世にも珍しい! GKノイアーのドンピシャヘッド、相手GKがワンハンドセーブ!

2022.09.18 17:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
守護神同士のマッチアップが話題となった。17日、ブンデスリーガ第7節でアウグスブルクとバイエルンが対戦。試合は1-0でアウグスブルクが勝利した。

チャンピオンズリーグ(CL)も含め、今季無敗のバイエルンだったが、直近のリーグ戦3試合は、日本人選手所属チーム相手に3連続ドローと勝ちきれていなかった。
CLではインテル、バルセロナと2-0で連勝していた中、アウグスブルクとアウェイで対戦。しかし、攻め込みながらも苦しむ展開となる。

すると0-0で迎えた59分にメルギム・ベリシャにゴールを許して先制されると、その後も相手GKラファウ・ギキェヴィツの好プレーもありゴールを奪えない。

すると、1点ビハインドのまま迎えた後半アディショナルタイム5分にバイエルンがCKを獲得。するとドイツ代表GKマヌエル・ノイアーもゴール前に上がり攻撃参加。するとクロスに対してノイアーがドンピシャヘッドを見せる。

このシュートは枠に飛ぶも、ギキェヴィツが片手でセーブ。こぼれ球のクリアを拾われると、浮き球のパスに対してノイアーが飛び込みに行くがわずかに届かず。枠に飛んだボールもギキェヴィツが片手で掻き出し、ノイアーの眼前でクリーンシート達成。アウグスブルクが1-0で勝利した。

なお、バイエルンは2020年2月9日のRBライプツィヒ戦から続いていたブンデスリーガの連続得点試合記録が87試合でストップ。貴重なクリーンシートとなった。


1 2

関連ニュース
thumb

ドルトムント戦で負傷交代のアウグスブルクFWバルガス、2~3週間の離脱

アウグスブルクのスイス代表FWルベン・バルガスは2~3週間の離脱で済んだようだ。アウグスブルクを率いるエンリコ・マーセン監督が明かしている。 バルガスは22日に行われたドルトムント戦でDFマッツ・フンメルスの後方からのタックルを受けて負傷。12分にピッチを後にした際には涙を流していたため、重傷も予想されていた。 マーセン監督によれば腓骨と腓骨の間にある膜に裂傷を負った程度で済んだとのこと。 アウグスブルクのサイドアタックを任されているバルガスは今季ブンデスリーガ12試合の出場で1ゴール2アシストを記録していた。 2023.01.24 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

アラー復帰のドルトムント、アウグスブルクとの壮絶な打ち合いを制す《ブンデスリーガ》

ドルトムントは22日、ブンデスリーガ第16節でアウグスブルクをホームに迎え、4-3で競り勝った。 首位バイエルンを9ポイント差で追う6位ドルトムント(勝ち点25)は、カタール・ワールドカップで活躍のベリンガムが先発。癌を克服したアラーが移籍後初めてベンチ入りした。 14位アウグスブルク(勝ち点16)に対し、ムココを最前線に、2列目に右からアデイェミ、ブラント、マレンと並べる[4-2-3-1]で臨んだドルトムントが押し込む展開で推移する。 右サイドのアデイェミ、新戦力のリエルソンを起点に攻め込んでいた中、23分に絶好機。ブラントが中央を打開してラストパス。ムココがボックス中央で受けてGKと一対一となったが、シュートは枠を捉えきれなかった。 それでも30分、ベリンガムの個人技で先制する。ボックス手前右でDFを一瞬外し、右足を一閃。正確なシュートがゴール右に決まった。 しかし40分、ミスから追いつかれる。N・シュロッターベックの自陣でのボールロストからマイアーにゴールを許してしまった。 それでも42分、N・シュロッターベックが自らミスを取り返す。右サイドのブラントのFKからN・シュロッターベックのヘディングシュートが決まった。 45分にはFKからフンメルスのヘディングシュートで3点目に迫ったもののGKの正面を突くと、追加タイム2分に再び追いつかれる。デミロビッチにディフェンスライン裏を取られてシュートを流し込まれた。 2-2で迎えた後半も同様の展開で推移した中、62分にアラーを投入。さらに70分、バイノー=ギテンスとレイナを投入し、攻撃陣の活性化を促した。 すると75分に勝ち越し。決めたのはバイノー=ギテンス。左サイドからカットインしたバイノー=ギテンスがボックス手前左から右足を振り抜き、ゴール右にシュートを蹴り込んだ。 しかしわずか2分後、直前に投入されていたチョリナにゴールを許し、三度同点とされてしまう。 それでも78分、ドルトムントが四度目のリード。ロングフィードを受けたレイナがボックス右からボレー。正確なシュートがネットを揺らした。 これが決勝点となってドルトムントが勝利。壮絶な打ち合いを制して再開初戦を制した。 2023.01.23 01:33 Mon
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク、フィンランド代表MFイェンセンと2025年まで契約延長

アウグスブルクは20日、フィンランド代表MFフレドリク・イェンセン(25)との契約を2025年6月30日まで延長した。 新契約にサインしたイェンセンは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「契約を更新できたことをとても嬉しく思っているよ。アウグスブルクでとても居心地よく過ごしているんだ。我々には最高のメンバーが揃っており、FCAの将来性を信じている」 「あとは目標を達成し、今後数年間ブンデスリーガで良い活躍を続けられるように、みんなで力を合わせて頑張っていきたいと思っている」 2018年の夏にトゥベンテからアウグスブルクへ加入したイェンセンは、在籍4年半で公式戦59試合に出場し6ゴール7アシストをマーク。今季もここまで公式戦12試合で2ゴールを記録していた。 また、各年代のフィンランド代表に選出されてきたイェンセンは、2017年3月のフィンランド代表戦でフル代表デビューを飾ると、これまで26試合に出場し7ゴールを記録している。 2023.01.21 01:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ニーダーレヒナーが来夏加入内定のヘルタに今冬前倒し加入!

ヘルタ・ベルリンは18日、アウグスブルクからドイツ人FWフロリアン・ニーダーレヒナー(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「7」に決定。契約期間は2025年6月30日までの2年半となる。 ヘルタは今月3日にニーダーレヒナーの来夏加入をすでに発表していたが、今冬の加入を希望するクラブが再交渉を行った結果、前倒しでの加入が実現することになった。 これまでハイデンハイムやマインツ、フライブルクなど国内クラブを渡り歩いたニーダーレヒナーは、2019年夏にアウグスブルクへ移籍。加入初年度からエースストライカーとして活躍すると、在籍3年半で公式戦107試合に出場し30ゴール21アシストを記録。今季もここまで公式戦16試合で5ゴール2アシストを記録していた。 2023.01.18 22:52 Wed
twitterfacebook
thumb

アウグスブルクがイェボア&カルドナと2人のストライカー獲得!

アウグスブルクは18日、U-21イタリア代表FWケルビン・イェボア(22)とフランス人FWイルヴァン・カルドナ(25)の2選手の獲得を発表した。 イェボアは、かつてフランクフルトでブンデスリーガ2度の得点王に輝いた元ガーナ代表FWアンソニー・イェボアを叔父に持つサラブレッド。 ガーナ生まれイタリア育ちの185cmのストライカーは、WSGティロル、シュトゥルムグラーツとオーストリアのクラブでブレイクを果たすと、2022年1月にジェノアへ完全移籍。加入直後から主力として活躍したものの、チームは無念のセリエB降格に。そのまま残留した今シーズンはセリエBで11試合1ゴール1アシストの数字を残していた。 また、ガーナとイタリアの国籍を有するが、現在はU-21イタリア代表でプレーしている。全体的に粗削りな面は否めないが、センターフォワードに加え、左右のウイングでプレー可能なスピードとテクニックを併せ持つ逸材だ。 なお、移籍形態は買い取りオプション付きの今シーズン終了までのレンタルとなる。 一方、モナコの下部組織育ちのカルドナは、2019年に加入したスタッド・ブレストで台頭。ここまで公式戦106試合19ゴール7アシストと数字面では目立った活躍はないものの、高い身体能力を生かした意外性のあるフィニッシュが印象的な185cmのストライカーだ。ただ、今シーズンのブレストではリーグ戦10試合ノーゴールと思うような活躍を見せられずにいた。 なお、アウグスブルクへは2027年6月30日までの4年半契約での加入となる。 2023.01.18 22:38 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly