ブラジル屈指の好カードが大荒れ… 元セレソン同士のエキサイトに主審も呆れる?

2022.09.20 17:57 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラジル屈指の強豪チーム同士の対戦が、なんとも後味の悪い一戦となってしまった。ブラジル『グローボ』が伝えている。18日、カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)第27節のフラメンゴvsフルミネンセが行われた。3位と4位の上位対決として大きな注目を浴びた一戦は1-2でフルミネンセが勝利を収めたのだが、86~89分にかけて両チーム計4人の退場者を出す大荒れの展開となった。

フルミネンセの1点リードで迎えた86分、ボックス付近でのファウルを発端に事件は発生。フラメンゴFWマリーニョが倒れた相手選手を踏みつけたかと思えば、それに激昂したフルミネンセDFマノエウマリーニョを体当たりで突き飛ばす。当然ながら両選手ともレッドカードが提示された。
さらに、両選手を制止する輪とは別のところでフラメンゴDFダビド・ルイスとフルミネンセMFフェリペ・メロの元ブラジル代表同士が激しくエキサイト。すかさず主審が割って入ったものの、お構いなしで口論を続け、主審も半ば諦めた様子で2人のそばを離れていった。

こちらはなんとか落ち着いたようだが、続く89分にもこの大乱闘が尾を引く形で両チームから1人ずつ退場者が。フルミネンセは開始早々の6分にも退場者を出しており、両チーム合わせて5枚ものレッドカードが提示されるという試合になってしまった。

1 2

関連ニュース
thumb

神戸が狙っていたGKウーゴ・ソウザからベンフィカが撤退…ピッチ外の問題がネックに

ヴィッセル神戸が獲得を目指していたとされているフラメンゴのブラジル代表GKウーゴ・ソウザ(23)だが、噂されたベンフィカへの移籍も無くなったようだ。ブラジル『Torcedores』が伝えた。 ブラジル代表歴もあるウーゴ・ソウザはフラメンゴの下部組織育ちで、2019年9月にファーストチームに昇格。ここまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで46試合に出場し11試合でクリーンシートを達成。コパ・リベルタドーレスでも5試合に出場していた。 神戸が獲得のオファーを出し、50%の保有権に対して130万ドル(約1億7000万円)を支払い、3年契約を提示し合意したとされていたが、一転して家族の問題で日本行きを拒否していた。 そのウーゴ・ソウザにはベンフィカが獲得に乗り出し、本人も希望していたヨーロッパでのプレーが叶うことになると思われていた。 しかし、現在は彼を欲しがるクラブは存在しないとのこと。ベンフィカが獲得を見送った理由にはウーゴ・ソウザが抱える問題があるという。 『Torcedores』はフラメンゴの関係者のコメントとしてウーゴ・ソウザの問題点を紹介。「彼をチームに入れることはリスクになる」と語った人物は、「ピッチ外のことを優先してきた」、「グループ内でポジションを争う意欲をほとんど見せない」と指摘している。 神戸との契約も合意しながら家族の問題でブラジル残留に翻意。これはフラメンゴの幹部を怒らせたともいう。 また、フラメンゴも彼を戦力として考えていないとのこと。チームには留まらせるものの、ポジションを与える気はないようだ。 ウーゴ・ソウザは2025年12月までフラメンゴとの契約を残しており、移籍金は7000万ユーロ(約100億円)とのこと。この移籍金もかなりネックになっているとされている。 <span class="paragraph-title">【動画】GKウーゴ・ソウザのパフォーマンス集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="oNuqPqjpv00";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.24 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサが19歳の右SBを獲得か、フラメンゴの逸材

バルセロナが、フラメンゴの逸材を獲得するつもりのようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。 バルセロナが関心を持っているのは、フラメンゴU-20に所属するブラジル人DFウェズレイ(19)。右サイドバックや右サイドハーフを主戦場としてプレーしている。 ファーストチームでの試合にも出場し、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでの1試合など4試合に出場している。 フラメンゴの逸材として評価の高いウェズレイだが、バルセロナが関心。バルセロナ・アトレティックでプレーすることになるが、買い取りオプションが付いている1年間のレンタル移籍でオファーを出しているという。なお、フラメンゴとの契約は2025年12月まで残っている。 チャビ・エルナンデス監督が率いるバルセロナは、右サイドバックの選手が枯渇。エクトル・ベジェリン、セルジ・ロベルト、ジュール・クンデ、アレハンドロ・バルデ、ロナルド・アラウホがプレーしている状況だ。 再三右サイドバックの補強に動いているバルセロナだが、今冬の移籍市場ではファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に抵触する可能性があるため、補強に動けていない状況。その中で、将来的な右サイドバックを任せられる選手を獲得はできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】バルセロナが獲得を目指すウェズレイ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">O Flamengo está negociando o empréstimo do lateral-direito Wesley, de 19 anos, ao Barcelona, da Espanha. <br><br>Joia da base, o atleta tem quatro jogos como profissional e se destacou muito no sub-20 <a href="https://t.co/zKfVEysZHj">pic.twitter.com/zKfVEysZHj</a></p>&mdash; ge (@geglobo) <a href="https://twitter.com/geglobo/status/1617509484984672257?ref_src=twsrc%5Etfw">January 23, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.24 13:05 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸が獲得に迫ったブラジル人GK、一転日本行きを拒否、ベンフィカ移籍が近づく

ヴィッセル神戸が獲得を目指し、加入に近づいているとされていたフラメンゴのブラジル人GKウーゴ・ソウザ(23)だが、ヨーロッパへの移籍が近づいているようだ。 2022シーズンは上位を目指していながらも長らく降格圏に沈んでいた神戸。J1残留を果たした中で、外国人GKを補強する動きを見せていた。 ブラジル代表歴もあるウーゴ・ソウザはフラメンゴの下部組織育ちで、2019年9月にファーストチームに昇格。ここまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで46試合に出場し11試合でクリーンシートを達成。コパ・リベルタドーレスでも5試合に出場している。 当初はブラジルの報道で神戸行きを望んでいないとされていた中で、神戸は50%の保有権に対して130万ドル(約1億7000万円)を支払い、3年契約を提示し合意したという報道が出ていた。 ウーゴ・ソウザが日本行きを決断したと思われたが、家族のことを考えてやはり日本行きを渋ることに。そして、移籍先がヨーロッパになるという報道が出てきた。 ポルトガル『レコルド』によれば、ベンフィカがフラメンゴとウーゴ・ソウザの獲得に向けて交渉中。そして加入が近づいているとのことだ。 ウーゴ・ソウザは既にブラジルで2度のリーグ王者になっており、2021-22シーズンのコパ・リベルタドーレスも制しており、コパ・ド・ブラジル(国内カップ戦)も制するなど、若くして多くの経験を持っており、199cmと長身、セービング技術も高いと高い評価を得ている。 <span class="paragraph-title">【動画】GKウーゴ・ソウザのパフォーマンス集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="oNuqPqjpv00";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.17 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

残留争い中のウォルバーハンプトン、ジョアン・ゴメス獲得も決定的に!

ウォルバーハンプトンがフラメンゴからブラジル人MFジョアン・ゴメス(21)も獲得する見通しのようだ。 プレミアリーグでよもやの残留争いを余儀なくされるなか、この1月の移籍マーケットで補強を進めるウォルバーハンプトン。ニースからガボン代表MFマリオ・レミナ(29)を射止めたなか、新たに獲得が噂されるのが最近、リバプールの関心報道もあったジョアン・ゴメスだ。 リバプール行きの話が出た際に「僕がプレーしたいチーム」と相思相愛を口にした守備的MFだが、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ウォルバーハンプトンが移籍金1700万ユーロ(約23億5000万円)でクラブ間合意に達したと報じられる。 そのロマーノ氏の続報によれば、ジョアン・ゴメスはメディカルチェックを受けるため、数時間以内にもイングランドへ。ウォルバーハンプトンはパリ・サンジェルマンからスペイン代表FWパブロ・サラビア(30)の獲得にも迫るなか、先んじてジョアン・ゴメスの移籍が形となる模様だ。 2023.01.16 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ウルブス、21歳ジョアン・ゴメスも獲得か…かつてリバプールとの相思相愛を口の守備的MF

ウォルバーハンプトンがフラメンゴからブラジル人MFジョアン・ゴメス(21)の獲得にも向かっているようだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ウォルバーハンプトンはフラメンゴと移籍金1700万ユーロ(約23億6000万円)で完全合意。選手とも個人合意に至り、5年契約でサインに近いという。 ジョアン・ゴメスはフル代表こそ未経験だが、ボールの奪取力と推進力が魅力の守備的MF。2021年7月にフラメンゴの1stチームに昇格してから日が浅いが、すでに通算117試合の出場数を誇り、最近ではリバプールの関心話も立った。 そんな21歳はリバプールの関心報道が浮上した当時、「僕がプレーしたいチームだ」と相思相愛もちらつかせたが、昨年9月にフラメンゴとの契約を2027年夏まで延長。だが、今冬にウォルバーハンプトンで欧州に活躍の場を移すようだ。 なお、プレミアリーグ19位に沈み、ここから巻き返しが求められるウォルバーハンプトンはニースからガボン代表MFマリオ・レミナ(29)の獲得が濃厚視。それに続いて、ジョアン・ゴメスの獲得も決めた模様だ。 2023.01.13 18:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly