ザルツブルク、チェルシー関心の敏腕SDの残留を発表

2022.09.21 06:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ザルツブルクがチェルシー関心の敏腕スポーツ・ディレクター(SD)であるクリストフ・フロイント氏の残留を発表した。

フロイント氏はこれまでサディオ・マネ(バイエルン)のサウサンプトン移籍やナビ・ケイタのリバプール移籍、アーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)のドルトムント移籍、南野拓実(モナコ)のリバプール移籍など、重要な移籍に関連していた人物。

一方、チェルシーではこれまでディレクターを務め、多くの移籍やスポンサー契約などをまとめていたマリナ・グラノフスカイア氏がロマン・アブラモビッチ氏のオーナー退任を受けてディレクター職を退任。
その結果、後任がいない状態で今夏の移籍市場に臨んだチェルシーは、ことごとく獲得候補を他クラブに奪われてしまっていた。

そんな中でチェルシーはフロイント氏の引き抜きを画策していた。

しかしザルツブルクの最高経営責任者であるシュテファン・ライター氏は次のように語り、フロイント氏の残留を発表した。

クリストフ・フロイントは長年にわたって素晴らしい仕事をし、最近2026年まで契約を延長した。今後もザルツブルクのディレクターであることを確認する。もちろん、彼は私にチェルシーが関心を持っていることを伝えてくれた。意見交換をした上で今後も彼がザルツブルクのSDであり続けることを発表させてもうらよ」

関連ニュース
thumb

プリシッチはニューカッスルへGO! 元イングランド代表GKが提案「エディ・ハウなら…」

元イングランド代表GKポール・ロビンソン氏が、アメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチ(24)にニューカッスル行きをオススメした。 プリシッチは現在、カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中。アメリカ代表は3日の決勝トーナメント1回戦でオランダ代表に敗れて敗退となってしまったが、自身はグループステージでチームを勝利に導くゴールを挙げるなど、改めてその能力を世界にアピールした。 一方、所属するチェルシーでは加入以来、なかなか定位置を確保できず、今夏も退団が噂に。来年1月に向けてはマンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、ニューカッスルなどが獲得に動いているとされ、その去就に小さくない注目が集まっている。 そんななか、現役時代に2006年のドイツW杯を経験したP・ロビンソン氏は、イギリス『Football Insider』でプリシッチに最適なクラブとしてニューカッスルを提案。理由として指揮官の存在を挙げた。 「W杯のプリシッチには感銘を受けた。やはり、少しばかり遊びの心を持たせた方が輝くタイプだね。チェルシーでは上手くいかない日々が続くが、活かす戦術プランがありさえすれば、どこにいてもトッププレーヤーとして君臨する」 「ニューカッスルがベストな選択肢のはず。エディ・ハウ(監督)ならプレーヤーの最大限の能力を引き出してくれるよ。 彼は個々へのマネジメントが素晴らしいんだ。プリシッチにはピッタリだと思うよ」 2022.12.04 17:07 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、クロアチア代表CBグヴァルディオルに関心? 日本戦はスタメン確実

レアル・マドリーが、RBライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(20)への関心を強めているようだ。スペイン『Fichajes』が報じている。 5日にカタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦の日本代表戦を控えるグヴァルディオルは、グループステージで全3試合にフル出場し、日本戦もスタメンが確実。今夏にはチェルシー行きが噂された20歳のセンターバックだ。 所属するライプツィヒでは昨夏の加入から即座に定位置を掴み、今年9月に契約を2027年6月まで延長も、W杯の活躍で再びチェルシー行きが再燃し、つい先日には「将来のことはわからない」と発言。ついに欧州王者マドリーも無関心を装えなくなったようだ。 『Fichajes』は、ライプツィヒの同僚、フランス代表FWクリストファー・エンクンク(25)が来夏のチェルシー移籍を確実なものとしている一方、グヴァルディオルの去就は宙に浮いたままと説明。マドリーは来夏の獲得に本腰を入れる見込みとされている。 2022.12.04 15:26 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーと紐づく去就に「いずれわかるはず」 渦中のグヴァルディオルが開口

RBライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(20)がチェルシー行きの噂に口を開いた。 グヴァルディオルは母国の名門ディナモ・ザグレブから昨夏にライプツィヒ入りしたセンターバック。初の海外移籍だったが、公式戦46試合でピッチに立って今季も主力を張り、現在はカタール・ワールドカップ(W杯)の戦いに身を投じる。 今夏にトッテナムらの関心が囁かれたなか、チェルシーの本腰報道も熱を帯び、プレミアリーグ勢の人気銘柄に。そんな矢先の今年9月にライプツィヒとの契約を2027年6月まで延長したが、チェルシーの継続的な関心が取り沙汰される。 クロアチアのベスト16進出に貢献して、不屈の戦いぶりで反響を呼ぶ5日の日本代表戦に向かうグヴァルディオルだが、イギリス『The Athletic』でチェルシーと紐づく去就を問われると、決まり事なしと返したようだ。 「わからないよ。ここ数カ月の出来事は把握している。でも、正直に言って、まったくわからないんだ。僕の代理人がこのことに対応してくれているし、いずれわかるはず。今はライプツィヒで幸せさ。どうなるかは誰にもわからないけどね」 「もちろん、(チェルシーは)ビッグクラブだし、いつの日か僕もそこにいるかもしれない。そうなれば本当に素晴らしいし、(代表でチームメイトのマテオ・)コバチッチがいるからなおさらね。わからないけど、彼とはよく話をするんだ」 「今の僕からは話せるのはライプツィヒで幸せで、ここにとどまって、彼らのためにプレーするということだけさ」 2022.12.03 09:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ベナセル、ミランとの契約延長交渉不調の場合はプレミア行きか

ミランのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル(25)にプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランとの契約が2024年6月に切れるベナセル。ミランとの契約延長を最優先としているものの、チームメートのDFテオ・エルナンデスが受け取っている500万ユーロの年俸を希望しているとのこと。 仮にミランとの交渉が不調に終わった場合はチェルシーとアーセナルがベナセルの獲得に関心を持っているようでプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。 現状では両クラブとも関心を持っているレベルにとどまっているが、ミランとの交渉が進展しなければベナセル獲得へ本腰を入れる可能性があり、去就に注目が集まる。 2022.12.02 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

来夏去就注目のライスがステップアップ願望口に…

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)が来シーズンのステップアップ願望を明かした。イギリス『テレグラフ』が報じている。 現在、プレミアリーグ最高の若手ホールディングMFとしての評価を確立するハマーズのキャプテン。今夏にはステップアップの可能性が取り沙汰されたものの、愛するクラブとの紳士協定によって残留を決断した。 しかし、今夏積極的な補強を敢行したチームは、デイビッド・モイーズ監督の限界を露呈するようなリーグ戦の低迷を強いられており、23歳MFの来夏の退団がより現実味を帯びてきている。 そういった中、現在スリーライオンズの一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)という代表レベルにおける最高峰の舞台を経験するライスは、公式会見の場で自身の去就に言及。 周囲のチームメイト同様にクラブレベルでもチャンピオンズリーグ(CL)のような最高峰の舞台に挑戦したいと、改めてステップアップ願望を口にした。 「皆さんが知っているように、チャンピオンズリーグのフットボールをプレーし、トロフィーを獲得している友人がここにはいる。キャリアは1つしかなく、キャリアの終わりには、自分が何を勝ち取ったのか、プレーした最大のゲームを振り返りたいと思うものだ」 「僕は野心的で、それをやりたいと思っている」 なお、ウェストハムはライスの移籍金を7000万ポンド~1億ポンド(約116億~166億円)程度に見積もっており、移籍先候補に挙がるプレミアリーグのメガクラブにとって十分に支払いが可能な金額だ。 ただ、以前から有力な候補に挙がる古巣のチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールに関してはCL出場権獲得へ微妙な立ち位置となっており、マンチェスター・シティやアーセナルなどと競合した際にはその部分がネックとなりそうだ。 2022.12.02 05:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly