バイエルン撃破のアウグスブルク、試合後のツイートが「めちゃくちゃ煽る」と大反響「世界No.1クラブかも」

2022.09.19 21:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アウグスブルクの冗談が大盛り上がりを見せている。アウグスブルクは17日、ブンデスリーガ第7節でバイエルンをホームに迎え、1-0で勝利。ドイツ人FWメルギム・ベリシャのゴールで先制し、ポーランド代表GKラファウ・ギキェヴィツの奮闘もあって、ダービーを制した。

バイエルンに今季初めて土をつけたアウグスブルクは、試合後に公式ツイッターを更新。13日のチャンピオンズリーグ(CL)でバイエルンがバルセロナを下したことを引き合いに出し、そのバイエルンに勝った自クラブこそ「ヨーロッパ最大のクラブ??」と、2試合のスコアを並べて投稿した。
AがBに勝ち、BがCに勝てば、CはAより強いといった話はファンの間で冗談として多分に使われるが、公式アカウントがジョークツイートをしたことで爆発的な注目を集めることとなった。

投稿には20万を超える「いいね」が与えられ、「こういうの好きだよ」、「世界No.1クラブかもしれん笑」、「ついに本当のブンデスリーガのタイトル争いが実現するのだろうか?」、「マジでワロタ」、「めちゃくちゃ煽るやん」、「バルサとばっちり」など、各国のファンから反応が寄せられた。

中には煽りを煽りで返すかの如く、アウグスブルクが敗れた試合のスコアを引用して「(本当に)ヨーロッパ最大のクラブ?」とのコメントを残すものも。さらには、持論で世界規模のクラブを述べ出すファンも増加し、「僕の中でのトップ10クラブは……」との返信も散見されるなどの盛り上がりを見せている。

なお、ブンデスリーガ公式サイトによれば、アウグスブルクは昨シーズンに続き、ホームでバイエルンに勝利。また、バイエルンの国内での連続得点試合記録が87試合でストップし、前回の無得点試合は当時ユリアン・ナーゲルスマン監督が指揮を執っていたRBライプツィヒが相手だったこと。決勝点のベリシャはザルツブルク時代にCLで2度、バイエルンからゴールを奪っていることなどを紹介している。

ブンデス王者と同じくバイエルン州に本拠地を構えるアウグスブルク。ダービーでの勝利により、よほどの高揚感を得たに違いない。

1 2

関連ニュース
thumb

躍動のLASK中村敬斗、今季残留見通しも人気博す…リバプール&ブライトンも注視か

LASKリンツのFW中村敬斗(22)が水面下で人気を博しているようだ。 ガンバ大阪でのプロ入りから、オランダ、ベルギーときて、2021年2月からオーストリアで力を磨く中村。同年夏からLASKに活躍の場を移すと、今季はここまで公式戦18試合で11得点6アシストとスケールアップした活躍を披露している。 そうした印象的な活躍ぶりから、PSV行きの話が出たりと注目される存在となっているが、イギリス『テレグラフ』のマイク・マクグレイス記者によると、プレミアリーグクラブの関心も惹きつけている模様だ。 しかも、そのチームはビッグ6の一角であるリバプールや、日本代表MF三笘薫を擁してプレミアリーグ上位につけるブライトン&ホーヴ・アルビオン。2チームともスカウトを派遣する熱の入れようだという。 だが、移籍はまだ先の話とも。現時点でアウグスブルクとスタッド・ランスのアプローチがあるとのことだが、今季が終わるまでLASKに残留する見通しのようだ。 2023.01.31 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安律が巧みな動き出しで同点直後の決勝ゴールをアシスト! 今季ブンデス4アシスト目

フライブルクの日本代表MF堂安律がアシストで魅せた。 28日、ブンデスリーガ第18節でフライブルクはホームにアウグスブルクを迎えた。 6位と好位置につけるフライブルクと14位のアウグスブルクの対戦。堂安律は[3-4-3]の右ウイングで先発出場を果たした。 リーグ再開後は数字を残せていない堂安。チームも6失点の惨敗に始まり、2試合で勝利がない状況だったが、この試合も13分に先制するも29分にPKで追いつかれてしまう。 嫌なムードが漂った中、直後の30分に堂安がチームを救う。ゴール前への浮き球のパスをミハエル・グレゴリッチュが頭で落とすと、ボックス内に入っていた堂安が相手選手と競り合いながらもダイレクトで折り返し。最後は、ルーカス・ホーラーが押し込んだ。 味方が競り勝つことを信じて走っていた堂安の好プレー。これが今シーズンのブンデスリーガで4アシスト目となった。 なお、試合は3-1でフライブルクが勝利。再開後初勝利を飾った。 <span class="paragraph-title">【動画】味方を信じた動きだし!追いつかれた1分後に堂安律が勝ち越し弾アシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Lmjm6ehlD0w";var video_start = 138;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.29 11:10 Sun
twitterfacebook
thumb

堂安が勝ち越しアシストのフライブルク、再開後初勝利《ブンデスリーガ》

フライブルクは28日、ブンデスリーガ第18節でアウグスブルクをホームに迎え、3-1で勝利した。フライブルクのMF堂安律は82分までプレーしている。 前節フランクフルトに引き分け、再開後1分け1敗で6位に後退したフライブルク(勝ち点31)は、堂安が[3-4-2-1]の2シャドーの一角で引き続き先発となった。 14位アウグスブルク(勝ち点18)に対し、開始3分にホーラーのボレーでGKを強襲したフライブルクが良い入りを見せると、14分に先制する。ボックス左でカイテルのパスを引き出したグレゴリッチュが厳しい角度からダイレクトで放ったシュートを決めきった。 しかし27分、フライブルクはPKを献上する。ボックス内に侵入してきたデミロビッチをキューブラーが倒してしまった。 このPKをベリシャに決められて試合を振り出しに戻されたフライブルクだったが、直後に堂安のアシストで勝ち越す。ロングボールをグレゴリッチュがヘッドで逸らすと、ゴールエリア右に走り込んだ堂安がダイレクトで中へ。これをホーラーが押し込んだ。 フライブルクが2-1とリードして迎えた後半、59分にも堂安がチャンスメーク。左サイドを力強いドリブルで突破してクロスを送り、GKが弾いたルーズボールをシディリアがシュート。惜しくもポストに直撃して3点目とはならなかった。 80分には大ピンチを迎えたが、ゴール至近距離からのデミロビッチのシュートを守護神のフレッケンがセーブ。すると85分、フライブルクにダメ押し弾。左CKからラインハルトのヘディングシュートが決まった。 このまま3-1で勝利したフライブルクが再開後、初白星としている。 2023.01.29 01:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント戦で負傷交代のアウグスブルクFWバルガス、2~3週間の離脱

アウグスブルクのスイス代表FWルベン・バルガスは2~3週間の離脱で済んだようだ。アウグスブルクを率いるエンリコ・マーセン監督が明かしている。 バルガスは22日に行われたドルトムント戦でDFマッツ・フンメルスの後方からのタックルを受けて負傷。12分にピッチを後にした際には涙を流していたため、重傷も予想されていた。 マーセン監督によれば腓骨と腓骨の間にある膜に裂傷を負った程度で済んだとのこと。 アウグスブルクのサイドアタックを任されているバルガスは今季ブンデスリーガ12試合の出場で1ゴール2アシストを記録していた。 2023.01.24 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

アラー復帰のドルトムント、アウグスブルクとの壮絶な打ち合いを制す《ブンデスリーガ》

ドルトムントは22日、ブンデスリーガ第16節でアウグスブルクをホームに迎え、4-3で競り勝った。 首位バイエルンを9ポイント差で追う6位ドルトムント(勝ち点25)は、カタール・ワールドカップで活躍のベリンガムが先発。癌を克服したアラーが移籍後初めてベンチ入りした。 14位アウグスブルク(勝ち点16)に対し、ムココを最前線に、2列目に右からアデイェミ、ブラント、マレンと並べる[4-2-3-1]で臨んだドルトムントが押し込む展開で推移する。 右サイドのアデイェミ、新戦力のリエルソンを起点に攻め込んでいた中、23分に絶好機。ブラントが中央を打開してラストパス。ムココがボックス中央で受けてGKと一対一となったが、シュートは枠を捉えきれなかった。 それでも30分、ベリンガムの個人技で先制する。ボックス手前右でDFを一瞬外し、右足を一閃。正確なシュートがゴール右に決まった。 しかし40分、ミスから追いつかれる。N・シュロッターベックの自陣でのボールロストからマイアーにゴールを許してしまった。 それでも42分、N・シュロッターベックが自らミスを取り返す。右サイドのブラントのFKからN・シュロッターベックのヘディングシュートが決まった。 45分にはFKからフンメルスのヘディングシュートで3点目に迫ったもののGKの正面を突くと、追加タイム2分に再び追いつかれる。デミロビッチにディフェンスライン裏を取られてシュートを流し込まれた。 2-2で迎えた後半も同様の展開で推移した中、62分にアラーを投入。さらに70分、バイノー=ギテンスとレイナを投入し、攻撃陣の活性化を促した。 すると75分に勝ち越し。決めたのはバイノー=ギテンス。左サイドからカットインしたバイノー=ギテンスがボックス手前左から右足を振り抜き、ゴール右にシュートを蹴り込んだ。 しかしわずか2分後、直前に投入されていたチョリナにゴールを許し、三度同点とされてしまう。 それでも78分、ドルトムントが四度目のリード。ロングフィードを受けたレイナがボックス右からボレー。正確なシュートがネットを揺らした。 これが決勝点となってドルトムントが勝利。壮絶な打ち合いを制して再開初戦を制した。 2023.01.23 01:33 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly