドカップをまとめていく中で、どのチームも開幕戦で負けたことはない。それは克服すべき課題の1つだ」

高い目標を掲げて本大会に挑むエクアドルだが、もちろんチームには足りないものも。ただ、足りないものを埋められないと嘆くのではなく、良い部分を伸ばす方が良いと語った。

「我々が持っていないものや足りないもの、全てのチームが持っているものを嘆くために立ち止まることはできない。何かが欠けているとは感じるが、持っている多くの良いものを強化することを選ぶ。我々は、みんなと協力し、より高い効率を見出したい」

その中で、若い選手にも期待しているとのこと。成長する可能性がある選手が伸びていくことを期待した。

「選手たちは成熟するための能力を多く持っている。データと選手のパフォーマンスレベルを見れば、ピークは25か26歳に達するだろう。20歳、21歳の選手たちに、我々を代表する責任を与える」

「このチームには、もっと超越できる選手がいる。和解にもかかわらず、彼らはとても才能があり、私はいつも彼らに満足しないように言っている」

関連ニュース
thumb

W杯敗退のエクアドル、今の心境を“VAR”で表した1枚が反響!センスある投稿に他国ファンから称賛「VAR使ってるのおもろい」

カタール・ワールドカップ(W杯)でグループステージ敗退が決まったエクアドル代表が気丈に振る舞っている。 29日、グループA最終節でセネガル代表と対戦したエクアドル。引き分け以上で自力でのグループリーグ突破を決められたが、セネガルに先制を許すと、セットプレーから同点に追い付くものの直後に失点し、そのまま1-2で敗れた。 エクアドルは初戦でカタール代表を圧倒し、第2節のオランダ代表戦でも1-1の引き分けながら内容では凌駕していただけに、悔しいグループステージ敗退となった。 そんな中、エクアドルの公式ツイッターの投稿が話題に。「Mood」のコメントとともに添えられたのは、今大会の試合中によく見るVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定結果の画像だ。 だが、よく見ると写っているは座っている人のシルエットだけで、その左足だけがラインを超えており、その判定結果は「憂鬱」。まさにエクアドルのチームや国民の今の心境を表わした1枚になっている。 ウィットに富んだ投稿は大きな反響を呼んでおり、エクアドルのファンからは「辛すぎる」、「泣きたい」、「これ以上悲しませないでくれ」といった嘆きの声が多くあるが、他国のファンからは「面白い」、「VAR使ってるのおもろい」など好意的な反応が多く集まっている。 <span class="paragraph-title">【写真】エクアドルがVARを使って今の気持ちを明かす</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">mood <a href="https://t.co/9jKgxgbYXf">pic.twitter.com/9jKgxgbYXf</a></p>&mdash; La Tri (@LaTri) <a href="https://twitter.com/LaTri/status/1597725652488445952?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.30 18:05 Wed
twitterfacebook
thumb

20年ぶりのW杯決勝T進出に歓喜のセネガル、シセ監督「ノックアウト方式の試合には慣れている」

セネガル代表のアリウ・シセ監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメントに向けて気合いを語った。『ESPN』が伝えている。 セネガルは29日に行われたカタールW杯グループAでエクアドル代表と対戦した。決勝トーナメント進出のためには勝利が必須で、立ち上がりから攻勢を仕掛けると、前半終了間際にFWイスマイラ・サールがPKを決めて先制に成功。67分には反撃に出た相手に同点を許したが、その直後にセットプレーからDFカリドゥ・クリバリのゴールで再度ゴールを奪うと、2-1で勝利した。 この結果、セネガルの20年ぶりとなるW杯決勝トーナメント進出が決定。試合後には歓喜の涙を流す一幕もあったシセ監督だが、会見ではすでに次の戦いに向けて切り替えた姿を見せている。 「ここからの決勝トーナメントでは、また新たな大会が始まるようなものになる。そして、ノックアウト方式の試合はセネガルにとって良いことだろう。チームはこの戦いに慣れているからね」 「我々は日常的に、決定的な試合をこなしてきたのだ。だからこそ、今のこのグループには、こうした状況に直面したときに活かせる経験が蓄積されている」 「今、この段階では相手が誰であろうと関係なく、我々はピッチの上でベストを尽くさなければならない。そして、私はこのチームを理解している。7年をかけて、ここまで築きあげてきたのだからね」 2022.11.30 13:29 Wed
twitterfacebook
thumb

主将クリバリ弾でエクアドルに競り勝ったセネガルが逆転で2位通過を決定《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)のグループA最終節、エクアドル代表vsセネガル代表が29日に行われ、セネガルが1-2で勝利した。 ここまで1勝1分けでグループ2位に位置するエクアドルは、引き分け以上で自力でのグループリーグ突破を決められる優位な条件で最終節を迎えた。スコアは1-1も首位のオランダ代表を圧倒した前節からは先発2人を変更。累積警告でサスペンションのメンデス、ベンチスタートのポロソに代えてグルエソ、フランコを起用。並びを[5-4-1]から[4-3-3]に変更した。 一方、カタール代表を破って今大会初勝利を挙げて逆転での突破に望みを繋いだ3位のセネガル。勝利で自力での突破を決められる運命の最終節ではカタール戦から先発3人を変更。ディアタとディエディウ、ナンパリズ・メンディに代えてパテ・シス、パプ・グイエ、イリマン・エンディアイエとやや守備的なメンバーに入れ替え、並びも[4-4-2]から[4-2-3-1]と微調整を施した。 互いに勢いを持って試合に入ったが、序盤は勝利が必要なセネガルがよりパワーを使って攻撃に出ていく。 ボールハンターのイドリサ・グイエをトップ下に近い位置に配置して前から圧力をかけてショートカウンターを繰り出す“テランガのライオンたち”は、開始3分にイドリサ・グイエ、8分にディアとボックス内で続けて際どいシュートを放つ。 一方、序盤は相手のスピードと予想以上の勢いを持った入りに面食らったエクアドルだが、10分過ぎにセットプレーの流れから2戦連発中のエネル・バレンシアに続けてシュート機会が訪れると、引き続き重心は低いものの徐々に相手の攻撃にアジャストしていく。 前半半ばから終盤にかけてもセネガルペースが続くが、エクアドルの堅守を前になかなか決定機まで持ち込めず。試合は膠着状態に陥る。しかし、0-0でハーフタイム突入かに思われた前半終了間際に試合が動く。 42分、相手DFを振り切ってボックス内に侵入したイスマイラ・サールに対してカバーリングでの対応を試みたDFインカピエがアフターで交錯。このファウルでセネガルにPKが与えられる。これをサール自ら冷静にゴール右下隅へ蹴り込み、セネガルが先手を奪った。 これで突破へゴールが必要となったエクアドルはハーフタイム明けに2枚替えを敢行。グルエソとフランコを下げてシフエンテス、サルミエントとより攻撃的な選手を中盤に投入し、[4-4-2]に並びを変えた。 そして、早い時間帯の同点ゴールを目指すエクアドルは序盤からボールを握ってサイドを起点に揺さぶりをかけ、幾度か攻撃的なサイドバックのクロスから際どい場面を作り出す。 押し込みながらもあと一押しが足りない状況が続いたエクアドルだったが、セットプレーからゴールをこじ開ける。67分、右CKの場面でキッカーのプラタが左足アウトスウィングで正確なクロスを入れると、中央で競り勝ったトレースのヘディングシュートがファーに流れる。これをドフリーのカイセドが右足で突き刺し、再び突破へ優位な立場を取り戻した。 一方、耐え切れずに追いつかれたセネガルだったが、百戦錬磨のディフェンスリーダーが決定的な仕事を果たす。失点からわずか2分後の70分に相手陣内右サイドでFKを得ると、ボックス中央のバレンシアのクリアボールにゴール右で反応したクリバリが右足インサイドのボレーシュートをゴール左隅へ流し込み、瞬く間に勝ち越した。 これで再び突破へ優位に立ったセネガルは温存していたナンパリズ・メンディ、よりアスリート能力が高いディエンをパテ・シスとI・エンディアイエに代えて同時投入。すると、エンジン全開のメンディが八面六臂の活躍で反撃に出たいエクアドルの攻勢を封じ込めるクローザーとしての見事な存在感を示す。 その後、試合は1点差のまま6分が加えられた後半アディショナルタイムに突入。エクアドルは長身DFポロソを前線に上げて決死のパワープレーを敢行したが、守護神メンディとクリバリを中心に最後まで集中力を維持するセネガルの堅守を再びこじ開けることはできず。 この結果、エクアドルを退けてグループA2位通過を決めたセネガルは、12月4日に行われるラウンド16でグループB首位チームと対戦する。 エクアドル代表 1-2 セネガル代表 【エクアドル】 カイセド(後23) 【セネガル】 サール(前44[PK]) クリバリ(後25) 2022.11.30 02:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ファン・ハール監督がチームのパフォーマンスに苦言「我々はファイターになりきれなかった」

オランダ代表を率いるルイス・ファン・ハール監督が、エクアドル代表戦を振り返った。オランダ『テレグラフ』が伝えている。 オランダ代表は25日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループA第2節でエクアドルと対戦。共にグループステージ初戦を勝利した両者の一戦は、オランダが開始早々の6分に訪れたファーストチャンスでガクポがネットを揺らし、先制に成功する。 以降はゲームコントロールを試みるオランダに対して、カイセドを中心に中盤での守備強度を高めるエクアドルが幾度となく良いボール奪取からカウンターを繰り出す。 するとエクアドルは、後半開始早々に追いつく。49分、前線からの連続プレスで相手陣内中央でボールを奪い切ってショートカウンターを発動。ボックス左でエストゥピニャンが放った強烈なシュートはGKノペルトの好守に遭うが、こぼれにいち早く詰めたバレンシアが冷静に押し込んだ。 その後は同点弾で勢いづいたエクアドルが猛攻を見せたが、オランダ守備陣が粘りの対応で抑え込み、試合は1-1のドロー決着となった。 勝ち点1を分け合うもシュート数ではエクアドル15本に対し、わずか2本に終わったオランダ。ファン・ハール監督は試合を振り返り、"デュエル "の重要性を強調した。 「彼らはファイターであり、我々はファイターになりきれなかった。"デュエル "に勝たなければ、今日のような試合は難しくなる。試合を通して、エクアドルの方がずっと激しい動きを見せていた。それは、彼らのフィジカルとスピードにかかわることだ。世界チャンピオンになりたいなら、それができなければならない」 「ポゼッションにおいても、我々は決して良いプレーをしているわけではない。セネガル戦の後にそのことについて話したが、今回の試合でも同じことが見られた」 2022.11.26 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

エクアドルがオランダ圧倒もドロー決着! ガクポ&バレンシアが共に2戦連発《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)のグループA第2節、オランダ代表vsエクアドル代表が25日に行われ、1-1のドローに終わった。 セネガル代表との初戦を試合終盤のガクポ、クラーセンの2ゴールによって2-0の白星スタートを飾ったオランダ。この試合の勝利でグループリーグ突破1番乗りとなるファン・ハールのチームは初戦から先発3人を変更。デ・リフト、ベルフハイス、ヤンセンに代えてティンバー、クラーセン、コープマイネルスを起用した。 一方、、今大会の開幕戦となったホスト国カタール代表戦をエネル・バレンシアの2ゴールで2-0の勝利を飾ったエクアドル。連勝を目指す一戦ではイバーラに代えてポロソを起用した以外、同じメンバーを継続。ただ、[4-4-2]から守備的な[5-4-1]に並ぶを変えてきた。 エクアドルの初戦からの変化によって立ち上がりは互いに様子見の入りとなったが、オランダがファーストチャンスをいきなりゴールに結びつける。 開始6分、相手陣内中央でのカウンタープレスからクラーセンからボールを引き取ったガクポがペナルティアーク付近から左足を一閃。鋭い弾道のシュートがゴール左隅を射抜いた。 初戦に続くガクポのゴールで最高のスタートを切ったオランダだが、早い時間帯の同点を目指して反発力を示すエクアドルに押し返されるが、ファン・ダイクを中心に冷静に撥ね返していく。 以降はゲームコントロールを試みるオランダに対して、カイセドを中心に中盤での守備強度を高めるエクアドルが幾度となく良いボール奪取からカウンターを繰り出す。また、高い位置を取るダンフリースの背後を意識した左サイドの仕掛けからチャンスを窺う。32分にはその左サイドを起点にボックス手前でカットインしたバレンシアがニアを狙った強烈なミドルシュートを放つが、GKノペルトのビッグセーブに阻まれる。 その後もエクアドルペースで試合が進むと、前半終了間際のアディショナルタイムにはセットプレーの二次攻撃からプレシア―ドが放ったシュートをエストゥピニャンがコースを変えてゴールネットを揺らす。だが、この場面ではオフサイドポジションのポロソがGKの視界を遮ったとの判定でゴールは認められず。 前半唯一放ったシュートをゴールに結びつけたオランダのリードで折り返した試合。先制後は難しい状況が続いたファン・ハールのチームは、ベルフワインを下げてエースのデパイをハーフタイム明けに投入した。 だが、後半先にゴールをこじ開けたのはエクアドル。49分、前線からの連続プレスで相手陣内中央でボールを奪い切ってショートカウンターを発動。ボックス左でエストゥピニャンが放った強烈なシュートはGKノペルトの好守に遭うが、こぼれにいち早く詰めたバレンシアが冷静に押し込む、ガクポに続いて今大会2試合連続ゴールとした。 この同点ゴールで完全に勢いに乗るエクアドルは一息つくことなく逆転ゴールを目指す。59分には右サイド深くに侵攻したプレシアードからのマイナスクロスを、中央のバレンシアが右足ダイレクトで合わせる。DFファン・ダイクにブロックされたボールがボックス右のプラタの足元にこぼれると、得意の左足を振るが、今度はクロスバーを叩いた。 バーに救われて辛くもイーブンの状況を維持も、停滞した攻撃を一向に改善できないオランダ。デパイやガクポの個人技で局面の打開を試みるが、切り替えと守備の集結が速いエクアドルの堅守に苦戦。66分にはコープマイネルスがエリア外からようやく後半最初のシュートを放つが、これは枠を大きく外れる。 後半半ばから終盤にかけてはエクアドルにもさすがに消耗が出始めて試合は膠着状態に。何とか流れを変えたいオランダはガクポを下げてターゲットマンのヴェグホルストを投入するなど、攻撃のアプローチに変化を加えるが、この交代策も全く機能せず。 それでも、試合終盤は勢いが落ちたエクアドルの攻撃を守備陣が粘りの対応で抑え込み、試合は1-1のドロー決着となった。 試合全体を考えれば、紛れもなくエクアドルが勝ち点3に近づいていたが、オランダも泥臭く勝ち点1をもぎ取って突破に一歩前進。なお、29日に行われる最終節ではオランダがカタールと、エクアドルがセネガルと対戦し、引き分け以上で突破を決められる。 オランダ代表 1-1 エクアドル代表 【オランダ】 ガクポ(前6) 【エクアドル】 エネル・バレンシア(後4) 2022.11.26 03:13 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly