ドイツ代表、ノイアー&ゴレツカがコロナ陽性…GKバウマンが追加招集に

2022.09.21 23:43 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツ代表に招集中のGKマヌエル・ノイアー、MFレオン・ゴレツカのバイエルン所属2選手が新型コロナウイルスの陽性判定となった。

ドイツサッカー連盟(DFB)は21日、ノイアーとゴレツカの新型コロナウイルス感染を報告。これに伴い、ホッフェンハイムのGKオリヴァー・バウマンの追加招集を発表した。

現在、両選手は隔離措置を取っており、代表チームが宿泊するホテルから離れている。また、代表チーム全体で迅速な抗原検査が実施され、すべてのメンバーは遠征前に陰性であることが確認される必要があるという。
DFBはまた、両選手との接触が確認された選手に関して、毎日検査を実施する予定だ。

ドイツは23日にホームでハンガリー代表と、26日にアウェイでイングランド代表とUEFAネーションズリーグ(UNL)の2試合を戦う予定だ。


関連ニュース
thumb

「マジで鳥肌もん」「涙出て止まりません」日本代表、ドイツ撃破の裏側が公開…「ドイツは俺らに負けるなんて1ミリも思ってないぞ」と吉田麻也の鼓舞にファンが感動

日本代表のチームの裏側を伝える「Team Cam」が公式YouTubeチャンネルで公開。ドイツ代表戦の裏側が明かされた。 23日、日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)の初戦で2014年の王者であるドイツ代表と対戦。下馬評ではドイツ優勢だったが、日本は先制を許した中で、堂安律、浅野拓磨の2ゴールで逆転勝利を収めた。 この勝利は日本のみならず世界中も驚かせることに。大きなサプライズとして広く知られている。 その試合前の様子を「Team Cam」で日本代表が公開。試合前、そしてハーフタイムにキャプテンであるDF吉田麻也がドレッシングルームで選手たちを鼓舞した姿が話題となっている。 ドイツ戦前。吉田は準備をしながら選手たちに「点取っても、点取られても、誰かが倒れても、集まる時は集まろう」とコメント。試合中の振る舞いについて語り、「ワールドカップだから楽しもう。こんなチャンスないぞ」と、19名が初経験となるW杯の試合に向けて、鼓舞する声をかけた。 そんな中、森保一監督は「日本中で応援してくれてるよ。それを背にして、みんなでパワーにして頑張るよ」と選手たちを後押し。ベスト8以上という目標に向けての大事な一戦に向けて声をかけると、吉田はさらに発破をかけた。 「ドイツは俺らに負けるなんて1ミリも思ってないぞ。そこに絶対隙があるから、みんなで行こう」 「歴史変えてきたやつは、勇気を持って前進してきたやつだけだから。今日は俺たちが歴史を変えよう」 試合前、吉田が選手たちに声をかけてボルテージを上げると、1-0で折り返したハーフタイムには「後半の後半は絶対スペースできるから」、「この45分だぞ。懸けよう、全部。行くぞ」と声を掛け、最終的には逆転勝利に繋がった。 これにはファンも「これほどカッコよくて、チームの雰囲気を高揚させる言葉なんてない」、「かっこよすぎる」、「涙出て止まりません」、「勝ちに行く気しかないのが最高」、「皆が凄すぎました!」、「誇りに思います」、「マジで鳥肌もん」と大きな反応。劇的な逆転勝利の裏側が見られたことへの感謝、そして勇気をもらう人が多いことがわかる。 <span class="paragraph-title">【動画】感動!ドイツ撃破の裏にあったキャプテン・吉田麻也のロッカーでの鼓舞</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XTO6HSyrMrg";var video_start = 1020;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.26 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

代表ユニのグラビア披露の日向坂46影山優佳さんも世界へ? 日本が誇るサッカー好きアイドルがドイツ戦感想を英文投稿

アイドル界一サッカーに造詣が深いとの呼び声が高い日向坂46の影山優佳さんが、世界を意識し始めたのかもしれない。 カタール・ワールドカップ(W杯)のドイツ代表vs日本代表で、ABEMAの生中継にスタジオ出演した影山さん。現地解説の本田圭佑へも鋭い質問を投げかけていた。 その影山さんは24日に自身のインスタグラムを更新。ドイツ戦の感想を簡潔ながらも的確に残した。しかも、海外を意識してか、日本語でだけでなく、同内容のものを英語でも綴っている。 「サッカーワールドカップで日本とドイツの試合にゲスト出演させていただきました!」 「前半はドイツの3バック戦術に苦戦しましたが、後半はかわって日本のアイデアや全員での攻守で魅了していましたね」 「三笘選手のウィングバッグは5バック戦術の最大のストロングポイントだった印象!これからのチームがますます楽しみです!」 すでにアイドルという枠を越え、日本でも指折りのゲストコメンテーターとなっている影山さん。世界からオファーが来る日も近いかもしれない。 なお、同日発売の『週刊ヤングジャンプ』のグラビア告知は、日本語のみにとどめている。こちらはユニフォームからスパイクまで着用した選手仕様の姿に加え、パジャマ姿でW杯の模造トロフィーを抱く姿などを掲載している。 「写真は本日発売の『週刊ヤングジャンプ』52号です!」 「代表ユニフォーム・審判・応援・パジャマなどなどさまざまな形でサッカーを楽しむ私をお届けしています」 「33Pから超コアなサッカーインタビューも!#冨安健洋 選手のインタビューもあります!」 「ぜひぜひよろしくお願いします〜!!」 <span class="paragraph-title">【写真】ドイツ戦の感想を英語でも綴った影山さん、代表ユニフォームやパジャマ姿のグラビア告知も</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClUzL3NvgRb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClUzL3NvgRb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClUzL3NvgRb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">影山優佳 / Yuka Kageyama(@kageyamayuka_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.26 08:20 Sat
twitterfacebook
thumb

スペイン戦控えるドイツ代表、日本戦欠場のサネが練習復帰

ドイツ代表FWレロイ・サネが27日のスペイン代表戦に向けて練習復帰した。 23日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)のグループE初戦で日本代表に1-2の逆転負けを喫したドイツ。この結果、ハンジ・フリック率いるチームは第2節でスペインに敗れ、日本がコスタリカ代表に勝利した場合、最終節を前に2大会連続のグループリーグ敗退が決定する崖っぷちの状況だ。 そういった中、苦境のチームにはわずかながら朗報が届いた。 ドイツ『Sportbuzzer』によると、25日に行われたトレーニングセッションでは初戦の日本戦を右ヒザの問題で欠場していたサネが復帰したという。 フリック監督が慎重な扱いを見せたため、サネはフルメニューをこなしていないものの、チームメイトと共にウォーミングアップや幾つかのボールを使ったトレーニングに参加した。 このトレーニング後に負傷箇所に問題が生じることがなければ、スタメン起用は難しいものの、スペイン戦での復帰は十分に可能だという。 なお、サネを除くそのほかの25名の選手たちはフルメニューをこなしている。 2022.11.26 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

世界も注目! 上司への感謝を綴った日本人サポーターへの粋な計らいが話題に「休暇もW杯も楽しんで」

NTT東日本が粋な計らいを見せたことが大きな話題となっている。 20日に開幕したカタール・ワールドカップ(W杯)。初の中東開催、初の冬開催となった中、23日には日本代表の初戦が行われた。 グループEに入った日本は、W杯を4度制しているドイツ代表、2010年の南アフリカW杯で優勝したスペイン代表と同居。さらに2014年のブラジルW杯ではベスト8に入ったコスタリカ代表と同居した。 戦前の予想では非常に苦しい戦いが待っているとされた中、23日に初戦を迎えると、多くの日本人サポーターも現地で観戦。試合はPKで先制を許すも、後半に堂安律、浅野拓磨とブンデスリーガでプレーする2人がゴールを決め、逆転勝利を収めた。 世界中を驚かせたこの逆転勝利。スタンドで見守った多くの日本人サポーターにとっても嬉しい結果となったが、1人の日本人サポーターが注目を集めた。 それはカタールW杯の公式ツイッターの投稿に載ったサポーター。紙に書かれたメッセージは「私のボスへ。2週間の休暇を取らせてくれてありがとうございます!」というものだった。 W杯観戦のために休暇を取ったと思われる男性。すると、NTT東日本の公式アカウントがこの写真を引用リツイートし、さらに話題となった。 「休暇も、そしてワールドカップも楽しんでください!あなたのボスより」 なんと、直接上司からのメッセージが届くという事態に。これには海外の人から大きな反響があり、「私は19年日本で暮らしていますが、友人が2週間も休んだのを見たことがありません」や、「この出来事をきっかけに、日本企業が休暇を楽しむ許可を与え続けることになりますように」など、日本企業が休みにくい体質にあるということを知る人からの対応の良さに評判が集まった。 <span class="paragraph-title">【写真】W杯を楽しむ社員へ、上司が粋な計らい</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">P <a href="https://t.co/VrnLxKWh4s">https://t.co/VrnLxKWh4s</a></p>&mdash; NTT東日本 (@NTTeastofficial) <a href="https://twitter.com/NTTeastofficial/status/1595975720928698369?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.25 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

「こりゃ強い」海外メディアが日本の勝利をいじる!悟空やルフィ、アニメキャラ11人を並べ「このメンバーでドイツに勝った」

ブラジルメディアがユーモアあふれる投稿で日本代表の勝利を祝している。 日本は23日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE第1節でドイツ代表と対戦した。PKで前半に先制を許すも、後半のシステム変更が奏功し、堂安律、浅野拓磨のゴールで2-1と逆転勝ち。戦前の下馬評を覆す大きな勝利を収めた。 世界中のメディアが驚きを持って報じるなか、ブラジルのエンタメ情報メディア『BCharts』は『Troll Football』によるユニークな一枚を引用した。 「後半、日本はこのメンバーでドイツに勝った」と、日本代表11人をアニメキャラクターに置き換えたコラージュ画像を掲載。集合写真には『ドラゴンボール』の孫悟空や『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィのほか、『名探偵コナン』の工藤新一などが登場した。 各作品の主人公などがずらりと並ぶ一枚には、海外ファから「大好きです」、「今日もドラゴンボール見に行く」、「まさにその通りだった」、「彼らはスーパーイレブンを召喚した」、「ユーモアとジョーク」などのコメントが届いた。 日本のファンにも好評のようで「ちょっキーパーw」、「こりゃ強いわ」、「コスタリカ戦はこのメンバーでお願いします」、「日本代表いじられる」などの声が寄せられている。 日本の次戦は27日、スペイン代表に0-7の大敗を喫したコスタリカ代表との対戦となっている。 <span class="paragraph-title">【写真】悟空やルフィに一護やサイタマまで!海外メディアがいじった日本代表イレブン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">A seleção do Japão foi pra cima da Alemanha assim no segundo tempo: <a href="https://t.co/pdHJGsd1aU">pic.twitter.com/pdHJGsd1aU</a></p>&mdash; BCharts (@bchartsnet) <a href="https://twitter.com/bchartsnet/status/1595431235697901569?ref_src=twsrc%5Etfw">November 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.25 17:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly