苦しむも今季初連勝のピオリ、退場レオンについて「イエローに気をつけろと言ってあった」

2022.09.11 11:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランのステファノ・ピオリ監督が勝利という結果に安堵した。

連覇がかかるセリエAを開幕5試合無敗でスタートしたミラン。今週ミッドウィークから始まったチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージを挟み、10日のセリエA第6節で18位のサンプドリアとの敵地戦に臨んだ。

6分にMFジュニオール・メシアスのゴールで先制したミランだが、47分に2枚目のイエローカードを受けたFWラファエル・レオンが退場に。57分に追いつかれたが、67分にFWオリヴィエ・ジルーのPK弾で何とか勝利した。
GKマイク・メニャンの好守もあって、苦しみながらも今季のリーグ戦初連勝を成し遂げたピオリ監督。イタリア『スカイ』で、下位ながらユベントスやラツィオとドローゲームを演じたサンプドリア相手の苦戦を認めた。

「前半は良いプレーができたし、もっとゴールも決められたはずが、結果は辛勝だった。10人になって歯を食いしばらなければならなかったが、選手たちはすべてのボールに頑張って向かっていってくれたよ。サンプドリアはユベントスやラツィオを抑え込んでいたし、決して楽な戦いではなかった」

また、ラファエル・レオンの退場についてが「レオンのファウルは別として、ストライカーは守備者が倒れるたびに警告を受ける。イエローに気をつけろと言ってあったが、彼は試みたかったのだろう。まあ、たいしたことではない。(次戦は)他の誰かがプレーするさ」と話している。

関連ニュース
thumb

キム・ミンジェに続いて? ナポリがフェネルバフチェDFを注視… ミランも接触か

ナポリとミランが、フェネルバフチェのトルコ代表DFフェルディ・カディオグル(23)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 カディオグルはトルコ代表の中心選手で、プロデビューを生まれ故郷のオランダで飾ったのち、2018年夏にフェネルバフチェへと移籍。身長は173cmと小柄だが、本職の右サイドバックのみならず、サイドならどの位置でもこなすというユーティリティ性能が売りのひとつだという。 フェネルバフチェでは通算120試合10得点14アシストを記録。現在は、昨季までの同僚DFキム・ミンジェが所属するナポリ、そしてミランの2クラブから関心を寄せられており、獲得には2000万ユーロ(約28億3000万円)前後が必要とのことだ。 選手の父親もトルコメディアのインタビューで両クラブからの接触を明言。同時に、「息子はフェネルバフチェでリーグのトロフィーを掲げる野望を持つ」とも口にしており、移籍が実現するのは来夏以降になる見込みのようだ。 2022.12.04 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

「嵐の前の静けさ」41歳イブラヒモビッチ、新年復帰へ準備万端!

ヒザのケガで戦線離脱中のミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだが、新年の復帰に向けて準備は整っているようだ。 昨季終了後に行ったヒザの手術の影響で、今季はいまだピッチに立てていないイブラヒモビッチ。41歳という年齢もあり、慎重に時間をかけて回復に努めている模様だ。 だが、新年には待ち望んでいた瞬間が訪れそうだ。イブラヒモビッチは2日、自身のインスタグラムに「嵐の前の静けさ」と投稿。欧州サッカーが再開する来年1月の復帰を示唆した。 イブラヒモビッチは2020年1月のミラン復帰以降、74試合46ゴール11アシストという衰え知らずの圧巻のスタッツを残しており、昨季には11年ぶりのスクデット獲得に貢献した。 今季のミランはすでに首位のナポリと8ポイントも差をつけられているが、この男の復帰を追い風にしたいところだ。 2022.12.03 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ベナセル、ミランとの契約延長交渉不調の場合はプレミア行きか

ミランのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル(25)にプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランとの契約が2024年6月に切れるベナセル。ミランとの契約延長を最優先としているものの、チームメートのDFテオ・エルナンデスが受け取っている500万ユーロの年俸を希望しているとのこと。 仮にミランとの交渉が不調に終わった場合はチェルシーとアーセナルがベナセルの獲得に関心を持っているようでプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。 現状では両クラブとも関心を持っているレベルにとどまっているが、ミランとの交渉が進展しなければベナセル獲得へ本腰を入れる可能性があり、去就に注目が集まる。 2022.12.02 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ケシエがインテルに売り込みか、1月にレンタルの可能性

バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)の代理人がインテルに売り込みをかけているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 ケシエは今夏、ミランからバルセロナにフリーで加入。4年契約を結んだが、負傷や適応に苦しみバルセロナではラ・リーガ2試合、チャンピオンズリーグでは3試合のスタメン出場にとどまっている。 出場機会を得られない中、ケシエの代理人はインテルに売り込みをかけているようで、1月にも話し合いが持たれるとのことだ。 ただ、インテル側の財政的にレンタルであること、650万ユーロの一部年俸をバルセロナに支払ってもらうことが条件となるようだ。果たしてケシエは半年でミラノに戻ってくることになるのだろうか。 2022.12.02 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ラファエル・レオンがミランとの契約延長を示唆!「W杯前にポジティブな話し合いがあった」

ミランのポルトガル代表FWラファエル・レオン(23)が契約延長を示唆するコメントを残した。 現在はポルトガル代表の一員としてカタール ・ワールドカップに参戦中のレオン。開幕から2試合は途中出場だが、初戦のガーナ戦では決勝ゴールを記録する印象的な活躍を残している。 そんなレオンがイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』に取材に応じ、ここ数カ月続く去就の話題に言及。多くのビッグクラブが目を光らせる中、本人はミランとの契約延長を前向きに考えているようだ。 「今はワールドカップに集中しなければならないし、ミランに帰ったらすぐに話をするつもりだ」 「契約書にサインしたいかって? 代表チームに到着する前にマルディーニ(SD)とミーティングを行ったんだけど、それはポジティブなものだったよ。また話をすることになるだろうね」 ただ、伝えられるところでは、年俸として新たに600万ユーロを用意しているミランに対し、代理人や弁護士はそれ以上の金額を要求している模様。また、レオンが前所属のスポルティングCPと一方的に契約を解除したとしてスポーツ仲裁裁判所(CAS)から下された1650万ユーロの補償金支払いも悩みの種となっている。 2022.11.30 18:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly