「FKでGKの股を抜くとは」絶好調・鎌田大地が直接FK決めて今季4点目、3得点に絡む活躍「狙いすましたFK」

2022.09.18 07:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF鎌田大地が大仕事をやってのけた。フランクフルトは17日、ブンデスリーガ第7節でシュツットガルトと対戦した。

フランクフルトの鎌田は先発出場。長谷部誠も3バックの一角で先発。また、シュツットガルトの日本代表MF遠藤航、DF伊藤洋輝も揃って先発し、ピッチに4人の日本人が立つ試合となった。
この試合の主役は鎌田。開始6分にボックス手前でFKを獲得したフランクフルトは、鎌田が直接狙う。GKフロリアン・ミュラーにセーブされるが、最後はセバスティアン・ローデがが詰めて先制する。

試合はフランクフルトリードで折り返すと、55分に魅せる。再びボックス手前でFKを獲得すると、壁の上を越すシュートで直接狙う。これが、壁に僅かに当たってディフレクトするも、抜けたボールがGKの逆を突いてゴール。追加点をもたらす。これで鎌田は今季早くも4ゴール目となった。

このゴールにファンは「FKでGKの股を抜くとは」、「狙いすましたFK」、「また決めたのか」、「ラッキーもあるけど良いときは起こるね」と称賛の嵐となった。

また、フランクフルトの日本語版公式ツイッターは「ダイチがやばい、、今日は"ダイチ劇場"?」とし、活躍を称えている。

なお、フランクフルトはその後1点を返されるも、88分には鎌田がCKからのクロスでクリスティアン・ヤキッチのゴールをアシスト。これでアシストも「3」とし、1-3での勝利に貢献した。

1 2

関連ニュース
thumb

ラツィオが伊代表DFルカ・ペッレグリーニを獲得! 今季前半戦はフランクフルトでプレー

ラツィオは31日、ユベントスからイタリア代表DFルカ・ペッレグリーニ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約には買い取りオプションが付帯している。 ペッレグリーニはローマの下部組織出身で、2019年夏にイタリア代表DFレオナルド・スピナッツォーラとの実質トレードの形でユベントスに加入。その後、カリアリやジェノアへの武者修行を経て、昨シーズンはユベントスでセリエA18試合に出場していた。 昨夏にはフランクフルトに1年間のレンタルで加入し、今季ここまでは公式戦14試合に出場。ただ、レンタル契約を早期解消する形で、生まれ故郷のライバルチームへ加入することになった。 また、ラツィオは同日、メキシコのセラヤからU-20パラグアイ代表FWディエゴ・ゴンサレス(20)の加入を発表した。 左ウイングを主戦場とする右利きのアタッカーは、今季ここまでのリーグ戦で14試合4ゴールの数字を残している。 2023.02.01 05:04 Wed
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがPSVから元ドイツ代表DFマックスを買取OP付きのレンタル移籍で獲得、左SBが主戦場

フランクフルトは31日、PSVの元ドイツ代表DFフィリップ・マックス(29)がレンタル移籍で加入することを発表した。 契約期間は今シーズン終了まで。買い取りオプションもついているという。 マックスは、バイエルンやシャルケの下部組織で育つと、カイザースラウテルン、アウグスブルクでプレー。2020年9月にPSVへと完全移籍した。 PSVでは公式戦117試合で8ゴール20アシストを記録。今シーズンはエールディビジで14試合2アシスト、ヨーロッパリーグで5試合に出場していた。 なお、これまでブンデスリーガでは147試合で15ゴール26アシストを記録し経験は十分。左サイドバックとしてプレーするマックスは背番号「32」を着用する。 スポーツ・ディレクター(SD)のマルクス・クレシェ氏はマックスについてコメントしている。 「フィリップ・マックスという経験豊富なディフェンダーを手にしたことで、シーズン後半戦の数々の厳しいゲームに対し、さらに可変性と柔軟性を持たせることができる」 「彼のスキルや人間性は我々のチームに完璧にフィットしており、彼を長期的に留まらせることができるオプションにも満足している」 2023.01.31 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

【ブンデス日本人選手】鎌田アシストの同点弾でフランクフルトがバイエルンとドロー

ブンデスリーガ第18節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第18節では板倉、伊藤、遠藤、長谷部、堂安、吉田、上月が先発出場、鎌田、原口、浅野が途中出場した。 長谷部が先発したフランクフルトは、アウェイで首位バイエルンと対戦。試合は34分に右サイドからミュラーの上げたクロスをサネがボレーで蹴り込 み、バイエルンが先制。 1点のビハンドで迎えた後半、攻め手を欠くフランクフルトは64分に鎌田を投入。すると69分、ロングカウンターに転じた流れから鎌田とコロ・ムアニが連係。鎌田のシュートフェイクからのラストパスをボックス左で受けたコロ・ムアニが左足でシュートを決めきった。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。途中出場の鎌田のアシストでフランクフルトが、バイエルンとの上位対決をドローに持ち込んだ。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽1/28 ホッフェンハイム 1-4 ボルシアMG ◆フル出場 ★鎌田大地[フランクフルト] ▽1/28 バイエルン 1-1 フランクフルト ◆64分からプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽1/28 バイエルン 1-1 フランクフルト ◆フル出場 ★堂安律[フライブルク] ▽1/28 フライブルク 3-1 アウグスブルク ◆82分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽1/28 ヘルタ・ベルリン 0-2 ウニオン・ベルリン ◆89分からプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽1/29 シャルケ 0-0 ケルン ◆フル出場 ★上月壮一郎[シャルケ] ▽1/29 シャルケ 0-0 ケルン ◆フル出場 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽1/27 ライプツィヒ 2-1 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽1/27 ライプツィヒ 2-1 シュツットガルト ◆フル出場 ★浅野拓磨[ボーフム] ▽1/28 マインツ 5-2 ボーフム ◆後半からプレー 2023.01.30 07:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「試合を別次元へと引き上げた」クラブのFP最年長出場となった長谷部誠は最高評価、アシストの鎌田大地もまずまず「巧妙なアイデア、スマートさを見せた」

フランクフルトのMF長谷部誠が、最高の評価を得た。 28日、ブンデスリーガ第18節でフランクフルトはバイエルンとアウェイで対戦した。 首位を走るバイエルンと、6位につけるフランクフルトの対戦。両者の勝ち点差は「5」であり、フランクフルトとしては勝利したい一戦だった。 長谷部は再開後の2試合はベンチに座っていたが、この大一番で先発出場。昨年10月に負傷したこともあり、リーグ戦10試合ぶりの出場。3バックの一角としてフル出場し、フィールドプレーヤーとしてクラブの歴代最年長の記録を樹立。バイエルンの攻撃を抑えていた。 ドイツ『フランクフルター・ルントシャウ』は、長谷部に対して同点ゴールのフランス代表FWランダル・コロ・ムアニと共に最高の評価を与え、ベテランとしてのパフォーマンスを称賛した。 「またもやベテランが登場。新年最初の出場で、欠場していたことを忘れるかのようなプレー。彼は冷静沈着でありながら、デュエルに強く、単純に試合を別次元へと引き上げてくれた」 「なぜどの監督も、まず他の選手を試すのか?それは不可解。39歳の今、アイントラハトのフィールドプレーヤーとして史上最年長となった。また1つ記録更新された。素晴らしい」 また、途中出場ながら同点ゴールをアシストした日本代表MF鎌田大地もまずまずの評価を得ている。 「ベンチからのスタートとなり30分しかプレーしなかったが、24分には最高のパフォーマンスを見せた。この時間帯はとても巧妙なアイデア、スマートさを見せ、彼はコロ・ムアニの同点ゴールを生み出したことは偶然ではない。正しい道を歩んでいた」 首位のバイエルンとドローに終わったフランクフルト。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保するとともに、2月から再開するCLも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部が記録樹立!鎌田は相手3人を引きつけるタメから同点弾シスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Yi8rQ1WX_ko";var video_start = 32;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.29 21:55 Sun
twitterfacebook
thumb

39歳10日、長谷部誠が偉業達成! フランクフルト史上最年長、FPとしてのブンデスリーガ出場を達成

フランクフルトのMF長谷部誠が偉大な記録を打ち立てた。 28日、ブンデスリーガ第18節でフランクフルトはバイエルンとアウェイで対戦した。 首位を走るバイエルンと、6位につけるフランクフルトの対戦。両者の勝ち点差は「5」であり、フランクフルトとしては勝利したい一戦だ。 長谷部は再開後の2試合はベンチに座っていたが、この大一番で先発出場。昨年10月に負傷したこともあり、リーグ戦10試合ぶりの出場となった。 3バックの一角としてフル出場。チームの引き分けに貢献した長谷部だが、偉大な記録を樹立する。 1月18日に39歳の誕生日を迎えた長谷部。この試合は39歳と10日での出場となったが、フランクフルト史上、フィールドプレーヤーとして最年長でのブンデスリーガ出場選手となった。 2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルクへと完全移籍してから15年が経過。ブンデスリーガの現役選手で最も長くプレーする選手であったが、長い歴史を誇るフランクフルトでも歴史を刻むこととなった。 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部が記録樹立!鎌田は相手3人を引きつけるタメから同点弾シスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Yi8rQ1WX_ko";var video_start = 32;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.29 11:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly