35歳GKシュマイケルが規律違反の常習犯に? ニース加入時はウェイトオーバーも

2022.09.22 20:17 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルが、今夏加入のニースでチームの輪を乱しかねない行動をとっているようだ。

昨季までレスター・シティに11年間在籍し、通算479試合でゴールマウスを守ったシュマイケル。2015-16シーズンの奇跡のプレミアリーグ優勝や、2020-21シーズンのFAカップ優勝に貢献するなど、クラブ史に名を残すプレーヤーとなった。

今夏に惜しまれつつもレスターを退団し、35歳にして自身初となるフランスの地に降り立った。だが、ニースは現在リーグ・アンで13位に低迷しており、ここ数日はルシアン・ファブレ監督の解任も噂されている。
そんななか、フランス『RMC Sport』によると、シュマイケルは正GKに定着していたものの、ファブレ監督との間に溝ができ、第8節のアンジェ戦で起用されず。さらに、ミーティングに遅刻するなどの規律違反もあるという。

ニース加入時点ですでにウェイトオーバー気味であり、体脂肪率が「非常に高い」数値を示していたとされるシュマイケル。レスターでは誰もが認める偉大なキャプテンだったが、現在はフラストレーションを溜め込んでしまっているのかもしれない。

関連ニュース
thumb

33歳シュナイデルラン、W・シドニーにローン移籍! 元ユナイテッドMFが豪州挑戦

Aリーグ・メンのウェスタン・シドニー・ワンダラーズは28日、ニースから元フランス代表MFモルガン・シュナイデルラン(33)の獲得を発表した。契約は今季いっぱいのローン。背番号「4」をつける。 守備的MFが主なプレーエリアのシュナイデルラン。ストラスブールでのプロ入りから、サウサンプトンでの活躍から、フランス代表としてブラジル・ワールドカップ(W杯)に出場。一時はマンチェスター・ユナイテッドでもプレーした。 だが、ユナイテッドでは地位を築けず、エバートンに放出され、2020年夏から現所属のニースに。昨季まで主力を担ったが、今季のここまで出場ゼロと苦しんでおり、一部メディアの報道通り、心機一転のオーストラリア挑戦が決まった。 新天地を通じて「ここに来られて本当に嬉しい。このクラブで自分の旅を始めるのが楽しみだ。ワンダラーズについて良いことをたくさん聞いている。スタートを切る準備はできているよ」とコメントしている。 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズはAリーグ・メン13試合を消化して勝ち点20を稼ぎ、12チーム中の3位に位置している。 2023.01.28 09:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ニース、アルジェリア代表MFブダウィとの契約を2027年まで延長

ニースは25日、アルジェリア代表MFヒチャム・ブダウィ(23)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたブダウィは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ニースでもっといい結果を残したいから契約延長にサインした。僕はニースで居心地よく過ごしているし、自分の立ち位置もわかっている。ここには成長し続けるために必要なものはすべて揃っているんだ」 「ニースでプレーを続けられることができて本当に幸せだよ。これからもチームとともに前進し、ファンの皆さんに喜んでいただけるよう、全力を尽くつもりだよ」 母国アルジェリアのパラドゥACで2018年にプロデビューしたブダウィは、2019年9月にニースに加入。加入初年度こそ出場機会に恵まれなかったが、2年目から主力に定着すると、在籍3年半で公式戦89試合に出場し8ゴール9アシストを記録していた。 アルジェリア代表としても10キャップを記録し、アルジェリア代表が優勝した2019年のアフリカネイションズカップにも出場していた。 2023.01.26 01:55 Thu
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドの33歳シュナイデルラン、オーストラリアAリーグ行きが濃厚に

かつてマンチェスター・ユナイテッドにも在籍した元フランス代表MFモルガン・シュナイデルラン(33)は、オーストラリア行きが濃厚のようだ。 シュナイデルランは2008年〜2015年にかけてサウサンプトンでプレーし、その間に2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)にも出場。2015年夏にユナイテッドへステップアップした。 残念ながらユナイテッドでは定位置を築けず、フランス代表からも徐々にフェードアウト。2017年1月にはエバートンへと放出され、2020年夏に現所属のニースへと辿り着いた。 ニースではプレミアリーグ通算200試合、国際Aマッチ通算15試合出場などの経験値を高く買われ、昨季まで主力としてプレーしていたが、今季はここまで出場ゼロ。フランス『フットメルカート』によると、Aリーグ・メンのウェスタン・シドニー・ワンダラーズへの移籍が濃厚になったとのことだ。 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは今季のリーグ戦で3位につけ、現在は元リヨンの元U-20ブラジル代表DFマルセロ(35)が在籍している。 2023.01.24 21:12 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャのエン=ネシリ、ニース移籍に迫る! 今季はリーグ戦いまだ無得点…

セビージャのモロッコ代表FWユセフ・エン=ネシリ(25)のニース移籍が近づいているようだ。スペイン『fichajes』が報じている。 2020年1月にレガネスから加入し、2020-21シーズンにはラ・リーガ38試合で18ゴールと大活躍を見せたエン=ネシリ。しかし、昨季は23試合で5ゴール、今季はここまで13試合でノーゴールと、すっかり以前の輝きは色褪せてしまっている。 先のカタール・ワールドカップでは2ゴールを記録し、母国の史上初のベスト4入りに貢献したものの、クラブではホルヘ・サンパオリ監督の信頼も損なってしまっている模様。現在はニースからオファーが届いているようだが、セビージャに抵抗するつもりはないようだ。 エン=ネシリもまたニース移籍を希望しているようで、三者は思惑は一致。1500万ユーロ程度の移籍金で決着すると見られている。 2023.01.22 14:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ウォルバーハンプトンがガボン代表MFレミナをニースから完全移籍で獲得、ユベントスでも過去にプレー

ウォルバーハンプトンは13日、ニースのガボン代表MFマリオ・レミナ(29)が完全移籍で加入することを発表した。 契約期間は2年半となり、2025年夏までとなる。なお、1年間の延長オプションが含まれている。 レミナはフランスのロリアンの下部組織で育ち、2013年1月にファーストチームに昇格。同年9月にマルセイユへと完全移籍する。 マルセイユでは公式戦50試合に出場し2ゴールの成績を収めると、その後、ユベントスへのレンタル移籍を経て、2016年7月に完全移籍。ユベントスでは公式戦42試合で3ゴール1アシストを記録。2019年9月にガラタサライへレンタル移籍すると、2020年8月にはフルアムへレンタル移籍。2021年7月にニースへ完全移籍していた。 ニースでは公式戦58試合で3ゴール1アシスト。今シーズンはリーグ・アンで14試合、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で5試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 世代別はフランス代表としてプレーしていたが、A代表は自身のルーツでもあるガボン代表を選択。25試合で3ゴールを記録している。これまでボランチを主戦場にサイドでもプレーしてきた。 2023.01.14 09:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly