バイエルン撃破のアウグスブルク、試合後のツイートが「めちゃくちゃ煽る」と大反響「世界No.1クラブかも」

2022.09.19 21:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アウグスブルクの冗談が大盛り上がりを見せている。

アウグスブルクは17日、ブンデスリーガ第7節でバイエルンをホームに迎え、1-0で勝利。ドイツ人FWメルギム・ベリシャのゴールで先制し、ポーランド代表GKラファウ・ギキェヴィツの奮闘もあって、ダービーを制した。

バイエルンに今季初めて土をつけたアウグスブルクは、試合後に公式ツイッターを更新。13日のチャンピオンズリーグ(CL)でバイエルンがバルセロナを下したことを引き合いに出し、そのバイエルンに勝った自クラブこそ「ヨーロッパ最大のクラブ??」と、2試合のスコアを並べて投稿した。
AがBに勝ち、BがCに勝てば、CはAより強いといった話はファンの間で冗談として多分に使われるが、公式アカウントがジョークツイートをしたことで爆発的な注目を集めることとなった。

投稿には20万を超える「いいね」が与えられ、「こういうの好きだよ」、「世界No.1クラブかもしれん笑」、「ついに本当のブンデスリーガのタイトル争いが実現するのだろうか?」、「マジでワロタ」、「めちゃくちゃ煽るやん」、「バルサとばっちり」など、各国のファンから反応が寄せられた。

中には煽りを煽りで返すかの如く、アウグスブルクが敗れた試合のスコアを引用して「(本当に)ヨーロッパ最大のクラブ?」とのコメントを残すものも。さらには、持論で世界規模のクラブを述べ出すファンも増加し、「僕の中でのトップ10クラブは……」との返信も散見されるなどの盛り上がりを見せている。

なお、ブンデスリーガ公式サイトによれば、アウグスブルクは昨シーズンに続き、ホームでバイエルンに勝利。また、バイエルンの国内での連続得点試合記録が87試合でストップし、前回の無得点試合は当時ユリアン・ナーゲルスマン監督が指揮を執っていたRBライプツィヒが相手だったこと。決勝点のベリシャはザルツブルク時代にCLで2度、バイエルンからゴールを奪っていることなどを紹介している。

ブンデス王者と同じくバイエルン州に本拠地を構えるアウグスブルク。ダービーでの勝利により、よほどの高揚感を得たに違いない。



1 2

関連ニュース
thumb

遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルト、アウグスブルクに競り勝って2勝目《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは29日、ブンデスリーガ第12節でアウグスブルクをホームに迎え、2-1で競り勝った。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 前節ドルトムントに惨敗した16位シュツットガルト(勝ち点8)は遠藤が[4-4-2]の中盤センターで、リーグ戦3試合ぶり先発の伊藤が4バックの右センターバックでスタートした。 12位アウグスブルク(勝ち点14)に対し、シュツットガルトは開始4分に失点してしまう。ザガドゥがあっさりニーダーレヒナーに競り負けてボックス内へ侵入され、そのままシュートを決められた。 それでも15分にすかさず追いつく。左サイドからソサが右足で上げたインスウィングのクロスをギラシーが頭で合わせた。 その後は一進一退の攻防が続くと、20分にはピンチ。しかしベリシャのボレーシュートはGKミュラーがセーブした。 41分にはヒューリッヒがGK強襲のシュートを浴びせたシュツットガルトだったが、1-1で前半を終えた。 迎えた後半も一進一退の攻防で立ち上がった中、徐々にシュツットガルトが攻勢をかけていく。 65分には持ち上がった遠藤がミドルシュートで牽制すると、69分にはCKの流れから遠藤がボレーでゴールに迫っていった。 終盤にかけてさらに圧力を強めたシュツットガルトは後半追加タイム1分に逆転弾。トマスのヒールパスでボックス右のスペースに抜け出したアントンがシュートを決めきった。 これが決勝点となって劇的勝利。シュツットガルトが今季2勝目を挙げている。 2022.10.30 00:53 Sun
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク、復帰目前だったDFドルシュの再離脱を発表

アウグスブルクは12日、ドイツ人MFニクラス・ドルシュが再び中足骨を骨折し再離脱したことを発表した。 開幕前に行われたスタッド・レンヌとのプレシーズンマッチで中足骨を骨折し、以降3カ月に渡って戦線離脱が続いていたドルシュ。 クラブの発表によれば、復帰が目前となっていたドルシュは7日にセカンドチームの試合に出場するも、その試合で再び中足骨を骨折。13日に同箇所の手術を受けることが決定し、年内の復帰が絶望となったようだ。 なお、クラブは同日にドイツ人FWアンドレ・ハーンが軟骨の破片を取り除く手術を受け、無事に成功したことも発表していた。 2022.10.13 01:45 Thu
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のシャルケ、10人アウグスブルクに競り負ける《ブンデスリーガ》

シャルケは2日、ブンデスリーガ第8節でアウグスブルクをホームに迎え、2-3で競り負けた。シャルケのDF吉田麻也はフル出場している。 代表ウィーク前の前節、ドルトムントとのレヴィア・ダービーに敗れたものの、守備面で計算の立ってきた14位シャルケ(勝ち点6)は、吉田が[4-4-2]の左センターバックで開幕から8試合連続スタメンとなった。 前節バイエルンから金星を挙げた11位アウグスブルク(勝ち点9)に対し、ロングボールを多用されたシャルケは9分に失点する。サイド攻撃を受けた流れからデミロビッチに決められた。 失点を受けて前がかったシャルケだったが、21分に一瞬の隙を突かれてデミロビッチにゴールを許し、リードを広げられてしまう。 2点を追う展開となったシャルケが引き続き前がかる中、33分に1点を返す。ドレクスラーとのパス交換からテローデがシュートを決めきった。 1-2で迎えた後半、立ち上がりに吉田の相棒であるファン・デン・ベルフが負傷交代となったシャルケ。一進一退の展開で推移した中、63分に追いつく。ドレクスラーのパスをボックス左で受けたクラウスがシュートを流し込んだ。 そして71分、シャルケが数的優位となる。吉田との空中戦の競り合いでベリシャに2枚目のイエローカードが提示され、退場となった。 しかし77分、勝ち越されてしまう。分厚い攻撃を受けた流れから右クロスをハーンに頭で決められた。 7分の追加タイムが与えられた中、攻勢を強めたシャルケだったが、2-3のまま敗戦。数的優位を生かせなかった。 2022.10.03 02:29 Mon
twitterfacebook
thumb

世にも珍しい! GKノイアーのドンピシャヘッド、相手GKがワンハンドセーブ!

守護神同士のマッチアップが話題となった。 17日、ブンデスリーガ第7節でアウグスブルクとバイエルンが対戦。試合は1-0でアウグスブルクが勝利した。 チャンピオンズリーグ(CL)も含め、今季無敗のバイエルンだったが、直近のリーグ戦3試合は、日本人選手所属チーム相手に3連続ドローと勝ちきれていなかった。 CLではインテル、バルセロナと2-0で連勝していた中、アウグスブルクとアウェイで対戦。しかし、攻め込みながらも苦しむ展開となる。 すると0-0で迎えた59分にメルギム・ベリシャにゴールを許して先制されると、その後も相手GKラファウ・ギキェヴィツの好プレーもありゴールを奪えない。 すると、1点ビハインドのまま迎えた後半アディショナルタイム5分にバイエルンがCKを獲得。するとドイツ代表GKマヌエル・ノイアーもゴール前に上がり攻撃参加。するとクロスに対してノイアーがドンピシャヘッドを見せる。 このシュートは枠に飛ぶも、ギキェヴィツが片手でセーブ。こぼれ球のクリアを拾われると、浮き球のパスに対してノイアーが飛び込みに行くがわずかに届かず。枠に飛んだボールもギキェヴィツが片手で掻き出し、ノイアーの眼前でクリーンシート達成。アウグスブルクが1-0で勝利した。 なお、バイエルンは2020年2月9日のRBライプツィヒ戦から続いていたブンデスリーガの連続得点試合記録が87試合でストップ。貴重なクリーンシートとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ノイアーのドンピシャヘッドをワンハンドセーブ!ゴール前でのGK同士の珍しい争い</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="j6V0hDNgs8s";var video_start = 52;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.18 17:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ブンデス3戦連続ドローの次は初黒星…ナーゲルスマン「スタッツ的に我々が勝って然るべき試合」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督がコメントした。 17日に行われたブンデスリーガ第7節でアウグスブルクのホームに乗り込んだバイエルン。ミッドウィークのチャンピオンズリーグを勝利してのゲームだったが、今節も敵陣深くに攻め入る形を作りながら、ゴールを決められず、59分の失点で0-1の黒星を喫した。 これで開幕3連勝からの3試合連続ドローを挟み、初黒星。ドイツ『Sport 1』によると、ナーゲルスマン監督は勝つべき試合を落としたと振り返っている。 「スタッツを見たら、我々が勝って然るべき試合だった。あの失点を防げていたら、後半にさほぼ危険な場面はなかったと思う。0-1にされてからプレッシャーも大きくなり、難しくなってしまったね」 また、進退も危ぶまれ始める35歳の青年指揮官はまた、チームの修正ポイントについて「色々ある。勝つ上で、相手GKとの一対一はモノにしないと」と述べると、FWロベルト・レヴァンドフスキが去ってから物足りないとされるストライカーにも言及している。 「今日のベンチにはクラシックな9番のシュポがいて、途中から使ったが、彼以外のストライカーはいない。私がノーと言ったら『問題を認識していない』と書かれ、イエスと言っても『レヴァンドフスキを恋しがっている』と書かれるのだろう」 2022.09.18 16:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly